epohedimg003

NPO法人環境ネットワークくまもとが主催する、第29回かんくま定例学習会

「くらしの中の放射能汚染とどう向き合うか」が開催されました。

「シーベルト」「ベクレル」「放射能」「放射線」という、いつの間にか

当たり前のように耳にする語句の説明と物質の身体への影響、

そして、九州・熊本に住む私たちへの影響とこれから考えなければいけない課題について

お話しいただきました。

熱心に耳を傾けられ、質問される参加者の方に、関心の高さがうかがえました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

第29回 かんくま定例学習会「くらしの中の放射能汚染とどう向き合うか」

講 師:中地 重晴氏(熊本学園大学社会福祉学部教授) 

【日 時】:2011年7月28日(木)

19:00~21:00 (開場18:30)
【場 所】:国際交流会館交流ラウンジ(熊本市花畑町4-8)
【参加費】:無料
【主 催】:NPO法人環境ネットワークくまもと
【共 催】:熊本市国際交流振興事業団
【協 力】:環境省九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)


【今後の予定】

8/25(木)19:00~ 於:国際交流会館 NPO法人バイオマスフォーラム事務局長 中坊真さん 
9/28 (水)19:00~ 於:あい・ぽーと  NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク会長 藤井絢子さんのお話

  EPO九州は、6月25日に開催されました環境月間イベント で、企画・運営を担当し、

その評価会が昨日行われました。

「評価会」=今年度の反省に加え、来年度へ向けての改善点について話し合いましょう!という前向きな会議です。 主催者である九州地方環境事務所、共催の熊本県、熊本市、そしてEPO九州(=運営団体の環境ネットワークくまもと)

が集まり、今年度のイベント内容を振り返りつつ、どうすれば多くの皆様により楽しんでいただけるか話し合いました。

個人的には、来年はもっと、多くの人が、楽しみながら、各主体の取組みを知ったり、

身近な環境について考える機会になるように、今からアイデアをためておかなければ!と

改めて思ったところです。

今年の「環境月間イベント」に来られなかった方も、来年はよりパワーアップしている(はず!)ですので、

是非遊びにいらしてくださいね!

  img_0661.jpg

7月12日、福岡市内でJ-VER、国内オフセットクレジットについてのセミナー、展示会が開催されました。

九州の森林保全経営を基盤ぶ吸収源としてクレジット化し、新しい環境コミュニケーションモデルとあわせて

具体的な低炭素化を進める事例が多数紹介されました。



j-ver.jpg

  九州地方環境事務所とEPOのブースでは、綾町の間伐材を活用したパネルスタンドに九州各地の

オフセット事例を掲載し、来場者に紹介しました。このパネルスタンド、オフセットこそされていませんが

森づくりをすすめるモデル事業として注目されています。


  九州の山林の新しい付加価値として、今注目されるJ-VER です。

相談コーナーでは、九州地方環境事務所担当官が事例集などをもとに個別事例の紹介や

案件への助言を行いました。

  今後は、環境イベントなどでも活用できるクレジットが展開されるとのセミナー情報もあり、
来場者の関心は高まっていました。

EPO九州は、九州地方環境事務所と運営団体(NPO法人環境ネットワークくまもと)が協働して運営しています。

九州・沖縄の持続可能な地域づくりにむけた取組を効果的に進める運営について、地域や各分野で積極的に活動される方々から、

運営委員(任期1年) としてご助言をいただいています。

第2期の運営が始まり、この3年の取り組みについていろいろと案件が出揃ってくる中、第1回目の運営委員会が先日開催されました。

魅力ある、環境にとっても先駆的な地域としての九州・沖縄を、様々なプログラムや機会をとおして発信していくことも

EPO九州の役割としてご意見をいただきました。

yakuwari.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 運営委員会は座長(委員長)以下、14名で構成され、行政、事業者、メディア、NPO・中間支援それぞれの分野から参画いただいています。

EPO九州の取組むセミやーや説明会をはじめ、日頃から相談をうけて取組む「エコパートナー事業」について多角的なご意見をいただきました。

 運営団体であるNPO法人環境ネットワークくまもとは、熊本地域での環境活動を牽引してきた経験があり、そうした運営ノウハウを、九州・沖縄地域にさらに広げる上で、EPO事業の効果的な展開の起爆剤となります。

運営委員会では、そうした運営団体の基盤をもとに、国の各種事業と連携しながらモデル性を発信し、さらに可能な範囲で九州・沖縄各県にひろげていくことが 期待されるとの指摘もありました。

5ps.png 10cycle.png


6月25日(土)に、熊本交通センターセンターコートにて、「環境月間イベント」が開催され、

EPO九州は、運営団体である「NPO法人環境ネットワークくまもと」とともに

企画運営を担当いたしました。

■日時: 平成23年6月25日(土) 10:00~16:00
■場所:熊本交通センター センターコート
■主催:九州地方環境事務所、

■共催:熊本県・熊本市 

■協力:県民百貨店
企画:九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
NPO法人環境ネットワークくまもと(EPO九州運営団体)
■内容:阿蘇野草堆肥で育てた野菜の販売、新エネルギー体験、自然エネルギーや

生物多様性についてのトークライブなど。
九州では大雨が続いたため、天候について関係者一同大変心配していましたが、みなさんの願いが通じ、

梅雨の晴れ間がのぞき、暑い位のお天気!イベント内では、くまもとサプライズキャラクター のくまモン を始め、熊本市のキャラクターひごまる、環境省キャラクターの「コマメちゃん」、

ツシマヤマネコの「つばきちゃん」がステージで「くまモン体操」を踊って会場内を盛り上げてくれました!

hare.jpg  kumamon.jpg

                素晴らしい晴れっぷり!                        左からひごまる、くまモン、つばきちゃん、コマメちゃん

また、EPOカフェトークライブと題し、パート1では、「持続可能な地域のための自然エネルギー」について、 

パート2では「草原と地下水~わたしたちのくらしと生物多様性」 について意見交換をしました。

talklive1.jpg talklive2.jpg

【パート1】                                              【パート2】 (左から)                                               (左から2番目から)

コーディネーター   原 育美さん                             日高 裕太さん(阿蘇自然環境事務所アクティブレンジャー)

(NPO法人環境ネットワークくまもと)                             市原 啓吉さん(阿蘇草原再生シール生産者の会)

兼瀬 哲治さん                                           大住 和估さん(水と緑ワーキンググループ)

(NPO法人くまもと温暖化対策センター)                          平野 明徳さん(環境省)

先日インタビュー も掲載させていただいた、       

NPO法人九州バイオマスフォーラム の中坊真さん

澤 邦之さん(環境省)                    


それぞれのブースでは。。。。

energymoe.jpg

  aso.jpg

                     エネルギー体験                                     草原再生野菜の販売

                  (九州地方環境事務所)                          (阿蘇草原再生シール生産者の会×阿蘇自然環境事務所)

 

  ken2.jpgshi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                               

                                小水力発電(熊本県)                   新エネルギー体験コーナー(熊本市)

 

   makiwari-taiken.jpgasist.jpg

 

 

 

 


  

 

 

 

 

 

 

 

   薪割り体験コーナー (NPO法人九州バイオマスフォーラム)             電動アシスト自転車(熊本県二輪車組合)

 

 

 


img_7483.jpg

  maki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

        太陽光パネル付きLED                     薪ストーブ

     (九州太陽電池工業株式会社)    (薪ストーブ専門店 くぬぎの森)

 

会場内では、ECOクイズラリーを実施しました。各ブースでのクイズに答えた方には、

ゴールのEPO九州×かんくまブースでは、エコグッズをプレゼントしました。

 

epokankuma.jpg quiz.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再生可能エネルギーに取組む団体、自治体など                            エコクイズラリー GOAL

・天草市、福岡県大木町、長洲町(株)リクシル有明工場

NPO法人九州・自然エネルギー推進ネットワーク

 

coolbiz.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クールビズファッション

(県民百貨店)

 

 

 

県民百貨店にご協力いただいて、クールビズファッションの展示も行いました。  

涼しいだけじゃなく、おしゃれでかっこいいクールビズファッション、とっても素敵でした!!

ちなみに主催者側のみなさんは、クールビズファッションでしたよー☆

午後からは雨が降りましたが、たくさんの方にご来場いただきました。

参加して下さったみなさま、誠にありがとうございました。

 

 


midorino furusato
2021年09月22日

「緑のふるさと協力隊」参加者募集のお知ら…

地球緑化センターは、1年間農山村に居住して地域づくりに取り組む「緑のふるさと協力隊」の募集を開始しました。「緑のふるさと協力隊」は、過疎化・少子化に悩みながらも地域を元気にしたい地方自治体と、農山村で…
2021年09月22日

【10/20開催】サプライチェ…

サプライチェーンとは、事業者自らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計した排出量を指…
2021年09月22日

【9/30締切】「第18回ふく…

福岡県は、県内の水環境・水資源や森林にかかわる活動を行う団体の交流を目的とするイベント「ふくおか水も…
2021年09月21日

【参加企業公開】金融機関向けポ…

環境省は、金融機関による脱炭素に向けた企業行動の変革促進取組について、支援事業を実施します。その対象…
2021年09月18日

【参加企業公開】TCFD提言に…

環境省は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)への賛同を表明(または、表明を予定)している…