epohedimg003

環境省では、ESD・環境教育のモデルプログラムを策定し、全国各地で実証を行っています。

九州・沖縄地域では、各地のESDを支援する団体と連携しながら取組みを進めています。

esdps

平成29年度は、次の3つの拠点と連携した取組みを進めています。

北九州まなびとESDステーション

熊本県環境センター及び関連拠点

日南市子育て支援センター「ことこと」


平成30年2月9日(金)、沖縄地域のESD推進ネットワーク構築を目的として、沖縄地域ESD交流会を開催しました。

ESD活動を実践されている方を始め、学校、自治体、有識者など多様な主体による交流が行われました。

琉球大学観光産業科学部の大島順子准教授を講師に、世界的なSDGsの潮流から、近年のESDの動向について詳細を講義していただきました。
ESD・SDGsの概念、特色への理解に不安のある参加者もおられましたが、詳しい講義内容に興味深く聞き入っておられました。


次に学校教育におけるユネスコスクール、ESD活動の取組紹介として

1.北谷町立北谷中学校
2.金武町立中川小学校
3.KBC学園未来高等学校

以上3校が、それぞれの地域、学校でどのようなESDを実践しているかについて、情報提供が行われました。

交流会の締めくくりとして、「地域と学校が連携して活動するために必要なものは何か?」をテーマに意見交換ワークショップを行いました。
ご参加の皆さんからは、日頃のESD実践への不安が具体的に報告され、また支援のあり方、要望について活発な議論がなされました。
議論を経て、各主体がどのような役割を沖縄地域のESD活発化の為に果たしていけば良いのか、アイデアの共有を行いました。

ESDの要素が豊富な沖縄県において、各々がどのように持続可能な地域づくりについて考えるべきか。
ご参加いただいた各主体の皆様にとっての大きなヒントとなる交流会となりました。

KIMG2231

KIMG2231

KIMG2231

 

平成30年1月23日(火)、平成29年度第2回ESD教育人材育成事業研修会が長崎県対馬市にて開催されました。本事業はESDのカリキュラム作成や学校での実践、およびESDネットワークの構築等を目的に、長崎県とNPO法人環境カウンセリング協会長崎が協働で取り組んでいる事業です。

当日は、対馬市立厳原北小学校を会場に、小中学校、高等学校での8つの実践発表が行われ、先生方を中心に学校教育関係者、行政関係者が参加し、今年度の取組内容や成果等の共有を行いました。

IMG 20180123 134326

 ■実践発表のテーマ
・水産業の未来(小学校)
・小中併設校としての実践~「対馬のみりょくを体験しよう」(小学校)
・小中併設校としての実践~「国境地域学」(中学校)
・対馬しいたけのよさをPRしよう!(小学校)
・身近な歴史や文化財から対馬の未来を考えよう(小学校)
・ツシマヤマネコをPRしよう(小学校)
・海岸漂着ゴミから対馬の環境保全について考えよう(小学校)
・「ESD対馬学」による学習効果に関する考察(高校)
 
対馬には国の天然記念物に指定されているツシマヤマネコをはじめ、希少な動植物が多数生息していますが、そのような自然や動植物、文化、歴史など身近な題材をテーマとしたESD教育の取組が進められています。
子どもたちの意識や行動の変容を図る工夫も随所に見られ、学習前後の日記やウェビング図の比較などをとおして、テーマに対する理解の深まりや行動する意欲が増進していることがわかります。
これからも、対馬市でのESD教育に注目していきたいと思います。

平成29年12月18日㈰・19日㈪の2日間に渡り、鹿児島県姶良市・鹿児島市をフィールドにビジターセンター意見交換会を実施しました。

九州各県のビジターセンター等施設の職員の皆様を対象に、ESD推進についての周知ならびに連携、博物館等専門機関等との連携についての情報交換・交流の場とすることを目的としました。

1日目の会場は「重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム」です。

錦江湾奥部は、日本随一の海域カルデラ景観を有する姶良カルデラからなり、平成24年には周辺のカルデラ壁や錦江湾を眺望する展望地とともに、霧島錦江湾国立公園に指定されました。

公園内にある重富海岸では、雄大な桜島を臨み、希少なクロツラヘラサギをはじめ、独特な地形の中で育まれた豊かな生態系を見ることができます。

PC180100

 

平成29年12月17日(日)は、熊本市の大学生の皆さんを対象に「くまもとエコ×ユース ワークショップ2017」を実施しました。

会場は水俣市の水俣病資料館・熊本県環境センター・水俣病情報センター。

見学を通してエコなメッセージをみんなに知ってもらうためのアイデア・工夫について検討するワークショップです。

 

プログラムではまず、水俣病資料館にて豊饒の海だった水俣湾が、どのような経緯で水俣病発生の舞台となったのか。

また発生後どのような変化が地域に訪れ、現在も続く水俣病の歴史が生まれたのかについて学びました。

PC170006

 

平成29年8月29日(火)、平成29年度第1回ESD教育人材育成事業研修会が長崎県対馬市にて開催されました。本事業は、ESDプログラムの作成や出前授業の実施、ESD教育普及のためのネットワーク構築等を目的に、長崎県とNPO法人環境カウンセリング協会長崎が協働で取組んでいる事業です。

Tags: ,
Default Image
2019年01月10日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

1月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年01月05日

第28回くまもと環境賞募集

「くまもと環境賞」は、熊本県環境基本条例に基づいて、平成3年度に創設しました。より豊かな環境の保全・…
2018年12月26日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…