epohedimg003

環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たしているNPOの活動、ソーシャルサービス等人材、資金、信頼性向上の点から支援するために、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の整備等を促進する「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」を実施しています。今年度は3月31日までの間、全国から実施事業を募集したところ、30件の応募があり審査の結果8事業が採択されましたのでお知らせします。

なお、九州・沖縄地域での採択団体・採択事業は、次のとおりです。
■採択団体:(特非)おきなわグリーンネットワーク
■採択事業:おきなわ地域"美ら島・美ら海"連携プロジェクト

詳細についてはこちら http://www.env.go.jp/press/104124.html

 熊本県内20を超える自治体と県民の暮らしに未曾有の被害をもたらした熊本地震から1年。深い傷を負いながらも、私たちのまち“熊本”は着実に復興へ歩み始めています。
 28年にわたり市民主体で環境負荷の少ないエコな暮らしとまちづくりを訴えてきたアースウィークくまもとは、今年、復興の先も見据えて、将来予想される大きな震災にも耐え得る「安心・安全で、環境にもやさしい持続可能なまちづくり」を力強く提唱したいと思います。
 世界では、昨年11月、急激な気候変動がもたらす危機を可能な限り回避するためにパリ協定が発効し、今世紀末までにCO2排出量ゼロにすることを目標に“脱炭素”へと大きく舵を切りました。熊本地震から復興へと立ち上がった私たちのまちや暮らしのあり方も、そして経済も、脱炭素の社会づくりと連動して大きく変わろうとしています。
 脱炭素のまちづくりとは、アースウィークくまもとが提唱し続けてきたエネルギー効率の高い地域づくりと目標を同じくするもので、その実現には地域のあらゆる人々による協力した取り組みが不可欠です。気候変動にも適応できて、安心・安全な持続可能なまちづくりに取り組まれている皆さまの活動を紹介していただくパネルセッションにぜひご参加ください。

 

Attachments:
Download this file (EWパネルセッション170423.pdf)EWパネルセッション170423.pdf[ ]228 kB

Tags: ,
Default Image
2017年06月29日

「PCB処理完遂への展望」in…

(一社)廃棄物資源循環学会の主催シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in北九州が下記のとおり開催されますのでお知らせします。…
2017年06月20日

7/8(土)森林ボランティア初…

7月8日(土)に、森林に関心のある方(森林ボランティア初心者)を対象とした、森林ボランティア初心者研…
2017年06月16日

「2017王子の森・自然学校」…

「王子の森・自然学校」は、王子ホールディングス株式会社とJEEFが共催で開催している、夏休みの子ども…
2017年06月08日

「生物多様性地域戦略」レビュー…

平成28年12月現在、110の都道府県・市区町村による生物多様性地域戦略(以下、地域戦略)が策定され…
2017年06月08日

公益財団法人再春館「一本の木」…

公益財団法人再春館「一本の木」財団当財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動…