epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

SDGs未来都市である鹿児島市は、SDGsの達成に向けた取り組みを紹介するガイドブックを作成しました。
この冊子では、鹿児島市内でSDGsについて学べるスポットや17の目標に対する市民の取組を掲載しています。
PDFでの閲覧が可能ですので、ぜひご覧ください。

 


 

鹿児島市では、SDGsに関する理解を深めていただき、より一層SDGsの推進を図るため、SDGsガイドブック「SDGs 発見&アクションBook」を作成しました。

ガイドブックでは、SDGsの説明のほか、SDGsの推進のために私たちが身近なところで取り組めることなども紹介しています。また、ガイドブックの中でご紹介している「発見!私のSDGs」の部分をまとめた動画も掲載しておりますので、ガイドブックと合わせてご覧ください。

kagoshima sdgsbook

 

鹿児島市 SDGsガイドブック「SDGs 発見&アクションBook」
http://www.city.kagoshima.lg.jp/kikakuzaisei/kikaku/seisaku-k/shise/shisaku/toshisesaku/sdgs-guidebook2021.html

熊本市は、地域において地球温暖化防止に関する啓発や情報提供などの活動をボランティアとして行う「熊本市地球温暖化防止活動推進員」の募集を行っています。
任期は令和4年4月から令和7年3月までの3年間です。
地球温暖化対策に熱意をもって取り組んでいただける方は、ぜひご応募ください。

 


 

1 趣旨

熊本市では、地球温暖化対策の推進に関する法律(以下「法」という。)第37条に基づき、地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性について住民の理解を深め、地域において地球温暖化防止に関する啓発や情報提供などの活動をボランティアとして行う「熊本市地球温暖化防止活動推進員(以下「推進員」という。)」を募集します。

2 応募資格 

(1)地球温暖化対策の推進を図るための活動に熱意と識見を有する方
(2)熊本市域において活動できる方(熊本市内に在住、在勤、在学している方またはNPO等において主に熊本市域で活動をしている方)
(3)令和4年4月1日現在で満18歳以上の方

3 募集人員

 20人以内

4 任期(推進員としての活動期間)

 2022年(令和4年)4月1日~ 2025年(令和7年)3月31日まで(3年間)

5 推進員が行う主な活動

推進員は、熊本市及び熊本市が法に基づき指定する「熊本市地球温暖化防止活動推進センター(以下「市センター」という。)」と協力して、次の活動を行っていただきます。※活動の内容、回数等については、変更になる場合があります。

  (1)法第37条第2項に掲げられた次の活動の自主的な実施
    ア 地球温暖化の現状及び地球温暖化対策の重要性について住民の理解を深めること。
    イ 住民に対し、その求めに応じ日常生活に関する温室効果ガスの排出の量の削減等のための措置について調査を行い、当該調査に基づく指導及び助言をすること。
    ウ 地球温暖化対策の推進を図るための活動を行う住民に対し、当該活動に関する情報の提供その他の協力をすること。
    エ 温室効果ガスの排出の量の削減等のために国又は地方公共団体が行う施策に必要な協力をすること。
  (2)市センターが主催する推進員のスキルアップを目的とした研修会への参加(年1回程度)
  (3)活動実績の報告や推進員同士の情報交換を行う推進員活動報告会への参加(年1回程度)
  (4)熊本市が主催する環境イベント等への参加
  (5)推進員活動実績報告書の提出※(年1回)
     ※毎年4月末日までに、前年度の活動実績をまとめた報告書を市センターへ提出していただきます。
  (6)その他、市や市センターと推進員との活動に関する打ち合わせ会議への出席 等

6 推進員への活動支援

熊本市及び市センターにおいて、次のような推進員への活動支援を予定しています。

  (1)ボランティア保険への加入
  (2)交通費相当の活動費負担(活動報告書の活動回数に応じて支給)
  (3)名刺や推進員活動状況等の広報チラシの作成
  (4)啓発用資料の提供
  (5)スキルアップのための研修会の開催 等  

7 申請書類の提出について

 (1)提出期間
令和4年1月17日(月)~ 令和4年2月7日(月)

 (2)提出方法
「熊本市地球温暖化防止活動推進員応募申請書」を募集期間内に持参・郵送(締切日必着)・ファックス・電子メールのいずれかの方法で熊本市環境政策課温暖化対策室へ提出してください。ただし、ファックスまたは電子メールで提出する場合は、着信の確認をするため、熊本市環境政策課温暖化・エネルギー対策室へ電話してください。
なお、持参の場合の申請書類の受付時間は午前9時~午後5時までです。(土・日・祝日は除く)
 ※申請書類に関しては、「熊本市個人情報保護条例」の規定を遵守し、個人情報が適切に保護されるように配慮します。

8 選考について

 (1)選考方法
推進員の選考は、本市が設置する「熊本市地球温暖化防止活動推進員選考委員会」において行い、その選考結果を踏まえて熊本市長が委嘱します。

 (2)申請書類に関する面接
面接は令和4年2月中旬を予定しています。なお、時間や場所等の詳細については別途連絡します。面接の所要時間は1人10分程度で、地球温暖化問題に対する考えやこれまでの活動、推進員として活動するにあたっての抱負などをお聞きします。

9 選考結果

  選考結果については、応募された方全員に文書で通知します。

10 その他

 (1)推進員の氏名、活動分野、その他必要な事項について、熊本市または市センターのホームページ等で紹介する予定です。あらかじめご了承ください。
 (2)推進員の活動上知り得た個人情報等の秘密は、正当な理由なく他に漏洩してはなりません。
 (3)熊本県が委嘱する地球温暖化防止活動推進員の方も、熊本市の推進員への応募は可能です。

11 募集要項・応募申請書

【募集要項】
熊本市地球温暖化防止活動推進員募集要項 (PDF:225.9キロバイト)

【応募申請書】
熊本市地球温暖化防止活動推進員応募申請書 (ワード:41.5キロバイト)           
熊本市地球温暖化防止活動推進員応募申請書 (PDF:110.4キロバイト)

 

12 提出先・問い合わせ先

  〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号
  熊本市環境政策課 温暖化・エネルギー対策室(熊本市役所本庁舎7階)
  TEL:096-328-2355 FAX:096-359-9945
  電子メール:

kumamotoshi suishin

 

熊本市 熊本市地球温暖化防止活動推進員を募集します
https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=11384

北九州環境ビジネス推進会(KICS)は、「明日の北九州の環境産業ビジョンを描く」をテーマに2019年8月より取り組んだ研究会の最終報告会を開催します
最初から廃棄物を出さない循環経済社会を見据えた北九州エコタウンの活動について、立ち上げから現在に至るまでの活動報告となります。
締切が迫っていますが、現地開催のほか、ZOOMにてオンライン配信されますので、どうぞ積極的にご参加ください。

【北九州循環経済研究会(KICS)】
http://kics-web.jp/

 


 

日  時  令和4年2月7日(月曜日)14:00 〜 16:30  (開場:13:30)

場  所  北九州国際会議場 国際会議室 (北九州市小倉北区浅野3丁目9-30) 
※オンライン配信も致します。
接続IDにつきましては、別途ご連絡させていただきます。

主  催  北九州循環経済研究会、北九州環境ビジネス推進会

共  催  北九州市、北九州市立大学、(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)

主催者挨拶 北九州循環経済研究会座長  北九州市立大学教授 松本亨

共催者挨拶 北九州市  境局長 富高紳夫

来賓挨拶  九州地方環境事務所  事務所次長(環境対策課長)泉 勇気様

<第1部 記念講演>
・循環経済をめぐる国内外の動向  同志社大学名誉教授 郡嶌孝様

-----------------------------------    休  憩    ------------------------------                  

<第2部 報告>

  1. 研究会の活動内容の報告 北九州環境ビジネス推進会代表幹事   松尾康志
  2. 北九州循環経済の目指すべき姿            北九州市立大学教授 松本亨
  3. 北九州循環経済ビジョン実現の為に必要なアクション(リーディングプロジェクト)

(1)社会循環              IGES北九州アーバンセンター 副センター長  林志浩
(2)自然循環               北九州環境ビジネス推進会代表幹事   松尾康志
(3)再エネ100%電力化
                    北九州市環境局再生可能エネルギー導入企画係長   塩田淳
(4) 市民参画      (公財)北九州観光コンベンション協会事業部長  古賀敦之
(5) 廃熱利用と竹の再利用             北九州環境ビジネス推進会   竹内眞介

  1. 北九州市グリーン成長戦略    北九州市環境局環境イノベーション支援課長 村上恵美子
  2. 結び            同志社大学名誉教授 郡嶌孝様

 
<参加の申込み>
1月27日(木)までに下記URL、もしくはQRコードから必要事項をご入力の上、お申込みください。
https://ttzk.graffer.jp/city-kitakyushu/smart-apply/apply-procedure-alias/junkankeizai0207

qr

※FAXやメールにて申込み希望の方は、フォームをお送り致します。お手数ですが、下記事務局までご連絡ください。
KICS事務局(北九州市環境局グリーン成長推進部 環境イノベーション支援課内)担当:藤 美沙恵
TEL:093-582-2630 E-mail:

*コロナ対策のため、現地参加人数は100名限定。100名超の場合は、Zoomでの加をお願いする場合がありますので、お含みおき願います。

九州地方環境事務所では、任期付職員及び各種非常勤職員の募集を行っています。
募集職種は、
・事務補佐員
・事務補佐員(障害者雇用)
・アクティブレンジャー
・廃棄物等輸出入管理業務補助員
・希少種保護増殖等専門員
・生体系保全等専門員
となります。
各種募集要項は以下のURLよりご確認ください。

recruit kyushu


九州地方環境事務所 令和4年度各種非常勤職員の募集について(九州地方環境事務所管内)
http://kyushu.env.go.jp/to_2022/post_240.html

SDGs未来都市である北九州市は、脱炭素社会に向けて市民全体でゼロカーボンシティを実現するため、「KitaQ Zero Carbon(キタキューゼロカーボン)」プロジェクトを立ち上げるとともに、KitaQ Zero Carbonポータルサイトを開設しました。
ポータルサイトでは、北九州市の脱炭素に関する企業の取り組みやイベント開催状況、企業に対する行政の支援策などの情報が発信されています。

 


 

本市は、令和2年10月に「ゼロカーボンシティ」を宣言するとともに、令和3年6月に「気候非常事態宣言」を行い、同年8月には北九州市地球温暖化対策実行計画を改定しました。
これらを踏まえ、脱炭素ライフスタイルへの転換や、企業の脱炭素経営を推進し、オール北九州の「市民環境力」によりゼロカーボンシティを実現するため、この度、「KitaQ Zero Carbon(キタキューゼロカーボン)」プロジェクトを始動します。
本プロジェクトは、新たに立ち上げるポータルサイトを通じた積極的な情報発信を中心に、アクションの見える化による動機付けの効果検証や、市民参加型イベント等の開催等により、市民・企業のみなさまとの協働・共創を促進することで、3年間で6万人のアクションにつなげることを目指します。

KitaQ Zero Carbon ポータルサイト


報道発表資料

 

kitaq zero carbon

 

北九州市 ゼロカーボンにみんなで取り組むプロジェクト「KitaQ Zero Carbon」を始動します!
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/002_00014.html

asia mizukankyo buisiness
2022年01月27日

【2/10締切】「アジアにおける水環境改…

環境省は、国際展開の取組により得られた知見等を国内の関係者の皆様に提供することを目的として、アジアにおける水環境ビジネス展開等を紹介するセミナーを開催します。また、アジア・大洋州地域で水環境改善ビジネ…
2022年01月27日

【2/25締切】一般社団法人九…

九州地方計画協会は、国土の利用、整備又は保全及び災害の防止並びに建設技術の広報・普及等を目的とする事…
2022年01月27日

【2/3締切】令和3年度温泉熱…

環境省は、温泉熱の有効活用促進を目的としたセミナーを2月8日に開催します。温泉熱の利用事業への金融支…
2022年01月26日

【2/14開催】シンポジウム「…

環境省は、2月14日に海洋ごみ問題に関するシンポジウムを和歌山県和歌山市にて開催します。このシンポジ…
2022年01月26日

鹿児島市のSDGsガイドブック…

SDGs未来都市である鹿児島市は、SDGsの達成に向けた取り組みを紹介するガイドブックを作成しました…