epohedimg001

平成28年12月現在、110の都道府県・市区町村による生物多様性地域戦略(以下、地域戦略)が策定されています(複数の地方公共団体が共同で策定したものもあるため策定数は106)。

環境省では、これらの地域戦略について文献調査を行い、特徴や傾向を分析しました。また、このうち11市区町にインタビューを行い、策定に至った経緯や、地域戦略の策定・実施時の困難点、地域ごとに工夫されている点等についてとりまとめました。さらに、これらを基に、新たに地域戦略を策定していただく際の参考となるよう、策定を促進するにはどうしたらよいか、地域の利益関心と地域戦略をつなぐにはどうしたらよいか、という視点から考察を試みました。

なお、結果や考察につきましては環境省の判断に基づくものであり、各地方公共団体の考えを反映したものではありません。

策定地方公共団体一覧やデータベースおよび地域戦略カルテなど詳細はこちら http://www.env.go.jp/nature/biodic/lbsap.html

 

いきものログ ロゴ 木環境省生物多様性センターが提供するサイト「いきものログ」(全国の生物情報を共有化して提供するインターネット上のシステム)では、“いきものログオリジナルグッズ”が当たる「いきものログ プレゼントキャンペーン」を実施しています!
この機会にぜひ、あなたが見つけた生きものの情報を「いきものログ」に報告してみませんか?
また、団体に向けた支援セットもご用意しています(数量限定、申込み順)。
詳細はいきものログホームページのキャンペーン情報(http://www.biodic.go.jp/campaign/campaign.pdf
をご覧ください。

本シンポジウムでは、木質バイオマスエネルギーを活用したモデル地域づくり推進事業における活動成果報告を行い、今後の地域づくりにおける木質バイオマスエネルギー活用の方向性についてパネルディスカッションにより議論します。

 

開催概要

■日時 平成29年2月27日(月)13:00~17:00
■場所 東京大学弥生講堂「一条ホール」(東京都文京区弥生1丁目1-1 東京大学農学部内)
■参加費 無料(先着200名)

■主催 林野庁/日本森林技術協会・森のエネルギー研究所

 

 

環境省と文部科学省は、平成26年11月に開催された「国連ESDに関するユネスコ世界会議」での成果等を踏まえ、ESDを推進するためのネットワークの構築のため、平成28年4月22日、ESD活動支援センター(以下「全国センター」という。)を開設しました(所在地:東京都渋谷区)。
 また、全国の各ブロック(8地域)では、全国センターと協働・連携を図るとともに、地域における広域的なハブ機能を果たすための「地方ESD活動支援センター」(仮称)を平成29年度に設置する予定となっています。
 これを受け、九州地方環境事務所は、専門家等で構成される九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会を設置し、同委員会の議論を踏まえ、平成29年度に九州・沖縄地域の九州地方ESD活動支援センター(仮称)を設置する予定です。
 このたび、第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果の概要を掲載しましたので、お知らせします(委員会は計3回を予定)。

詳細はこちら http://kyushu.env.go.jp/to_2017/esd.html

Default Image
2017年06月29日

「PCB処理完遂への展望」in…

(一社)廃棄物資源循環学会の主催シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in北九州が下記のとおり開催されますのでお知らせします。…
2017年06月20日

7/8(土)森林ボランティア初…

7月8日(土)に、森林に関心のある方(森林ボランティア初心者)を対象とした、森林ボランティア初心者研…
2017年06月16日

「2017王子の森・自然学校」…

「王子の森・自然学校」は、王子ホールディングス株式会社とJEEFが共催で開催している、夏休みの子ども…
2017年06月08日

「生物多様性地域戦略」レビュー…

平成28年12月現在、110の都道府県・市区町村による生物多様性地域戦略(以下、地域戦略)が策定され…
2017年06月08日

公益財団法人再春館「一本の木」…

公益財団法人再春館「一本の木」財団当財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動…