epohedimg001

環境省は、地域循環共生圏の先進事例を紹介し、ビジネスを創造するうえで必要な視点や要素を論じるオンラインシンポジウムを開催します。
このシンポジウムでは、実際に地域循環共生圏ビジネスに取り組んでいる事業者が多数登壇し、複数の方向からローカルSDGsに関する仕組みづくりについて情報が提供されます。
地域循環共生圏に携わる方、地域でのSDGsを推進する方、環境ビジネスに携わる方など、ぜひ積極的にご参加ください。(3/8締切)

 


 

環境省では、オンラインシンポジウム「ローカル SDGs のデザイン~地域の資源を循環させる仕組みづくり~」を、令和4年3月10日(木)に開催いたします。皆様の御参加をお待ちしております。

1.開催趣旨

平成30年4月に閣議決定された第五次環境基本計画において、複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、複数の課題の統合的な解決というSDGsの考え方も活用した「地域循環共生圏(※)」が提唱されました。

本シンポジウムでは、環境省による「地域循環共生圏」に関する基調講演の他、企業で取り組まれている「地域循環共生圏」の先進的な事例を御紹介するとともに、有識者や事業者などから情報提供いただき、「地域循環共生圏」ビジネスの創造に必要な視点や要素等についての議論を行います。なお、本シンポジウムは環境省の「環境ビジネスの振興方策検討事業」の一環として開催いたします。

※「地域循環共生圏」とは、各地域が地域の活力を最大限発揮しながら、持続可能な自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて地域同士が資源を補完し支え合うことにより、環境・経済・社 会を 統合的に向上させるという考え方であり、地域での SDGs の実践(ローカル SDGs )でもあります。

2.開催内容

(1)概要
   日 時:令和4年3月10日(木)13:00 ~ 16:00
   場 所:オンライン開催(Zoomウェビナー)
   主 催:環境省
   参加費:無料

(2)プログラム(予定)
   ①  基調講演「地域循環共生圏ビジネスの先進事例ついて(仮)」
     上田 康治(環境省大臣官房地域脱炭素推進総括官)
   ②  話題提供
     ⅰ「豊島が取り組む国内サステナブルプロジェクトについて」
       小出大二朗(豊島株式会社 営業企画室 オーガビッツプロデューサー)
     ⅱ「発酵技術を活用した資源循環:ファーメンステーションの未利用資源 再生・循環パートナー
       シップ」
       酒井 里奈 (株式会社ファーメンステーション 代表取締役)
     ⅲ「廃棄物処理を軸とした地域循環共生圏」
       松浦 英樹(株式会社富山環境整備 代表取締役)
     ⅳ「デジタルプラットフォーム POOL を活用した、プラスチック資源循環デザインについて」
       野崎 衛(レコテック株式会社 代表取締役)
   ③  パネルディスカッション
     「ローカルSDGs ビジネス推進に必要な要素とは」
     ・コーディネーター
      岡村 幸代(環境省大臣官房環境計画課 環境経済政策調査室長)
     ・パネリスト
      登壇企業の皆様
      藤田 香 (日経 BP 日経 ESG 編集シニアエディター/東北大学大学院生命科学研究科教授)
      百瀬 則子(ワタミ株式会社 SDGs 推進本部長/一般社団法人中部 SDGs 推進センター副代表)
   ④  閉会挨拶
      八木 裕之(横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院 教授/環境省「環境ビジネスの振興方策
            検討事業」持続可能な成長エンジン研究会 座長)   

3.参加申込みについて

○参加を御希望の方は、以下の申込み専用フォームからお申し込みください。お申し込みいただいた方に、
 別途、視聴用URL等をお知らせいたします。
  https://www.e-toroku.jp/ticket/user/form/index?form_id=localsdgs202203
 ※申込みに関する業務については、外部事業者へ委託しています。

○申込締切期日
 令和4年3月8日(火)

添付資料

 

連絡先
環境省大臣官房環境計画課環境経済政策調査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9265

local sdgs design

 

環境省 オンラインシンポジウム「ローカル SDGs のデザイン~地域の資源を循環させる仕組みづくり~」の開催について
https://www.env.go.jp/press/110533.html

認定NPO法人気候ネットワークは、脱炭素社会に向けた世界的な潮流や、説炭素化による社会・経済システムの転換などについて探るオンラインシンポジウムを開催します。
このシンポジウムでは、国際動向に関する基調講演と地域での脱炭素に向けた先進事例の報告が行われる予定です。
無料のオンラインシンポジウムですので、ご関心のある方はお気軽にご参加ください。

 


 

気候市民サミット2022オンライン~脱炭素へのシステム転換の兆しと展望~

日時 2022年3月4日(金)14:00〜16:00
開催形式 Zoomウェビナー
*Zoomウェビナー機能を利用します。必要に応じて、インターネット接続環境や、お手元のデバイスへのZoomインストールなど、予めご準備をお願いいたします。
定員  500名(先着順)
参加費  無料
申込方法 事前のお申込みが必要です。以下専用ページよりお申し込みください。

お申込みはこちら

申込後、登録完了メールが届きます。そこに記載されている参加URLをご確認ください。
*Zoomから送られてくる参加用アドレスはリンクが本文「ここをクリックして参加」に埋め込まれた形式になります。テキスト形式のメールでは、URLが正常に表記されない、また、「ここをクリックして参加」ボタンがありながらリンクが張られていないことがあります。その場合には、お問い合わせ先までメールでその旨をご連絡ください。

趣旨

 昨年、IPCC第6次評価報告書第1作業部会が公表され、気候の危機が極めて深刻な状況にあり、人類の責任が明確になりました。パリ協定の目標を達成するための国際的な協力、各国の対策強化が問われています。国内では「2050年実質ゼロ」実現への道筋は明確でないという課題があります。再エネ普及やお金の流れの変化など社会・経済システムの転換が起こりつつある兆しも見えています。
 COP26では「グラスゴー気候合意」がまとまり、パリ協定の実施が本格化してきています。パリ協定に即した削減目標の引き上げ、対策の強化が必要です。水素・アンモニアに依存する日本の気候変動・エネルギー政策は大丈夫なのでしょうか。
 今回のシンポジウムでは、脱炭素社会に向けた世界的潮流から見えてきた政策のあり方を高村ゆかりさんにお聞きします。また、飛騨市で先進事例を作り出している井上博成さん、エコ住宅をはじめとする脱炭素地域づくりに取り組む三浦秀一さんとともに、地域や市民がどのように脱炭素の達成を目指すべきかについて最新の状況や課題も含め探っていきます。

プログラム

【第1部 基調講演】
「気候変動に立ち向かう国際動向と国内政策のゆくえ(仮)」
高村ゆかりさん(東京大学)

【第2部 報告】
■報告1
「飛騨高山大学(仮称)設立に向けて ~これまでの取り組みの原体験から~」 
井上博成さん(飛騨高山大学設立基金・飛騨高山小水力発電・飛騨五木)

■報告2
「エコ住宅・再エネで脱炭素地域づくり」
三浦秀一さん(東北芸術工科大学、やまがた自然エネルギーネットワーク)

■特別報告
「アンモニア・水素への過剰期待がもたらすもの」
伊東宏さん(気候ネットワーク技術専門研究員)

【質疑応答】
コメント:浅岡美恵さん(気候ネットワーク代表)
進行:櫻田彩子さん(エコアナウンサー)


お問合せ

認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
MAIL:
認定NPO法人 気候ネットワーク 東京事務所
TEL:03-3263-9210 FAX:03-3263-9463
E-mail:

このセミナーは、2021年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

kikou shimin sumit

 

気候ネットワーク 2022年3月4日(金)気候市民サミット2022オンライン~脱炭素へのシステム転換の兆しと展望~
https://www.kikonet.org/event/2022-03-04

GEOC(地球環境パートナーシッププラザ)は、環境省の「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトの一環として、都市での一人ひとりの暮らしを見つめなおすライフスタイルを見つける「GEOC森里川海シリーズ トークセッション」を開催しています。
2/28の第5回開催では、第4回トークセッションをうけてどんなアクションができたか、そのアクション結果の報告会・交流会を開催します。
第4回のトークセッションに参加しておらずアクションしていないけど話を聞きたい、という方も参加可能ですので、ぜひお気軽にお申し込みください。

 


 

環境省では、森里川海の恵みを将来にわたって享受し、安全で豊かな国づくりを行うため「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトを進めています。
そこで、主に都市での一人ひとりの暮らしを見つめなおすライフスタイルを見つける「GEOC森里川海シリーズ トークセッション」を開催します。

geoc talksession 05

クリックするとPDFが開きます。

「みんなで2050年ライフスタイルチャレンジ!」チャレンジ終了後 報告会

2/10(木)に開催した第4回トークセッションをうけて、視聴者の皆さんと一緒に、「2050年ライフスタイル」に挑戦。
2/28(月)は、どんなアクションができたか、そのアクション結果の報告会・交流会を開催したいと思います!
2/10(木)に参加しておらずアクションしていないけど話を聞きたい、という方でも、お気軽にご視聴ください!

★2/10(木)のトークセッションの様子はこちらです
http://www.geoc.jp/activity/domestic/2664936.html

開催概要

|日 時|2022年2月28日(月) 18:00-19:30
|開催方法|オンライン会議システム「Zoomミーティング」で開催します。
|主 催|環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 

プログラム

進行:GEOC 浦林
18:00 開会
Session 1GEOCより、Instagramに投稿された皆さんのチャレンジ結果をご紹介
Session 2:参加者の皆さんより、チャレンジ結果のシェア、ゲストお2人への質問タイム
Session 3:ゲストお2人より、アクションを更に広げていくためのミニレクチャー
19:30 閉会

ゲストプロフィール

Climate Youth Japan 黒瀬陽 さん
京都大学四年生。現在休学して環境、動物、フェミニズムなどをテーマに活動中。
ヴィーガニズムやジェンダーを考えるユースの団体、AS-動物と倫理と哲学のメディア代表。
並行して、環境NGO ClimateYouthJapanの副代表を務め、気候変動問題についての若者への啓発活動や、関係省庁、企業等への働きかけを行う。

サステナブルライフクリエイター/ モデル 前本美結(Tokyo Vegan Girl Miyu)さん
高校で海外のインターナショナルスクールに通ったことをきっかけに、2016年から社会問題に興味を持ち、ヴィーガンになる。東京都環境局ユースアンバサダー。
“できる人が、できることを、できるだけ” をテーマに、ヴィーガン・サステナブル・エシカルなライフスタイルや環境問題をはじめとした社会問題の解説など、日々の何気ない生活での選択について考え直すきっかけになるようなコンテンツをYouTubeや Instagramなどで発信している。
講演活動・ライター・ウェブデザイナーと幅広く活動する中で、フリーランスモデルも行っており、「100年後に残って欲しい物」のみに関わる。

参加申し込み・お問合せ

フォームよりお申し込みください>>> 申し込みフォームはこちら

当日の参加URL(zoomミーティング)

お申し込み頂いた方に、 自動返信メールにてお送りいたします。

GEOC 【2/28(月)開催】GEOC森里川海トークセッション 第5回 「みんなで2050年ライフスタイルチャレンジ!」チャレンジ終了後 報告会
http://157.112.103.163/activity/domestic/2664937.html

環境省は、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」の施行に向けて、プラ新法の概要や消費者の協力について普及啓発を目的としたPR動画を公開しました。
環境省サステナビリティ広報大使の西川きよし師匠、さかなクン、トラウデン直美さんが登場するアニメーションでプラ新法についてわかりやすく紹介しています。
ぜひ一度ご覧ください。

 


 

令和4年4月1日(金)の「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」(以下「プラ新法」といいます。)の施行に向けて、消費者の皆様に、プラ新法の概要やプラスチックの資源循環のためにご協力いただきたい内容などについて広く普及啓発するため、120秒のPR動画を環境省のYoutubeチャンネルにて公開します。
 環境省サステナビリティ広報大使の西川きよし師匠、さかなクン、トラウデン直美さんが、アニメーションで登場します。

1.PR動画の概要

 プラスチックのライフサイクル全体でプラスチックの資源循環の取組を促進するための措置を盛り込んだプラ新法が令和4年4月1日(金)に施行されます。
 PR動画では、プラ新法が成立した背景、プラ新法によって社会はどう変わっていくのか、皆様にご協力いただきたい「えらんで、減らして、リサイクル」の内容について紹介しています。「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」キャンペーンでもご協力いただいた、西川きよし師匠、さかなクン、トラウデン直美さんが、環境省サステナビリティ広報大使として、再びアニメーションで登場します。今回のアニメーションは、「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」キャンペーンと同様に、さかなクンが描いたキャラクター原画が元になっています。
 3月から各種イベントにおいて本動画を放映するとともに、デジタル広告等でも活用する予定です。
 皆様ひとり一人の小さなご協力の積み重ねがプラスチック資源循環の実現につながります。多くの皆様に動画をご覧いただき、「プラスチックは、えらんで、減らして、リサイクル」を合い言葉に、ライフスタイルの変革にご協力をお願いいたします。

2.出演者紹介

【西川きよし師匠】
プロフィール:高知県出身。1963年、石井均に師事。1964年、吉本新喜劇に研究生として入団。1966年、漫才コンビ「横山やすし・西川きよし」を結成。テレビ番組「素人名人会」「パンチDEデート」「プロポーズ大作戦」の司会を務めるなど、やすきよブームを巻き起こす。上方漫才大賞、文化庁芸術祭優秀賞、ほか受賞歴多数。1986年、参議院議員選挙に初当選し、3期18年の議員生活を務める。2013年、芸能生活50周年を迎えた。2016年、旭日重光章を受章。2020年、文化功労者に選出された。現在も劇場出番をはじめ、テレビ、ラジオで活躍中。

メッセージ: 地球を守るために、私も新法のPRにご協力させていただきます!小さなことでも、みんなでやれば大きな力になり、地球の未来に貢献することができます。私たちにできることから一緒に始めましょう!

【さかなクン】
プロフィール:国立大学法人 東京海洋大学名誉博士/客員准教授。 東京都生まれ、神奈川県綾瀬市育ち、千葉県館山市在住。 2010年には絶滅したと思われていたクニマスの生息確認に貢献。さらに海洋に関する普及・啓発活動の功績が認められ、「海洋立国推進功労者」として内閣総理大臣賞を受賞。お魚のさまざまな知識、おいしい食べ方や環境問題について全国各地で講演を行っています。

メッセージ: プラスチックの資源循環をめざした新しい法律ができました!
いつまでもきれいな地球でありますように!と願うのは、さかなクンも皆さまと同じ想いです。共に考え・共に行動!皆さまギョ一緒にレッツ・ギョー!!

【トラウデン直美さん】
プロフィール:京都府出身。ドイツ人の父と日本人の母を持つ。慶應義塾大学在学中。 「2013ミス・ティーン・ジャパン」でグランプリを受賞。 13歳で小学館「CanCam」の史上最年少専属モデルとしてデビュー。 2021年7月発売のCanCam9月号にて、専属モデル歴史上最長記録を更新。
雑誌やファッションショーのほか、BSテレ東「日経ニュース プラス9」、TBS「ひるおび!」、CX「めざまし8」など報道や情報番組でも活躍中。

メッセージ: プラスチックはとても身近なもの。だからこそ、減らせる部分は見つけやすいはず!
1人の一歩が大きな力になります。みんなで力を合わせて、少しずつでも地球の未来のために行動しましょう!

3.視聴について

以下よりPR動画を御参照ください。
【環境省Youtubeチャンネル】
 プラスチック資源循環の新法 紹介編
 https://youtu.be/nlhMPNUeZB4

4.関連ウェブサイト

・プラスチック資源循環の特設ウェブサイト:https://plastic-circulation.env.go.jp/
・PR動画とサステナビリティ広報大使の紹介ページ:https://plastic-circulation.env.go.jp/taishi
・「みんなで減らそう レジ袋チャレンジ」公式サイト:http://plastics-smart.env.go.jp/rejibukuro-challenge/

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5501-3153

kouhoutaishi promo kibo

 

環境省 プラスチックは、えらんで、減らして、リサイクル 環境省サステナビリティ広報大使が出演するPR動画公開のお知らせ
https://www.env.go.jp/press/110550.html

環境省は、ESG金融のさらなる普及・拡大とその質の向上に向け「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」(環境大臣賞)を令和元年度に創設しました。
今般、第3回の各部門において受賞者が決定し、表彰式が開催されますのでお知らせいたします。表彰式はオンラインでの視聴が可能です。
持続可能なビジネスモデルの構築に関する先進事例が報告されますので、ぜひこの機会にご覧ください。

 


 

環境省では、令和元年10月4日にESG金融の普及・拡大に向けた「ESGファイナンス・アワード」を創設いたしました。ESGファイナンス・アワードは、ESG金融に積極的に取り組む金融機関、諸団体や環境サステナブル経営に取り組む企業を評価・表彰し、その内容をESG金融や環境サステナブル経営に取り組む多くの関係者と共有することを目的としており、今回第3回の開催となります。
 この度、御応募いただいた申請書をもとに、ESGファイナンス・アワード・ジャパン選定委員会による審査を行い、各部門の受賞者を決定しましたので、令和4年2月28日(月)に受賞者の発表及び表彰式を行います。

1.日時

  令和4年2月28日(月)14:00 ~ 16:10(予定)(開場13:00)

2.開催方法と会場

  新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、オンライン開催とさせていただき、以下の会場から配信をさせていただきます。
  表彰式では、受賞者への表彰状の授与、金賞受賞企業のスピーチ、審査委員の講評を予定しております。

 【会場】
  品川インターシティ ホール棟 1階 ホール(東京都港区港南2-15-4)
  アクセス: http://sic-hall.com/access/(JR「品川」駅港南口より徒歩5分)

3.受賞者

  当日発表とさせていただきます。

4.表彰式の取材について

  会場での表彰式の取材をする報道関係者の方は、令和4年2月21日(月)までに、以下の申込みフォームを通じてお申し込みください。

 【申込URL】
  https://www.e-toroku.jp/ticket/user/form/index?form_id=esgawardpress

5.表彰式のオンライン視聴について

  表彰式の視聴を希望する場合は、令和4年2月21日(月)までに、以下の申込みフォームからお申し込みください。事務局よりオンライン視聴用URLをお送りさせていただきます。

 【申込URL】
  https://www.e-toroku.jp/ticket/user/form/index?form_id=esgaward
 ※定員は200名程度を予定しております。先着順で定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。

6.問合せ先

  株式会社野村総合研究所 サステナビリティ事業コンサルティング部内
  ESGファイナンス・アワード・ジャパン事務局 担当:新美・出田・中尾
  Tel :03-5877-7356
  E-mail:

esg award hyosho

 

環境省 第3回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」表彰式の開催について
https://www.env.go.jp/press/110527.html

foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…