epohedimg003

東京海上日動火災株式会社が、契約約款書類の削減コストをもとに、地域の環境活動を支援する取組みです。

EPO九州では、地域の団体と連携し自然体験や環境啓発の活動を中間支援しています。

GreenGiftプロジェクト地球元気プログラム企画書 ver1.0

ヨコロゴ有


P4290006

 

平成30年4月29日㈰、Green Gift 地球元気プログラム「Eボートで川の観察ツアーと環境美化活動」を実施しました。

主催は熊本で活動するNPO法人「水のとらベル隊」です。

東京海上日動によるGreen Giftプロジェクトでは、日本各地域のNPO等と協働し、市民参加型の環境保護イベントの開催サポートが行われています。

詳細はこちら

 

今回の活動場所は、熊本県上益城郡嘉島町犬渕の緑川犬淵スロープ(緑川水上スポーツエリア)です。

同日に緑川犬渕スロープでは、「緑川流域会議」発足イベントが行われ、多数の市民でにぎわう中での実施となりました。

P4290001

 

まず主催である「水のとらベル隊」と東京海上日動熊本支店スタッフによる挨拶が行われました。

KIMG2923

 

続いてはメインプログラムであるEボート登場体験です。

Eボートは10人乗りの自然体験用ボートで、このボートでツーリングをしながら、 絶滅危惧種のヒラモやコウホネ、特定外来種のブラジルチドメグサ等の観察を行います。

KIMG2934

 

搭乗前に、水上での注意事項や、パドルの操作についてレクチャーを受けました。


KIMG2941
 

いよいよ乗船です。

会場となった緑川水上スポーツエリアは水面への昇降場所が整備されており、スロープからEボートに乗り込みます。

KIMG2943

乗り込んだ後は、事前に説明を受けたようにパドルを操作し、水面をすべるように移動していきます。

P4290004

P4290007

 

約30分間をかけて水上から水草の観察を行いました。

スロープに戻る際には参加者の皆さんもすっかり操船に慣れ、達成感たっぷりの表情です。

 

 

続いて、河川敷に落ちているゴミを皆で集める清掃活動を実施しました。

P4290034

 

河川敷をくまなく歩いて、たくさんのゴミが集まりました。

P4290034

 

その後、主催の「水のとらベル隊」から、ゴミが捨てられることによって、どんな影響が川や生き物にあるのかについて説明がありました。

P4290034

 

続いては「水のオリンピック」プログラムです。

水の表面張力を使って水面にクリップを浮かせたり、スポイトで1円玉に水滴をたらしたりと、3つの班が多彩な協議で競いました。

同時に家庭用洗剤で表面張力が簡単に失われてしまうことも学びました。

P4290034

 

緑川の状況が改善されて、外来の水生植物が減っていました。

そこで、外国からやってきた水生生物について更に知るため、「緑川流域会議発足イベント」のブースで、実際に植物を観察しながら説明を受けました。

水槽のために購入した水草をむやみに捨てないなど、これ以上外来の植物を広げないための注意点を学びました。

P4290034

 

最後に、Eボート体験や環境美化活動体験を通し自然と触れ合って、どのような気持ちが芽生えたかについて皆で共有を行いました。

ふるさとの自然を大切にする心、水の大切さ、生態系を守る重要さなどたくさんの意見が上がりました。

子どもたちには、これからも身近な水環境を大切にして、安全で楽しく遊べる緑川を守っていただきたいと思います。

P4290034



GreenGift地球元気プログラムが、宮崎県宮崎市で開催されます。

ぜひご参加ください!

 

宮崎海岸

宮崎海岸

 

主催:NPO法人大淀川流域ネットワーク

防災環境 in 宮崎

 

内容

私たちの安心安全を守るために、いろいろな工事が行われていること、それらの工事が自然と調和するように行われていることをしりましょう。

1.宮崎海岸の海岸浸食の防止とアカウミガメ産卵場の保全

海岸の浸食が進行しているのをご存知ですか?
ウミガメが散乱する海岸を見学します。

2.大淀川河口部の高潮・津波の防災とアカメや干潟生態系の保全

高潮や津波の被害を防ぐための対策とは?
希少種の稚魚などが成育する水辺、いろいろなカニが棲む干潟を見学します。

 

日時

5月20日 日曜日 午前8:30~12:00 少雨決行

※予備日 6月3日 日曜日

 

集合時間

8:15受付開始

 

集合場所

国土交通省宮崎河川国道事務所(宮崎市大工2丁目39)

 

プログラム

※詳細は下記チラシもご覧ください。

8:30 開会式

大炊田海岸(佐土原町)見学

一ツ葉有料道路PA 海岸見学

津屋原沼見学

11:30 交流会

12:00 解散予定

 

参加費等

無料

宮崎地区の親子40名(小学校高学年以上) 先着順

 

申込・問い合わせ

下記チラシの裏面申込書に記載の上、メールまたはFAXにて受付。

NPO法人 大淀川流域ネットワーク
〒880-0904 宮崎県宮崎市中村東2丁目8-30 パンプキンアパート202号
TEL:0985-78-2655 メール:
FAX:0985-48-8233
 

 イベントチラシ 表面

0002

 

イベントチラシ 裏面(参加申込書)

0002

 

グリーンギフト地球元気プログラムについては下記をご参照ください。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/

GreenGift地球元気プログラムが、熊本県上益城郡で開催されます。

ぜひご参加ください!

Eボート体験

Green Gift 地球元気プログラム・みずのとらベル隊

Eボートで川の観察ツアーと環境美化活動

 

● 日にち : 平成30年4月29 日(日)

 

● 時間 : 9:00~12:00 ※小雨決行

 

● 集合 : 9時00分に現地集合

 

● 活動場所:緑川犬淵スロープ(緑川水上スポーツエリア)

 

● 内容 :Eボート(10人乗りの自然体験用ボート)やカヌーでツーリングをしながら、 絶滅危惧種のヒラモやコウホネ、特定外来種のブラジルチドメグサ等の観察を行います。 環境美化活動を行います。

 

● 目的:Eボート体験や環境美化活動体験を通し自然と触れ合うことで、ふるさとの自然を大切にする心を育みます。

 

● 持ってくるもの:濡れてもよい服装・靴・帽子・水筒・タオル・着替え(Eボートで少し濡れる場合があります)

 

● 参加費:無料

 

● 募集人数: 24 名 (先着順)

 

● 対象:小学4年生以上保護者も可

 

● 申込み・ 問合せ先 :

TEL 090-2584-6005(事務局 山下携帯)

※氏名・ふりがな・性別・生年月日・住所・電話番号をお知らせください。

 

グリーンギフト地球元気プログラムについては下記をご参照ください。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/

 

GreenGift地球元気プログラムが、大分県杵築市で開催されます。

ぜひご参加ください!

 

ビーチで流木貝殻ゴミ拾い

 

 

おおいたネイチャーキッズ エコアクション1

~森江湾でビーチコーミング&エコクラフト~

 

国の天然記念物カブトガニも生息する杵築市の守江湾。

豊かな海を守るため、ビーチで清掃活動を行いながら、自然観察会(ビーチコーミング/海の宝もの探し)を行い、貝殻や流木など集めたもので『海のフォトフレーム』づくりを行います!

大分県内でも毎年最初に海開きを行うビーチで、気持ちの良い潮風を感じながら、親子で楽しくエコアクションに取り組んでみませんか?

 

開催場所

住吉浜リゾートパーク(杵築市守江1165-2)


日程

平成30年5月20日(日)13:00集合・受付
13:30~自然観察会&ビーチコーミング
『海のフォトフレームづくり』
16:30 終了・解散


対象

子ども30名程度(親子合わせて45名程度)
※年齢制限なし※子どもだけの参加は不可


参加費

無料


参加申込

住所・TEL と参加者全員の氏名(フリガナ)・年齢・性別をメールにてお知らせ下さい。
*応募者多数の場合は抽選を行います。

【お申し込み・お問い合わせ先】

NPO 法人ABC 野外教育センター
〒873-0033 杵築市守江1165-2
TEL:0978-64-9127
MAIL:


申込締切

5月8日(火)17:00まで
*ご案内を5/11 に申込メールアドレスに返信させて頂きます。


服装

長袖、長ズボン、帽子、靴はサンダルでもOK


持ち物

タオル、日焼け止め、飲み物、ビニール袋など

 

 

グリーンギフト地球元気プログラムについては下記をご参照ください。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/

平成29年11月25日(土曜日)、NPO法人大淀川流域ネットワーク主催によるプログラムが宮崎県都城市と三股町を会場に開催されました。

まずは三股町に宮崎市・都城市からの参加者が集合。

ヤマメの養殖施設、しゃくなげの森の講師からヤマメが棲んでいる河川や、周囲の自然環境についてレクチャーがありました。

その後、ヤマメの採卵施設を見学し、どのようにヤマメの小さな命が育まれているかについて説明を受けました。

また風景や音、水生生物などを手掛かりに、周囲を流れる河川の水質をチェックしました。

その後、都城市を流れる沖水川の下流へ移動し、先ほどの結果とどのような違いがあるかを比較しました。

水の大切さを通して、保護者の皆さんと子どもたちにとって、大きな発見のあったプログラムとなりました。

P1250566

KIMG1681

P1250597

KIMG1688

KIMG1702

 

 

nettyusyo
2018年05月23日

熱中症対策に係るシンポジウムの開催につい…

下記の通り、熱中症対策に関するシンポジウムが予定されています。 Youtubeでの配信が予定されている他、福岡会場での中継も予定されていますので、ぜひご参加ください。…
2018年05月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月上旬の九州・沖縄9県の環境政策情報の一覧です。…
2018年05月15日

やんばる野生生物保護センター …

やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館よりイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください!…
2018年05月15日

長者原ビジターセンター イベン…

長者原ビジターセンターからイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください! □タデ原の自然観察会…
2018年05月15日

雲仙諏訪の池ビジターセンター …

雲仙諏訪の池ビジターセンターからイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください! ●星空観察会…