epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

 令和2年9月7日、環境省は、「(仮称)大関山風力発電事業計画段階環境配慮書」(ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、熊本県水俣市、葦北郡芦北町及び球磨郡球磨村において、最大で総出力63,000kWの風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)風力発電設備等を住居等から離隔すること等により、騒音及び風車の影による生活環境の影響を回避又は極力低減すること、(2)風力発電設備への衝突事故及び移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること等を求めている。


1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書※について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
 今後、経済産業大臣から事業者であるジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

・事業者  ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社

・事業位置 熊本県水俣市、葦北郡芦北町及び球磨郡球磨村(事業実施想定区域面積 約1,809ha)

・出力   最大63,000kW(単機出力4,200kW×最大15基程度)

3.環境大臣意見

別紙のとおり。

(参考)環境影響評価に係る手続

・令和2年7月27日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

・令和2年9月7日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237

 

 

環境省_(仮称)大関山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
http://www.env.go.jp/press/108389.html

 

Tags:

 令和2年9月7日、環境省は、「(仮称)吹上浜沖洋上風力発電事業計画段階環境配慮書」(吹上浜沖洋上風力発電合同会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、鹿児島県日置市、いちき串木野市及び南さつま市沖の海域において、最大で総出力969,000kWの洋上風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)風力発電設備への衝突事故及び移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること、(2)海生生物の生息及び生育基盤として重要な自然環境のまとまりが存在する区域を明らかにした上で、海生生物の生息及び生育環境への影響が懸念される場合は、環境保全措置を講ずること等を求めている。


1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
 今後、経済産業大臣から事業者である吹上浜沖洋上風力発電合同会社に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

・事業者   吹上浜沖洋上風力発電合同会社

・事業位置  鹿児島県日置市、いちき串木野市及び南さつま市沖の海域
       (事業実施想定区域面積 約21,998ha)

・出力    最大969,000kW(単機出力9,500~12,000kW × 最大102基)

3.環境大臣意見

 別紙のとおり。

(参考)環境影響評価に係る手続

・令和2年7月27日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

・令和2年9月7日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237

 

環境省_(仮称)吹上浜沖洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
http://www.env.go.jp/press/108387.html

 

 

1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書※について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
 今後、経済産業大臣から事業者であるジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

・事業者   ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社

・事業位置  熊本県人吉市、球磨郡球磨村及び鹿児島県伊佐市(事業実施想定区域面積 約4,176ha)

・出力    最大68,800kW(単機出力4,300kW×最大16基程度)

3.環境大臣意見

 別紙のとおり。

(参考)環境影響評価に係る手続

・令和2年7月27日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

・令和2年9月7日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237

 

環境省_(仮称)肥薩風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
http://www.env.go.jp/press/108386.html

 

 令和2年8月28日、環境省は、「(仮称)肝付風力発電事業 計画段階環境配慮書」(ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、鹿児島県肝属郡肝付町において、最大で総出力43,000kWの風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)鳥類に関する適切な調査、予測及び評価を行い、その結果を踏まえ、環境保全措置を講ずることにより、鳥類への影響を回避又は極力低減すること、(2)現地調査により自然度の高い植生等が存在する区域を明らかにした上で、植物及び生態系への影響について予測及び評価を行い、既存道路や無立木地等を活用すること等により、これらの自然度の高い植生等の改変を回避又は極力低減すること等を求めている。


1.背景

   環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業
  として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書について、経済産
  業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
   今後、経済産業大臣から事業者であるジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社に対して、環境大
  臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の
  環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

  ※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回            
   避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

  ・事業者    ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社

  ・事業位置  鹿児島県肝属郡肝付町(事業実施想定区域面積 約286ha)

  ・出力    約43,000kW(単基出力4,300kW×10基)(予定)

3.環境大臣意見

  別紙のとおり。

 (参考)環境影響評価に係る手続

  ・令和2年7月16日  経済産業大臣から環境大臣に意見照会

  ・令和2年8月28日  環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237

 令和2年8月28日、環境省は、「(仮称)肥薩ウインドファーム計画段階環境配慮書」(電源開発株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、熊本県水俣市、鹿児島県出水市及び伊佐市において、最大で総出力129,000kWの風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)風力発電設備等を住居等から離隔すること等により、騒音及び風車の影による生活環境の影響を回避又は極力低減すること、(2)風力発電設備への衝突事故及び移動の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること等を求めている。

1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書※について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
 今後、経済産業大臣から事業者である電源開発株式会社に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

・事業者   電源開発株式会社

・事業位置  熊本県水俣市、鹿児島県出水市及び伊佐市(事業実施想定区域面積 約4,774.3ha)

・出力    最大129,000kW(単機出力4,300kW程度×最大30基)

3.環境大臣意見

 別紙のとおり。

(参考)環境影響評価に係る手続

・令和2年7月14日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

・令和2年8月28日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237
r3 moe ecosystem specialist
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省では、科学的・計画的な鳥獣の保護及び管理についての専門的な知見を有する職員の都道府県ごとの配置状況について、令和3年4月1日現在の配置状況を公表しました。…
2021年07月31日

【結果公表】環境省…

環境省は、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るため「令和3年度地…
2021年07月31日

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部…

2021年7月26日、オンラインで開催された「第44回世界遺産委員会拡大会合」にて、日本が世界遺産に…
2021年07月31日

【2022/1/31締切】環境…

環境省は国土交通省と連携し「令和3年度環境配慮型先進トラック・バス導入加速事業」し、補助金の公募を開…
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省は、令和3年7月22日(木)及び23日(金)、イタリア・ナポリで日本からは小泉環境大臣等が出席…