epohedimg001

環境省は、「森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと」「一人一人が、森里川海の恵みを支える社会をつくること」を目指し、『つなげよう、支えよう森里川海』プロジェクトを立ち上げています。
今般、その取り組みの一環であるトークセッションの第2回として、樹木医の岩谷氏をお招きして東京都内の樹木について学んでいきます。
ご関心のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

【ご参考】
環境省  つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト  ポータルサイト
https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html
Facebook
https://www.facebook.com/morisatokawaumi/
Instagram
https://www.instagram.com/morisatokawaumi_/


環境省では、森里川海の恵みを将来にわたって享受し、安全で豊かな国づくりを行うため「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトを進めています。
そこで、主に都市での一人ひとりの暮らしを見つめなおし、森里川海の恵みを豊かにするライフスタイルを見つける「GEOC森里川海シリーズ トークセッション」を開催します。

第2回は、樹木医であり女性初の森林インストラクターでもある岩谷氏をゲストとしてお招きし、下記の通りトークセッションを企画したいと思います。

morisatokawaumi jumoku

※クリックするとPDFが開きダウンロード可能です。

「都会で見つける自然 樹木医さんと渋谷の樹木を楽しもう!」

「注目さえされない地味な樹木が、柔軟で奇想天外な生き方をしていることを知ったら、身近な風景がガラリと変わる」
「いつでもどこでも、横断歩道を待っているときでも樹木を眺めて楽しむことができる」
わたしたちが知らない「自然の楽しみ方」を、都内各地に知り合いの樹木がいるという岩谷さんに教えていただきます!

開催概要

|日 時|2021年9月10日(金) 18:00-19:30

|開催方法|オンライン会議システム「Zoom」及び、ネットメディア「YouTube」で開催いたします。

|主 催|環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 

プログラム

18:00 開会

Session 1:樹木の楽しみ方、面白さについて
 一見、動いていないように見える樹木も、少し注目してみると工夫を凝らしてしたたかに生きています。
 そんな樹木の個性や生き方、面白さについてご紹介します!

Session 2:渋谷や都内の樹木の紹介
 実際に、渋谷や都内に植えられている樹木をピックアップして解説します!
 最近人気の樹や、元気のある/ない樹、そのほかにも意外な樹が見つかるかもしれません。

Session 3:視聴者からの質問タイム(zoomでの参加者のみ質問可能です)

19:30 閉会

参加申し込み・お問合せ

フォームよりお申し込みください>>> 申し込みフォームはこちら

当日の参加URL(zoom)

お申し込み頂いた方に、 別途メールにてお送りいたします。

★Youtubeをご希望の方は、当日こちらから視聴できます!
https://youtu.be/rduASEJn9rY

 

morisatokawaumi jumoku2


地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) GEOC森里川海トークセッション 第2回 「都会で見つける自然 樹木医さんと渋谷の樹木を楽しもう!」
http://www.geoc.jp/activity/domestic/2664925.html

環境省は、「森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと」「一人一人が、森里川海の恵みを支える社会をつくること」を目指し、『つなげよう、支えよう森里川海』プロジェクトを立ち上げています。
今般、その取り組みの一環であるトークセッションの第1回として、「持続可能な衣食住の理想形を体験できる」と欧州で広がりを見せているビオホテルについて取り上げます。
ご関心のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

 

【ご参考】
環境省  つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト  ポータルサイト
https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html
Facebook
https://www.facebook.com/morisatokawaumi/
Instagram
https://www.instagram.com/morisatokawaumi_/

 


 

環境省では、森里川海の恵みを将来にわたって享受し、安全で豊かな国づくりを行うため「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトを進めています。
そこで、主に都市での一人ひとりの暮らしを見つめなおし、森里川海の恵みを豊かにするライフスタイルを見つける「GEOC森里川海シリーズ トークセッション」を開催します。

第1回は、海外の先進事例として、「ビオホテル」をご紹介します。

morisatokawaumi talksession
※クリックするとPDFが開きダウンロード可能です。

 

「ビオホテル ~欧州と日本の状況~」

100%オーガニックの食と、CO2を尺度とした資源マネジメントに取り組む厳しい基準をクリアした「ビオホテル」は、持続可能な衣・食・住の理想型を体験できるホテルとして今、欧州で広がり、人気を集めています。

本セミナーではビオホテルの最新動向と、欧州で広がっている理由や実際に宿泊して感じた魅力などを、『欧州のビオホテル~エコツーリズムから地域創造へ』を発刊された滝川薫さんから伺い、また日本でのサステナブルツーリズムの動向、ホテルやライフスタイルでのサステナブルな取り組み事例などについて、観光庁のアドバイザーもされている山口真奈美さんから伺います。

 

開催概要

|日 時|2021年9月9日(木) 18:00-19:30

|開催方法|オンライン会議システム「Zoom」及び、ネットメディア「YouTube」で開催いたします。

|主 催|環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 

 

プログラム

18:00 開会

Session 1:ご講演 滝川 薫 氏
 徹底した環境配慮を行う「ビオホテル」の概要、ビオホテルが欧州で広がっている理由・成功している理由、実際に宿泊して感じた魅力などとあわせて伺います。

Session 2:ご講演 山口真奈美  氏
 日本でのサステナブルツーリズムの動向、ホテルやライフスタイルでのサステナブルな取り組み事例などについてお伺いします。

Session 3:パネルディスカッション(モデレーター GEOC星野智子)
 日本で更にビオホテルやエコホテルが広まっていくために今後の課題や私たちにできることを考えます。

Session 4:視聴者からの質問タイム(zoomでの参加者のみ質問可能です)

19:30 閉会

 

参加申し込み・お問合せ

フォームよりお申し込みください>>> 申し込みフォームはこちら

 

当日の参加URL(zoom)

お申し込み頂いた方に、 別途メールにてお送りいたします。

★Youtubeをご希望の方は、当日こちらから視聴できます!

https://youtu.be/9mnF10pMMAc

 

biohotel

 

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) GEOC森里川海トークセッション 第1回 『「ビオホテル」 ~欧州と日本の状況~』
http://www.geoc.jp/activity/domestic/2664926.html

「グッドライフアワード」は、環境に優しい社会の実現を目指し、「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集して紹介、表彰し、活動の活性化を支援していくプロジェクトです。
今般、グッドライフアワードの歴代受賞団体が集結し、事例発表を行うオンラインイベント「グッドライフギャザリング2021」が開催されます。
最新の実践事例を学べるオンラインイベントですので、ぜひこの機会にご参加ください。

 

【ご参考】
環境省グッドライフアワード特設サイト
https://conference.goodlifeaward.jp/

 


 

ローカルSDGs!歴代受賞の35団体が発表


環境省が主催するグッドライフアワードは、環境と社会によい活動を応援するプロジェクトです。今期は9年目。ローカルSDGsを体現し、地域循環共生圏づくりにつながる取組を表彰しています。

この度、環境省グッドライフアワードの歴代受賞団体が集結する「グッドライフギャザリング2021」をオンラインで開催し、半日で35団体が受賞取組の最新動向を発表! Zoomウェビナーの視聴を通じて、日本全国のローカルSDGsの実践事例を一気に概観することができます。

グッドライフアワードは、企業、自治体、学校、NPO、個人など、どなたでもエントリー可能です。今年度のご応募をご検討の方もぜひご覧ください。

 

開催概要

【主催】環境省

【運営】㈱ビジネス・ブレークスルー

【総監修】一般社団法人INSPIRE

【日時】2021年8月29日(日)13:00~17:00

【配信】Zoomウェビナー

【視聴方法】申し込み後、本番前日にメールで通知されるZoomウェビナーURLをクリックして視聴。3つのリーグに分かれて発表が行われるため、3つの視聴URLを送ります。視聴したい団体が登壇するリーグ及び時間帯を確認の上、該当するウェビナーURLをクリックして視聴ください。何度でもリーグを横断して視聴いただけます。

<参加費> 無料 ※要・事前登録

<対象> どなたでもご参加いただけます。環境/社会起業/地方創生などに関心のある方を歓迎します。

 

お申込み

環境省「グッドライフ・ギャザリング」は、どなたでもオンラインでご視聴いただけます。参加費は無料ですが、事前登録が必要です。以下をクリックしてお申し込みください。

視聴を申し込む

 

gathering2021

 

環境省 グッドライフアワード・グッドライフギャザリング2021
https://conference.goodlifeaward.jp/2021-gathering

環境省は、国土交通省・経済産業省と連携して、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」を開催してきました。
過去6回の検討会の内容について、国土交通省がとりまとめ、発表しましたのでお知らせいたします。
以下のリンク先より各回の資料をご覧いただけます。

【情報公開】
国土交通省  脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000188.html

 


 

国土交通省と経済産業省、環境省では、令和3年4月より「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」において、6回の議論を重ねてきました。
この度、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策等のあり方・進め方」を取りまとめましたので、公表します。今後、各省において、本取りまとめに位置づけられた各取組の具体化に取り組んでまいります。

 

<取りまとめのポイント>

●2050年及び2030年に目指すべき住宅・建築物の姿(あり方)

■2050年
ストック平均でZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保され、導入が合理的な住宅・建築物において太陽光発電設備等の再生可能エネルギーの導入が一般的となること

■2030年
新築される住宅・建築物についてZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保され、新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が導入されていること
 

 

〇 省エネ対策等の取組の進め方

・ 2025年度に住宅を含めた省エネ基準への適合義務化
・ 遅くとも2030年までに省エネ基準をZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能に引き上げ・適合義務化
・ 将来における設置義務化も選択肢の1つとしてあらゆる手段を検討し、太陽光発電設備の設置促進の取組を進める

注)「ZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能」とは再生可能エネルギーを除いた省エネ性能

<添付資料>
・(別添1)取りまとめ(概要)
・(別添2)取りまとめ(本文)
・(参考1)検討会概要
・(参考2)ロードマップ

※ 関連資料及び過去の会議資料は、下記URLから御覧ください。
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000188.html

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8341

 

2050 juutaku kenchikubutsu

 

環境省  2050年カーボンニュートラルの実現に向けた住宅・建築物の対策をとりまとめ~「脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策等のあり方・進め方」の公表 ~
https://www.env.go.jp/press/109915.html

環境省は、我が国における排出削減のロールモデル企業の創出とその横展開を目指すため、サプライチェーン全体の温室効果ガス排出削減目標達成に向けた支援事業への参加企業を募集しました。
今般、参加企業が決定していますので、お知らせいたします。


【ご参考】
環境省  サプライチェーン全体の脱炭素化に向けた支援事業への参加企業を募集します
https://www.env.go.jp/press/109766.html

  


 

環境省は、Science Based Targets(以下「SBT」という。)等のサプライチェーン全体の温室効果ガス排出削減目標の達成に向けた支援事業(「令和3年度サプライチェーンの脱炭素化推進モデル事業」)への参加企業を決定しましたのでお知らせします。


1.支援対象企業等の決定について

令和3年7月5日(月)から同年7月30 日(金)17時まで参加企業を募集していた「令和3年度サプライチェーンの脱炭素化推進モデル事業」について、9件の応募があり、業種、事業内容、GHG排出量、削減目標等を総合的に検討し、以下の参加企業を決定しました。

 ・ 株式会社アシックス
 ・ 塩野義製薬株式会社
 ・ 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
 ・ 大成建設株式会社
 ・ 株式会社フジクラ


2.事業実施の趣旨・背景について

パリ協定において企業等の非政府主体における排出削減が求められたことから、グローバルに活動を行う大企業を中心にSBT等の脱炭素経営の取組が広がっています。そして、我が国の温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとするためには、脱炭素に向けた取組を、個別企業における取組に加えて、サプライチェーン全体に広げていくことが重要です。

このため、SBT等の目標の達成に向けた企業の具体的な削減行動を促進するため、「令和3年度サプライチェーンの脱炭素化推進モデル事業」を実施することとしました。

本事業により、我が国における企業の排出削減のロールモデルを創出するとともに、事業を通じて得られたノウハウを幅広い企業に横展開することを目指します。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249

 

sbt sankakigyou

 

 

環境省  サプライチェーン全体の脱炭素化に向けた支援事業への参加企業を募集します
https://www.env.go.jp/press/109766.html

migakiba local sdgs
2021年10月23日

【11/10締切】「令和3年度ローカルS…

環境省は、ローカルSDGs(地域循環共生圏)の実現に取り組む実践者を対象とした研修プログラム「migakiba(ミガキバ)」を開催します。このプログラムでは、地域資源の活用や地域でSDGsを達成するた…
2021年10月23日

「温泉資源の保護に関するガイド…

環境省は、令和3年8月20日(金)から同年9月3日(金)までの間に実施した「温泉資源の保護に関するガ…
2021年10月23日

【10/29締切】阿蘇の自然に…

九州地方環境事務所は、阿蘇くじゅう国立公園内でもある原生林に囲まれた『山吹水源』と全国棚田百選にも選…
2021年10月23日

【11/7締切】海岸の清掃活動…

11月14日、福岡県有明海沿岸で初めてスポーツGOMI拾い(スポGOMI)イベントが開催されます。ス…
2021年10月23日

【11/8開催】令和3年度廃棄…

環境省は、自治体関係者や廃棄物処理事業者向けに、廃棄物分野での脱炭素化や地域連携などについて意見交換…