epohedimg003

 全国ユース環境活動発表大会実行委員会は、全国の環境活動を行う高校生を対象に、活動のWeb発表大会を開催します。

 8ブロックの地方大会、そして全国大会が行われます。

活動に取り組まれているみなさん、ぜひご応募ください。

 

【ご参考】

全国ユース環境ネットワーク|地球環境基金|独立行政法人環境再生保全機構

youth boshu2020

 
環境省_持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDGs
https://www.env.go.jp/earth/sdgs/index.html
 

令和2年度地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業について、審査の結果採択結果が公表されました。
各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって地域循環型の取組を底上げ、推進する支援策を強化し、地域循環共生圏の構築に資する事業に対して、地方公共団体を対象に当該経費の一部を補助する事業です。

九州、沖縄地域からも意欲的な取り組みが多数採択されています。

 

◆九州・沖縄地域の採択について【引用】

FIT買取期間終了後の再エネ由来電力の活用など地方公共団体と地元企業が連携した再エネの拡大/防災減災効果の向上を図る都市機能集約/高齢化社会に対応した都市部の交通転換や地域公共交通の脱炭素化等の事業検討を行う事業(第1号事業)

・福岡県久留米市

ZEB等のリソースを活用した地産地消型エネルギー利用事業化可能性調査事業

・福岡県大木町

大木町地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業

・佐賀県唐津市

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏事業(フェーズ2)

・熊本県

阿蘇くまもと空港アクセス鉄道への再生可能エネルギー活用実現可能性調査事業

・大分県由布市

温泉熱を活用した脱炭素型地域づくりモデル形成事業

・鹿児島県屋久島町

屋久島町の電力100% 再エネ化を活用した地域活性化事業

・沖縄県宮古島市

エコアイランド宮古島における地域循環共生圏構築事業

・沖縄県伊江村

伊江村版地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業

 

各地域の既存リソースを持続的に活用し、地域の資源生産性向上、地域経済の活性化を図る地域づくりを実現するための事業検討を行う事業(第2号事業)

・鹿児島県奄美市

外海離島の奄美地域における循環資源を活用した新ビジネス創出実現可能性調査

・鹿児島県大崎町

地域の未利用リソースを活用する地域総合環境エネルギーサービス事業体設置による炭素循環事業の事業化可能性調査

・鹿児島県伊仙町

離島版エコ農業パーク事業による地域循環共生圏構築事業

・沖縄県竹富町

エコアイランドを志向した島嶼間連携による生活ごみの堆肥化事業実現可能性調査

 

地方公共団体が中心となり地域関係者と合意形成等を行う取組や、必要な情報や知見を周知する取組を行う事業(第3号事業)

・佐賀県唐津市

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏の実現に向けた分科会運営事業

・熊本県小国町

地熱と森林の恵みを活かした地域循環共生圏実現のための周知事業

・沖縄県伊江村

伊江村・地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業・協議会

・沖縄県竹富町

エコアイランドを志向した「生ごみ広域処理を考える検討委員会運営」事業

 

【詳細】https://www.env.go.jp/press/files/jp/114573.pdf

 

【参考】

環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム-
http://chiikijunkan.env.go.jp/
環境省_地域循環共生圏(循環分野)
http://www.env.go.jp/recycle/circul/area_cases.html

環境省は、コロナ禍にも対応した地域循環共生圏の構築及び脱炭素社会に向け、自発的な行動変容を促し、ライフスタイルの変革を創出する、自由度のある新たな政策手法の検証を行う業務の公募を行っています。

 

【参考】環境省_日本版ナッジ・ユニット(BEST)について
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html

 

「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則」における預金・貸出・リースWG、持続可能な地域支援WG 共催のウェビナーが開催されます。

「地域循環共生圏」を提唱する環境省より解説し、持続可能でレジリエントな地域づくりに向けた今後の金融機関に期待される役割を紐解く内容です。

2020年8月24日(月)17:00までにお申し込みが必要となっておりますのでご注意下さい。

 

平素は九州地方環境パートナーシップオフィスの活動を応援いただき誠にありがとうございます。

 

直近のお知らせとなりましたが、8月10日(月)は月曜・祝日のため、翌8月11日(火)は熊本市国際交流会館休館のため閉所となります。

加えまして8月13日(木)は、所用のため臨時閉所となりますのでご了承下さい。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

※EPO九州の閉所日は、日曜日・月曜日・祝日となっております。

 

九州地方環境パートナーシップオフィス

Tags:
Default Image
2020年09月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(9月下旬)…

令和2年9月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年09月30日

【10/16締切】環境省…

令和元年度(補正予算)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を地域の防災・エネルギー拠…
2020年09月30日

【10/8開催】環境省「Mor…

「Morning Pitch」とのコラボレーションによる「環境特集」イベントを開催!…
2020年09月30日

【10/16締切】環境省「令和…

中長期のCO2削減目標に向けた中小企業の取組を支援します 環境省は、既にScience Based…
2020年09月30日

【12/15まで】環境省「選ぼ…

~消費行動を環境行動に!「選ぼう!3Rキャンペーン2020」~…