epohedimg001

環境省は、生物多様性保全のための意識の向上や、行動変容につながるヒントとなる取組・実践事例から、わたしたち一人ひとりに何ができるのかを考えるシンポジウムを開催します。

令和3年3月4日(木)までのお申し込みが必要です。

 


 

シンポジウム「生物多様性とライフスタイル ~新しい日常に向けてわたしたちができること~」の開催について

 2019年5月に承認されたIPBES地球規模評価報告書は、生物多様性の状況を改善するためには社会変革(transformative change)が必要と指摘しました。また、愛知目標の最終評価として2020年9月に公表された地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)においても、2050ビジョン「自然との共生」の達成には、「今まで通り」(business as usual)から脱却し、「社会変革」が必要と指摘しています。
 本シンポジウムでは、生物多様性保全のための意識の向上や、行動変容につながるヒントとなる取組・実践事例を専門家からご紹介いただき、わたしたち一人ひとりに何ができるのかを考えます。

1.開催概要

日 時:令和3年3月6日(土)14:00~16:30

会 場:WEB開催(Zoom)

定 員:200名(事前登録制)

参加費:無料

主 催:環境省

共 催:IGES(公益財団法人 地球環境戦略研究機関)

2.プログラム(予定)

○開会挨拶 環境省 

○基調講演 『「自然と共生する世界」の実現に向けた社会変革』 武内和彦 IGES理事長

○取組紹介

・「ゆっくり、いそげ~一つ一つのいのちを大事にする地域づくり~」
影山知明 クルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店 店主

・「生き物の豊かな環境が育む健康~明らかになりつつある自然との関わりと健康の科学的な関係~」
曽我昌史 東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授

・「行動経済学とナッジを生物多様性保全に活かす」
佐々木周作 東北学院大学 経済学部 准教授

・「みんなでつくる自然共生社会~行動変容に向けたNGOやユースの取り組み~」
矢動丸琴子 Change Our Next Decade 代表

・「誰でもいきもの調査隊員~AIを使った生物同定アプリとその活用~」
藤木庄五郎 株式会社バイオーム 代表取締役

・「小さな自然再生とオープンなデータと緩やかな環境自治区」
三橋弘宗 兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員

○パネルディスカッション

・テーマ「意識と行動の変化を後押しするために」

・ファシリテーター 山口真奈美 一般社団法人 日本サステナブル・ラベル協会 代表理事

○閉会挨拶 環境省自然環境局長 鳥居敏男

3.参加申込み

令和3年3月4日(木)までに、以下のURLからお申し込みください(IGESウェブサイト)。

(定員に達し次第締め切らせていただきます。)

 https://www.iges.or.jp/jp/events/202103006

4.その他

取材対応はありません。傍聴希望の場合、上記手続きに従ってお申し込み下さい。

参考

IPBES

 IPBES(Intergovernmental science-policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Service:生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)は生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして、2012年4月に設立された政府間組織です。

 2021年2月1日現在、IPBESには137カ国が参加しており、事務局はドイツのボンに置かれています。科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能を柱とし、気候変動分野で同様の活動を進めるIPCCの例から、生物多様性版のIPCCと呼ばれることもあります。

 IPBES ウェブサイト http://www.ipbes.net/

 環境省ウェブサイトhttp://www.biodic.go.jp/biodiversity/activity/policy/ipbes/index.html

地球規模生物多様性概況第5版

 地球規模生物多様性概況第5版(Global Biodiversity Outlook5:GBO5)は、生物多様性戦略計画2011-2020及び愛知目標の達成状況についての評価や、2050年ビジョンの達成に向けて必要な行動等をまとめた報告書で、生物多様性条約事務局が2020年9月15日に公表しました。報告書によれば、愛知目標の20項目のうち6項目は一部達成と評価したものの、完全に達成したものはありませんでした。

 生物多様性条約事務局ウェブサイト https://www.cbd.int/gbo5

 環境省ウェブサイト https://www.env.go.jp/press/108447.html

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8275

 

 

moe bd lifestyle

環境省_シンポジウム「生物多様性とライフスタイル ~新しい日常に向けてわたしたちができること~」の開催について
https://www.env.go.jp/press/109108.html

 

環境省では、地域でSDGsを推進するユース世代のリーダー育成を目的に、連続セミナー「ローカルSDGsユース・ダイアログ」を岡山県と滋賀県で開催します。
ユース世代が、SDGsの達成を目指す地域の未来づくりを理解し、仲間づくりの実践、今後の活動のきっかけを見つけるセミナーです。

 


 

令和2年度ローカルSDGsユース・ダイアログ開催について

環境省では、地域でSDGsを推進するユース世代のリーダー育成を目的に、連続セミナー「ローカルSDGsユース・ダイアログ」を岡山県と滋賀県で開催します。


1.背景と目的


環境省は、地域における次代を担うユース世代(18歳から30歳)の育成を目的に、SDGsの達成や脱炭素社会、循環経済、分散型社会の実現を目指し、地域の特性と強みを活かしながら新たな価値を創造してサステナブルな社会づくりに貢献できる人材育成を進めています。本ユース・ダイアログでは、SDGsの達成を目指す地域の未来づくりについて理解を深めながら、参加者同士の交流を通じて実践のための「仲間づくり」を行い、ユース自らが今後の活動のきっかけを見つけることを目的としています。

2.概要



(1)件名:令和2年度ローカルSDGsユース・ダイアログ

(2)応募対象:SDGsに関心があるユース(18歳~30歳の方、高校生は除く)

(3)応募条件:
 -全3回のプログラムにすべて参加できる方

 -開催県(岡山県、滋賀県)及び隣接県に在住または在勤・在学の方

(4)募集人数:各会場20名程度 

(5)参加費:無料

※実施にあたって必要となる経費(オンライン参加に必要な通信料、会場までの交通費等)については、参加者各自で負担していただくことを基本とします。



開催日時・場所

  日時

テーマ

場所

DAY

3月7日(日)

13:00~16:30


SDGsを学び、仲間と出会う

オンライン(zoom)

岡山・滋賀合同

DAY

岡山会場

3月13日(土)

10:30~17:00

仲間とつながり、
未来を想像し、
やりたい種を見つける

セントラルフォレスト(Plumeria)

岡山県岡山市北区本町6-30
第一セントラルビル2号館8階

滋賀会場

3月14日(日)

10:30~17:00

ピアザ淡海207会議室

滋賀県大津市におの浜1-1-20

DAY3

3月21日(日)
13:00~17:00


地域を越えて、生み出した種を育てる

オンライン(zoom)

岡山・滋賀合同

 

 

3.応募方法: 下記の申込サイトよりお申込みください。

https://www.goipeace.or.jp/news/local-sdgs-os-a/

 

問合せ先:


〒102-0093 東京都千代田区平河町 1-4-5 平和第1ビル

公益財団法人 五井平和財団「ローカルSDGsユース・ダイアログ」事務局

Eメール :
TEL : 03-3265-2071

添付資料

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231

 

r2 local sdgs youth dialog

環境省_令和2年度ローカルSDGsユース・ダイアログ開催について
https://www.env.go.jp/press/109120.html

 

環境省は、環境課題を中心に様々な地域課題の解決に取り組みたいと考える方を対象にオンラインセミナーを連続開催します。

オンラインセミナー"SDGsローカルツアー2021"と題し、全9回で実施されます。現地会場参加のほか、オンラインにて視聴可能です。

宮崎県児湯郡をはじめ、全国各地の実践者と有識者による対談が行われます。

 


 

令和2年度 SDGsローカルツアー開催について

環境省は、環境課題を中心に様々な地域課題の解決に取り組みたいと考える方を対象に、各地の優良事例や持続可能な地域の在り方、関係人口の可能性等を学ぶオンラインセミナー"SDGsローカルツアー2021"を全9回シリーズで開催します。

1.背景と目的

環境省では、近年複雑化している環境・経済・社会の課題解決を目指し、ローカルSDGs(地域循環共生圏)を提唱して、国際的な達成が求められているSDGsや、日本としての脱炭素社会の実現、循環経済の構築、分散型社会の形成の実現に取り組んでいます。そのためには、それぞれの地域の未来づくりに関心がある方とも一緒に進めていくことが必要です。
 そこで、全国各地の様々な方法でサスティナブルな地域づくりを実践し、地域の課題解決と関係人口の創出によって未来づくりに取り組んでいる方をゲストに迎え、「未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』」編集長の指出一正氏との対談によるオンラインセミナーを9回シリーズで開催し、それぞれの地域資源を活かした取組や新しい生活様式による変化、そして持続可能な地域の未来の実現について、事例を中心に分かりやすく取り上げることで、幅広い層が自ら取り組める活動に気づき、ローカルSDGsの実践に参画することを目指します。

2.概要



(1)件名 SDGsローカルツアー2021

(2)対象者 持続可能なまちづくりや地域の未来づくりに関心がある方

(3)参加費 無料

(4)定員 
 第1回~第8回:現地会場参加10名程度、オンライン視聴100名程度、

 第9回:現地会場参加25名程度、オンライン視聴(制限なし)

(5)日程・開催地

  開催日

開催地

会場/ゲスト

1

2/26(金)

徳島県上勝町

上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY)

WHY Chief Environmental Officer 大塚桃奈氏

2

3/1(月)

岐阜県各務原市

KAKAMIGAHARA STAND

(一社)かかみがはら暮らし委員会代表理事 長縄尚史氏

3

3/8(月)

広島県呉市

乙女座

The Tea Cosy/トムの写真館 トム宮川コールトン氏

4

3/9(火)

秋田県秋田市

亀の町ストア

(株)SeeVisions代表取締役 東海林諭宣氏

5

3/11(木)

奈良県山辺郡

ume,yamazoe

(株)梅守本店取締役 梅守志歩氏

6

3/12(金)

宮崎県児湯郡

チャレンジフィールド

(一財)こゆ地域づくり推進機構執行理事 高橋邦男氏

7

3/15(月)

静岡県三島市

みしま未来研究所

(特非)みしまびと代表 山本希氏

8

3/19(金)

北海道釧路市

阿寒・釧路ゲストハウス コケコッコー

同代表/(一社)ドット道東理事 名塚ちひろ氏

9

3/22(月)

東京都千代田区

SAAI Wonder Working Community

(株)グランドレベル代表取締役社長 田中元子氏他



(6)タイムスケジュール


第1回~第8回(共通)

時間

内容

18:40〜19:00

会場受付・オンライン接続開始

19:00〜19:40

講演「みんなのローカルSDGs」講師:指出一正 氏

19:40〜20:00

ゲストによる取組紹介

20:00〜20:30

対談

20:30〜20:50

質疑応答

20:50〜21:00      

アンケート記入

 

第9回

時間

内容

18:40〜19:00

会場受付・オンライン接続開始

19:00〜19:30

講演  講師:田中元子 氏  

19:30〜20:00

各地の取組振り返り 講師:指出一正 氏

20:00〜20:30

「ローカルの未来を考える」  トークセッション

20:30〜20:50

質疑応答

20:50〜21:00

アンケート記入





3.申込方法: 下記の申込サイトにて、必要事項を入力の上、お申込みください。


https://sotokoto-online.jp/feature/82

※新型コロナ感染症感染防止対策のため、現地会場参加は開催都道県内在住者に限ります。また、会場来場者の方は、マスク着用等、新型コロナウィルス感染症感染防止対策へのご協力をお願いいたします。



4.問合せ先:


株式会社sotokoto online ソトコト編集部 担当:中村

E-mail:

TEL:03-6273-7629 FAX:03-6273-7639

5.注意事項:


新型コロナウィルス感染症の状況によりオンライン開催のみとなる場合があります。


連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03ー3581ー3351
  • 直通03ー5521ー8231

 

r2 local sdgs tour

環境省_令和2年度 SDGsローカルツアー開催について
https://www.env.go.jp/press/109121.html

 

公益社団法人 環境生活文化機構は、地域社会・国際社会への貢献、資源循環、環境教育及び生物多様性保全活動等、豊かな環境を引き継ぐため、環境、経済、社会が一体となった持続可能な社会づくりに資する活動を行う企業・団体を表彰する「持続可能な社会づくり活動表彰」を実施しています。

2020年度の受賞団体として、佐賀県の特定非営利活動法人伊万里はちがめプランを始め、各賞の受賞活動が公表されています。

 

・2020年度受賞団体

【環境大臣賞】
 愛知県・公益財団法人名古屋産業科学研究所あいち環境塾」

【機構会長賞】
 特定非営利活動法人愛のまちエコ俱楽部菜の花エコプロジェクト」
 コクヨ株式会社結の森プロジェクトー環境と経済の好循環を目指してー」

【機構理事長賞】
 荒川区リサイクル事業協同組合地場産業を基軸にした事業者・住民・行政の協働による資源回収システム創り」
 特定非営利活動法人伊万里はちがめプラン『生ごみを宝に!』持続可能な地域社会を目指して」

 

 

 

【ご参考リンク】

hachigame plan jusho2020

表彰事業|公益社団法人 環境生活文化機構
2020年度持続可能な社会づくり活動表彰 受賞活動
https://www.elco.or.jp/publics/index/29/

 

hachigame plan ss

私たちは生ごみを燃やさない!ー食資源が循環する街・伊万里― - hachigame-plan ページ!
https://www.hachigame-plan.org/

 

【8/31締切】2020年度持続可能な社会づくり活動表彰募集 | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1744-2020-18.html

GEOC(地球環境パートナーシッププラザ)は、環境省の「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」の一環として、トークセッションを年7回開催しています。

セッションの第5回として、2/27(土)「これからの住み方」を考えるオンラインイベントが開催されます。

現在、参加者が募集されています。※ZOOM&Youtubeにて参加可能

 

【ご参考】

環境省_つなげよう、支えよう 森里川海プロジェクト
https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/

【Facebookイベントページ】

https://www.facebook.com/events/1332704247128332/

 


 

【2/27(土)開催】
GEOC森里川海トークセッション 

第5回 「自給自足×コミュニティで考えるサステナブルな住み方」

talksession5 geoc

 

環境省は第5次環境基本計画のなかで地域循環共生圏を提唱し、ローカルSDGsの姿として各地で地域循環共生圏構築を目指す動きが高まっています。そこで一人ひとりの暮らしを見つめなおし、森里川海の恵みを豊かにするライフスタイルを見つける「GEOC森里川海トークセッション」を開催します。

いま、あらためて自然と共生する持続可能な暮らしのあり方に注目が集まっています。
第5回は、私達にとって身近な「住」をテーマに下記の通りトークセッションを企画しています。

 

いま、あらためて自然と共生する持続可能な暮らしを求める人が増えているように感じます。
ニュージーランドの湖畔で自給自足生活を選択された四角さんと、東京・千葉を拠点に、入居者とお米作りをする不動産を営む殿塚さん。
サステナブルな住み方を始める1つのキーワードは、コミュニティ。
お二人と一緒に、これからの住み方を考えます!

 

開催概要

|日 時|2021年2月27日(土) 13:00-14:30

|開催方法|オンライン会議システム「Zoom」及び、ネットメディア「YouTube」で開催いたします。

|主 催|環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

|協 力|omusubi不動産

 

プログラム

13:00 開会

Session 1 ご講演 つなげよう、支えよう森里川海 アンバサダー 四角 大輔氏

Session 2 ご講演 omusubi不動産  代表 殿塚 建吾氏

Session 3 パネルディスカッション

Session 4 視聴者からの質問タイム(zoomでの参加者のみ質問可能です)

14:30 閉会

 

参加申し込み・お問合せ

フォームよりお申し込みください
 >>>申し込みフォームはこちら

 

当日の参加URL(zoom)

お申し込み頂いた方に、 別途メールにてお送りいたします。
★Youtubeをご希望の方は、後日視聴用URLをこちらに貼り付けますのでお待ちください。

 

開催報告

開催後、掲載いたします。

 

【2/27(土)開催】GEOC森里川海トークセッション 第5回 「自給自足×コミュニティで考えるサステナブルな住み方」 - 環境パートナーシップを「知りたい/調べたい/実践したい」人を応援します。
http://www.geoc.jp/activity/domestic/2664911.html

 

kyushu shizen hodo40
2021年04月17日

【5/13開催】「九州自然歩道40周年記…

環境省九州地方環境事務所は、…
2021年04月17日

【資料公表】環境省…

環境省は、「北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見を国土交通大臣に提…
2021年04月17日

【結果公表】第15回「みどりの…

内閣府は、第15回「みどりの式典」を以下のとおり開催し、受賞者を公表しました。また、環境省推薦に係る…
2021年04月17日

【資料公表】環境省「mottE…

環境省は自治体の皆様、飲食店の皆様等が様々な場面で利用いただける「mottECO(もってこ)」に関す…
2021年04月17日

【4/16締切】クライメート・…

金融庁・経済産業省・環境省は、共催で2050年のカーボンニュートラルに向け、国内でのトランジション・…