epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

内閣府地方創生推進室は令和4年度の「SDGs未来都市」の選定結果について公表しました。

今年度全国から30都市が選定され、全国で154都市の「SDGs未来都市」が誕生しています。

 

「SDGs未来都市」とは、SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側⾯の統合的取組による相乗効果、新しい価値の創出を通して、持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市や地域を選定するものです。

この「SDGs未来都市」に選定された都市のうち、多様なステークホルダーとの連携を通し、地域における⾃律的好循環の形成が⾒込める、特に先導的な事業は「自治体SDGsモデル事業」として補助金が交付され、取組が後押しされます。

このように、持続可能なまちづくりに向け、地⽅公共団体によるSDGsの取組みをさらに推進していくため、モデルとなる先進事例の創出と、普及展開が行われています。

 

【引用】2022年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について - 地方創生推進事務局
https://www.chisou.go.jp/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2022sentei.html

 

sdgs miraitoshi2022

※内閣府公表資料より

 

■九州・沖縄地域からの令和4年度「SDGs未来都市」選定

●福岡県直方市
未来へつなぐ「ひと・まち・自然」~Road To 2030 Team NOGATA~
 
●熊本県八代市
新たなつながりの創出で、「持続可能な人と企業に選ばれるまち」づくり
 
●熊本県上天草市
島々を抱く穏やかな海で自然の恵みを活かしたサスティナブルシティ ~訪れたい、応援したい、戻りたい~
 
●熊本県南阿蘇村
3つのKによる「誰もが住みたい・住み続けたい南阿蘇村」の構築
 
●鹿児島県薩摩川内市
「持続可能で魅力的なまち・薩摩川内市」を目指して

 

■九州・沖縄地域からの令和4年度「自治体SDGsモデル事業」選定事業

●熊本県八代市
Move forward!「SDGs フードマッチングプロジェクト」
 
●熊本県上天草市
島々を抱く穏やかな海とともに生き続けるためのプロジェクト

 

■これまでの九州・沖縄地域からのSDGs未来都市選定状況

2022年度:5都市(内、モデル事業2件)
2021年度:3都市(内、モデル事業2件)
2020年度:5都市(内、モデル事業1件)
2019年度:6都市(内、モデル事業3件)
2018年度:3都市(内、モデル事業3件)
 

 

 

2022年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について - 地方創生推進事務局
https://www.chisou.go.jp/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2022sentei.html

 

環境省は全国の地方公共団体からの計画提案に基づいて、第一回の脱炭素選考地域選定を行いました。

今回26件の選定結果が環境省のWebサイトにて公表されています。

九州、沖縄地域からは北九州市、球磨村、知名町の3市町村が選定されています。

この選考地域では、我が国の2030年度目標に基づいて、地域特性に応じて、民生部門電力消費に関するCO2排出実質ゼロの実現や、運輸部門等の温室効果ガス排出削減の取り組みが行われます。

 

【ご参考】

国・地方脱炭素実現会議|内閣官房ホームページ
※地域脱炭素ロードマップ等
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/datsutanso/index.html

 

 

■九州沖縄地域の選定地域

 

福岡県 北九州市

共同提案者

直方市、行橋市、豊前市、中間市、宮若市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、小竹町、
鞍手町、香春町、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町

 

熊本県 球磨村

共同提案者

株式会社球磨村森電力、球磨村森林組合

 

鹿児島県 知名町

共同提案者

和泊町、リコージャパン、一般社団法人サステナブル経営推進機構

 


 

脱炭素先行地域選定結果(第1回)について

 脱炭素先行地域募集(第1回)については、令和4年1月25日から2月21日までの期間で実施したところ、共同提案を含め日本全国の102の地方公共団体から79件の計画提案を提出いただきました。

 同年3月17日から6回にわたり開催した脱炭素先行地域評価委員会の評価を踏まえ、環境省において、26件の計画提案を脱炭素先行地域(第1回)として選定したことをお知らせいたします。

※6月1日に選定証の授与式の開催を予定しているため、別途お知らせします。

[脱炭素先行地域とは]

 2030年度までに民生部門(家庭部門及び業務その他部門)の電力消費に伴うCO2排出実質ゼロを実現するとともに、運輸部門や熱利用等も含めてそのほかの温室効果ガス排出削減についても、わが国全体の2030年度目標と整合する削減を地域特性に応じて実現する地域です。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房地域脱炭素事業推進調整官室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8233

 

 

moe zc 1st

環境省_脱炭素先行地域選定結果(第1回)について
https://www.env.go.jp/press/110988.html

 

 

九州地方環境事務所および、沖縄奄美自然環境事務所は、地域活性化とカーボンニュートラルの地域支援体制の強化を図るため「地域脱炭素創生室」を設置しました。

地方公共団体支援を行う「脱炭素地域づくり専門官」、「再エネ促進区域」設定を視野に入れた技術的助言を行う「再エネ促進区域推進専門官」などで構成された官民交流の人材も含めて組織されたチームとなっています。

また、九州・沖縄地域の脱炭素を推進するため設置された「九州・沖縄地域脱炭素推進会議」による地方公共団体の地域脱炭素に関する相談窓口も、「地域脱炭素創生室」に設置されています。

 

■業務内容:

●脱炭素地域づくりを目指す地方公共団体の支援
●九州・沖縄地域脱炭素推進会議の運営
●改正地球温暖化対策推進法に基づく「再エネ促進区域」の設定への技術的助言
●脱炭素支援メニューの紹介
●ESG地域金融、脱炭素経営の推進
●地方公共団体の地域脱炭素に関する相談窓口の運営 等

 

◎問い合わせ先等については下記よりご確認ください。

kyushu okinawaamami reo zc pt

九州地方環境事務所及び沖縄奄美自然環境事務所に「地域脱炭素創生室」を設置しました[九州地方環境事務所]:環境省
http://kyushu.env.go.jp/pre_2022/post_157.html

 

 

 

mtg youth2022

 

九州地方ESD活動支援センター(EPO九州)では環境活動に取り組む高等学校の生徒、教員、そして地域でユースと関わりながら環境保全活動に取組まれるみなさまを対象に、下記の通り交流企画をオンライン開催いたします。
プログラムでは、第7回全国ユース環境活動発表大会 全国大会にて九州沖縄代表として優秀賞を獲得された大分県立大分工業高等学校「DAIKO風車プロジェクト」の活動紹介をいただくほか、参加の皆様による意見交換を実施いたします。
環境活動に取組まれる生徒、ユース、教員のみなさま、そして地域で環境保全活動等に取り組まれるみなさまのご参加をお待ちしております。

1.日  時

令和4年3月16日(水) 16:00開始 17:45終了(100分程度)

2.会  場

オンライン会議室ZOOMを利用します。
※お申し込みいただいた方へ、後日URLを送付します。

3.対  象

九州・沖縄地域において、環境活動に取組む生徒、ユースのみなさま
教育機関にて環境保全活動に取り組まれる教員のみなさま
地域で環境保全活動等に取り組まれるみなさま

4.プログラム

(1)ユース環境活動ネットワークの紹介
https://youth-eapc.net/

(2)活動紹介
大分県立大分工業高等学校 DAIKO風車プロジェクトチーム 活動紹介

※下記より活動に関する動画を閲覧できます。
https://youth-eapc.net/

・ゲストスピーカーによる活動へのコメント
SDGsに取り組む企業、若手起業家によるチームへのコメント

(3)参加者による意見交換

5.参加申込

下記の申込フォームより令和4年3月14日(月)までにお申し込みください。
フォーム: https://forms.gle/hLRkPDNrnMQ2pHnv5
または、Eメールにて、件名に「ユース環境活動交流会」と記載の上、本文に

ご所属(学校/団体)、申込代表者ご氏名、参加者ご氏名(生徒の方は任意)

以上を明記の上、までお送りください。

6.主  催

九州地方ESD活動支援センター

7.備  考

お申し込みの際にいただいた情報は、本企画の運営について利用いたします。
新型コロナウイルス感染拡大状況により、企画内容に変更がある場合があります。

お問合せ先 九州地方ESD活動支援センター(EPO九州)
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
℡(096)312-1884  fax(096)312-1894
  担当:勝家

九州地方ESD活動支援センターは、九州・沖縄の地域ESD拠点と島しょ部にお住まいの方を対象に情報交換会を開催します。
話題提供では、琉球大学名誉教授の加藤先生より昨年からの軽石漂着についてホットな内容をとりあげます。
ご関心のある方はぜひご参加ください。

 


 

平素より、EPO九州、九州ESDセンターの活動にご協力いただき、誠にありがとうございます。
この度、島しょ地域でESDに取り組む団体、九州・沖縄の地域ESD拠点を対象とした情報交換会を開催いたします。

情報交換会では、海底火山から噴出、琉球諸島に漂着した軽石について、地球科学・岩石学の専門家である加藤先生(琉球大学名誉教授)より話題提供いただきます。
また企画にあたり、日ごろの活動や課題認識についてうかがうアンケートも行います。今回の情報交換会にて共有させていただき、今後のネットワークづくりの参考とさせていただきます。あわせてご回答をお願い申し上げます。

年度末ご多忙の折とは存じますが、ご参加をいただきますようお願い申し上げます。

スクリーンショット 2022 03 09 144809

※上記チラシクリックでPDFが開きます。

 

【開催日時】

3月25日(金)13:30~15:30

【開催方法】

オンライン(zoom)

【参加費】

無料

【プログラム】

■セッション① 話題提供
「軽石は海底火山からのメッセージ 地球科学で考える軽石漂着」
琉球大学名誉教授 加藤 祐三 先生

■セッション② 島/シマで取組む人材育成・ESD 情報交換会

【申込方法】

「お申込フォーム」 https://forms.gle/wk6HQt4PC21AmEes7よりお申込下さい。
締切 3月22日(火)
※お申込みの皆さまにzoom接続情報をお知らせいたします。

【お問合せ・運営事務局】

九州地方ESD活動支援センター
〒860-0806熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館F
TEL :096-312-1884        E-mail:
URL:https://epo-kyushu.jp/

Default Image
2022年05月28日

九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(5月…

内閣府地方創生推進室は、…
2022年05月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和4年5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2022年05月28日

【6/28開催】デジタル×まち…

デジタル×まちづくりと銘打ったオンラインシンポジウムが開催されます。このシンポジウムでは、産学官連携…
2022年05月28日

【6/29締切】令和4年度国立…

環境省は、国立公園・国定公園等の自然を活用し、地域のテーマやストーリーを踏まえた滞在型観光コンテンツ…
2022年05月28日

「脱炭素地域づくり支援サイト」…

環境省は、地域脱炭素化に取り組む方々を対象とした、「脱炭素地域づくり支援サイト」を開設しています。「…