epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

2016年の熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、1日でも早い復旧をお祈り申し上げます。


九州・沖縄各県での熊本地震における災害支援・対応等情報のHPをまとめました(2016/4/23時点)。
県ごとにトップページまたは該当記事一覧ページを参照しています。詳細情報につきましては、リンク先をご確認ください。各市町村でのボランティア情報につきましても、下記HP一覧を参考にされてください。


被災地支援・災害ボランティア情報 熊本地震特設サイト http://shienp.net/


熊本県
県庁 http://www.pref.kumamoto.jp/Default.aspx
県社会福祉協議会 http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/

大分県
県庁 http://www.pref.oita.jp/
県社会福祉協議会 http://www.oitakensyakyo.jp/

福岡県
県庁 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/life/1/1/
県社会福祉協議会 http://www.fsw.or.jp/

佐賀県
県庁 https://www.pref.saga.lg.jp/web/index/bousai-top.html
県社会福祉協議会 http://www.sagaken-shakyo.or.jp/

長崎県
県庁 https://www.pref.nagasaki.jp/
県社会福祉協議会 http://www.nagasaki-pref-shakyo.jp/index2.php

宮崎県
県庁 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kurashi/bosai/saigai.html
県社会福祉協議会 https://www.mkensha.or.jp/

鹿児島県
県庁 https://www.pref.kagoshima.jp/bosai/saigai/h28/kumamotojishin_matome.html
県社会福祉協議会 http://www.kaken-shakyo.jp/

沖縄県
県庁 http://www.pref.okinawa.jp/
県社会福祉協議会 http://www.okishakyo.or.jp/

【物資受入 更新しました】(4月26日午前9時40分時点)

受入中の物資:

急を要する物資 ブルーシート/土のう袋(がれき撤去など作業用)/銀マット
必要な物資 カレールー/サラダ油/野菜ジュース/缶詰め/醤油/透明ゴミ袋

その他は一旦、一定数集まってきているとのことでした。

 

【物資受入 一部中止について】水、生理用品、トイレットペーパーの支援物資の受付は一旦中止いたします。ご協力いただきました皆様ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします!(4月22日午後6時)

 

 このたびの熊本・大分で発生した地震により、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
阿蘇大橋が崩落したことで熊本市内、福岡方面から阿蘇地域への経路が寸断されておりますが、宮崎県側からは移動が可能なことから、宮崎県内のNPO等が集 結、県外のNPO,NGO,企業などと連携し五ヶ瀬町、宮崎県の協力を得て本格的な「宮崎ー熊本支援ネットワーク」の支援活動が開始されました!

2016/4/21
EPO九州は、本日より開所しております。
なお、しばらくの期間、可能な範囲での開所となりますことご了承ください。

業務時間 10:00~17:00

※通常の業務時間に戻りましたら、改めてお知らせいたします。

5/10より、通常時間 10:00~19:00 での業務を再開しました。

 

 

 今年のアースウィークは、20日のノーマイカーデイで開幕。COP21で採択された「パリ協定」についての講演やファストファッションの裏側に焦点を当てた映画の上映会などが開催されます。

 ※熊本地震の発生により、全ての活動は中止となりました。

ノーマイカーデイ・パレード(4/20)
■日時:2016年4月20日(水)7:30集合・出発
■場所:戸井の外公園(水前寺サニー裏)スタート
■共催/熊本県ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議


市役所前までの区間、行政、企業、環境団体、NPO、市民一斉参加でパレードを実施。ノーマイカーデイをアピールしながら、CO2削減のため、バス・自転車・電車の利用を訴えます。自転車通勤の方もぜひご参加ください。


COP21パリ会議報告会(4/22)
COP21は、どのような交渉の末にパリ協定の採択にこぎつけたのでしょうか。また、法的拘束力のあるパリ協定が日本(熊本)にもたらす影響は何でしょうか。

脱炭素化の実現をめざして、世界では今後どのような取り組みがはじまるのでしょうか。COP3(京都会議)当時から交渉をフォローし、COP21にも参加した気候ネットワークの専門家がその意味を語ります。

■日時:2016年4月22日(金) 18:30~20:30 開場18:00
■会場:熊本県庁新館 2階 201会議室 (熊本市中央区水前寺6丁目18番1号)
■主催:CAN-Japan、アースウィークくまもと実行委員会


■プログラム:
【パート1】
講演「COP21パリ会議で採択された『パリ協定』とは何か ~私たちの暮らしはどう変わる、その影響は~」
   講師/伊与田昌慶氏(気候ネットワーク研究員)

【パート2】
パネルディスカッション「脱炭素のまちづくりを語ろう」
パネリスト/熊本県、熊本市、NPO、学生等
コーディネーター/坂本正(アースウィークくまもと実行委員長)


参加には事前申込みが必要です(参加無料)。氏名・ご連絡先をご記入のうえ、FAXまたはEメールでお送りください。
FAX:096-362-3776(環境ネットワークくまもと)
E-mail:


映画「ザ・トゥルー・コスト」上映会(4/23)

「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償」は、発展途上国の工場に縫製を大量発注し、安価な衣服を大量に販売するファッション業界の闇に焦点を当てた話題のドキュメンタリー映画です。「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か」――。行き過ぎた物質主義の引き起こした問題について、この映画を通して考えてみませんか。

フェアトレードや環境問題に関心をお持ちの方だけでなく、ファッションや国際協力等に興味のある方もぜひご参加ください。

■日時:2016年4月23日(土)※上映時間調整中(上映時間93分)
■会場:熊本YMCA
■料金:1,000円(学生800円)
■概要:ファッション産業の今と向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー

 

アースウィークくまもと HP http://www.mycolle.jp/earthweek/top/

地域循環共生圏公募
2020年01月28日

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラット…

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募について…
2020年01月28日

【佐賀】唐津市版脱炭素イノベー…

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏を考える地域エネルギーセミナー…
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…