epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

 今年のアースウィークは、20日のノーマイカーデイで開幕。COP21で採択された「パリ協定」についての講演やファストファッションの裏側に焦点を当てた映画の上映会などが開催されます。

 ※熊本地震の発生により、全ての活動は中止となりました。

ノーマイカーデイ・パレード(4/20)
■日時:2016年4月20日(水)7:30集合・出発
■場所:戸井の外公園(水前寺サニー裏)スタート
■共催/熊本県ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議


市役所前までの区間、行政、企業、環境団体、NPO、市民一斉参加でパレードを実施。ノーマイカーデイをアピールしながら、CO2削減のため、バス・自転車・電車の利用を訴えます。自転車通勤の方もぜひご参加ください。


COP21パリ会議報告会(4/22)
COP21は、どのような交渉の末にパリ協定の採択にこぎつけたのでしょうか。また、法的拘束力のあるパリ協定が日本(熊本)にもたらす影響は何でしょうか。

脱炭素化の実現をめざして、世界では今後どのような取り組みがはじまるのでしょうか。COP3(京都会議)当時から交渉をフォローし、COP21にも参加した気候ネットワークの専門家がその意味を語ります。

■日時:2016年4月22日(金) 18:30~20:30 開場18:00
■会場:熊本県庁新館 2階 201会議室 (熊本市中央区水前寺6丁目18番1号)
■主催:CAN-Japan、アースウィークくまもと実行委員会


■プログラム:
【パート1】
講演「COP21パリ会議で採択された『パリ協定』とは何か ~私たちの暮らしはどう変わる、その影響は~」
   講師/伊与田昌慶氏(気候ネットワーク研究員)

【パート2】
パネルディスカッション「脱炭素のまちづくりを語ろう」
パネリスト/熊本県、熊本市、NPO、学生等
コーディネーター/坂本正(アースウィークくまもと実行委員長)


参加には事前申込みが必要です(参加無料)。氏名・ご連絡先をご記入のうえ、FAXまたはEメールでお送りください。
FAX:096-362-3776(環境ネットワークくまもと)
E-mail:


映画「ザ・トゥルー・コスト」上映会(4/23)

「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償」は、発展途上国の工場に縫製を大量発注し、安価な衣服を大量に販売するファッション業界の闇に焦点を当てた話題のドキュメンタリー映画です。「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か」――。行き過ぎた物質主義の引き起こした問題について、この映画を通して考えてみませんか。

フェアトレードや環境問題に関心をお持ちの方だけでなく、ファッションや国際協力等に興味のある方もぜひご参加ください。

■日時:2016年4月23日(土)※上映時間調整中(上映時間93分)
■会場:熊本YMCA
■料金:1,000円(学生800円)
■概要:ファッション産業の今と向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー

 

アースウィークくまもと HP http://www.mycolle.jp/earthweek/top/

我が国における「持続可能な開発のための教育 (ESD) に関するグローバル・アクション・プログラム」実施計画の策定について

持続可能な開発のための教育に関する関係省庁連絡会議において、我が国における「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するグローバル・アクション・プログラム」実施計画(ESD国内実施計画)が、本日策定されました。(同時発表:文部科学省)

(報道発表より)

下記リンクより、概要版ならびに本文のダウンロードができます。

http://www.env.go.jp/press/102193.html

20130108 FH000006

環境省では、地域での協働取組を促進するため、協定の締結や具体的な取組を加速化させる先導的な取組形成について、ノウハウ構築、普及や共有を目的とした協働事業を公募いたします。
下記要領にて、「平成28年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」について九州地方説明会を開催いたします。

 

【開催概要】

◯日 時:平成28年2月29日(月)  16:30~17:30 
◯会 場:福岡朝日ビル地下2階 多目的ホールB(福岡市博多区博多駅前2-1-1)
◯主 催:環境省九州地方環境事務所、九州環境パートナシップオフィス(EPO九州)

 

ESD【Education for Sustainable Development】は、「持続可能な開発のための教育」といわれています。わかりやすく言えば、教科横断型の探求型学習で地域の課題や現象の背景の理解、多面的かつ総合的なものの見方、思考力、データや情報の分析能力、コミュニケーション能力、リーダーシップの育成など子どもたちの学習意欲の向上につながり、次世代型の学習法「アクティブラーニング」と通じるものがある教育です。今回のフォーラムで各地のESDの事例を参考にして、学校現場や地域社会で、子どもたちの自主性、行動力等を養うための手法として、これからESDを取り組むためのヒントを見つけていきませんか。

■日時:平成28年3月6日(日曜日)13:00~16:30(入場無料)
■会場:エルガーラホール 7階多目的ホール(福岡市中央区天神1丁目4-2)
■定員・対象:100名
教員、教育関係者、保護者、ESDに興味・関心・実践されているNPO団体、企業等

Default Image
2019年12月07日

【福岡】第8回地球温暖化に関する九州カン…

第8回地球温暖化に関する九州カンファレンス~COP25の交渉結果と我が国の対応を考える~…
2019年12月05日

【募集】第29回「くまもと環境…

~第29回くまもと環境賞募集のお知らせ~…
2019年12月05日

【福岡】NPO法人グリーンシテ…

NPO法人グリーンシティ福岡から3つのイベント情報のお知らせです。 ふくおか環境活動発表会…
2019年12月05日

【募集】2020年度「ネオニコ…

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストからのお知らせです。…
2019年12月03日

【佐賀】環境講演会~みんなで考…

佐賀県鹿島市から、プラスチックごみに関する環境講演会のご案内です。京都府亀山市の副市長・仲山徳音氏、…