epohedimg001

日本政策金融公庫は、「NPO・企業・行政などの連携・協働」をテーマに、ソーシャルビジネスに携わる人向けのオンラインシンポジウムを開催します。
このシンポジウムでは、NPO、企業、行政との連携や支援策などについて議論します。
NPOに所属していなくとも、地域貢献に興味のある方はどなたでも参加できます。

 


 

日本政策金融公庫では、社会課題の解決に取り組むソーシャルビジネスを積極的に支援しています。
より良い社会を実現するためには、NPO・企業・行政などの様々な主体が、それぞれの強みや特徴を活かし、共に協力しながら社会課題の解決に取り組むことが有効だと考えられます。
本シンポジウムでは、「NPO・企業・行政などの連携・協働」をテーマに、様々な主体と協力しながら社会課題の解決に取り組む方々にご登壇いただきます。プログラムを通じて、連携・協働の意義・メリットや具体的な取り組み方、そして地域で連携・協働を生み出すために必要な中間支援・伴走支援の在り方などについて、皆さまにお伝えします。

概 要 

開催日時:令和4年2月23日(水・祝)13:30~17:20(予定)

開催場所:オンライン(Zoomウェビナー)

参加費:無料

定員:先着400名様(事前申込制)

対象 :地域貢献に興味がある方、ソーシャルビジネスに取り組む方、他者と連携して、社会課題の解決に取り組みたいと考えている方、行政、金融機関、ソーシャルビジネスの支援機関の担当者の方

主催:日本政策金融公庫

後援:経済産業省、京都信用金庫

プログラム

オープニング
13:30~13:45

開会挨拶
昨今のソーシャルビジネスの動向について

基調講演
13:45~14:35
 「ソーシャルビジネス・企業・行政の新しい連携とは」
ソーシャルセクター、企業、行政の「新しい連携」の特徴や、その可能性について事例を交えながらお話いただきます。
【基調講演者】
一般社団法人RCF代表理事 藤沢 烈 氏

パネルディスカッション第一部
14:45~15:55 「NPO、企業、行政との連携・協働のポイント」

【内容】
NPO、企業、行政の連携事例や、連携を成功させるためのポイントについて、ディスカッションします。

【ファシリテーター】
認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 常務理事/社会的インパクトセンター長
鴨崎  貴泰  氏

【パネリスト】
日本マイクロソフト株式会社 政策渉外・法務本部社会貢献担当部長
龍治  玲奈  氏

認定NPO法人育て上げネット 理事長
工藤  啓  氏

横浜市政策局 共創推進室 共創推進課
中川  悦宏  氏

パネルディスカッション第二部
16:05~17:15 「連携・協働を地域で生み出すために求められる支援とは」

【内容】
連携・協働を地域で生み出すために必要な支援とは何かという観点から、地域のコミュニティづくりや中間支援、伴走支援の在り方についてディスカッションします。

【ファシリテーター】
認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 常務理事/社会的インパクトセンター長
鴨崎  貴泰  氏

【パネリスト】京都信用金庫 常務理事/価値創造本部長
竹口 尚樹 氏

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役副社長
鈴木 雅剛 氏

Slow Innovation株式会社 代表取締役
野村 恭彦 氏

クロージング
17:15~17:20 閉会挨拶

※プログラム内容、時間等は変更になる場合があります

参加申込

問い合わせ先

ソーシャルビジネスシンポジウム運営事務局(運営委託先:株式会社ステージ)
E-mail:
TEL:03-3554-5049
(受付時間10:00~17:00)
※土日・祝日を除く

social buisiness symposium

 

ソーシャルビジネスシンポジウム
https://www.stage.ac/social-sympo/

環境省は、親子で生物多様性を実感することを目的に、世界自然遺産から配信するオンライン自然観察会、参加者による生き物発表、養老孟司氏による講演などを盛り込んだイベントを実施します。
このイベントは、環境省による「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトの一環として行われます。
親子20組限定、先着順となっておりますので、お早めにお申し込みください。

 


 

環境省では、平成30年に「子どもたちにもっと自然の中で遊んでほしい」「森里川海のつながりが豊かであるからこそ、私たちの暮らしが支えられていることに気付いてほしい」という願いを込めて、読本『森里川海大好き!』(小学校高学年向け)を制作し、昨年度まで「読書感想文コンクール」を開催してきました。

今年度は、生物多様性(地域に固有の自然があり、それぞれに特有の生き物が生息し、つながり支えあっていること)を実感する目的で、世界自然遺産に指定されている白神山地と屋久島国立公園からの中継(予定)を交え、アリ探求家の島田拓先生によるオンライン自然観察会、参加者による生きもの発表会、『森里川海大好き!』編集委員長の養老孟司先生による講演を予定しています。

親子20組の参加者を募集いたします。是非、御応募ください。

 

主 催:環境省「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトチーム

日 時:令和4年3月6日(日) 10:00-12:30

会 場:オンライン開催(事前登録制/参加費無料)

* オンライン会議システム「ZOOM」を使用。インターネットにつながるパソコン、スマートフォン等を使用して参加できます。

*お申し込みいただいた方にZOOMミーティングURLを後日メールでお送りいたしますので、そちらから御参加ください。

対 象:親子20組(小学生のお子様とその御家族)

締 切:令和4年2月18日(金) 

先着順受付(締切日前に定員に達した場合は、その時点で締切ります)

 

応募等詳細につきまして、こちらのサイトを御確認ください。

https://www.jeef.or.jp/activities/mori-sato-kawa-umi/

https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/dokuhon.html

内 容

第1部 世界自然遺産・白神山地と屋久島国立公園よりオンラインで中継。(予定)

第2部 島田拓先生によるオンライン自然観察会(事前撮影)と講演

第3部 生物多様性を知ろう!参加者による生きもの発表会

第4部 養老孟司先生による講演

 

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
代表 03-3581-3351


morisato

 

環境省 「生物多様性を感じよう!第二回オンライン自然観察会」参加者募集のお知らせ
https://www.env.go.jp/press/110450.html

 

毎日新聞社は、国際的な環境問題について様々なバックボーンをもつ登壇者が討議するオンライン国際環境シンポジウムを開催します。
地球温暖化、SDGs、サーキュラーエコノミーなど幅広い分野について考える内容となります。
ぜひこの機会にご参加ください。

 


 

毎日新聞社は2月21日(月)に創刊150年を迎えるのを記念して、地球温暖化問題や、循環型経済への転換について討議する国際環境シンポジウム「みんなで語ろう地球の未来~MOTTAINAIから始まるSDGs」を同日午後2時から開催します。
※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンライン配信のみとします。

シンポジウムは、一般社団法人Climate Integrate 代表理事の平田仁子さん、アマゾン熱帯雨林の保護で著名な元ブラジル環境相、マリナ・シルバさんらをゲストに迎え、「MOTTAINAI」をキーワードに持続可能な社会のあり方を探ります。

登壇者は、他に
 国谷裕子さん(東京芸術大学理事)
 原有穂さん(Fridays For Future Yokosuka)
 夫馬賢治さん(ESG金融コンサルタント)
 古澤康夫さん(東京都環境局資源循環推進部専門課長)
 安居昭博さん(サーキュラーエコノミー研究家)
 三谷直輝さん(ニッコー株式会社 常務取締役)
 元村有希子(毎日新聞論説副委員長)
の各氏を予定。

「みんなで語ろう地球の未来」申込フォーム
 ■オンライン視聴申込はこちら ※2月27日までアーカイブ視聴可

皆さまのご参加・ご視聴をお待ちしています。

<プログラム(予定)>

14:10 オープニング・トーク「MOTTAINAIから始まるSDGs」
 国谷裕子さん(東京藝術大学理事)×元村有希子(毎日新聞論説副委員長)
14:40 第1部トークセッション「企業が変わる、世界が変わる 2030年の温室ガス半減に向けて」

 平田仁子さん(一般社団法人Climate Integrate 代表理事)、
 原有穂さん(Fridays For Future Yokosuka)、夫馬賢治さん(ESG金融コンサルタント)
 モデレーター:元村有希子
15:40 特別メッセージ
 マリナ・シルバさん(ブラジル元環境大臣)=オンライン出演、同時通訳
16:10 第2部パネルディスカッション「循環経済の推進~持続可能社会に向けて」
 パネラー:古澤康夫さん(東京都環境局資源循環推進部専門課長)、夫馬賢治さん、
      安居昭博さん(サーキュラーエコノミー研究家)、三谷直輝さん(ニッコー株式会社 常務取締役)      
 モデレーター:元村有希子
17:15 クロージング・トーク
17:35 終了予定

司会:フリーアナウンサー 上田万由子

※プログラムや出演者は変更になる場合があります
※リアルタイム字幕表示あり

<日時>2022年2月21日(月)14:00-17:30(オンライン配信は13:45入室開始)
<主催>毎日新聞社
<共催>東京都、共立女子大学・短期大学
<後援>環境省
<定員>オンライン参加先着1,000人、メールにてURLをお知らせします。
<参加費>無料
<締め切り>2月20日(日)
<問い合わせ>「みんなで語ろう地球の未来」事務局
  TEL:03-6265-6815(平日午前10時~午後5時)
  メール:

「みんなで語ろう地球の未来」申込フォーム
 ■オンライン視聴申込はこちら ※2月27日までアーカイブ視聴可

top main banner mirai0131

 

MOTTAINAI 国際環境シンポジウム「みんなで語ろう地球の未来」参加者募集!
https://www.mottainai.info/jp/posts/news/003569.html

 日本環境協会は、エコマークの表示やロゴマークのデザイン等に関するオンラインセミナーを開催します。
このセミナーでは、環境ラベルの啓発により、環境配慮型商品への理解と促進を図ります。
事業者やデザインに携わる皆様はぜひご参加ください。

 


 

企業や製品に表示されているデザイン(ロゴマーク)は、消費者にその企業や製品の存在意義や情報をすぐに伝達できる手段として、今では多くの企業や自治体などで活用されています。

本セミナーでは、株式会社GKグラフィックスの木村雅彦氏より、企業や自治体などの組織において、本質的かつ持続的にデザインを活用するためのヒントをご紹介いただきます。また日本生活協同組合連合会様からは、環境ラベルを活用した取り組みとコミュニケーションについてお話しいただきます。

より多くの商品やサービスで環境ラベルが表示されることにより、社会全体における環境配慮型商品への理解と促進につながればと考えています。

オンラインセミナーチラシ

開催日時 など

  • 日時:2022年2月24日(木)15:00-16:40 終了時刻は前後することがございますのでご了承ください。
  • 配信:Zoomビデオウェビナーを使用
  • 定員:200名 ※ご好評につき定員を増加しました(事前申込制・先着順)
  • 参加費:無料
※ Zoomビデオウェビナーへの接続方法
<重要>お申し込みいただきました方には、2月22日(火)にメールにて接続URLを送付します。セミナー当日までに届いていない場合は、 までご連絡ください。2/22以降にお申し込みの方には順次ご連絡いたします。

プログラム

1.「デザインにおける部分と全体」(40分)
株式会社GKグラフィックス 取締役 木村 雅彦 氏
-profile-
企業や自治体のブランディングやサイン・システムのデザイン、製品開発に携わる傍ら、タイポグラフィの研究や、大学や企業におけるデザイン教育を行っています。
GKグラフィックスのWebsite

2.「環境配慮型商品における環境表示と環境コミュニケーション」(40分)
日本生活協同組合連合会 ブランド戦略本部 サステナビリティ戦略室
サステナビリティ戦略担当 設楽 良昌 氏

3.「エコマーク表示によるマーケティング効果とは」(10分)
公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局

※プログラムは予告なく変更される場合があります。

参加申込

参加を希望される方は、以下の「参加申込」からお申込みください。

参加申込

  • オンラインセミナーへの接続はお一人につき1端末に限らせていただきます。
  • フォームからのお申し込みが難しい場合や、お申し込みのキャンセル等については、下記「お問い合わせ」までご連絡ください。
<重要>お申し込みいただきました方には、2月22日(火)にメールにて接続URLを送付します。セミナー当日までに届いていない場合は、 までご連絡ください。2/22以降にお申し込みの方には順次ご連絡いたします。

お問い合わせ

公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局 事業推進課
電話:03-5829-6286 E-mail:
※メールでのお問い合わせの際は、タイトルを「2/24セミナー」としてください。

ecomark logo

 

公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局 エコマークオンラインセミナー「デザイン(ロゴマーク)で訴求する企業/製品イメージ ~SDGs時代の環境コミュニケーション~」
https://www.ecomark.jp/info/event/20220224seminar.html

環境省は、30歳以下の若者を対象に「ローカルSDGs」の実践者を育成する体験型のセミナーを開催します。
このセミナーは、参加者が地域循環共生圏の理念を踏まえ、ローカルでのSDGsの達成に向けて実際に行動を起こすまでを支援するものです。
九州エリアでは、宮崎県日之影町にてオンラインのフィールドワークが予定されています。
ローカルSDGsの実践者を志す若い世代の皆様はぜひご参加ください。

※プログラムや講師の情報等は以下のリンク先をご確認ください。
https://www.mitemo.co.jp/event/local_sdgs/

 


 

ローカルSDGsユースセミナー「CIRCULAR YOUTH CAMP」は、次代を担う若いエネルギーが地域・組織・立場をこえて集い、地域固有の自然、歴史、文化、そして人々の意志を起点としながら、これからの持続可能な循環をともに形にしていくプロジェクトです。
今年は4エリアでの実践型プログラムを2022年2月・3月に開催。新しい知性と感性で経済・社会・環境の循環を生み出している先駆者の支援を受け、それぞれの地域で挑戦するキーパーソンたちと都市に暮らす若いエネルギーが交わり、活かし合い、ともにアイディアと意志を形にしながら、これからの循環を生み出していくことを目指します。
今を、そして未来を生きる皆さんとともに、地域から新しい可能性を切り拓くために。未来が歓迎する新しい社会をともに形にしてくれるメンバーのご参加をお待ちしています。

開催期間

2022.2.24 〜2022.3.23

参加費

無料

応募締切

2022.2.20

*ローカルSDGs(地域循環共生圏)とは

各地域が足もとにある地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、環境・経済・社会が統合的に循環し、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方であり、地域でのSDGsの実践を目指すものです。

※プログラムなど詳細は以下のリンク先をご覧ください。

header

 

mitemo 地域からポジティブな循環を生み出し、拡げるローカルSDGsユースセミナー「CIRCULAR YOUTH CAMP」参加者募集(環境省主催事業)
https://www.mitemo.co.jp/event/local_sdgs/

Default Image
2022年05月28日

九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(5月…

内閣府地方創生推進室は、…
2022年05月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和4年5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2022年05月28日

【6/28開催】デジタル×まち…

デジタル×まちづくりと銘打ったオンラインシンポジウムが開催されます。このシンポジウムでは、産学官連携…
2022年05月28日

【6/29締切】令和4年度国立…

環境省は、国立公園・国定公園等の自然を活用し、地域のテーマやストーリーを踏まえた滞在型観光コンテンツ…
2022年05月28日

「脱炭素地域づくり支援サイト」…

環境省は、地域脱炭素化に取り組む方々を対象とした、「脱炭素地域づくり支援サイト」を開設しています。「…