epohedimg003

東京海上日動火災株式会社が、契約約款書類の削減コストをもとに、地域の環境活動を支援する取組みです。

EPO九州では、地域の団体と連携し自然体験や環境啓発の活動を中間支援しています。

GreenGiftプロジェクト地球元気プログラム企画書 ver1.0

ヨコロゴ有


GreenGift地球元気プログラムが、大分県杵築市で開催されます。

ぜひご参加ください!

 

ビーチで流木貝殻ゴミ拾い

 

 

おおいたネイチャーキッズ エコアクション1

~森江湾でビーチコーミング&エコクラフト~

 

国の天然記念物カブトガニも生息する杵築市の守江湾。

豊かな海を守るため、ビーチで清掃活動を行いながら、自然観察会(ビーチコーミング/海の宝もの探し)を行い、貝殻や流木など集めたもので『海のフォトフレーム』づくりを行います!

大分県内でも毎年最初に海開きを行うビーチで、気持ちの良い潮風を感じながら、親子で楽しくエコアクションに取り組んでみませんか?

 

開催場所

住吉浜リゾートパーク(杵築市守江1165-2)


日程

平成30年5月20日(日)13:00集合・受付
13:30~自然観察会&ビーチコーミング
『海のフォトフレームづくり』
16:30 終了・解散


対象

子ども30名程度(親子合わせて45名程度)
※年齢制限なし※子どもだけの参加は不可


参加費

無料


参加申込

住所・TEL と参加者全員の氏名(フリガナ)・年齢・性別をメールにてお知らせ下さい。
*応募者多数の場合は抽選を行います。

【お申し込み・お問い合わせ先】

NPO 法人ABC 野外教育センター
〒873-0033 杵築市守江1165-2
TEL:0978-64-9127
MAIL:


申込締切

5月8日(火)17:00まで
*ご案内を5/11 に申込メールアドレスに返信させて頂きます。


服装

長袖、長ズボン、帽子、靴はサンダルでもOK


持ち物

タオル、日焼け止め、飲み物、ビニール袋など

 

 

グリーンギフト地球元気プログラムについては下記をご参照ください。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/

平成29年11月25日(土曜日)、NPO法人大淀川流域ネットワーク主催によるプログラムが宮崎県都城市と三股町を会場に開催されました。

まずは三股町に宮崎市・都城市からの参加者が集合。

ヤマメの養殖施設、しゃくなげの森の講師からヤマメが棲んでいる河川や、周囲の自然環境についてレクチャーがありました。

その後、ヤマメの採卵施設を見学し、どのようにヤマメの小さな命が育まれているかについて説明を受けました。

また風景や音、水生生物などを手掛かりに、周囲を流れる河川の水質をチェックしました。

その後、都城市を流れる沖水川の下流へ移動し、先ほどの結果とどのような違いがあるかを比較しました。

水の大切さを通して、保護者の皆さんと子どもたちにとって、大きな発見のあったプログラムとなりました。

P1250566

KIMG1681

P1250597

KIMG1688

KIMG1702

 

 

平成29年9月10日(日)、NPO法人みずのとらベル隊の主催による体験プログラム「Eボートで川の観察ツアーと簡単な水質調査体験」が熊本県嘉島町で開催されました。会場は加勢川の河川敷にあるリバーパーク「鯰の学校」で、小学生とその保護者約20名が参加しました。

NPO法人みずのとらベル隊の主催によるプログラム「Eボートで川の観察ツアーと簡単な水質調査体験」が9月10日(日)に開催されます。
普段上から見るだけの川で実際にEボートに乗ってツーリングをしながら、身近な自然の素晴らしさを体験し、環境のことも楽しみながら学びませんか。

■開催日:H29年9月10日(日曜日)
■会 場:リバーパーク 鯰の学校(熊本県上益城郡嘉島町大字下六嘉1559-2)
■参加費:無料
■プログラム:
①Eボート(10人乗りのゴムボート)を使っての河川観察ツアーで特定外来種(ナガエツルノゲイトウ・ブラジルチドメグサ・ウォーターレタス)の繁茂する現状とそれによる絶滅危惧種(ヒラモ・コウホネ)の現状を学ぶとともにそれらの未来を考え、特定外来種等への対処方法を学びます。
②河川観察会はEボート4艇を使い、ツアーは60分行います。
③ツアー中に川の水を採取しツアーの後簡単な水質パックテストを行います。

■主 催:NPO法人みずのとらベル隊
■共 催:NPO法人日本NPOセンター
■協 力:九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
■協 賛:東京海上日動火災保険株式会社
■後 援:環境省

■お申込み・お問合せ先:NPO法人みずのとらベル隊、電話番号:090-2584-6005、E-mail:

20170910 Eボート

第2回プログラムチラシ.pdf

平成29年7月16日(日)、NPO法人ABC野外教育センターの主催による体験プログラム「おおいたネイチャーキッズエコアクション2~ふるさと体験村でふるさとの夏体験~」が大分県豊後大野市で開催されました。会場はふるさと体験村で、小学生とその保護者約30名が参加しました。
自然豊かな「ふるさと体験村」で、竹の器と箸づくり、ソーメン流し、魚のつかみ取りなどの夏ならではの活動を行いました。
まずは、親子で協力して、竹の器と箸づくりにチャレンジ。用意された竹をのこぎりで切るところから始めます。また、箸づくりでは、小刀の使い方も教わりました。「動かすのは箸のほうだけ。小刀を動かさなければケガをしないよ。」とのアドバイスには、子どもはもちろん保護者も納得。
器づくり続いては、人工プールに放流されたヤマメとウナギのつかみ取り。最初はなかなかつかめませんが、プールの水を少しずつ減らしていくと、子どもと魚はいい勝負。なかには軍手持参の子どももいて、本格的です。結局は子どもの勝利。つかまえた魚は炭火で焼いて食べました。

つかみ取り最後はお楽しみのソーメン流し。自分で作った器と箸で食べると、味わいも格別。わいわい、がやがや、賑やかな昼食タイムとなりました。
一日の活動をとおして、昔懐かしいふるさとの生活体験を学び、また、魚のつかみ取りにチャレンジすることで、「命の大切さ」を感じてもらう機会となりました。

集合写真

Default Image
2019年01月10日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

1月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年01月05日

第28回くまもと環境賞募集

「くまもと環境賞」は、熊本県環境基本条例に基づいて、平成3年度に創設しました。より豊かな環境の保全・…
2018年12月26日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…