epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

第5回 大分自然環境研究発表会

大分県内には自然環境の調査研究や保全活動を行う個人や団体が数多くあります。2011年より、そのような個人・団体の交流・連携・活動の発展を目指し、団体の枠にとらわれない合同の研究発表会を企画・開催しています。

【日時】2015年12月19日
【場所】大分大学  教育福祉科学部 100号教室
【時間】9:00〜16:25(8:30開場)

どなたでもご参加いただけます。
参加申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。

 

第1題 タケノコカワニナにおける泥質と成長の関係
  石川 真太郎(大分大学 教育福祉科学部)
  永野 昌博 (大分大学 教育福祉科学部)

第2題 大分県のコケ類 -希少種の生育の状況 その2 -
  大塚 政雄(日本蘚苔類学会)

第3題 大分県の食用藻類
  伊藤 龍星(大分県農林水産研究指導センター 水産研究部)

第4題 豊後大野市が考える地域づくり~ジオ・エコ・生物多様性戦略の役割~
  神志那 庸一(豊後大野市役所 商工観光課)

【県内団体の活動紹介】
  1.おおいた自然史ミュージアム構想ネットワーク:永野昌博
  2.大分県祖母傾ユネスコエコパーク推進協議会 :師藤京子
  3.大分県植物研究会    :真柴茂彦
  4.大分市環境部環境対策課 :山本草平
  5.大分自然博物推進委員会 :高野裕樹

第5題 大分県内で見られたクラゲ類
  岩井 美菜(大分マリーンパレス水族館「うみたまご」)

第6題 オオイタサンショウウオの環境による育ち方の違い
  甲斐 潤樹(大分市立日岡小学校)

第7題 大分県内の湧水の水質と味覚の有意差
  炭本 悟朗(NPO法人おおいた生物多様性保全センター)

第8題 有害赤潮プランクトンKarenia mikimotoiの生態とその対応策
  宮村 和宏(大分県農林水産研究指導センター 水産研究部)
  野田 誠 (大分県東部振興局 農山漁村振興部)
  景平 真明(大分県南部振興局 農山漁村振興部)

第9題 魚類相調査に基づく環境教育プログラムの開発
  大山 実花(大分大学 教育福祉科学部)
  永野 昌博(大分大学 教育福祉科学部)

第10題 大分県北部におけるクマタカの記録
  三丸 祥子(NPO法人希少生物研究会)

第11題 草原性希少チョウ類の保全活動について
  朝倉 和紀(九重ふるさと自然学校)

【県内団体の活動紹介】

  6.大分県生活環境部   :浜田みほ・住川史臣
  7.判田校区ふるさとづくり運動推進協議会:永野昌博
  8.九重ふるさと自然学校 :川野智美
  9.日本野鳥の会大分県支部:谷上和年
  10.宇佐自然と親しむ会  :大塚政雄

第12題 大分からはじまった九州の環境教育プラットフォーム
  澤 克彦 (九州環境教育ミーティング)

第13題 アカメガシワの防御戦略の研究
   衛藤 大知(大分県立大分鶴崎高等学校科学同好会)
   伊東 美依(大分県立大分鶴崎高等学校科学同好会)
   管 捷吾 (大分県立大分鶴崎高等学校科学同好会)
   壺内 聡太(大分県立大分鶴崎高等学校科学同好会)

http://ooitanature.wix.com/ooita#!blank/b1jb6

平成25年度から環境省では「ESD環境教育プログラム実証等事業」を全国で展開してきました。
本ミーティングは西日本(近畿・中国・四国・九州地方)の各ブロックの特色ある取組を持ち寄り、次のステップに向けた課題解決につながる学びやネットワークを構築することを目的に開催します。

※環境省「平成27年度ESD環境教育プログラム実証等事業に係るESD環境教育プログラムの作成・展開業務」


【日  時】2015年12月16日(水)11:00~17:00
【会  場】岡山国際交流センター8階 イベントホール他(岡山県岡山市北区奉還町2-2-1)

【参 加 費】無料
【定  員】100名
【対  象】ESDを実践している方(学校、大学、NPO/NGO、自治体、企業、コーディネーターなど)

【主  催】環境省中国四国地方環境事務所
       (事業運営:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター)

【協  力】近畿環境パートナーシップオフィス(きんき環境館)、一般社団法人コミュニケーションデザイン機構、中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)、四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)、特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク、九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)、株式会社フラウ主婦生活総合研究所

【プログラム】
11:00~ オープニング(開会、挨拶、オリエンテーション)
11:30~ 基調講演
        <講師>
          高田研(都留文科大学文学部社会学科 教授)
12:30~ ランチタイム
13:30~ 分科会
        <分科会1>
         「自治体環境教育施策と連動したESD視点による地域教材化とその運用」
          ゲスト/深井鉄平(滋賀県琵琶湖環境部環境政策課)
               藤田アニコー(滋賀でESDを進める会)
        <分科会2>
         「環境教育×持続可能な地域づくり」
          ゲスト/徳永豊(公益社団法人日本環境教育フォーラム)
               桑野恭子(認定NPO法人地域環境ネットワーク)
        <分科会3>
         「身近な題材をESD教材にしよう」
          ゲスト/高山莉菜(特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク)
        <分科会4>
         「地域をつなぐプラットフォームと担い手」
          ゲスト/浜本麦(NPO法人くすの木自然館)
               池田満之(岡山市京山地区ESD推進協議会)
15:15~ 全体会
        <コーディネーター>
          志賀誠治(人間科学研究所 所長、特定非営利活動法人ひろしま自然学校 代表理事)
        <アドバイザー>
          原明子(ESDコーディネーター、おかやま自由学校そら 主宰)
16:45~ クロージング
~17:00 閉会

【申込み方法】
氏名、ふりがな、所属、連絡先(電話、FAX、E-mail)、お住まい、ランチBOX(500円)の希望(する・しない)を明記の上、
E-mail、FAX、電話のいずれかでお申込みください。申込みいただいた方には参加要項をお送りします。
 ※申込み締切:12月6日(日)

【申込み・問合せ先】
特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター(担当:松原、古川)
〒730-0013 広島市中区八丁堀3-1 幟会館2階
電話:082-511-3180   FAX:082-511-3179
E-mail:

竹田・豊後大野地域において、現在展開されているエコパークの取組などから、持続可能な地域づくりにつながる人づくり活動(ESD)について、地域のみなさんの関わりを深め、活動について語り合います。みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。


■日時:平成27年12月11日(金)15:00~17:00
■場所:竹田市公民館竹田分館 大広間(大分県竹田市竹田1918-2)
■参加費:無料
■対象:地域でのまなび・人づくりに関心のある方 30名程度

■主催:EPO九州
■共催:九州環境教育ミーティング
■後援(予定):大分県、大分県教育委員会、竹田市、竹田市教育委員会

~プログラム~
○開  会 地域で取り組むESDについて

○話題提供「エコパークを活かした地域づくり」
日本文理大学工学部教授    杉浦 嘉雄さん

○活動紹介
「地域に根ざした環境教育」
NPO法人緑の工房ななぐらす(大分市)
葛西 満里子さん

「エコパークで地域おこし」
奥嶽茶屋(豊後大野市)    三代 泰司さん

○意見交換
コメンテーター
NPO法人くすの木自然館(鹿児島県姶良市)
    浜本 奈鼓さん


■お申込み・お問合せ
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
TEL 096-312-1884 FAX 096-312-1894 メール

九州での開催が3回目となる本研究発表会では、廃棄物や資源循環に関する研究発表会のほか、市民団体等による市民展示や市民フォーラム、様々な施設への見学会やスタディツアーも行われます。

EPO九州も市民展示のブースにて、団体紹介やESDのパネル展示を行いますので、ぜひご来場ください。
市民展示を含む一部プログラムは無料で参加できます。
詳細は下記HPよりご確認ください。


■開催日:2015年9月2日(水)~9月4日(金)
 (市民展示:9月2日 10:45~16:45、3日 9:30~16:00)
■会場:九州大学 伊都キャンパス(福岡市西区元岡744番地)
 (市民展示:センター2号館 カフェ QASIS)
■主催:一般社団法人 廃棄物資源循環学会
■HP:http://jsmcwm.or.jp/taikai2015/

地球環境基金では、環境NGO・NPOの組織運営における課題解決のために、知識技術の向上を目的としたスタッフ向け研修を実施しています。

今回のテーマは、「協働・資金調達・広報実践ツールと短中長期戦略をつくろう!」です。第一戦の講師陣から最新のマネジメント理論・事例を学ぶとともに、民間団体運営専門家・民間団体支援組織・プロボノ・行政等の講師やアドバイザーに出会えます。


日 時:【熊 本】8/29(土)・9/13(日)・9/14(月)・9/15(火)・9/25(金)・10/25(日)
    【鹿児島】8/30(日)・9/1(火)・9/2(水)・9/3(木)・9/24(木)・10/24(土)

場 所:【熊 本】熊本市男女共同参画センターはあもにい
    【鹿児島】姶良市文化会館『加音ホール』会議室

内 容: 組織・プロジェクト運営の第一人者を講師等に揃え、客観的/多角的視点を取り入れつつ、地域・地球規模の環境課題への取組みを戦略的にリードすることのできる団体スタッフの人材育成を支援。

講師等:石川世太氏(株式会社マチトビラ取締役・ファシリテーター)
    長浜洋二氏(NPOマーケティング研究所代表)
    田畑浩氏(株式会社パーソナルヴィジョン研究所代表取締役)
    足立治郎氏(「環境・持続社会」研究センター(JACSES)事務局長)

アドバイザー:
【熊 本】 澤克彦(九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)業務責任者)
      山内康二氏(阿蘇グリーンストック 副理事長)
【鹿児島】 浜本奈鼓氏(くすの木自然館 代表理事)
      福島大輔氏(桜島ミュージアム 理事長)

参加費:1,000円(全6回分)※同一の団体から2名以上ご参加の場合、参加費は1人500円に割引。

対象者:平成26・27 年度に実施した基礎研修の修了者を主な対象者とします。ただし、民間団体での活動歴が一定期間ある方で、現在、組織運営等について問題意識を持っている方についても対象者とします。

主 催:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部

詳 細:【熊 本】http://jacses.org/kensyu/advanced2015kumamoto.htm
    【鹿児島】http://jacses.org/kensyu/advanced2015kagoshima.htm
Default Image
2019年01月10日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

1月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年01月05日

第28回くまもと環境賞募集

「くまもと環境賞」は、熊本県環境基本条例に基づいて、平成3年度に創設しました。より豊かな環境の保全・…
2018年12月26日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…