epohedimg003

環境省は、廃棄物処理施設を中心とする自立・分散型の「地域エネルギーセンター」の構築を進める「廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業」の二次公募を開始しました。

地方公共団体や民間企業等を対象に、廃棄物処理に伴い生じた電力や熱を地域で利活用することによる、脱炭素化や災害時のレジリエンス強化に資する取組に対して補助が行われます。

 



 

令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業)の二次公募について

 環境省では、廃棄物処理施設を中心とする自立・分散型の「地域エネルギーセンター」の構築を進めるため、「廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業」を実施しています。
 この度、令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金による「廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業」の二次公募を、委託先である一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会が行うこととなりましたので、お知らせします。

1.事業概要

 環境省では、廃棄物処理施設における廃棄物処理に伴い生じた電力や熱を有効活用した、当該施設を中心とする自立・分散型の「地域エネルギーセンター」の構築を進めており、当該電力や熱を地域で利活用することによる、脱炭素化や災害時のレジリエンス強化に資する取組を行う事業に要する経費の一部を補助します。

2.事業内容 ※詳細は交付要綱及び実施要領を御参照ください。

(1)電線、変圧器等廃棄物発電により生じた電力を利活用するための設備、これらの設備を運転制御するために必要な通信・制御設備等を導入する事業

1)補助対象者

地方公共団体及び民間企業等その他団体

2)補助率

対象経費の1/2
(ただし、EV収集車・船舶はディーゼル収集車・船舶等の価格との差額の2/3。)

(2)熱導管等廃棄物の処理により生じた熱を利活用するための設備、これらの設備を運転制御するために必要な通信・制御設備等を導入する事業

1)補助対象者

地方公共団体及び民間企業等その他団体

2)補助率

対象経費の1/2

(3)廃棄物処理施設からの余熱や発電した電力を地域において有効利用するために、熱や電力を利活用する設備設置に対する余熱見込量や事業採算性の検討等を行い事業としての実現可能性を調査する事業

1)補助対象者

地方公共団体及び民間企業等その他団体

2)補助率

定額補助(上限1,500万円)

3.公募期間

令和3年5月31日(月)から同年6月18日(金)まで

4.応募方法

 本事業へ応募される場合には、一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会ホームページ内の該当する事業のリンク先から応募様式等をダウンロードし、公募要領に従って必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。公募等の詳細については、同協会の下記ホームページを御参照ください。

5.提出先・問合せ先

 一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会 補助事業担当

 〒143-0016 東京都大田区大森北4丁目8-1 ユアサ大森ビル6階

 E-mail 

 TEL 03-6450-0982

 FAX 03-6450-0989

連絡先

環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9273

 

r3 lc local energy center

 

環境省_令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業)の二次公募について
https://www.env.go.jp/press/109636.html

 

環境省は、グリーンスローモビリティ導入促進事業におけるグリーンスローモビリティの車両及び サプライヤーを対象に、補助金を交付する事業公募を行っています。

 


 

令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)のうち、地域の脱炭素交通モデル構築支援事業におけるグリーンスローモビリティ車両登録の公募について

 令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)の執行団体である一般社団法人地域循環共生社会連携協会が当該補助金のうち地域の脱炭素交通モデル構築支援事業におけるグリーンスローモビリティ車両登録の公募を実施しておりますので、お知らせします。

1. 補助事業の概要

 地域の脱炭素交通モデル構築支援事業において補助対象車両とするグリーンスローモビリティの車両登録の公募を実施しています。

2. 公募期間

 令和3年5月21日(金)から同年6月11日(金)17時必着

3. 公募の詳細

 下記、執行団体ホームページを御覧ください。

 https://rcespa.jp/r03_gurisuro/r03_gurisuro-gs

4. 問合せ先

 一般社団法人地域循環共生社会連携協会

 住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル6階

 E-mail:

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8355

 

 

r3 local mobility

環境省_令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)のうち、地域の脱炭素交通モデル構築支援事業におけるグリーンスローモビリティ車両登録の公募について
https://www.env.go.jp/press/109593.html

 

環境省は、車両の省エネ化に資する設備導入促進事業、及び回生電力の有効活用に資する設備の整備を実施する事業を対象に、交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業公募を開始しました。

 

 


 

令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)のうち、交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業の公募について

 令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)のうち、交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業について、執行団体である一般社団法人地域循環共生社会連携協会から公募が開始されましたので、お知らせします。

 

1.補助事業の概要

  本事業は、鉄軌道分野における省エネ・省CO2化を図るために必要な設備等の整備に要する経費の一部を補助するものです。

2.公募期間

  令和3年5月17日(月)から同年6月16日(水)17時必着

3.公募の詳細

  下記、執行団体ホームページを御覧ください。
  交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業のうち
  ・鉄道事業等におけるネットワーク型低炭素化促進事業
   https://rcespa.jp/r03-tetsudou/r03-tetsudou-no1

4.問合せ先

  一般社団法人地域循環共生社会連携協会
  住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル6階
  E-mail://www.env.go.jp/press/koutsu02@rcespa.jp">koutsu02@rcespa.jp

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8355

 

 

r3 lc traffic system

環境省_令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)のうち、交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業の公募について
https://www.env.go.jp/press/109587.html

 

環境省ローカルSDGsWebサイトでは、令和3年度環境省予算の地域循環共生圏に関する支援メニューを掲載しています。

 

掲載されている支援事業名

  • 再エネの最大限の導入の計画づくり及び地域⼈材の育成を通じた持続可能でレジリエントな地域社会実現支援事業
  • 脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業
  • 廃熱・未利⽤熱・営農地等の効率的活⽤による脱炭素化推進事業
  • PPA活⽤など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主⼒化・レジリエンス強化促進事業
  • 地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等への⾃⽴・分散型エネルギー設備等導入推進事業
  • 建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業
  • 廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業
  • 廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業
  • 循環型社会形成推進交付⾦(廃棄物処理施設分)
  • 海岸漂着物等地域対策推進事業
  • 気候変動影響評価・適応推進事業
  • 環境⾦融の拡大に向けた利⼦補給事業
  • 国⽴公園満喫プロジェクト推進事業
  • 国⽴公園等⺠間活⽤特定⾃然環境保全活動(グリーンワーカー)事業費
  • ⽇本の国⽴公園と世界遺産を活かした地域活性化推進費
  • ⾃然公園等事業等
  • ポスト2020⽬標に向けた⺠間取組を活⽤した新たな⾃然環境保護のあり⽅の検討費
  • 生物多様性保全回復整備事業費
  • 生物多様性保全推進支援事業
  • 生物多様性保全推進支援事業(うち⾥⼭未来拠点形成支援事業)
  • 指定管理⿃獣捕獲等事業費
  • ⿃獣保護管理強化総合対策事業費
  • 次世代の⿃獣保護管理担い⼿育成事業費
  • 騒音・振動・悪臭等公害防止強化対策費
  • 浄化槽の整備(循環型社会形成推進交付⾦(浄化槽分))
  • 省エネ型浄化槽システム導入推進事業
  • ⼦どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)ライフ

kyoseiken shien 041

環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム- | であう
http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/#deau-katsuyou

 

環境省は、地域循環共生圏の創出に資するESG融資を行う金融機関に対し、その利子の軽減を目的とする給付金交付する事業について、参加する金融機関を公募しています。
対象となる「地域循環共生圏の創出に資するESG融資」とは、環境、社会、コーポレートガバナンスの要素を考慮して行い、環境・社会へのインパクトをもたらす事業に対して行う融資であって、地域循環共生圏の創出に係る計画、その他地方公共団体が策定する条例、計画等に位置づけられる融資等をさします。

 

【ご参考】

環境省 地域循環共生圏
https://www.env.go.jp/seisaku/list/kyoseiken/index.html

 


 

令和3年度地域ESG融資促進利子補給事業に係る指定金融機関の公募について

 環境省では、"E"に着目したインパクトのある地域ESG融資を拡げるとともに、民間資金による地球温暖化対策の促進を図り、地域循環共生圏の創出に繋げる「地域ESG融資促進利子補給事業」を実施します。この度、本事業を行う一般社団法人環境パートナーシップ会議において、本事業に参加する金融機関を以下のとおり公募しますので、お知らせいたします。

1.公募期間


令和3年5月10日(月)~ 同年12月28日(火)12時必着

2.公募の対象となる金融機関


地域ESG融資を実施する金融機関

3.応募に必要な要件、書類等


一般社団法人環境パートナーシップ会議が定める公募要領等を下記添付資料より御参照願います。

4.審査方法


応募書類等に基づいて、一般社団法人環境パートナーシップ会議により審査されます。

5.公募要領の掲示先、お問合せ先


〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
一般社団法人環境パートナーシップ会議 担当:堤
E-mail:
電 話:03‐5468‐6753

 

【金融機関公募HP】
https://epc.or.jp/fund_dept/esg/r3shiteikin_koubo

6.その他


採択された金融機関(指定金融機関)は順次、一般社団法人環境パートナーシップ会議のHPにて掲載しますので、本事業に係る融資を受けることを希望する事業者は、指定金融機関へ御連絡ください。なお、事業の詳細については、上記HPを御参照願います。



添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03--3581-3351
  • 直通03--5521-8240

r3 esg rishihokyu

環境省_令和3年度地域ESG融資促進利子補給事業に係る指定金融機関の公募について
https://www.env.go.jp/press/109557.html

 

asia mizukankyo buisiness
2022年01月27日

【2/10締切】「アジアにおける水環境改…

環境省は、国際展開の取組により得られた知見等を国内の関係者の皆様に提供することを目的として、アジアにおける水環境ビジネス展開等を紹介するセミナーを開催します。また、アジア・大洋州地域で水環境改善ビジネ…
2022年01月27日

【2/25締切】一般社団法人九…

九州地方計画協会は、国土の利用、整備又は保全及び災害の防止並びに建設技術の広報・普及等を目的とする事…
2022年01月27日

【2/3締切】令和3年度温泉熱…

環境省は、温泉熱の有効活用促進を目的としたセミナーを2月8日に開催します。温泉熱の利用事業への金融支…
2022年01月26日

【2/14開催】シンポジウム「…

環境省は、2月14日に海洋ごみ問題に関するシンポジウムを和歌山県和歌山市にて開催します。このシンポジ…
2022年01月26日

鹿児島市のSDGsガイドブック…

SDGs未来都市である鹿児島市は、SDGsの達成に向けた取り組みを紹介するガイドブックを作成しました…