epohedimg001

good practice

 

jireisyu

 

 環境省では、生物多様性の保全を推進する事業者の活動の参考にしていただくために、2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)以降の民間による活動の主な成果を事例としてまとめた「生物多様性民間参画事例集」及び生物多様性・自然資本に関する「企業情報開示のグッドプラクティス集」を公表しましたのでお知らせいたします。

 

1.作成の趣旨

 環境省では、生物多様性の保全と持続可能な利用を進めていく上で、企業活動が重要な役割を担っているという考えの下、事業者向けに基礎的な情報や考え方などを取りまとめた「生物多様性民間参画ガイドライン」を策定・公表しています(2009年:第1版、2017年:第2版)。COP10以降今日まで、多くの民間企業において、生物多様性に関する優れた活動が継続されてきています。生物多様性の保全を更に促進するために、サプライチェーン、バリューチェーンの要である民間企業の役割はますます高くなるものと考えています。また、ESG金融などの活性化に合わせて、生物多様性に関する企業情報の開示の重要性も高まっています。このような世界的な流れの中で、より多くの企業の皆さんが継続してより良い活動を実施できるよう、これまでの代表的な民間活動や情報開示を事例集としてまとめました。

「生物多様性民間参画事例集」:

http://www.biodic.go.jp/biodiversity/private_participation/guideline/jireisyu.pdf

「企業情報開示のグッドプラクティス集」:

http://www.biodic.go.jp/biodiversity/private_participation/guideline/good_practice.pdf

2.主なポイント

(1)「生物多様性民間参画事例集」

・「国連生物多様性の10年」(2011年~2020年)を通じた民間参画の代表的な取組として、生物多様性に関わる主な表彰制度で複数回受賞した取組を中心に紹介。
・原材料調達、生産・加工、投融資、製品・サービス、土地利用・開発事業など、事業活動プロセスの段階ごとに取組事例を提示。
・各事例では2020年までの生物多様性の国際目標である「愛知目標」と、2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連性も提示。

(2)「企業情報開示のグッドプラクティス集」

・生物多様性等に関する企業情報の開示に先進的に取り組む企業のグッドプラクティスを紹介。
・これから生物多様性等に関する開示をさらに進めようと考えている企業や、生物多様性等を考慮する投資に取り組もうとしている投資家の参考になるよう紹介。
・生物多様性及び自然資本の定義は、「自然資本プロトコル」(Natural Capital Coalition、2016)に所載するものを基本とし、自然資本については、特に生物資源に焦点を設置。

 

3.両事例集の普及啓発

  これらの事例集は、生物多様性に関する活動への事業者の更なる参画を促すことを通じて、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進することを目的としており、多くの事業者の方々に活用していただけるよう、ステークホルダーとの対話の場等を活用して、普及啓発に取り組みます。

 

【参考】
 ○過去の報道発表資料
 ・事業者のための「生物多様性民間参画ガイドライン(第2版)」の公表について
 (平成29年12月8日(金)発表)
   http://www.env.go.jp/press/104856.html

 

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9108
  • 室  長山本泰生(内線 6661)
  • 室長補佐槙島みどり(内線 6666)
  • 室長補佐朽網道徳(内線 6662)
  • 係  長沢登良馬(内線 6668)

令和2年5月26日(火)に開催された中央環境審議会水環境部会(第49回)において、「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直しについて(第5次報告)」が取りまとめられ、昨日、中央環境審議会会長から環境大臣へ答申がなされました。
この答申において、ペルフルオロオクタンスルホン酸(以下「PFOS」という。)及びペルフルオロオクタン酸(以下「PFOA」という。)を人の健康の保護に関する要監視項目に位置づけ、指針値(暫定)として「0.00005 mg/l以下」の値を設定することが適当とされました。
この答申を受け、環境省では本日付けで「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の施行等について(通知)」を関係地方公共団体に通知しました。

 

1.経緯

水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等については、平成14年8月15日に環境大臣が中央環境審議会に対して諮問した「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直しについて」に基づき、これまで見直し等に係る検討が随時行われてきましたが、令和2年5月26日(火)に開催された中央環境審議会水環境部会(第49回)において、改めて審議・取りまとめがなされ、令和2年5月27日(水)付けで中央環境審議会会長から環境大臣へ別添1のとおり答申がなされました。

 

2.答申の概要

人の健康の保護に関する要監視項目については、新たに「PFOS及びPFOA」を追加し、指針値(暫定)として「0.00005 mg/l以下」を設定することが適当とされました。

 

添付資料

連絡先

環境省水・大気環境局水環境課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8314
  • 課長筒井 誠二(内線 6610)
  • 課長補佐伊藤 史雄(内線 6613)
  • 課長補佐新保 雄太(内線 6620)
  • 係長小林 峻大(内線 6625)

 

環境省_「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直しについて」(第5次答申)について
https://www.env.go.jp/press/108066.html

suishitsuodakutoushin202005

 平成29年6月に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)が国内で初めて確認されて以降、環境省及び国土交通省では、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する全国の港湾において、ヒアリの侵入状況確認調査を実施しています。

 令和2年度も、5月29日より中国、台湾等からの定期コンテナ航路(休止航路を除く)を有する港湾を対象とした確認調査を実施することとしましたので、お知らせします。

 

1.調査の目的

 ヒアリについては、平成29年6月に国内で初めて確認されて以降、現在までに16都道府県、49事例が確認されており、今年度も1事例が確認されています(令和2年4月30日既報)。
 これまでに確認された個体は全て駆除しており、国内での定着を防いでいますが、引き続き侵入初期で発見し早期防除を実施することが重要です。
 継続的に侵入状況を確認することを目的として、今年度もヒアリの確認調査を実施します。

 

2.調査の概要

調査時期:各港湾で2回(5月~7月と9月~11月)を予定。
      令和2年5月29日(金)から順次実施します(福岡県三池港から開始)。
調査対象:中国、台湾等からの定期コンテナ航路(休止航路を除く)を有する65港湾。
調査方法:

専門調査員によるベイト(スナック菓子等の誘引剤)を活用した目視調査を基本とし、状況に応じて粘着トラップの設置による調査を実施。

なお、昨年10月に東京港で多数の女王アリが確認された事例を受け、各港湾での調査の実施状況を点検し、一部港湾では追加調査を実施しました。

そういった経緯等を踏まえて、今年度からは粘着トラップ主体ではなく上記の調査方法を採用するとともに、特にコンテナヤード内部の調査を強化する予定です。

その他 :本調査においてヒアリが発見された場合には、殺虫処分を行う等の緊急的な防除を実施します。

 

3.実施状況の公表

 調査の実施予定や結果については随時、下記の環境省ホームページにて公表します。調査日は天候等の理由により急遽変更になることがあります。

 

「特定外来生物ヒアリに関する情報」
URL:https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/hiari.html 

 

○ヒアリ定着国等と定期航路を持つ港湾

東京、横浜、川崎、名古屋、四日市、大阪、神戸、下関、北九州、博多、苫小牧、室蘭、

小樽、釧路、石狩湾新、函館、八戸、釜石、仙台塩釜、秋田、酒田、小名浜、茨城、鹿島、千葉、新潟、直江津、伏木富山、金沢、敦賀、清水、御前崎、三河、舞鶴、堺泉北、

和歌山下津、境、浜田、水島、福山、広島、徳山下松、大竹、岩国、宇部、三田尻中関、

徳島小松島、高松、松山、今治、三島川之江、高知、伊万里、長崎、三池、八代、熊本、

大分、細島、油津、鹿児島、川内、志布志、那覇、石垣   計65港

 

連絡先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 室長北橋 義明
  • 室長補佐八元 綾
  • 室長補佐深谷 雪雄(内線 7478)

 

環境省_港湾におけるヒアリ確認調査の実施について
https://www.env.go.jp/press/108049.html

2020kouwansolenopsisinvicta

 

 環境省では、「環境教育等促進法」等に基づき、国民の環境保全への理解と関心を深め、ライフスタイルの変換等、取組みへの参加を促進していますが、このたび、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクト"を発足させました。
 本高校生プロジェクトは、高校生たちの関心の高い分野とコラボレーションすることで、環境に関する意識や共感を深めてもらうことを目的とし、「COOL CHOICE」、「Re-Style」、「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」、「国立公園満喫プロジェクト」の4大プロジェクトと連動した企画をそれぞれ展開する予定です。
 本プロジェクトを通じて、高校生との新しい関係性(リレーションシップ)を構築し、理解と共感を高め、ライフスタイルの転換など、態度変容や行動喚起へと結びつけていくことを目指します。

 

1."環境×高校生プロジェクト"始動!


 環境省では、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(平成24年10月施行、以下「同法」という。)に基づき、国民の環境保全についての理解と関心を深め、環境保全活動を行う意欲の増進や取組の参加を促進しているほか、令和元年12月に国連で採択された「持続可能な開発のための教育:SDGs達成に向けて」(「ESD for 2030」)に基づき、ユース層等の若年層に向けた情報発信等を推進しているところです。

 そこでこのたび、様々な分野で活躍する一方で、環境問題等に関して特別に意識する機会が少なかった高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクト"(以下「本高校生プロジェクト」という。)を発足させました。

 本高校生プロジェクトは、高校生たちの関心の高い分野とのコラボレーション企画を実施することで、未来を担う高校生たちの更なる飛躍・活躍を応援するとともに、これまで接する機会が少なかった環境に関する意識や共感を深めてもらうことを目的としたものです。

 コラボレーション企画は、現在、環境省が推進している4つの環境プロジェクト、地球温暖化防止を呼び掛ける「COOL CHOICE」、循環型社会の新しいライフスタイルを提唱する「Re-Style」、豊かな森里川海の恵みを支える社会を目指す「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」、国立公園の魅力を発信する「国立公園満喫プロジェクト」とそれぞれ連動した参加型企画を、今後、状況を鑑みながら展開していく予定です。(詳細は下記2.~4.参照)

 本高校生プロジェクトを通じて、これまで環境省と接点のなかった高校生たちとの新しい関係性(リレーションシップ)を構築することで、より多くの高校生たちへ、幅広い環境課題等について"知る機会"、"考える機会"を創出し、理解と共感を高め、ライフスタイルの転換など、行動変容へと結びつけていくことを目指していきます。

(「環境×高校生プロジェクト」サイト)https://kankyo-kokosei.jp/

※このほか、本高校生プロジェクトの趣旨に賛同いただいた「東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校」(学校法人滋慶学園)のご協力の下、現在、同校の公式カリキュラムとして、全生徒らにより、本高校生プロジェクトのイメージソング制作が進行中。完成し次第、発表を予定しています。

 

 

2."全国高等学校Re-Style DANCE CUP!"2020

 本高校生プロジェクト企画として、"資源の大切さ"や"3R"をテーマに、高校生たちがダンスパフォーマンスを競い合う「環境大臣杯"全国高等学校Re-Style DANCE CUP!"」(以下「本大会」という。)を開催します!

 本大会は、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(平成30年6月閣議決定)に基づき、"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージに、サブカルチャーなどと連携した新たなコンテンツ発信等により、資源の大切さや3R(リデュース:省資源、ごみの発生抑制、リユース:シェアリングや長期の再使用、リサイクル:分別、資源の再生利用)への態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業と連動して実施するものです。

 高校生たちに関心が高まっている高校ダンス(部活動)とコラボレーションすることで、より多くの高校生たちとの関係性(リレーションシップ)を構築するとともに、参加する高校生たちが、本大会の課題曲である環境省メッセージソング"巡り循った環の中に"(詳細下記5参照)を聴き、曲や歌詞について話し合い、テーマや表現方法などを考えることで、同テーマへの理解や共感を促し、ライフスタイルの転換など行動へ結びつけていくことを目指していきます。

(※本大会のエントリー方法等の詳細については、今後の全国の高等学校の授業再開等、状況を踏まえて、開催の可否も含めて発表していく予定です。)

(「全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」サイト)https://kankyo-kokosei.jp/dance2020/

(「Re-Style」サイト)http://www.re-style.env.go.jp/

 

 

3."全国高等学校COOL CHOICE漫画グランプリ"

 本高校生プロジェクト企画として、"地球温暖化"や"地球温暖化の防止につながる行動や考え方"をテーマにした漫画作品を、全国の高校生たちから募集する「全国高等学校COOL CHOICE漫画グランプリ」(以下「本グランプリ」という。)を開催します!

 本グランプリは、2020年以降の地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」(2015年)を踏まえて掲げられた、我が国の温室効果ガス排出削減目標(2030年度に2013年度比で26%削減)の達成に向けて、ライフスタイルの選択など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」=「COOL CHOICE」と連動して実施するものです。

 高校生たちにも関心の高い代表的なサブカルチャーである漫画とコラボレーションすることで、より多くの高校生たちとの関係性(リレーションシップ)を構築するとともに、参加する高校生たちが、本グランプリの条件であるCOOL CHOICEイメージキャラクター"君野イマ&ミライ"(詳細下記6.参照)のシーンを含め、テーマをどう伝えるか、ストーリーにどう反映させるかを考えることで、同テーマへの理解や共感を促し、ライフスタイルの転換など行動へ結びつけていくことを目指していきます。

(※本グランプリのエントリー方法等の詳細については、来週発表を予定していますが、新型コロナウィルス等の社会状況によって予定を変更することも想定しています。)

(「全国高等学校COOLCHOICE漫画グランプリ2020」サイト)https://kankyo-kokosei.jp/manga2020/

 (「COOL CHOICE」サイト)https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

 

 

4.その他

 国民全体で、森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと、一人一人が、森里川海の恵みを支える社会をつくること、を目指していく「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」や、優れた自然や自然に育まれた伝統文化や食などの地元特有の人の暮らしなど、我が国の国立公園の魅力を発信し、ナショナルパークとしてブランド化を目指す「国立公園満喫プロジェクト」との連動企画については、現在調整中です。詳細が決定次第、追って発表いたします。

(「つなげよう、支えよう!森里川海プロジェクト」サイト)
https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html

(「国立公園満喫プロジェクト」サイト)
http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/

 また、本高校生プロジェクトでは、独立行政法人環境再生保全機構が開催する、全国の高校生たちの環境活動等の発表大会「全国ユース環境活動発表大会」(以下「本発表大会」という。)等とも連携し、より幅広い高校生とのリレーションシップの構築を推進していきます。
 本発表大会は、持続可能な社会の実現において重要な役割を担うユース世代の環境活動を促進する事業の一環として毎年、高校生の環境活動の発表の場と、地域で環境活動に取り組む高校生同士の交流の機会を創出する目的で開催しています。
(「全国ユース環境活動発表大会」サイト)https://www.erca.go.jp/jfge/youth/index.html

 

 

5.(参考)Re-Style応援ソング」「巡り循った環の中に(めぐりめぐったわのなかに)」

 環境省では、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらう"きっかけ"として、歌詞を通じてメッセージを届ける新たなコンテンツRe-Style応援ソング"巡り循った環の中に"を制作し、様々な機会を通じて発信中。
(「Re-Style応援ソング」サイト)http://www.re-style.env.go.jp/song/

 

 

6.(参考)「COOL CHOICE」イメージキャラクター"君野イマ&ミライ"

 「COOL CHOICE」の認知度向上等に向けて活用することを目的としたキャラクターを、一般投票等のプロセスを経て決定。(平成29年2月24日発表)
 スマートフォン・タブレット端末用アプリ「COOL CHOICE」において、ナビゲーターとしてそれぞれのライフスタイルに応じた「おすすめ地球温暖化対策プラン」等の提案や、キャラクターを活用したCOOL CHOICEストーリーの配信、Facebook、ツイッター、インスタグラム等のSNSを活用した情報発信を展開中。
(決定されたキャラクターに関する詳細情報はこちら)
http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/character/release/

 

 

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03‐5521‐8231
  • 室長三木清香(内線 6240)
  • 室長補佐田中道雄(内線 6298)

 

環境省_~環境省と高校生との新しいリレーションシップが始動!~"環境×高校生プロジェクト"誕生!
https://www.env.go.jp/press/108068.html

moerelationship2020

 

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)のホームページにて「SDGsの達成に向けたパートナーシップでひらく地域づくり-ICT等の活用がもたらす新たな価値創造-」が公開されています。

地域や社会の変化とパートナーシップの関連、またその形成のポイントについて紹介されているほか、ICTの活用が拓く社会像、地域像についても述べられています。

誌面の一部では、九州を含む各地方の環境パートナーシップオフィスが携わった協働モデル成果について紹介されています。

 


sdgspartnership1

 

パートナーシップは、様々な場面でその重要性や有効性が強調されていますが、その形や方法はこれまで様々な変化を遂げてきました。1992年の環境と開発に関するリオ宣言と、それを具体化するための行動計画であるアジェンダ21の採択を機に、行政の政策形成過程への市民参加が進み、世界の潮流はマルチステークホルダーでの課題解決の方向へと進んできました。そして、東日本大震災が発生した東日本大震災が発生した2011年頃からは、行政と市民だけでなく、市民と市民、市民と企業等の新たなパートナーシップが形成されたことが大きな特徴です。

近年では、ICT等の活用による幅広いステークホルダーの参画が進むとともに、SDGsの達成に向けた取組においては、経済面での大きな役割を担う企業などのビジネスセクターや銀行などの金融セクターの参画も広がっています。更に、ICT技術の汎用は、ステークホルダーのつながり方にもイノベーションをもたらし、パートナーシップのあり方にも変化がみられています。

この度、昨年度までのパートナーシップに関する各種調査等を基に「SDGsの達成に向けたパートナーシップでひらく地域づくり-ICT等の活用がもたらす新たな価値創造-」を発行しました。

発行年月 令和2年5月
発行 環境省 大臣官房総合政策課民間活動支援室
編集     いであ株式会社

 

【環境省】「SDGsの達成に向けたパートナーシップでひらく地域づくり-ICT等の活用がもたらす新たな価値創造-」を発行しました。 - 環境パートナーシップを「知りたい/調べたい/実践したい」人を応援します。
http://mail.geoc.jp/activity/other/26836.html

 

tatsunamisou suwanoike
2020年07月03日

【長崎県】雲仙諏訪の池ビジターセンター…

長崎県雲仙市の雲仙諏訪の池ビジターセンターから2件のイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください。 □諏訪の池で散歩 ■日 程 7月19日(日)25日(土) ※雨天中止 ■時 間…
2020年07月01日

生きものの名前がわからないとき…

環境省生物多様性センターでは、インターネットを通じて全国の生きものの観察情報を収集・提供するウェブサ…
2020年07月01日

【9/30締切】TOYO…

1992年に設置され、環境保護活動を行うNPOを支援してきたTOYO…
2020年07月01日

【8/7締切】ブリヂストン…

株式会社ブリヂストンによる助成事業が下記のとおり募集されています。…
2020年07月01日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…