epohedimg003

DSC 0119 001

令和元年7月27日、水俣市において「ともに暮らすみなまたフォーラム~優しくて強いまちに育てよう~」を開催しました。

SDGs(持続可能な開発目標)の普及啓発のためのワークショップの場として、SDGsの理解を深めながら、達成に向けたプロセスをどのように創っていくのかを、多様な参加者のもと語り合いました。
水俣市内にて、各分野で活躍されている6名の方を発表者としてお招きし、具体的な活動内容と地域の持続可能性との関連について、発表をいただいた後、ワークショップやフィールドワークを交えた多彩な内容となりました。

日時:7月27日 土曜日 10時~
会場:白梅の杜あつまろう家・湯堂港(水俣市)
参加:23名

 

DSC 0088 001

会場は水俣市内の社会福祉法人「白梅の杜 あつまろう家」。
福祉施設でありつつも、地域活動の会場として積極的に活用されています。
進行とファシリテートは同法人の北園さんにご担当いただきました。

 

DSC 0088 001

【食べる・街】をテーマに登壇されたのは、地域で眼鏡店と飲食店を展開する河田さん。
食を通した地域貢献と事業拡大の両立について詳しくお話しいただきました。
良質で多彩な食材が揃うのも水俣市の魅力です。

 

DSC 0088 001

【着る】をテーマにご登壇いただいた渕上さん。
海外での和装に関する活動をきっかけに、本格的に着物について学ぶようになったとのこと。
若い人たちに和装の素晴らしさを伝える手法や、身近なものとしてもらえる手法について語っていただきました。

 

DSC 0088 001

続いては【海】をテーマに水俣市役所農林水産課の竹崎さんにご登壇いただきました。
水俣病による汚染を経て、美しい海を取り戻すため、現在も絶え間ない努力が続いている水俣の海。
水俣の海産物の消費促進のため、地元漁師の皆さんの助力を得ながらイベントを開催されています。

 

DSC 0088 001

家族の健康を守りたいという思いから、食品添加物やゴミの問題に関心を強くされた添田さん。
【文化】をテーマに、食や日用品の品質を深く考えた消費行動の実践について語っていただきました。
ごみの減量についても水俣市では、官民で努力が続いています。

 

DSC 0088 001

柑橘農家である大澤さんは【農業】についてお話しいただき、農産物の加工など6次産業の実践についても触れていただきました。
更に近年は、SUP(スタンドアップパドル)によるアクティビティ提供を開始。注目を集めています。
水俣病発生時、漁民の新たな職業として甘夏栽培があり、山と海との繋がりが生まれたというエピソードが紹介されました。

 

DSC 0088 001

最後に【集客】として、今回の企画調整もご担当いただいた環不知火プランニングの奥羽さんにご登壇いただきました。
ご家族の転勤を機に水俣市へやってきたという奥羽さん。
教育旅行の提供などの事業を通じ、変化した自らの水俣市への思いを語っていただきました。

 

DSC 0088 001

今回の事例発表を美しく、わかりやすくレコーディングしていただいたのも水俣市の岩本さん。
アイデアがリアルタイムにコンパクトにまとめられていきます。

 

DSC 0088 001

午前中の最後には、まとめられた事例について、提案や感想を各班で共有しました。

 

DSC 0088 001

発表された方を前に、参加者から次々に新しいアイデアや方向性の提案が生まれます。
すぐに展開に活かせる発送もあり、中身の濃いワークショップとなりました。

 

DSC 0115

DSC 0116 

午前の部終了後はSDGsについて語らいながら、ランチミーティングを開催。
水俣の地元食材を活用したメニューに舌鼓を打ちました。

 

DSC 0156 001

午後からは水俣市内、湯堂港へ移動。
エクスカーションとしてカキの養殖を行う筏の見学を行いました。

 

DSC 0129

地元漁協の金子さん、釣り船組合の田村さんの操船で出港。

 

DSC 0129

うまく写真には撮れませんでしたが、湯堂港周辺には「ゆうひら」と呼ばれる海底から湧水が起こっている場所も。

 

DSC 0088 001

二艘の漁船で移動してきました。

 

DSC 0088 001

この筏の下にロープが下がっており、カキが育っています。

 

DSC 0088 001

 一見順調のように見えるカキの養殖ですが、夏の高水温など影響もあるのか、品質や収量が安定せず、試行錯誤が続いているとのこと。
水産研究所など行政の助力も受けながら、新しい水俣の魅力とするべく継続していくと仰っていました。
このカキは期間限定でかき小屋などで提供し、消費者から好評なのだそうです。
水俣の食の魅力にまたひとつ海の幸が加わり、新しい人の流れが生まれる予感がします。

 

 DSC 0119 001

今回の水俣市でのフォーラムを通し、地域の人たちが地域の持続可能性について語る時間の大切さを再確認しました。
分野は違っても、人と人とがアイデアや情報の共有が生み出す力は大きく、地域を動かす燃料となります。
そんなコミュニケーションが地域の中でできるのが、現在の水俣市の魅力に繋がっていて、SDGsをもとに持続可能なまちづくりを試みるにあたっては、ひとつのモデルとなるのではと感じました。

水俣病という歴史を経て、一度分かたれた地域の繋がりを、もう一度ひとつひとつ結んできた水俣の皆さん。
SDGsで語られる「持続可能」という言葉を、言葉が現れる前から、ずっと身近に考えて来られたのかもしれません。

九州地方環境パートナーシップオフィスでは、こうした地域づくりのアイデアや知見の共有の場づくりに、これからも取り組んでまいります。
ご協力いただいた水俣市の皆様、ありがとうございました。

ローカルフードサイクリングで目指す「おたがいさま」の共助社会

NPO法人循環生活研究所 理事長 たいら 由以子 さん

taira LFC

<NPO法人循環生活研究所とは>

循環生活研究所(通称:循生研~じゅんなまけん)は、『暮らしに必要なものを地域内で循環させることで得られる、楽しくて、安全で、創造的な生活』を「循環生活」と名付け、調査・研究・提案を行っている市民団体で、平成16年9月に特定非営利活動法人となりました。
主な活動として、生ごみや庭からでる有機物をごみとして出さずに循環させる技術と堆肥づくりの楽しさを伝えています。手作りの堆肥がもたらす循環のさまざまな恩恵を享受できる豊かなライフスタイルに興味がある方々と、規制や義務的ではなく、すすんでやったみたいと思える楽しい活動に取り組まれています。

Local Food Cycling(ローカルフードサイクリング:LFC)

台所を起点とした地域の栄養サイクルをつくるプロジェクトです。家庭で取り組むダンボールコンポストをコミュニティ化し、堆肥を使って地域の畑で野菜を育て、地域で消費する半径2kmの資源循環サイクルをつくります。NPO法人循環生活研究所がアイランドシティ(一般住宅型)と美和台地区(高齢者型)、天神地区(商業地区)の3つを活動拠点にして取り組んでいます。

 

 

若者が取り組む地域課題解決のアクションをサポート!

北九州まなびとESDステーション 特任教員 宮原 昌宏 さん

 

 北九州まなびとESDステーションは、北九州の全10大学と地域社会が連携し、実践活動による人材育成に取り組むプロジェクト型の拠点で、「マイプロジェクト(通称マイプロ)」をはじめ、若者がアクションを起こす機会を創出しています。マイプロジェクト九州実行委員会の事務局として、プロジェクトを運営しながら高校生、大学生のサポートをされている宮原昌宏さん(北九州まなびとESDステーション 特任教員)に、活動の背景や拠点の特長、若者による活動の様子などについてお話を伺いました。

※「マイプロジェクト」とは、高校生が地域や身の回りの課題や気になることをテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通じて学ぶ課題解決型の学習のことです。

 

Tags: ,

九州地方環境パートナーシップオフィスでは下記の通りESD交流会を企画いたしました。

【3/8UPDATE】ご登壇の皆様の紹介を追加しました!

 

20190319島しょESD交流会

pdf20190319島しょESD交流会.pdf678 KB

 

 

 

九州・沖縄地域の特色である、島(とう)しょの文化。
島々のくらしに根付いた学びや、地域活動に取組むみなさんがアイデアを共有する交流会です。
また、SDGsについての基本的な考え方を共有し、
島しょ地域への活用について意見交換を行います。

 

日 時:平成31年3月19日
会 場:鹿児島県共生・協働センター(かごしま県民交流センター1階東棟)

住所:鹿児島市山下町14番50号
アクセス:市電「水族館口電停」下車 徒歩4分

 

プログラム

 

13:00

開会

 

13:10

話題提供

・島しょの地域づくりとSDGs
福岡教育大学 石丸 哲史先生

 

13:50

島のくらし・文化とSDGs

・島しょ地域の活動紹介

●屋久島     OYAKOLABO 代表             福元 豪士様 
●沖永良部島 和泊町役場 地域おこし協力隊  金城 真幸様
●奄美大島 HUB a nice d! オーナー   山本 美帆様
     


・メディアによる離島との連携

●メディア          MBC南日本放送 ネットワーク局ラジオ部  七枝 大典様   


コーディネーター
NPO法人くすの木自然館 代表理事 浜本 奈鼓さん

 

15:30

意見交換

 

 

参加申込

お名前、ご所属、連絡先を までお知らせください。
お問合せ:096-312-1884(EPO九州)

 

主催:九州地方環境パートナーシップオフィス
共催:九州地方ESD活動支援センター
後援:鹿児島県

IMG 5708
2019年09月18日

【開催情報】♪ 秋風 Live in…

熊本県の南阿蘇ビジターセンターにて、秋の音楽演奏会が開催されます。南阿蘇の雄大の自然の中、ポップス・ロック・フォーク・昭和歌謡など、アマチュアバンド数組の演奏や歌をお聞きに、ぜひお越しください。…
2019年09月18日

2020年度地球環境基金助成金…

(独)環境再生保全機構は、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、地球環境基金の交付を行っています。…
2019年09月18日

【開催情報】第7回…

「第7回…
2019年09月18日

【開催情報】令和元年度環境白書…

毎年開催されている「環境白書を読む会」が、今年度は熊本市内にて開催されます。ぜひご参加ください。翌日…
2019年08月15日

【参加募集】沖縄県各地域のビジ…

沖縄県各地域のビジターセンターより、8月以降の催しの情報が届いています。 ぜひご参加ください!…