epohedimg003

環境省では、ESD・環境教育のモデルプログラムを策定し、全国各地で実証を行っています。

九州・沖縄地域では、各地のESDを支援する団体と連携しながら取組みを進めています。

esdps

平成29年度は、次の3つの拠点と連携した取組みを進めています。

北九州まなびとESDステーション

熊本県環境センター及び関連拠点

日南市子育て支援センター「ことこと」


平成29年12月18日㈰・19日㈪の2日間に渡り、鹿児島県姶良市・鹿児島市をフィールドにビジターセンター意見交換会を実施しました。

九州各県のビジターセンター等施設の職員の皆様を対象に、ESD推進についての周知ならびに連携、博物館等専門機関等との連携についての情報交換・交流の場とすることを目的としました。

1日目の会場は「重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム」です。

錦江湾奥部は、日本随一の海域カルデラ景観を有する姶良カルデラからなり、平成24年には周辺のカルデラ壁や錦江湾を眺望する展望地とともに、霧島錦江湾国立公園に指定されました。

公園内にある重富海岸では、雄大な桜島を臨み、希少なクロツラヘラサギをはじめ、独特な地形の中で育まれた豊かな生態系を見ることができます。

PC180100

 

平成29年12月17日(日)は、熊本市の大学生の皆さんを対象に「くまもとエコ×ユース ワークショップ2017」を実施しました。

会場は水俣市の水俣病資料館・熊本県環境センター・水俣病情報センター。

見学を通してエコなメッセージをみんなに知ってもらうためのアイデア・工夫について検討するワークショップです。

 

プログラムではまず、水俣病資料館にて豊饒の海だった水俣湾が、どのような経緯で水俣病発生の舞台となったのか。

また発生後どのような変化が地域に訪れ、現在も続く水俣病の歴史が生まれたのかについて学びました。

PC170006

 

九州地方ESD活動支援センターでは、福岡県大牟田市にて「地域ESD学びあいフォーラム」を開催しました。本フォーラムは毎年、持続可能な地域づくりに向けた人づくりについて、活動団体と地域の方々が語りあう場として開催しています。今年は「ユネスコスクール・ESD研修会」(主催:大牟田市教育委員会)の分科会の一つとして行われ、地域でのESD活動実践者と教育関係者が交流し、経験交流する機会となりました。

開催概要
■日 時:平成29年8月23日(水)13:30~15:00
■会 場:ホテルニューガイア オームタガーデン(福岡県大牟田市旭町三丁目3番地3)
■主 催:九州地方ESD活動支援センター
■共 催:大牟田市教育委員会

はじめに、EPO九州と九州地方ESD活動支援センターの活動内容、およびEPO九州にて昨年度より取組んでいるESD実践拠点支援事業の紹介を行いました。本事業では、ESDや環境教育に取組む学習センターや社会教育施設におけるESDの取組強化やネットワーク形成を推進することを目的に、福岡県、熊本県、宮崎県の3つの拠点にて、プログラム開発や人材育成、ネットワーク形成等の取組支援を行っており、今回のフォーラムではそれぞれの拠点における取組を発表していただきました。
九州地方ESD活動支援センターでは、先進的な拠点等と連携しながらESD推進ネットワークを広げていき、ESD活動の充実に向けた相談対応や情報提供などを行います。

http://kyushu.esdcenter.jp/

1.北九州まなびとESDステーションでの取組
発表者:北九州まなびとESDステーション 特任教員 宮原 昌宏 氏
http://manabito.kitakyu-u.ac.jp/
北九州まなびとESDステーションとは、北九州地域で活動する10の大学等と地域社会が連携し、実践活動を通じて地域の将来を担う人材育成に取組むプロジェクト型の拠点で、「マイプロジェクト」の取組を中心に、活動紹介が行われました。
「マイプロジェクト」とは、高校生が地域や身の回りの課題や気になることをテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通じて学ぶ課題解決型の学習のことです。まなびとESDステーションでは、大学生にも参加を呼びかけ、若者がアクションを起こす機会の創出に取組んでいます。多くの若者がマイプロジェクトに参加し、チャレンジすることで、社会を良くしたいと思い、行動するユースがますます増えていくことが期待されます。

まなびと

Tags: , ,

平成29年にオープン予定の宮崎県日南市子育て支援センター「ことこと」。その開設にあたり、市では市のシンボル飫肥杉(おびすぎ)の利活用促進と木育の推進による子育て支援に取組んでいます。
そのような中で、施設に置く“木製おもちゃ”を高校生が提案する「高校生木育デザイン・プロジェクト」が発足し、県内の高校生が挑みました。

Tags: , ,

テーマ 『きこえるかい 波のささやき 木々のうた~未来に残そう 島々の森と海~』
開催日 平成29年3月4日(土)、3月5日(日)
会場 長崎県佐世保市内
主催 九州環境教育ミーティング
共催 EPO九州、公益社団法人 日本環境教育フォーラム

「九州環境教育ミーティング」は、九州において環境教育、環境保全、地域づくりに関心のある個人・団体の経験交流・出会いの場として、毎年3月に開催しており今年で21回目を迎えました。今回の舞台である佐世保市の歴史的特徴や九十九島の周辺の自然の恵みなどをテーマとしたそれぞれの分科会をとおして、環境教育への理解を深め、様々な団体や個人と交流しました。
大谷センター長講演「開会式 九十九島ビジターセンター 大谷センター長による話題提供」

Tags: ,
2018年01月17日

持続可能な開発目標(SDGs)フォーラム…

長崎市は、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向け、「長崎市地球温暖化対策実行計画」を策定し、取り組んでいます。 本フォーラムでは、…
2018年01月13日

諏訪の池ビジターセンター イベ…

●星空観察会 【日程】毎週土曜日の晴天時 2月11日(日)の晴天時【時間】19:30~21:30…
2018年01月06日

九十九島ビジターセンター イベ…

九十九島ビジターセンターから、4件のイベント情報のお知らせです。…
2018年01月06日

野焼き支援ボランティア初心者研…

草原学習館では、野焼き支援ボランティアの養成講座『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を行っています…
2018年01月06日

環境省 アクティブ・レンジャー…

環境省 アクティブ・レンジャーパネル展 アクティブ・レンジャーってどんな仕事?~知れば知るほど見えて…