epohedimg001

国連大学サステナビリティ高等研究所は 、世界水の日2022を記念して、ウェビナーを開催します。

このイベントでは専門家がさまざまな観点から、水と新型コロナウイルス感染症流行の関連について議論され、SDGs達成に向けた戦略が共有されます。

ぜひご参加をご検討ください。

 


 

 WWD2022 special logo ENG 01

 

世界水の日2022(WWD)を記念して、ウェビナーを開催します。

1993年以来、毎年3月22日に開催されているWWDは、水の恵みを讃え、世界の水危機に対する認識を高めることを目的としています。WWDの主な目的は、持続可能な開発目標(SDGs)の目標6「すべての人々に安全な水と衛生へのアクセスを確保する」の達成に向けた取り組みを支援することです。本年度のWWDのテーマは「地下水-不可視なものを可視化する」です。

本イベントでは、民間部門、学術機関、国連機関の専門家が一堂に会し、さまざまな観点から水と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行との間の相互作用について議論し、SDG6(安全な水と衛生)を達成するための戦略を共有します。

 

開催概要

|日 時| 2022年3月22日(火)15:00-17:00
|場 所| Zoomウェビナーによるオンライン開催
|主 催| 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
|共 催| 国連水関連機関調整委員会(UN-Water)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

プログラム (敬称略)

15:00 主催者挨拶
山口しのぶ (UNU-IAS 所長)

15:05 基調講演1:SDG6達成に向けた水とその進展におけるコロナの影響
沖大幹 (東京大学 教授、国連大学前副学長)

15:25 基調講演2:コロナ危機の中で SDG 6 達成における地下水の役割
徳永 朋祥 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)

15:45 世界水フォーラム最新状況
福士 謙介 (UNU-IASアカデミック・プログラム・アドバイザー、東京大学未来ビジョンセンター教授)

16:00 民間部門による対話とその役割
司会:橋本 崇史(東京大学講師)

松井 康弘(横河電機株式会社マーケティング本部イノベーションセンターマネージャー)
松原 康一(株式会社日水コン コンサルティング本部海外水道部副部長)

16:20 学術界における対話と科学・教育の役割
司会:Geetha Mohan (UNU-IASリサーチフェロー)
Jiaqi Liu (UNU-IAS JSPSフェロー)
Thammarat Koottatep (アジア工科大学 教授)
小熊 久美子(東京大学 教授)

16:40 国際機関の対話と国連の役割
司会:Park Jonghwi (UNU-IAS アカデミック・プログラムオフィサー)
Sadhana Shrestha (UNU-IAS JSPSフェロー)
羽田 鯉生(国連人権高等弁務官事務所、経済・社会・文化権チームリーダー
高橋 郁(Water Aid Japan)
※同時通訳(日本語・英語)あり

参加申込み
こちらより事前登録ください。
https://unu-edu.zoom.us/webinar/register/WN_yOD9BDHnTluo3d8Cydt5pQ

 

3/22開催 世界水の日2022記念シンポジウム 「水とSDGsとCOVID-19: SDG6達成に向けた課題と機会」 - 環境パートナーシップを「知りたい/調べたい/実践したい」人を応援します。
http://www.geoc.jp/activity/international/2664940.html

 

 

脱炭素社会やサーキュラーエコノミーに向けた取り組みが進む昨今、企業経営に環境分野への対応を取り入れる「環境経営」の重要性が高まっています。
環境省は、環境経営に取り組んでいく事業者の皆様を対象にオンラインセミナーを開催します。

 


 

環境省では、気候変動などの環境課題への対応を戦略的に経営に取り込もうとする企業の皆様が、更に取組を推進するためのヒントをつかんでいただくことを目的に、オンラインセミナー「「環境経営」の変化と企業に求められる対応」を開催します。

1.開催趣旨

 脱炭素社会や循環経済の実現に向けて、企業は事業活動を行う上での環境配慮だけではなく、環境関連の重要な機会とリスクを把握し、戦略的に企業経営に取り込む「環境経営」が重要になっています。
 あらゆる主体での取組推進のためにバリューチェーン全体での取組の深化が必要となるなかで、環境省では、その加速化に向けた課題や対応について、企業や金融関係者の皆様へのヒアリングなどを通して調査、検討を進めてきました。
 戦略的に環境経営を推進し、更なる環境経営の高度化に向けた対応の方向性を検討するに当たってのヒントをつかんでいただくこと目的に、本セミナーを開催します。

2.開催概要

日  時:令和4年3月17日 (木)12:00から14:30(予定)
開催方法:オンライン方式(Zoom Webinarによるオンライン配信)
登壇者【プレゼンテーション・パネルディスカッション】

<投資家>
  • 中空 麻奈 氏/BNPパリバ証券株式会社 グローバルマーケット統括本部 副会長
  • 山我 哲平 氏/野村アセットマネジメント株式会社 責任投資調査部 シニアESGスペシャリスト
<企業>
  • 下野 隆二  氏/パナソニック株式会社 オペレーショナルエクセレンス 品質・環境本部 環境経営推進部 環境渉外室 室長
  • 横地 富重 氏/株式会社ダイフク サステナビリティ推進部 部長
  • 三好 順子 氏/株式会社ダイフク サステナビリティ推進部 環境品質グループ
<モデレーター>
  • 尾山 耕一 氏/EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー

 

3.参加申込み

下記の応募フォームより、令和4年3月16日(水)17:00までにお申し込みください。お申し込みいただいた方に、視聴用URLをお送りいたします。
https://ey.zoom.us/webinar/register/WN_aYFGU6hDTu-bAS-Wqk12bg

4.問合せ先

事務局:EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(清水、原田、澤田)
E-mail:
連絡先:070-7607-3615

連絡先
環境省大臣官房環境経済課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8229

 

kankyokeiei seminar

 

環境省 オンラインセミナー「「環境経営」の変化と企業に求められる対応」の開催について
http://www.env.go.jp/press/110536.html

環境省は全国の自治体を対象に、フードドライブを実施する際の手引きを作成しました。
この手引きにはフードドライブ実施の手順や具体的な事例が記されていますので、食品ロスに関する取り組みを行っている方はぜひ一度ご覧ください。
また、環境省では食品ロスに関する情報を掲載しているポータルサイトを開設していますので、合わせてご覧ください。

【環境省 食品ロスポータルサイト】
https://www.env.go.jp/recycle/foodloss/index.html

 


 

環境省では、全国の自治体が自らフードドライブを実施する、もしくは地域の団体等がフードドライブを実施する際に参考としてもらうことを目的に、「フードドライブ実施の手引き」を作成しましたのでお知らせします。ぜひ御活用いただき、食品ロスの削減に資するフードドライブの推進に御協力をお願いします。

1.「フードドライブ実施の手引き」作成の目的  

 フードドライブとは、家庭で余っている食品を集めて、食品を必要としている地域のフードバンク等の生活困窮者支援団体、子ども食堂、福祉施設等に寄付する活動のことです。

 フードドライブの推進は、食品ロス削減に資する取組です。「食品ロスの削減の推進に関する基本的な方針(令和2年3月31日閣議決定)」においても食品ロス削減のための施策の一つとして位置づけられています。さらに、フードドライブの推進は生活困窮者等の支援にもつながる取組です。「孤独・孤立対策の重点計画(令和3年12月28日孤独・孤立対策推進会議決定)」の中でも具体的施策の一つとして位置づけられています。

 環境省では、フードドライブを推進するため、自治体や地域の団体等がフードドライブを実施する際や自治体がフードドライブを推進する際に参考としてもらうことを目的に、「フードドライブ実施の手引き」を作成しました。

2.「フードドライブ実施の手引き」の主な内容

 上記の目的のために、本手引きでは、フードドライブの実施の手順やはじめての実施でも円滑に実施するポイント、フードドライブの実施上の課題と解決策などを具体的な事例とともに紹介しています。

3.その他

 環境省では、それぞれの主体が食品ロスに関する正確で分かりやすい情報を得ることができるよう、本手引きの紹介を含む食品ロスに関する情報を集約したポータルサイトを作成・更新しています。
 ホームページは主に「消費者向け」、「自治体向け」及び「事業者向け」に分類されており、それぞれの主体が必要な情報を簡単に得られるような構成としております。以下のURLから御覧ください。

 URL: https://www.env.go.jp/recycle/foodloss/index.html

添付資料

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-6205-4946

 

food drive

 

環境省 「フードドライブ実施の手引き」の公表について
https://www.env.go.jp/press/110697.html

 独立行政法人環境再生保全機構(ERCA)は、2020年度から行ってきた新型コロナウイルス感染拡大による環境活動への影響及び対応策について、調査を行っています。
今回その調査結果、取り組みの報告と、ポストコロナの団体運営や活動のヒントとなるシンポジウムが実施されます。

 環境NGO、NPOの組織運営に関わる皆様、ぜひお申し込みください。

 

 

 


 

covid19 symposium 2021 leafret1 01

 

2020年に始まった新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、環境NGO・NPOの活動にも深刻な影響を及ぼしてきています。地球環境基金は、2020年度および2021年度に、助成先団体を対象に新型コロナウイルス感染症の活動への影響調査を実施し、その状況の把握を行いました。また、調査結果から明らかになった団体の支援ニーズに基づいて、さまざまな情報提供や研修を実施してきました。

このたび、環境NGO・NPOが脱炭素社会形成・気候変動対策といった喫緊の課題に対応しながら、ポストコロナ時代を見据えて組織運営や活動の実施方法のスムーズな転換につなげていただくためのシンポジウムを実施します。

日時

2022年3月24日(木)14:00~16:00

実施形態

オンライン形式(Zoomウェビナー)

 

◆当日のスケジュール(予定)

 

14:00

開会あいさつ・趣旨説明

(独)環境再生保全機構 地球環境基金部 部長
秋保 裕幸

14:05

基調講演

『持続可能な社会づくりに向けた環境NGO/NPOの役割』
環境省大臣官房総合政策課民間活動支援室 企画官
浅原 堅祐 氏

14:25

報告

新型コロナウイルス感染症による影響調査及び地球環境基金の取組について
(独)環境再生保全機構 地球環境基金部地球環境基金課

 

14:40

対策事例発表

発表者

特定非営利活動法人ICA文化事業協会 理事長
佐藤 静代 氏

特定非営利活動法人SET 理事長
三井 俊介 氏

休憩

 

15:20

パネルディスカッション

『コロナ禍を契機としたNGO/NPO活動や組織運営における学びの共有』

 

モデレーター

特定非営利活動法人CRファクトリー 副理事長
五井渕 利明 氏

ファンドレイジング・コンサルタント/上級ウェブ解析士
堤 大介 氏

パネラー

特定非営利活動法人ICA文化事業協会 理事長
佐藤 静代 氏

特定非営利活動法人SET 理事長
三井 俊介 氏

15:55

閉会あいさつ

(独)環境再生保全機構

 

16:00 終了

 

 

地球環境基金シンポジウム~ポストコロナ時代に向けた環境NGO/NPO活動の展望~|新型コロナウイルス感染症対策関連|研修・講座について|基金事業の紹介|地球環境基金|独立行政法人環境再生保全機構
https://www.erca.go.jp/jfge/training/covid19_symposium_2021.html

 

2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)は生物多様性自治体ネットワークと連携し、第一回地域連携フォーラムを開催します。
このフォーラムでは、OECM、グリーンインフラ等を中心に最新の動向について共有し、地方における生物多様性主流化の掘り起こしや連携の可能性について議論します。

 


 

2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)は、OECM、グリーンインフラ等の話題を中心にその最新の動向について共有し、地方における生物多様性主流化の掘り起こしや連携の可能性について議論するために、生物多様性自治体ネットワークと連携し、第一回地域連携フォーラムをオンライン会議方式にて開催します。 

1.第一回地域連携フォーラムの概要

○ 趣  旨:OECM、グリーンインフラ等の話題を中心に最新の動向について共有し、本フォーラムのキックオフとして、広く参加者への理解醸成を図ります。
○ 日  時:令和4年3月22日(火) 10:00 ~ 12:00
○ 開催方法:オンライン会議システムによる配信(WebEx)
○ 費  用:無料
○ 定  員:200名
○ 主  催:2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)
○ 構成(予定):
 開会挨拶 
  ・中井 徳太郎  (環境省 環境事務次官)
  ・勝間 実  (名古屋市 環境局長)【生物多様性自治体ネットワーク代表都市】

【第一部】
 発表
  ・小林 誠  (環境省 自然環境計画課 課長補佐)
    「OECMの現状と概要」
  ・野島 真紀  (野田市 自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課 自然保護係長)
    「コウノトリもすみたくなる自然なノダ」
  ・平澤 新太郎 (朝日酒造株式会社 取締役 地域事業担当部長)
    「緑豊かな自然環境を次代に」
  ・和田 紘希 (国土交通省 総合政策局 環境政策課 課長補佐)
    「グリーンインフラの推進」
                                           (敬称略)
【第二部】
  ブレイクアウトルームディスカッション
  【テーマ】
   ・グリーンインフラと地域活性化
   ・地方創 生と生物多様性
   ・ OECMの推進
   ※3つのテーマに分かれて、 発表者と参加者で ディスカッションを行う
   ※都合により、構成内容が変更となる場合があります。

2.参加申込み

参加には事前登録が必要です。(一社)環境パートナーシップ会議が管理する以下のフォームより、参加申込みをしてください。締め切り後にURL等を御連絡させていただきます。
https://epc.or.jp/pp_dept/j-gbf_regional-forum_220322

■ 申込み締め切り:令和4年3月17日(木)
■ フォーラムに関するお問合せ先:
(一社)環境パートナーシップ会議(担当:島田・伊藤)
Mail: 電話:03-5468-8405
※なお、本フォーラムは収録され、後日環境省YouTubeチャンネルで公開予定です。

3.2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)について

我が国では、産学官民の連携・協力によって「ポスト2020生物多様性枠組」「国連生態系回復の10年」などの国際目標や国内目標の達成に貢献するため、「2030生物多様性枠組実現日本会議(J-GBF)」を令和3年11月に設立いたしました。
・J-GBFホームページ:https://policies.env.go.jp/nature/biodiversity/j-gbf/

4.報道関係者の方へ

取材を御希望の場合は下記連絡先まで御連絡ください。

添付資料

 

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室

  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03-5521-8150

 

chiikirenkei forum 01

 

環境省 2030生物多様性枠組実現日本会議 第一回地域連携フォーラムの開催について
https://www.env.go.jp/press/110693.html

Default Image
2022年05月28日

九州・沖縄地域SDGs未来都市情報(5月…

内閣府地方創生推進室は、…
2022年05月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和4年5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2022年05月28日

【6/28開催】デジタル×まち…

デジタル×まちづくりと銘打ったオンラインシンポジウムが開催されます。このシンポジウムでは、産学官連携…
2022年05月28日

【6/29締切】令和4年度国立…

環境省は、国立公園・国定公園等の自然を活用し、地域のテーマやストーリーを踏まえた滞在型観光コンテンツ…
2022年05月28日

「脱炭素地域づくり支援サイト」…

環境省は、地域脱炭素化に取り組む方々を対象とした、「脱炭素地域づくり支援サイト」を開設しています。「…