epohedimg001

環境省と気象庁は、熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、令和2年7月1日(水)から「熱中症警戒アラート(試行)」を関東甲信地方において先行的に実施しています。これに伴い、更なる熱中症予防の推進のため、環境省が株式会社Nature Innovation Groupと連携することにより令和2年8月28日(金)から、熱中症警戒アラート(試行)が発表された日には「傘レンタルサービス」が無料で利用できるようになりました。

1.背景

令和2年7月1日(水)から、環境省と気象庁が連携して、関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)で、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境となることが予測される際に、新たに暑さへの「気づき」を呼びかけ、国民の熱中症予防行動を効果的に促すための「熱中症警戒アラート(試行)」を先行的に実施しています。8月以降、連日にわたり、熱中症警戒アラート(試行)を発表してきたところですが、依然として熱中症で救急搬送される方が多くいる現状にあります。9月以降もしばらくの間、残暑が続くことが予想されるため、引き続き個々人が熱中症予防に努めていただくことが重要です。そこで、環境省は、傘レンタルサービス(アイカサ)を行っている株式会社Nature Innovation Groupと連携し、熱中症予防の一環として、日傘(晴雨兼用傘)の積極的な活用の取組を進めることといたしました。

2.傘レンタルサービスとの連携について

熱中症警戒アラート(試行)と株式会社Nature Innovation Groupの運営する傘のレンタルサービス(アイカサ)(https://www.i-kasa.com/ )が連携して、関東甲信地方のいずれか1都県ででも熱中症警戒アラート(試行)が発表された日には、日傘(晴雨兼用傘)が無料で利用(スポットが存在する東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、スポット数約450カ所)できるようになりました。無料にすることでより多くの方に日傘を御活用いただき、個々人による熱中症予防を積極的に進めていただくことが期待されます。なお、同レンタルサービスは、使い捨てビニール傘廃棄問題に着目したサービスでもあり、廃棄プラスチックの削減にも貢献出来ることが見込まれております。

 

●サービス利用方法等については下記よりご確認ください。

 

環境省_熱中症警戒アラート(試行)と日傘レンタルサービスとの連携について
https://www.env.go.jp/press/108366.html

moealert higasa

環境省が主催する、土壌汚染対策、及び改正土壌汚染対策法に関するセミナーが全国4会場で行われます。

9/25は熊本会場での開催となりますが、今回はオンライン開催となります。

お申し込み等、詳細は下記よりご確認ください。

 

【参考】

環境省_土壌汚染対策法について(法律、政令、省令、告示、通知)
http://www.env.go.jp/water/dojo/law/kaisei2009.html

 


 

 土壌汚染対策に関する基礎的知識の普及及び土壌汚染の環境リスク管理に関する理解の促進を図るとともに、昨年全面施行された改正土壌汚染対策法について土地所有者、企業・事業者等に対して周知を行うため、全国4会場(熊本、愛知、北海道、富山)で「令和2年度土壌汚染対策セミナー」を開催いたします。

1.目的


 土壌汚染の環境リスクに関する正しい知識や情報を広め、土壌汚染に対する理解を深めるとともに、土壌汚染対策法に基づく調査・対策を実施する可能性のある土地所有者、企業・事業者等に改正土壌汚染対策法の内容等について理解していただくことを目的として、セミナーを開催いたします。

2.開催日時・定員(予定)


 (1) 熊本会場 :令和2年9月25日(金)13:00~16:30 130名

 (2) 愛知会場 :令和2年10月13日(火)13:00~16:30 150名

 (3) 北海道会場:令和2年10月30日(金)13:00~16:30 150名

 (4) 富山会場 :令和2年11月13日(金)13:00~16:10 100名

 ※新型コロナウイルス感染症対策のため定員が大きく減少する場合があります。

3.会場及び所在地(予定)


 (1) 熊本会場:熊本県における新型コロナウイルス感染の状況等をかんがみ、オンライン開催とします。

 (2) 愛知会場:プライムセントラルタワー名古屋駅前 13階 第1~第5会議室
  (愛知県名古屋市西区名駅2-27-8)JR名古屋駅から徒歩10分

 (3) 北海道会場:札幌サンプラザ 2階 金枝の間
  (北海道札幌市北区北24条西5丁目)地下鉄南北線北24条駅から徒歩5分

 (4) 富山会場 :とやま自遊館 1階 ホール
  (富山県富山市湊入船町9-1)JR富山駅から徒歩15分

 ※今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況により、現地会場での開催から、オンライン開催に変更する場合
  があります。

4.主催


 環境省、公益財団法人日本環境協会(土壌汚染対策法に基づく指定支援法人)

5.後援


 一般社団法人土壌環境センター、熊本県、熊本市、愛知県、名古屋市、北海道、札幌市、富山県、富山市

6.対象者


 主に土地所有者、企業・事業者等

7.プログラム(予定)


 ・土壌環境行政の最新動向【30分】(環境省水・大気環境局土壌環境課)

 ・開催地の自治体における土壌汚染対策の現状と取組み【20分】(開催地の自治体)

 ・土壌汚染のリスクと管理【45分】(横浜国立大学 小林 剛氏)

 ・土壌汚染対策法に基づく調査等に関するポイントについて【45分】(ランドソリューション株式会社 古川
  昇氏)

 ・リスクに応じた土壌汚染対策【45分】(株式会社大林組 日笠山 徹巳氏)

 ※括弧内は説明者です。

 ※当日、やむを得ない事情により一部変更になる場合がございます。あらかじめ御了承ください。

8.参加費


 無料

9.申込方法及び申込先


 次のいずれかの方法によりお申込みください。

 (1) (公財)日本環境協会ホームページ(http://www.jeas.or.jp/dojo/)からお申込みください。

 (2) 上記ホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記載の上、電子メール、FAX又は郵送にてお
  申込みください。

【申込先】
 (公財)日本環境協会 石井、堀河
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMM ビル5階
 TEL:03-5829-6894 FAX:03-5829-6190
 E-mail://www.env.go.jp/press/dojo@jeas.or.jp">dojo@jeas.or.jp

10.申込期間


 令和2年8月31日(月)(予定)~同年11月6日(金)

 ※個別会場ごとの申込締切日は、上記の(公財)日本環境協会ホームページで御確認ください。
 (申込期間内でも定員になり次第、受付は終了いたしますので御了承ください。)

 ※定員数に限りがあるため、1会場につき1社1名又は2名までとさせていただくことがありますので、あら
  かじめ御承知おきください。

 ※「参加証」をメールで配信(メールアドレスが不明の方はFAXにて送信)いたします。

11.新型コロナウイルス感染症などへの対応について


・密集を避けるため、会場への分散入場を予定しています。

・受付時に検温を実施いたします。この際、37.5度以上の発熱があった場合は、参加を控えていただくようお願
 いいたします。

・会場の入口や受付付近に消毒用アルコールを設置いたします。

・会場の着席数を制限し、一定の間隔を空けて参加者の座席を配置いたします。

・注意事項の詳細はセミナー参加証でご案内いたします。

連絡先

環境省水・大気環境局土壌環境課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8321

 

 

環境省_令和2年度土壌汚染対策セミナーの開催について
https://www.env.go.jp/press/108358.html

dojoosenboushi seminar2020

 エコツーリズム推進法に基づき、各地のエコツーリズム推進協議会の活動状況が取りまとめられ、公表されました。

九州、沖縄地域からは4箇所の協議会について情報が公表されています。

 


 

エコツーリズムとは、地域のガイドが自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていくことを目指していく仕組みです。
エコツーリズム推進法に基づき、「エコツーリズム推進全体構想」の認定を受けた全国17のエコツーリズム推進協議会の活動状況をお知らせします。

エコツーリズム推進法に基づき、主務大臣は、毎年、エコツーリズム推進協議会の活動状況を取りまとめ、公表しなければならないこととされており、以下のとおり、各協議会の活動状況をお知らせします。

 

 https://www.env.go.jp/press/108356.html

 

 

●九州、沖縄地域の協議会情報は下記のとおりです。

 

市町村名

宮崎県 串間市

 

エコツーリズム推進協議会名

串間エコツーリズム推進協議会
連絡先:0987-72-1111
担 当:上村・立本・内田
URL:http://94max.jp/ 串間エコツーリズム推進協議会
          http://www.city.kushima.lg.jp/enjoy/ 串間市役所HP

 

代表的なエコツアーの紹介等

・グァバ収穫体験&丸かじり
(8月下旬~9月上旬 ※日付限定)
・野生馬を追う!都井岬馬追い体験
(9月28日予定)
・SUPで行く感動の海散歩ツアー
(5月~10月)
・定置網体験ツアー
(通年)
・都井岬野生馬ガイドツアー
(通年)
・森のエコ・山の恵みツアー
(11月~5月)

日本のひなた宮崎県・最南端の串間市。サムライの馬が野生化して暮らす都井岬を中心に、野生馬ガイドや森作り、南国フルーツ狩り、海では漁師体験やSUP体験などゆったり「南国時間」を楽しめるエコツアーを提供しています。

 

 

 

市町村名

熊本県   阿蘇市・南小国町・小国町・産山村・高森町・南阿蘇村・西原村・山都町

 

エコツーリズム推進協議会名

阿蘇ジオパーク推進協議会
連絡先:0967-34-2089
担 当:兒玉 夏子
URL:http://www.aso-geopark.jp

 

代表的なエコツアーの紹介等

・阿蘇ジオパークツアー(通年)
・マゼノ渓谷源流トレッキング
(6月下旬~9月上旬)
・ホーストレッキング(通年)
・西日本初アドベンチャートラック(通年)
・草原ライドサイクルツアー(通年)
・蘇陽峡カヌー体験
(4月~11月)
阿蘇は、「阿蘇くじゅう国立公園」指定、「ユネスコ世界ジオパーク」認定地域です。約5万人の人々が暮らす世界最大級のカルデラ地形。地球の息吹を間近に感じる中岳火口。日本一の広さを誇る草原景観。魅力的な阿蘇ツアーで大満足。

 

 

 

 市町村名

鹿児島県 奄美市・大和村・宇検村・瀬戸内町・龍郷町・喜界町・徳之島町・天城町・伊仙町・和泊町・知名町・与論町

 

エコツーリズム推進協議会名

奄美群島エコツーリズム推進協議会
連絡先:0997-52-6032
(奄美群島広域事務組合)
担 当: 白石、花岡、深川
URL:http://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/certification/amami/index.html

 

代表的なエコツアーの紹介等

・金作原探検ツアー(通年)
・サンゴ礁ミニジオツアー(通年)
・闘牛大会(1,5,10月)
・ケイビングツアー(通年)
・百合ヶ浜海中公園案内(通年)
「奄美群島国立公園」に指定され、世界自然遺産登録を目指す個性豊かな自然と伝統文化に出会える島々へどうぞお越しください。

 

 

 

 市町村名

沖縄県 渡嘉敷村・座間味村

 

エコツーリズム推進協議会名

渡嘉敷村エコツーリズム推進協議会・座間味村エコツーリズム推進協議会

・渡嘉敷村エコツーリズム推進協議会
連絡先:098-987-2333
担当 :尾崎
・座間味村エコツーリズム推進協議会
連絡先:098-987-2320
担当 :宮里

URL:https://www.env.go.jp/nature/ecotourism/try-ecotourism/certification/kerama/index.html

 

代表的なエコツアーの紹介等

・スキューバダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、スタンドアップパドルボード(SUP)などの体験型エコツアー(通年)
渡嘉敷村と座間味村の島々で構成される慶良間諸島にはケラマブルーと称される透明度の非常に高いサンゴ礁の海が広がっています。経験豊富なガイドのもと、自然を大切にしながら行われている様々なエコツアーを体験しに来てください。

 

※新型コロナウイルス感染症対策等のため今年度の活動予定に変更が生じる場合があります。
 最新情報については各地域HP又は問合せ先にて御確認ください。

 

 

●その他全国の推進協議会の情報は下記よりご確認ください。

環境省_エコツーリズム推進協議会の活動状況について
https://www.env.go.jp/press/108356.html

ecotourism 2020

令和2年度地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業について、審査の結果採択結果が公表されました。
各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって地域循環型の取組を底上げ、推進する支援策を強化し、地域循環共生圏の構築に資する事業に対して、地方公共団体を対象に当該経費の一部を補助する事業です。

九州、沖縄地域からも意欲的な取り組みが多数採択されています。

【詳細】https://www.env.go.jp/press/files/jp/114573.pdf

 

【参考】

環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム-
http://chiikijunkan.env.go.jp/
環境省_地域循環共生圏(循環分野)
http://www.env.go.jp/recycle/circul/area_cases.html

 


 

令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の採択結果について

 

令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業について、執行団体の一般社団法人地域循環共生社会連携協会による公募を行ったところ、75件(新規:74件、継続:1件)の応募があり、審査の結果、下記のとおり採択しましたのでお知らせします。

1.事業の概要

本事業は、各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって、経済合理性、持続可能性を有する地域循環型の取組を底上げし、推進していくための効果的な支援策を強化し、第五次環境基本計画(平成30年4月17日閣議決定)に掲げる地域循環共生圏の構築に資する、野心的な脱炭素社会の実現を目指す計画に必要な実現可能性調査や地域関係者との合意形成等に係る協議会の開催等を行う事業に対して、地方公共団体を対象に当該経費の一部を補助するものです。

2.審査方法

公募期間(令和2年5月18日(月)から同年6月12日(金))に応募のあった事業及び令和元年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業に係る補助事業者が継続して実施する事業について、「FIT買取期間終了後の再エネ由来電力の活用など地方公共団体と地元企業が連携した再エネの拡大/防災減災効果の向上を図る都市機能集約/高齢化社会に対応した都市部の交通転換や地域公共交通の脱炭素化等の事業検討を行う事業(第1号事業)」、「各地域の既存リソースを持続的に活用し、地域の資源生産性向上、地域経済の活性化を図る地域づくりを実現するための事業検討を行う事業(第2号事業)」、「地方公共団体が中心となり地域関係者と合意形成等を行う取組や、必要な情報や知見を周知する取組を行う事業(第3号事業)」の応募種類別に書面審査を実施し、外部有識者を含めた審査委員会にて評価を行いました。

3.採択結果

審査委員会の評価に基づき、予算の範囲内で52件(新規:51件、継続:1件)を採択しました。採択団体及び審査委員会総評については別紙1、別紙2を御参照ください。

問い合わせ先

環境省大臣官房環境計画課地域循環共生圏推進室
(直通:03-5521-8233/代表:03-3581-3351)

 

添付資料等は下記よりご確認下さい。

 

 

r2 lc innovation modelsaitaku kekka

環境省_令和2年度脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業のうち、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の採択結果について
https://www.env.go.jp/press/108327.html

 

 

各国における新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見共有を目的に、令和2年9月3日(木)にオンラインの閣僚級会合が開催されます。
会合では、小泉環境大臣が全体議長を務め、世界各国の大臣や代表をはじめ、ノンステートアクターの代表等が参加します。
また、会合に合わせ情報プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」が立ち上がり、各国大臣さらには国際機関、地方自治体、産業界、市民などからのビデオメッセージが同サイトに順次掲載されます。

 


 

新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合の開催及び「Platform for Redesign 2020」の立ち上げについて

新型コロナウイルスからの復興に関連する気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見を共有するため、9月3日にオンラインの閣僚級会合を開催するとともに、オンライン・プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」を立ち上げます。

 

1 概要

 新型コロナウイルスと気候変動という二つの危機に対処する上では、世界の全ての国が協力、連帯して取り組むことが不可欠です。こうした考えの下、希望する全ての国が参加できる形で、各国における新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見を共有するため、令和2年9月3日(木)にオンラインの閣僚級会合を開催します。

 同会合では、小泉環境大臣が全体議長を務め、世界各国の大臣や代表をはじめ、若者、市民、産業界、自治体といったノンステートアクターの代表等が参加する予定です。

 また、会合に合わせ、各国の「新型コロナウイルスからの復興×気候変動・環境対策」に関する取組の状況・予定などの情報を共有する情報プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」を立ち上げました。各国の大臣さらには国際機関、地方自治体、産業界、市民などからのビデオメッセージの提出を呼びかけており、同サイトに順次掲載していきます。

Platform for Redesign 2020:<https://platform2020redesign.org/>

 

 

 

2 閣僚級オンライン会合について

日時:令和2年9月3日(木) 20:00~23:00(日本時間)

    ※スケジュール詳細は別添のとおり

言語:英語(日本語同時通訳あり)

会合の様子はライブ配信され、上記Platformウェブサイト、又は下記のwebサイトから視聴可能です。

日本語:<https://vimeo.com/446674358/dafff991d0>

英語:<https://vimeo.com/446674498/a0b8760ed9>

 

 

添付資料

https://www.env.go.jp/press/108341.html

 

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8243

 

platform for redesign 2020

環境省_新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合の開催及び「Platform for Redesign 2020」の立ち上げについて
https://www.env.go.jp/press/108341.html

 

 

 

r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…