epohedimg001

公益財団法人 日本自然保護協会による顕彰事業である日本自然保護大賞について、受賞者が成果を発表するシンポジウムが9月16日(水)17:00~19:30にYouTubeライブ配信にて実施されます。

 

【参考】日本自然保護大賞とは

人と自然がともに生き、赤ちゃんからお年寄りまでが美しく豊かな自然に囲まれ、笑顔で生活できる社会をつくるためには、学生、市民、専門家、行政、企業、NPOなどあらゆる個人や法人が、さまざまな立場でそれぞれの特性を活かしながら、生物多様性の保全に取り組む必要があります。
日本自然保護大賞は、地域性、継続性、専門性、先進性、協働の観点から、生物・生態系の研究、自然保護の実践、環境教育の推進などに大きく貢献する取り組みに対し、その成果と尽力を表彰するものです。「自然保護憲章」制定40周年にあたる2014年に創設して以来、のべ519件の応募に対して36 団体・名に授与してまいりました。SDGs持続可能な開発目標や生物文化多様性への関心や行動の高まりなどを踏まえ、より幅広いジャンルからふさわしい活動を募集し、次の時代につながる意義ある賞をめざします。

https://www.nacsj.or.jp/award/

 


 

「日本自然保護大賞2020」授賞記念オンラインシンポジウム

 

20200916award youtube

 

自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、子どもから大人まですべての個人や団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞」。
第6回となる「日本自然保護大賞2020」は、全国から寄せられた111件のご応募の中から大賞3件、特別賞3件への授賞が決定しました。
受賞者のみなさまから、地域の自然に根ざした魅力あふれる取り組みの成果をご発表いただきます。
YouTubeライブ配信にてどなたでもご視聴いただけます。
どうぞ、ふるってご参加ください。

https://www.nacsj.or.jp/award/symposium.php

 

開催日  2020年 9月 16日(水)17:00~19:30
参加方法 下記YouTubeライブ配信をご視聴ください(無料、申込不要)

https://youtu.be/qagRGbyr6Fc

 

プログラム

17:00 開会挨拶、総評
17:10 受賞活動講評~発表
(発表予定順、約20分ずつ、選考委員による講評および質疑応答を含む)

 

【特別賞:選考委員特別賞】

宮部 碧(愛知県)
自分にもできることはなにか~「猛禽新聞」をとおして伝えたいこと

 

 

【大賞:子ども・学生部門】

鈴鹿高等学校 自然科学部(三重県)
日本固有の淡水魚・ネコギギの保護と普及啓発活動

 

 

【大賞:教育普及部門】

元泉地域農地・水・環境保全組織運営委員会(山形県)
子どもたちとつなぐ、おらだ田んぼの魅力と田園地域の未来

 

 

【大賞:保護実践部門】

株式会社加藤建設(愛知県)
「エコミーティング」活動~自然を守る現場監督をめざして

 

 

【特別賞:沼田眞賞】

阿部 治(東京都)
「国連ESDの10年」への取り組み等をとおした環境教育の発展への貢献

 

 

【特別賞:選考委員特別賞】

日本野鳥の会東京(東京都)
葛西海浜公園・三枚洲、東京都初のラムサール条約湿地登録への貢献

 

 

19:30 閉会挨拶

 

主催 公益財団法人 日本自然保護協会
協賛 経団連自然保護協議会
後援 環境省/国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)/
   国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)/自然保護憲章普及協議会

 

Tags: ,

kankyo rashiban PP

 

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)の運営する環境情報サイト「環境らしんばん」では、企業、自治体、NPO/NGO、企業、大学などの多様な団体の皆様に、環境やSDGsに関するイベント、公募キャンペーン、書籍やレポート、インターン・職員募集などの情報を投稿して頂いています。

イベント・セミナーだけでなく、ボランティア・インターン募集に関する情報や、公募・キャンペーンに関する情報、助成金獲得を目指されている皆様向けの情報など、多岐にわたるインフォメーションが公開されています。

新型コロナウイルス感染拡大の状況から、掲載件数が減少傾向ではありますが、時流に対応したオンラインイベントなども掲載が増えています。

 

九州、沖縄地域にて環境活動、環境教育等に携わっておられる皆様の活動の後押しになる情報サイトとなっておりますので、この機会に是非「環境らしんばん」を御覧ください。

 

★環境らしんばん
http://www.geoc.jp/rashinban/

 kankyo rashinban ss

 

 

★環境らしんばん/GEOC Twitterアカウント

https://twitter.com/eco_rashinban

 

 

Tags: ,

環境省、農林水産省、消費者庁は、連携し持続可能な開発目標(SDGs)の2030年までの達成を目指し、持続可能な消費を広めるための活動を「あふの環プロジェクト」として推進しています。

農林水産省ではあふの環プロジェクトへ参画していただけるメンバーの募集を開始しており、7月末までに62社・団体等の参画が決まり、様々な活動が開始されます。

 


 

あふの環(わ)プロジェクトメンバー 活動開始!

「あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」(以下「あふの環プロジェクト」という。)では、7月末までに62社・団体等のあふの環プロジェクトメンバー(別添参照)の参画が決まりました。今後、あふの環プロジェクトメンバーと農林水産省、消費者庁、環境省が連携して、持続可能な食と農林水産業の生産と消費を促進する活動を行います。

1.概要

あふの環プロジェクトは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の2030年までの達成を目指し、持続可能な消費を広めるための活動を推進するプロジェクトです(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。

農林水産省では、本年6月4日(木)からあふの環プロジェクトへ参画していただけるメンバーの募集を開始し、7月末までに62社・団体等の参画が決まりました。

今後、あふの環プロジェクトメンバーと共に、食や農林水産業のサステナビリティを考える勉強会・交流会(定期的に開催)、持続可能な消費を盛り上げるサステナウィーク(後述)、サステナブルな取組を表彰するサステナアワード(令和3年2月予定)等を通じ、持続可能な食と農林水産業の生産・消費を促進していきます。

各企業・団体等のサステナブルな取組を掲載した「サステナ宣言」はこちら

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html

 

【これまでの活動実績】


6月22日(月)第一回勉強会

8月6日 (木)第二回勉強会

勉強会の資料等についても、上記URLから御確認できます。

 

2.サステナウィーク~未来につながるおかいもの~

あふの環2030ロゴマーク第75回国連総会が開催される令和2年9月17日(木)から27日(日)まで、サステナウィーク~未来につながるおかいもの~を実施します(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。

サステナウィークでは、生活者の方々に、食と農林水産業のサステナビリティを知っていただくため、あふの環プロジェクトメンバーがそれぞれ自慢のサステナビリティの取組を発信・実行します。また、UNEP(国連環境計画)サステナビリティアクションダイアログ(仮)や食と環境を考える一億人会議(仮)など様々なイベントも開催します。

各イベントの詳細については、準備が整い次第、以下の農林水産省ウェブサイトでお知らせいたします。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sw2020.html


食と農林水産業のサステナビリティに取り組みたい方は、あふの環プロジェクトメンバーに登録していただき、サステナウィークを一緒に盛り上げましょう。

登録はこちら
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/guide.html

 

お問合せ先

農林水産省大臣官房政策課環境政策室

担当者:永田、古田、阿部、山田
代表:03-3502-8111(内線3292,3289,3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX番号:03-3591-6640

 

消費者庁消費者教育推進課

担当者:米山、本田
代表:03-3507-8800(内線2515,2578)
ダイヤルイン:03-3507-9149
FAX番号:03-3507-9259

 

環境省大臣官房環境経済課

担当者:安田
代表:03-3581-3351(内線6276)
ダイヤルイン:03-5521-8230
FAX番号:03-3580-9568

添付資料

https://www.env.go.jp/press/108285.html

 

連絡先

環境省大臣官房環境経済課
代表03-3581-3351

 

環境省_あふの環(わ)プロジェクトメンバー 活動開始!
https://www.env.go.jp/press/108285.html

 

あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~:農林水産省
https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html

afunowa2030 start

(仮称)佐世保市鹿町町風力発電所設置計画に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について

 令和2年8月6日、環境省は、「(仮称)佐世保市鹿町町風力発電所設置計画に係る計画段階環境配慮書」(株式会社ウエストエネルギーソリューション)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 本事業は、長崎県佐世保市及び北松浦郡佐々町において、最大で総出力34,500kWの風力発電所を設置するものである。
 環境大臣意見では、(1)風力発電設備等を住居から離隔すること等により、騒音及び風車の影による生活環境の影響を回避又は極力低減すること、(2)風力発電設備への衝突事故や移動経路の阻害等による鳥類への影響を回避又は極力低減すること等を求めている。
 ※鹿町町(読み):しかまちちょう


1.背景

 環境影響評価法及び電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置又は変更の工事を第一種事業として対象事業としており、環境大臣は、事業者から提出された計画段階環境配慮書※について、経済産業大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
 今後、経済産業大臣から事業者である株式会社ウエストエネルギーソリューションに対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

2.事業の概要

  ・事業者  株式会社ウエストエネルギーソリューション

  ・事業位置 長崎県佐世保市及び北松浦郡佐々町(事業実施想定区域面積 約166ha)

  ・出力   最大34,500kW(単機出力:3,000~4,000kW級×8~11基程度)

3.環境大臣意見

    別紙のとおり。

  (参考)環境影響評価に係る手続

   ・令和2年8月6日 環境大臣から経済産業大臣に意見提出

   ・令和2年6月22日 経済産業大臣から環境大臣に意見照会

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8237

 

環境省_(仮称)佐世保市鹿町町風力発電所設置計画に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
https://www.env.go.jp/press/108270.html

 

「環境デュー・ディリジェンス(Due diligence)」とは、土壌汚染等の環境側面に関する現状認識調査を指す言葉です。

近年では、企業行動における幅広い課題をマネジメントするため、デュー・ディリジェンスプロセスを活用する動きが世界的に広がっています。

環境省は、企業の環境デュー・ディリジェンスへの取組支援を目的に、「バリューチェーンにおける環境デュー・ディリジェンス入門 ~OECDガイダンスを参考に~」を作成、公開しました。

 

 


 

環境デュー・ディリジェンスに関する手引書の公表について

環境省では、「バリューチェーンにおける環境デュー・ディリジェンス入門 ~OECDガイダンスを参考に~」を作成しました。本書の普及等を通して、企業の環境デュー・ディリジェンスへの取組を支援して参ります。

1.概要


 日本のビジネス社会でデュー・ディリジェンスという言葉は、企業買収等における投資対象の調査を表す用語として広く使われており、その中で、環境デュー・ディリジェンスは、土壌汚染等の環境側面に関する現状認識調査を指します。

 しかし、近年では、企業行動における幅広い課題をマネジメントするために、デュー・ディリジェンスプロセスを活用する動きが世界的に広がっており、その課題には、環境分野も含まれています。

 そこで、環境省では、令和元年度に「環境デュー・ディリジェンスに関する検討会」を設置し、「責任ある企業行動のためのOECDデュー・ディリジェンス・ガイダンス」を参考に、我が国の幅広い事業者が、環境デュー・ディリジェンスの入門書として活用していただけるよう、本書をとりまとめました。

2.報告書


 「バリューチェーンにおける環境デュー・ディリジェンス入門 ~OECDガイダンスを参考に~」は下記環境省HPにて公開しております。

 (URL)http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/post_38.html

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8229

 

環境省_環境デュー・ディリジェンスに関する手引書の公表について
https://www.env.go.jp/press/108293.html

moe due diligence2020

r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…