epohedimg001

「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンの実施について

環境省は、消費者庁、農林水産省及び全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会と連携し、令和2年12月から令和3年1月まで、「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施します。

1.目的


我が国における「食品ロス」は、年間約612万トン(※1)と推計されており、昨年10月に施行された「食品ロスの削減の推進に関する法律」においては、消費者・事業者・地方公共団体を含む様々な主体が連携し、国民運動として食品ロスの削減を推進していくこととされています。

消費者庁は、農林水産省、環境省及び全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(※2)と共に、令和2年12月から令和3年1月まで、「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを実施し、食品ロス削減の普及啓発を行います。

本年度は、外食時の食べきりのほか、新型コロナウイルス感染症対策として、テイクアウト等による家庭での食事の機会が増加する可能性も考慮し、家庭での食べきりについても啓発を行います。

また、外食時に残さず食べきる事が大切ですが、環境省では、消費者庁、農林水産省と共に、どうしても食べきれない場合の、「mottECO(もってこ)」(食べ残しを持ち帰る行為(※3))を自己責任の範囲で取り組むことも啓発していきます。

(※1)平成29年度推計値:農林水産省・環境省

(※2)全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会(会長 崎田裕子、事務局 福井県安全環境部循環社会推進課)は、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する地方公共団体(R2.10.20現在427自治体)により、広く全国で食べきり運動等を推進し、3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))を推進するとともに、食品ロスを削減することを目的として設立された団体です。

(※3)環境省・消費者庁・農林水産省・ドギーバッグ普及委員会主催のNewドギーバッグアイデアコンテストで大賞を受賞した持ち帰る行為の新しいネーミング

2.実施期間

令和2年12月1日(火)から令和3年1月31日(日)まで

3.主な内容

1) 第4回食品ロス削減全国大会(富山大会)
富山県及び全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会の主催、消費者庁・農林水産省・環境省の共催で、第4回食品ロス削減全国大会を令和2年12月16日(水)に富山県で開催します。
https://www.caa.go.jp/notice/assets/consumer_education_cms201_201006_01.pdf
 
2) 普及啓発資材の提供
消費者の皆様に外食時に実践していただきたい取組についての普及啓発用パンフレットやポスターを作成し、地方公共団体、民間団体や学校等に配布し、消費者への啓発に活用していただいています。
今年度は、新型コロナウイルス感染症への対策をしながら、外食を楽しみ、食べきることを実践していただくため、新たな啓発資材を作成しました。
これらの啓発資材は、消費者庁webページ「「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン」からダウンロードできます。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/efforts/
①外食時の食べきりポスター及びテーブル置き三角柱
これらの資材の消費者庁ロゴの左側には、食品ロス削減に取り組む自治体・店舗などの名前を記入できます。
②食品ロス削減用啓発資材の提供
食品ロス削減の基礎知識や、家庭や外食時に食品ロスを減らすポイントについてまとめた啓発資材を提供しています。
また、外食時に食べきれず残した料理を持ち帰る際のポイントついてまとめた「外食時のおいしく「食べきり」ガイド」も作成しています。
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/pamphlet/
 
3) 関係省庁等での食品ロス削減普及啓発ポスターの掲示や三角柱の設置による周知
関係省庁の食堂等において、普及啓発資材を展示し、職員への食べきりの周知を行います。また、食品ロス削減全国大会においては、外食時の食べきりポスターのほか、消費者庁が開催した「「賞味期限」の愛称・通称コンテスト」及び「私の食品ロス削減スローガン&フォトコンテスト」の入賞作品等の展示を行います。
 
4) 令和2年度 外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン 実施予定一覧の周知
全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会は、令和2年度外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンにおける協議会参加自治体の実施予定一覧の周知を行います。

4.関連サイト

(1)消費者庁[食品ロス削減]食べ物のムダをなくそうプロジェクト
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/

(2)農林水産省 外食における食品ロス対策
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/170516.html

(3)環境省 食品ロスポータルサイト
http://www.env.go.jp/recycle/foodloss/index.html

(4)全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会
http://info.pref.fukui.lg.jp/junkan/tabekiri/network/

消費者庁 消費者教育推進課 食品ロス削減推進室

担当者:堀部、湯川、星野、橋本
電 話:03-3507-9244(ダイヤルイン)
FAX:03-3507-9259

農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課

食品産業環境対策室
担当者:食品ロス削減・リサイクル班 岸田、野田、高野
代 表:03-3502-8111(内線:4319)
直 通:03-6744-2066(ダイヤルイン)
FAX:03-6738-6552

環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室

担当者:小早川、前田、野村
代 表:03-3581-3351
直 通:03-6205-4946(ダイヤルイン)
FAX:03-3593-8262

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会 事務局

担当者:福岡
電 話:0776-20-0317
FAX:0776-20-0679


連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室
代表03-3581-3351 直通03-6205-4946

 

 

環境省_「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンの実施について
https://www.env.go.jp/press/108680.html

 

efforts 201126 0002

食品ロス削減に向けた取組について(消費者庁) | 消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/efforts/

 

環境省は、平成29年7月に提案された「新・湯治」の推進の一環として、この趣旨に賛同頂ける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化しています。

チームには九州地域からも、地方自治体、環境協会、温泉協会、企業など多岐にわたるメンバーが加入されています。

温泉地でのこれまでになかった新しい取組の展開促進活動の一つとして、セミナー「健康経営時代における温泉利用と元気な暮らし、生き方」が開催されます。

 

 

【参考】新・湯治とは
http://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/index.html

new toji

 


 

第7回「『チーム 新・湯治』セミナー ~健康経営時代における温泉利用と元気な暮らし、生き方~」の開催について

環境省では、現代のライフスタイルにあった温泉地での滞在方法を「新・湯治」と位置づけ、この趣旨に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行っています。チーム員間の情報交換等を通じ、自治体、団体、企業など、多種多様な連携が生まれ、温泉地において新しい取組が展開されることを期待しています。
今般、チーム活動として、第7回目のセミナーを、「健康経営時代における温泉利用と元気な暮らし、生き方」として開催いたします。

1.背景・目的

平成29年7月に自然等の地域資源を活かした温泉地の活性化に関する有識者会議において、現代のライフスタイルにあった温泉地での過ごし方が「新・湯治」として提案されました(「新・湯治の推進 -温泉地の活性化に向けて」https://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/index.html)。「新・湯治」は、温泉入浴に加え、周辺の歴史・文化、食などを活かした多様なプログラムを楽しみ、また、地域の人々とのふれあい等を通じて、温泉地で心身ともにリフレッシュすることと、温泉地を多くの人が訪れることで、温泉地のにぎわいを生み出していくことを目指しています。

環境省では「新・湯治」の推進の一環として、この趣旨に賛同頂ける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化し、チーム員間の情報共有、意見交換を通じて温泉地でのこれまでになかった新しい取組の展開を促しています。

本セミナーは、チームの活動の一つであり、今回は「健康経営時代における温泉利用と元気な暮らし、生き方」として実施いたします。

2.主催

環境省

3.日時、場所

令和2年12月21日(月)14:00~16:30
場所:新橋ビジネスフォーラム(東京都港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル8F)
https://biz-forum.jp/access.html

※本セミナーは現地開催とオンライン配信の2形態での同時開催予定ですが、今後新型コロナウィルスの感染状況によりオンライン配信のみに変更になる可能性があります。

4.対象者

(1)「チーム 新・湯治」 チーム員(構成員含む)

(2)「チーム 新・湯治」への参加を検討している団体

5.開催概要

(1)開会挨拶

(2)セミナーの趣旨説明、講師紹介

(3)基調講演「健康意識を高める環境づくり」

講師:安藤伸樹 氏(全国健康保険協会理事長)

(4)発表1「温泉を利用した健康づくりを目指す ~温泉利用型健康増進施設の動向」

講師:石田心 氏((一財)日本健康開発財団(温泉利用型健康増進施設連絡会事務局)理事長)

(5)発表2「日常生活に、温泉を核としたリラックス環境・プログラムを取り入れる」

講師:岩渕航介 氏(株式会社飯田産業 江の島アイランドスパ(健康運動指導士/温泉利用指導者))

(6)講師との意見交換

6.申込方法

以下のURLに掲載されている参加フォームより12月14日(月)12時までにお申込みください。人数に達し次第、締め切らせていただきます。

(1)現地会場で参加する
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mjsf-sfpcn-a2a6c02e155a2638ef2b2bfa8e8e4935

(2)オンライン配信で参加する
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mjsf-lbmhpg-4d8476db76d8f16fc2e83e628c371b40

*取材希望の方も、上記URLを参照の上、お申込みください。

*本セミナーは公開で実施します。

7.問合せ先

<本件受託者(事務局)>
公益財団法人日本交通公社 チーム新・湯治係(担当:後藤・安谷)
TEL:03-5770-8440  FAX:03-5770-8359
E-mail:

8.「チーム 新・湯治」チーム員募集について

参加費は無料です。申込用紙に必要事項を記載の上、原則として下記宛先までメールにて御提出ください。なお、参加規約、申込用紙、パンフレット等は下記URLを御参照ください。

チーム 新・湯治への参加方法
https://www.env.go.jp/nature/onsen/spa/spa_team.html

チーム員名簿(令和2年8月31日現在)
https://www.env.go.jp/nature/onsen/pdf/list_200831.pdf

申込先: TEL:03-3581-3351 

連絡先

環境省自然環境局自然環境整備課温泉地保護利用推進室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8280

環境省は、「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンを開始します。
暖房使用等による家庭でのエネルギー消費の大きくなる時期に、断熱リフォーム・ZEH化と省エネ家電への買換えを呼びかけ行動変容を促し、新しいライフスタイルを提案するキャンペーンです。

公式サイトでは、各種ツールが公開され、多様なチャンネルから消費者へのアプローチが図られます。

 

みんなでおうち快適化チャレンジ 家族も地球も健康に | COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/kaiteki/

ouchi challenge2020

 


 

「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンの開始について

 菅総理大臣は所信表明演説で、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すこと」を宣言しました。その実現には脱炭素型のライフスタイルへの転換が必要です。また、コロナ禍において、家庭で過ごす時間が増え、世帯当たりエネルギー消費量の増加傾向が見られます。これらを踏まえると、「在宅生活」に焦点を当てて、新たな日常の脱炭素化を進める必要があります。

 そこで、環境省では、令和2年11月26日(木)から「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンを開始いたします。

 本キャンペーンでは、これから冬を迎え寒くなり、暖房使用等による家庭でのエネルギー消費の大きくなるタイミングを捉え、家庭の省エネ対策としてインパクトの大きい、断熱リフォーム・ZEH化と省エネ家電への買換えを、関係省庁及び関係業界等と連携して呼びかけ、国民一人ひとりの行動変容を促していくことにより、脱炭素で快適、健康、お得な新しいライフスタイルを提案します。

1.概要

 菅総理大臣は所信表明演説で、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すこと」を宣言しました。その実現には脱炭素型のライフスタイルへの転換が必要です。また、コロナ禍において、家庭で過ごす時間が増え、世帯当たりエネルギー消費量の増加傾向が見られます。これらを踏まえると、「在宅生活」に焦点を当てて、新たな日常の脱炭素化を進める必要があります。

(※)2020年4~6月の世帯当たりエネルギー消費量は前年同期比3.2%増加(株式会社 住環境計画研究所)

 本キャンペーンでは、これから冬を迎え寒くなり、暖房使用等による家庭でのエネルギー消費の大きくなるタイミングを捉え、家庭の省エネ対策としてインパクトの大きい、断熱リフォーム・ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化と省エネ家電への買換えを、関係省庁(経済産業省、国土交通省)及び関係業界(一般社団法人 住宅生産団体連合会、一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会、大手家電流通協会、全国電機商業組合連会)等と連携して呼びかけ、国民一人ひとりの行動変容を促していくことにより、脱炭素で快適、健康、お得な新しいライフスタイルを提案します。

(※)住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅。


2.キャンペーンのポイント

  • 快適・健康という生活の質の向上、新しいライフスタイルを提案。
  • おうちの快適化が、家族の健康のみならず、地球の健康にもつながっている。
  • コロナ禍で迎える初めての冬。今こそみんなで、おうちを快適に。

3.キャンペーンの対象

  • 住宅の断熱リフォーム(高断熱窓への交換、外壁や天井の断熱改修等)、ZEH化
  • 省エネ家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫、LED照明、温水洗浄便座)への買換え

4.実施期間

 令和2年11月26日(木)~令和3年3月31日(水)

5.主な実施内容

 キャンペーン全体の認知度を高めるための広報やツール(冊子、ポスター、POP等)制作をするとともに、関係業界等と連携し、デジタル・実店舗を含め、各現場でロゴマークの掲示やツールの活用をいただく。これらを通じて、多様なチャンネルから、消費者へのアプローチを実施する。

6.キャンペーンロゴ

 

 

7.キャンペーン公式サイト

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/kaiteki/

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8341

 

環境省_「みんなでおうち快適化チャレンジ」キャンペーンの開始について
https://www.env.go.jp/press/108731.html

 

令和2年9月に開催されたG20環境大臣会合の成果について、結果が議長国より公開されました。

 

 


 

G20環境大臣会合の結果について

 令和2年9月16日(水)にオンラインで開催されたG20環境大臣会合について、会合の成果が、議長国サウジアラビアより公開されましたので以下のとおりお知らせします。

 会合では、サウジアラビアが議長を務め、①土地劣化と生息地の損失、②サンゴ礁保全・海洋ごみについてG20各国及び招聘国の環境大臣等による意見交換を行いました。我が国は前回議長国として、小泉環境大臣による開会挨拶(ビデオメッセージ)等を行いました。

1 会合の成果

(1)G20環境大臣会合コミュニケ(原文・仮約)(別紙1)

(2)土地劣化の減少及び陸域生息地の保全強化に関する世界イニシアティブのエグゼクティブサマリー

(原文・日本語版の概要)(別紙2)

(3)世界サンゴ礁研究開発促進プラットフォームのエグゼクティブサマリー(原文・日本語版の概要)

(別紙3)

がとりまとめられた。

原文は、以下ウェブサイト参照

https://g20.org/en/g20/Pages/documents.aspx

2 参考:会合の概要

(1)日 時

 令和2年9月16日(水)20:00~24:00 (オンライン開催)

(2)出席者等

 議長:サウジアラビア アル・ファドリ環境・農業大臣

 参加国:G20各国、及び招聘国7カ国の環境大臣、副大臣等

 (G20)

  日本、サウジアラビア、米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、

  英国、ドイツ、フランス、イタリア、ロシア、トルコ、南アフリカ、

  中国、韓国、インド、インドネシア、豪州、EU

 (招聘国)シンガポール、ベトナム、スイス、スペイン、ルワンダ、ヨルダン、UAE

日本からは、小泉環境大臣(ビデオメッセージ)、近藤地球環境審議官ほかが出席。

 小泉大臣のビデオメッセージは別紙4を参照

(3)議題

  ①土地劣化と生息地の損失

  ②サンゴ礁保全・海洋ごみ

(4)その他

・昨年、我が国が議長国を務め開催した、G20持続可能なエネルギーと地球環境に関する関係閣僚会合(エネルギー・環境大臣会合。令和元年6月、長野県軽井沢町)に続き、環境大臣単独の会合としては、G20史上初。

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課
  • 代表03-3581-6760
  • 直通03-5521-8243

 

環境省_G20環境大臣会合の結果について
https://www.env.go.jp/press/108709.html

 

 

環境省が主催するグッドライフアワードは、環境と社会によい活動を応援するため、SDGsを体現する取組を幅広く表彰するプロジェクトです。

企業、学校、NPO、自治体、地域コミュニティ、個人など、どなたでもエントリー可能なプロジェクトです。

今回第8回の審査結果が公表され、九州地域からも下記のとおり受賞されています。

 

○優秀賞

・次世代へとつなぐ循環の環(わ)~生ごみ循環でまちを元気に~
⼤⽊町(福岡県)

 

○各部門賞

(NPO部門)
mymizu: 使い捨てプラスチック消費を減らすことをはじめ、持続可能なライフスタイルを簡単に、楽しく!
一般社団法人Social Innovation Japan (mymizu)(福岡県)

 

(学校部門)
・「私たちも社会に貢献することができる!」 障害を持っている子ども達が社会貢献を通して世界中に笑顔を届ける「econnect project」
econnect project(福岡県)

 

環境省_グッドライフアワード
http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/

goodlifeaword vol8

 


 

「第8回グッドライフアワード」環境大臣賞最優秀賞等が決定!!

「第8回グッドライフアワード」に御応募いただいた取組から、実行委員会での審査を踏まえ、環境大臣賞として、最優秀賞(1件)、優秀賞(3件)、各部門賞(6件)を決定しました。また、その他の優れた取組を実行委員会特別賞(27件)として選定し、令和2年12月5日(土)に表彰式を開催しますので、お知らせいたします。

※グッドライフアワードHP:
http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward

 

1.「グッドライフアワード」について

 持続可能な社会の実現のため、一人一人が現在のライフスタイルを見つめ直すきっかけを作り、ライフスタイルイノベーションの創出やパートナーシップの強化を目指し、"環境と社会によい暮らし"やこれを支える地道な取組(ボランティア活動、サービス・技術など)を募集・応援する事業です。

2.「第8回グッドライフアワード」表彰式について 

 本年6月5日から公募し、御応募いただいた193件の取組の中からグッドライフアワード実行委員会での審査を踏まえ、10の取組に対し、環境大臣賞として最優秀賞、優秀賞、各部門賞をそれぞれ決定しました。また、その他の優れた取組を実行委員会特別賞(27件)として選定しました。

 そして、12月5日(土)(15時~18時30分)に「第8回グッドライフアワード」表彰式を渋谷スクランブルホールで開催いたします。

 なお新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、同表彰式は規模を縮小し、受賞者の御参加に限らせていただきますが、リアルタイムでウェブ配信いたしますので是非御覧ください。また、現地での取材を希望される報道関係者は、事務局(03-6804-3858)まで事前登録をお願いいたします。※ウェブ配信の視聴には事前のお申込みが必要です。(先着500名、視聴無料)

詳細及びお申込みはこちらから

https://conference.goodlifeaward.jp/2020-winter

(参考)グッドライフアワード実行委員会※五十音順・敬称略

<委員長> ・益田 文和 (デザインコンサルタント)

<委員>  ・大葉 ナナコ(公益社団法人誕生学協会代表理事、バースコーディネーター)

      ・末吉 里花 (一般社団法人エシカル協会代表理事、フリーアナウンサー)

      ・炭谷  茂  (社会福祉法人恩賜財団済生会理事長)

      ・高橋 俊宏 (株式会社枻出版社 Discover Japan プロデューサー)

      ・中井 徳太郎(環境省環境事務次官)

      ・藤野 純一 (公益財団法人地球環境戦略研究機関 上席研究員)       

      ・南谷 えり子(元エル・ジャポン編集長)

      ・森 摂   (オルタナ編集長)

3.環境大臣賞について ※詳細は別添参照

環境大臣賞として、最優秀賞1件、優秀賞3件、各部門賞6件を決定しました。
※ 以下、【 】内は取組主体、うち()内は活動拠点の都道府県 ※敬称略

○最優秀賞(1件)


・荒れた山林を児童養護施設の子どもたちと伐り拓いて里山づくり

 〜自らの力でふるさとを創り上げる試み〜

【NPO法⼈ 東京⾥⼭開拓団(東京都)】

○優秀賞(3件)(※応募順)


・次世代へとつなぐ循環の環(わ)~生ごみ循環でまちを元気に~

【⼤⽊町(福岡県)】

・山村の暮らしを教育財に「暮らしの学校だいだらぼっち」の実践

【NPO法⼈グリーンウッド⾃然体験教育センター(長野県)】

創業100年の八百屋、野菜のカネマツSDGsプロジェクト

~信州松代から、地球の恵み、自然栽培の野菜を細胞に届けます~

【有限会社カネマツ物産(とカネマツ倶楽部有志)(長野県)】

○各部門賞(6件)

(NPO部門)

mymizu: 使い捨てプラスチック消費を減らすことをはじめ、持続可能なライフスタイルを簡単に、楽しく!

【一般社団法人Social Innovation Japan (mymizu)(福岡県)】

(NPO部門)

・ジェットコースターが見える大都会横浜は金沢漁港で、森林の5倍のCO2を吸収する昆布の養殖に挑む!

【一般社団法人 里海イニシアティブ(神奈川県)】

(自治体部門)

平時の低炭素化と災害時のレジリエンスに貢献する「スマートホーム・コミュニティ」

【さいたま市(埼玉県)】

(NPO部門)

・農福連携で地産地消、廃棄ゼロ。

【社会福祉法人さんさん⼭城(京都府)】

(学校部門)

・「私たちも社会に貢献することができる!」 障害を持っている子ども達が社会貢献を通して世界中に笑顔を届ける「econnect project」

【econnect project(福岡県)】

(地域コミュニティ部門)

・空き家× 太陽光発電から始まる地域循環共生圏

【株式会社太陽住建(神奈川県)】

4.実行委員会特別賞について

 実行委員会特別賞として、27件を決定しました。(別添参照)

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境計画課
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9265

 

環境省_「第8回グッドライフアワード」環境大臣賞最優秀賞等が決定!!
https://www.env.go.jp/press/108669.html

 

Default Image
2021年01月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

令和3年1月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年01月16日

【資料公表】環境省…

環境省は、平成31年度に有明海南部海域及び八代海において、衛星画像の解析手法を用いた藻場・干潟の分布…
2021年01月16日

【資料公開】第15回「みどり香…

環境省は、より良いかおり環境の創出を奨励するため、優良企画を支援するコンテストを実施しています。…
2021年01月15日

【2/8締切】令和3年度CO2…

環境省は、早期の脱炭素社会の実現に向け、CO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を公募します。…
2021年01月15日

【資料公表】環境省…

環境省は毎年度、都道府県等の協力を得て、不法投棄等事案について、対策に係る政策形成のための基礎資料と…