epohedimg001

「自然公園法の一部を改正する法律」(令和3年法律第29号)の施行に向け、「自然公園法施行令の一部を改正する政令」及び「自然公園法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が閣議決定されました。

政令の概要等は下記よりご確認ください。

環境省は、自然公園法施行令の一部を改正する政令案に関する意見募集についても、結果を取りまとめ公表しています。

  


 

自然公園法施行令の一部を改正する政令等の閣議決定について

 第204回通常国会において成立した「自然公園法の一部を改正する法律」(令和3年法律第29号)の施行に向け、「自然公園法施行令の一部を改正する政令」及び「自然公園法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が本日9月14日(火)に閣議決定されましたので、お知らせいたします。
 あわせて、令和3年7月30日(金)~令和3年8月29日(日)の間に実施した自然公園法施行令の一部を改正する政令案に関する意見の募集(パブリックコメント)について、その結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。


1.趣旨

 第204回通常国会において成立した自然公園法の一部を改正する法律(令和3年法律第29号。以下「改正法」という。)において、利用に関する規制対象行為に、野生動物(鳥類又は哺乳類に属するものに限る。)に餌を与えることその他の野生動物の生態に影響を及ぼす行為で政令で定めるものであって、国立公園及び国定公園(以下「国立公園等」という。)の利用に支障を及ぼすおそれのあるものを行うことが追加されたことを受け、所要の規定を整備しました。また、これに合わせ、自然公園制度を取り巻く状況の変化等を踏まえ、自然公園法施行令(昭和32年政令第298号。以下「令」という。)に委任されている事項に関し、所要の改正を行うこととしました。さらに、改正法の施行期日を定めることとしました。

※改正法の内容については環境省ホームページ(下記URL)を御参照ください。

http://www.env.go.jp/nature/np/law/2021kaisei.html

2.政令の概要

(1)自然公園法施行令の一部を改正する政令

①公園事業となる施設の種類の追加について(令第1条関係)
 令第1条に規定する公園事業となる施設の種類として、自動車に動力源としての電気を供給するための施設等を追加することとする。

②特別地域及び特別保護地区における許可を要する行為の追加について(令第3条及び第4条関係)
 国立公園等の特別地域(自然公園法(昭和32年法律第161号。以下「法」という。)第20条第1項に規定する特別地域をいう。)及び特別保護地区(法第21条第1項に規定する特別保護地区をいう。)における許可を要する行為として、環境大臣が指定する道路(主として歩行者の通行の用に供するものであって、舗装がされていないものに限る。)において車馬を使用する行為を追加することとする。

③野生動物の生態に影響を及ぼす行為に関する規定の整備について(令第6条関係)
 改正法により、利用のための規制の対象行為が追加されたことから(改正法による改正後の法第37条第1項第3号)、同号に規定されている野生動物の生態に影響を及ぼす行為で政令で定めるものとして、野生動物(法第37条第1項第3号に規定する野生動物をいう。)に餌を与えること、及び当該野生動物に著しく接近し、又はつきまとうことを規定することとする。

④都道府県知事を経由する協議の申出等に係る規定の削除について(令附則第6項関係)
 法に規定する環境大臣の権限に属する事務の一部で、令附則第3項の指定区域に係るものは、都道府県知事が事務を行うこととされており(令附則第3項)、当該指定区域における環境大臣に対する法第10条第2項の協議の申出、同条第3項の認可の申請、法第20条第3項の許可の申請等は、指定区域が属する都道府県知事を経由しなければならないこととされているが(令附則第6項)、この令附則第6項を削除することとする。

⑤施行期日
 令和4年4月1日

(2)自然公園法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令

 改正法の施行期日を令和4年4月1日と規定する。

3.自然公園法施行令の一部を改正する政令に対する意見募集(パブリックコメント)の結果

別添9のとおりです。

添付資料は環境省HP(http://www.env.go.jp/press/109984.html)より御参照ください。

添付資料

https://www.env.go.jp/press/109984.html

 

連絡先

環境省自然環境局国立公園課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8278

 

np sikourei kaisei kakugi20210914

環境省_自然公園法施行令の一部を改正する政令等の閣議決定について
https://www.env.go.jp/press/109984.html

 

9月18日(土)から28日(火)まで環境省と農林水産省、消費者庁が連携して実施している「サステナウィーク」の中で、体験型展示イベントの実施と、サステナブルを重視したお買い物に関する動画コンテンツの公開が行われます。

動画には、料理愛好家の平野レミさん、料理家の和田明日香さんが出演されます。

「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマにお話をいただく動画として、公式YouTubeチャンネルにて公開予定です。

 


 

「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマに、サステナブルなお買い物チェックを体験!~「選ぶ、食べる、サステナブル展」を9月18日より開催 ~

<農林水産省、消費者庁同時発表>

農林水産省は消費者庁、環境省と連携し、「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」の取組の一環として、9月18日(土)から28日(火)までを、サステナウィークとし、「未来につながるおかいもの」を実施します。
その取組の一つとして『選ぶ、食べる、サステナブル展』をITOCHU SDGs STUDIO(港区北青山)にて開催します。
また、料理愛好家の平野レミさん、料理家の和田明日香さんが出演し、「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマにお話をいただく動画を農林水産省公式YouTubeチャンネルにて公開します。

1.サステナウィークのコンセプト

私たちの生活は、農林水産業、ひいては自然環境からの恩恵を大きく受けています。生命を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を未来に継承していくためには、気候変動や生物多様性の危機など、自然環境を取り巻く様々な問題から目をそらすことはできません。
しかしながら、私たちが、普段何かを買ったり、食べたりしているときに、それが自然環境にどんな影響を与えているのか思いをはせる機会はなかなかありません。
サステナウィークをきっかけに、見た目だけでなく、食と農業、林業、漁業に携わる多くの関係者の地道な努力、環境に良い活動にも注目してみませんか。サステナウィークは、サステナブルな消費に向けた「小さな一歩」や、何を買えば良いかのヒントが見つかる11日間です。

2.体験型展示イベント「選ぶ、食べる、サステナブル展」

本展示イベントでは、「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマにサステナブルなお買い物チェックを体験していただくことができます。

■展示コンセプト

あなたのお買い物が、どれくらいサステナブルなのか、シミュレーション診断してみませんか?
「お弁当」作りを想像しながら、おかずになる食材を、それぞれ「見た目や表示がちがう」2つの選択肢から選んで、カゴに入れ
ゴールまでお持ちください。
ふだんのお買い物のちょっとしたコツで、地球の未来は変えられるかも?

主催: あふの環プロジェクト事務局(農林水産省 協力:消費者庁、環境省)
期間: 9月18日(土)~10月10日(日)11:00~18:00
※休館日:9月21日、9月27日、10月4日
会場: ITOCHU SDGs STUDIO (東京都港区北青山2-3-1 Itochu Garden B1F)
https://www.itochu.co.jp/ja/corporatebranding/sdgs/about.html
料金: 入館料無料

■「選ぶ、食べる、サステナブル展」コラボレーション弁当の販売

本展示イベントで体験する「サステナブルなお買い物」による食材で作られたお弁当が9月18日(土)~28日(火)渋谷東急フードショーにて限定販売されます。
https://www.tokyu-dept.co.jp/shibuya_foodshow/index.html


■あふの環プロジェクトメンバー展示

あふの環プロジェクトに参画する全国の企業や団体の様々な取組をスライドショーで紹介します。

3.トークショー動画

料理愛好家の平野レミさん、料理家の和田明日香さんが出演し、旬の野菜や持続性を意識した食材の見分け方、購入の方法、また御家族で実践できる食育アイデアなどについてお話をいただく動画を農林水産省公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/maffchannel)にて公開予定です。

4.企業ワークショップ

「サステナビリティは企業変革のチャンス(仮)」と題して、企業の若手社員を中心に日本企業が解決するべき課題と、企業が仕掛ける持続可能な生産消費の好循環に向けたアクションについてワークショップを行います。
詳細は後日、「あふの環プロジェクト」ホームページにてお知らせします。

5.あふの環プロジェクトとは

「あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の2030年までの達成を目指し、持続可能な生産・消費を広めるための活動を推進するプロジェクトです(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。
「スペンドシフト~サステナブルを日常に、エシカルを当たり前に!~」を合言葉に、生産から消費までのステークホルダーの連携を促進し、今の世代だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創ることを目指します。
サステナウィークのほか、勉強会や交流会、サステナアワードなどを実施するとともに、個々のメンバーの取組について国内外への発信等を行っていきます。

あふの環プロジェクトには、130社・団体が参画しています(9月現在)。サステナウィーク期間中のあふの環プロジェクトメンバーの取組は、「サステナウィーク2021」ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sw2021_map.html

詳細は「あふの環プロジェクト」ホームページをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html


<問合せ先>

農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課

担当者:古田、阿部、川村、与那覇
電話:03-3502-8111(内線 3292)
ダイヤルイン:03-3502-8056

消費者庁消費者教育推進課

担当者:米山、栗田
電話:03-3507-8800(内線 2578)
ダイヤルイン:03-3507-9149

環境省大臣官房環境経済課

担当者:安田
電話:03-3581-3351(内線 6276)

 

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

代表03-3581-3351 直通03-5521-8230

 

erabu taberu sustainable2021

環境省_「見た目重視から持続性重視のおかいもの」をテーマに、サステナブルなお買い物チェックを体験!~「選ぶ、食べる、サステナブル展」を9月18日より開催 ~
https://www.env.go.jp/press/109999.html

 

令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業)の執行団体である公益財団法人北海道環境財団が、該当補助金の二次公募を開始していますので、お知らせします。

 


 

1.補助事業の概要

「脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業 」は、 水素を活用した自立・分散型エネルギーシステムを構築する事業に対し、必要な設備等の経費の一部を支援するものです。

2.公募実施期間

令和3年9月6日(月)~同年10月1日(金)

3.募集の詳細

詳細については公益財団法人北海道環境財団のホームページを御参照ください。
http://www.heco-hojo.jp/yR03/suisoj/index.html

4.問合せ先

公益財団法人北海道環境財団 補助事業部
E-mail: suiso_ask@heco-hojo.jp
ただし、問合せには電子メールを利用し、メール件名に、以下の例のように法人名及び応募予定の事業名を記入してください。

<メール件名記入例>
【株式会社○○○】「令和3年度●●●」について問い合わせ

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339

saiene suiso 2

環境省 令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業)のうち、「再エネ等由来水素を活用した自立・分散型エネルギーシステム構築事業」の二次公募開始について
https://www.env.go.jp/press/109961.html

 エコツーリズム大賞とは、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組の団体・個人を表彰し、 広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、 情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。
本年度の募集が開始されておりますので、エコツーリズムに取り組む皆さまはぜひご応募ください。

 

【ご参考】
環境省 エコツーリズムのススメ
http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/

 


 

環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及・定着のための様々な取組を進めています。
この一環として、エコツーリズムに取り組む事業者・団体・自治体などを対象とした「第17回エコツーリズム大賞」の募集を開始いたします。
積極的な御応募をお願いします。

1 趣旨

エコツーリズム大賞は、エコツーリズムに取り組む事業者・団体・自治体などを対象に、優れた取組の団体又は個人を表彰し広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。

2 主催

環境省及び一般社団法人日本エコツーリズム協会

3 応募期限

令和3年11月30日(火)まで

4 応募資格

以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体)

(1)地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズム」に関連する環境保全活動を取り入れた取組や様々な自然体験の取組。
(2)環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。
※ 自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への理解につながる活動などを含みます。

5 応募方法等

応募用紙に所定の事項を記入し、パンフレット、写真などの参考資料を添えて、下記6の応募先へメール送信、郵送又は持参により提出してください。

下記「エコツーリズムのススメ」ホームページにもお知らせを掲載する予定です。
http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/

6 応募・問合せ先

エコツーリズム大賞審査委員会事務局(一般社団法人日本エコツーリズム協会)
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
URL:https://ecotourism.gr.jp/award
E-mail: TEL 03-5437-3080 FAX 03-5437-3081

7 審査結果の公表等

審査結果は、来年2月頃、環境省及び一般社団法人日本エコツーリズム協会のホームページ上で公表します。
受賞者には「第17回 エコツーリズム大賞 表彰式」(日時未定)において、表彰状及び副賞が授与されます。また、一般社団法人日本エコツーリズム協会発行の冊子や各種イベント等でも紹介を行う予定です。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室

  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03‐5521‐8271

 

ecotourism award


環境省 エコツーリズム対象の募集について
https://www.env.go.jp/press/109938.html

 環境省は、今回で第6回となる全国温泉地サミットを開催します。また、同時開催として第3回チーム新・湯治全国大会にて有識者による討論会およびウェブ上での交流会も実施されます。
サミットおよび湯治全国大会はライブ配信の閲覧やZoomによる交流会への参加が可能ですので、ぜひご参加をご検討ください。

 

【ご参考】
チーム新・湯治について
https://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/spa_team.html

 


 

これまで温泉地の活性化等をテーマに5回の全国温泉地サミットを開催してきました。第6回目となる全国温泉地サミットを開催するとともに、第3回チーム新・湯治全国大会を開催し、「温泉地と地域の課題を解決する」をテーマに有識者により議論を行う予定です。
なお、第3回チーム新・湯治全国大会ではWEB上で交流会を実施します。
また、全国温泉地サミットでは、温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関し、特に顕著な功績のあった6名及び2団体を温泉関係功労者として表彰します。
本サミット等は、新型コロナウイルスの感染拡大の防止の観点から、一部を除きWEB会議システムにより開催し、併せてライブ配信を行います。

1.日時 

  令和3年10月8日(金)13:0016:30(予定)

2.開催方法

  WEB会議システムにより開催

3.主催

  環境省

4.プログラム(予定) 

  第1部 第6回全国温泉地サミット 13:00~14:30
   13:00~ 開会挨拶
   13:05~ 第40回温泉関係功労者表彰 表彰式
   13:10~ ディスカッション「温泉地と地域の課題を解決する」
        阿部 公和(湯野浜100年(株)取締役、(株)亀や代表取締役)
        泉  英明(有限会社 ハートビートプラン代表取締役)
        内田 彩 (東洋大学准教授)
        北橋 義明(環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室長)
        里見 喜生(いわき湯本温泉「古滝屋」当主)
        下村 彰男(國學院大學教授)
        長野 恭紘(別府市長)
        森田 創 (東急(株)交通インフラ事業部 MaaS担当課長)
                                (敬称略・50音順)
   14:30~ 閉会挨拶

  第2部 第3回チーム新・湯治全国大会 14:45~16:30
   14:45~ 開会挨拶
   14:50~ チーム新・湯治 活動状況報告(環境省等)
   15:00~ 新・湯治 効果測定プロジェクト((公財)健康開発財団 早坂信哉所長)
   15:10~ チーム員活動事例紹介
   15:50~ 閉会挨拶
   16:00~ チーム新・湯治交流会(WEB、事前申込み者のみ。詳細は6.参照)

5.公開に関する取扱い

  ① 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、環境省温泉地保護利用推進室公式チャンネルでライブ配信を行います。傍聴希望の方は、以下のURLから御覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 【環境省温泉地保護利用推進室公式YouTubeチャンネル】
  https://youtu.be/dHofiH3Fld0

  ② WEB会議システムにより開催するため、取材等の受付はいたしておりませんが、チーム新・湯治全国大会交流会への参加は可能です(参加方法は6.を参照ください)。

6.第3回チーム新・湯治全国大会交流会について

  ビデオ会議ツール「Zoom」のブレイクアウトルーム機能を使用し、以下のテーマにて交流会を実施する予定です。御参加される方はZoomアカウントの取得をお願いします。

  <実施予定のテーマ>
   ① 温泉地での新しい事業の創出に向けて必要なこと
   ② 健康を軸とした温泉地の活性化に向けて必要なこと
   ③ 温泉地でのそぞろ歩き・街歩きに向けて必要なこと
   ④ 温泉地でのワーケーションを充実させるために必要なこと

  ■ 参加申し込みについて
   交流会への参加を御希望の方は、令和3年9月27日(月)までに以下のURLよりお申し込みください。
   申込み先: http://www.socon.co.jp/summit2021

  【上記申込みに関する問合せ先】
   全国温泉地サミット・チーム新・湯治全国大会運営事務局 
   (株)総合設備コンサルタント 三毛、澤田宛て 
   連絡先 E-mail:   TEL:03-5453-3057

 ■ 注意事項
 ・ 受講に当たっての推奨環境は「Zoom」に依存します。受講者の方のお手元のPCなどの設定や
   通信環境が受信の状況に大きく影響いたしますので、御自分の環境が対応しているか、お申込み前の確認をお勧めいたします。

 【Zoomヘルプセンター
  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-MacLinux%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82% B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A6%81%E4%BB%B6
 ・ Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
 ・ 回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。また、状況によっては、中断、再接続して再開する場合がありますが、予め御了承ください。
 ・ 本交流会はお申し込みいただいた方のみ参加可能です。
 ・ 録音・撮影等は固く禁じます。
 ・ 主催者が不適切と判断した場合は、管理者側で部外者の退出又はセミナーを終了する場合があります。
 ・ テーマにより参加者数が少ない場合は、当該テーマでの交流を行わない場合があります。
 ・ ブレイクアウトルームの途中移動はできません。 


7.「チーム 新・湯治」チーム員募集について

  参加費は無料です。申込用紙に必要事項を記載の上、下記宛先までメールにて御提出ください。なお、参加規約、申込用紙、パンフレット等は下記URLを御参照ください。

 【チーム 新・湯治への参加方法】
  https://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/spa_team.html
 【チーム員名簿(令和3年6月30日現在)】
  https://www.env.go.jp/nature/onsen/pdf/list_210630.pdf
  申込先:
  TEL:03-3581-3351  FAX:03-3595-0029
   環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室

連絡先
環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8280

 

onsen summit

 

環境省 第6回全国温泉地サミット及び第3回チーム新・湯治全国大会の開催について
https://www.env.go.jp/press/109941.html

migakiba local sdgs
2021年10月23日

【11/10締切】「令和3年度ローカルS…

環境省は、ローカルSDGs(地域循環共生圏)の実現に取り組む実践者を対象とした研修プログラム「migakiba(ミガキバ)」を開催します。このプログラムでは、地域資源の活用や地域でSDGsを達成するた…
2021年10月23日

「温泉資源の保護に関するガイド…

環境省は、令和3年8月20日(金)から同年9月3日(金)までの間に実施した「温泉資源の保護に関するガ…
2021年10月23日

【10/29締切】阿蘇の自然に…

九州地方環境事務所は、阿蘇くじゅう国立公園内でもある原生林に囲まれた『山吹水源』と全国棚田百選にも選…
2021年10月23日

【11/7締切】海岸の清掃活動…

11月14日、福岡県有明海沿岸で初めてスポーツGOMI拾い(スポGOMI)イベントが開催されます。ス…
2021年10月23日

【11/8開催】令和3年度廃棄…

環境省は、自治体関係者や廃棄物処理事業者向けに、廃棄物分野での脱炭素化や地域連携などについて意見交換…