epohedimg001

環境省は、令和3年5月20日、21日に開催された「G7気候・環境大臣会合」の結果について、参加国や日本からの出席者、議題や成果について下記の通り公開しています。

 

 


 

「G7気候・環境大臣会合」の結果について

 令和3年5月20日(木)、21日(金)にオンラインで開催された「G7気候・環境大臣会合」の結果について、以下のとおりお知らせします。

 会合では、英国が議長を務め、気候変動・エネルギー及び環境についてG7各国及び招聘国の環境、気候変動及びエネルギーを担当する大臣等による意見交換を行い、その成果がコミュニケとしてとりまとめられました。

 我が国からは、小泉環境大臣/気候変動担当、梶山経済産業大臣、笹川環境副大臣、堀内環境副大臣及び江島経済産業副大臣が参加しました。

会合の概要

日時

 令和3年5月20日(木)、21日(金)  (オンライン開催)

参加国等

G7各国及びゲスト国4カ国の気候・環境・エネルギー担当の大臣、副大臣等

 G7

日本、英国(議長)、米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、EU

 ゲスト国

豪州、インド、韓国、南アフリカ

日本の出席者

小泉環境大臣/気候変動担当、笹川環境副大臣、堀内環境副大臣

梶山経済産業大臣、江島経済産業副大臣(環境大臣会合セッションを除く)

議題

  1. 気候・エネルギー
  2. 環境
  3. 気候・エネルギー・環境(合同セッション)

会合の結果

 会合の結果は、G7気候・環境大臣会合コミュニケとして取りまとめられ、議長国英国より公表されました(別紙1参照)。

 各セッションにおける小泉環境大臣、笹川・堀内両副大臣による発言は別紙2を参照ください。

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8243

環境省地球環境局国際地球温暖化対策担当参事官室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8276

 

moe g7 result

 

環境省_「G7気候・環境大臣会合」の結果について
https://www.env.go.jp/press/109603.html

 

 

 

環境省は、「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム」(IPBES)総会第8回会合のオンライ開催を受けて、環境省主催の結果報告会を令和3年7月6日(火)に開催します。

専門家所見のほか、侵略的外来種評価の進捗報告が行われる予定です。

 


 

IPBES総会第8回会合の開催について

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)総会第8回会合が令和3年6月14日(月)~同年6月24日(木)にオンラインで開催されます。本会合では、「生物多様性、水、食料及び健康の間の相互関係に関するテーマ別評価」及び「生物多様性の損失の根本的要因、変革の決定要因及び生物多様性2050ビジョン達成のためのオプションに関するテーマ別評価」のスコーピング文書が採択される予定です。なお、環境省主催の結果報告会を令和3年7月6日(火)に開催します。

1.会議の概要

(1) 名称

日本語 生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)総会第8回会合

英語  The eighth session of the Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES) Plenary

(2) 期間 令和3年6月14日(月)~同年6月24日(木)

(3) 形態 オンライン(非公開)

(4) 参加者 IPBES参加各国の政府、国連環境計画などの関連国際機関など

(5) 公式ウェブサイト

https://ipbes.net/event/ipbes-8-plenary

2.主な議題


(1) 第2期作業計画2019-2030の進捗報告

(2)「生物多様性、水、食料及び健康の間の相互関係に関するテーマ別評価」及び「生物多様性の損失の根本的要因、変革の決定要因及び生物多様性2050ビジョン達成のためのオプションに関するテーマ別評価」のスコーピング文書の検討

(3) その他(IPBESの財政及び予算、今後の総会の日時・場所、等)

3.環境省主催結果報告会


(1) 概要

【日時】令和3年7月6日(火)13:30~14:30

【形態】オンライン(Zoom webinarによるオンライン配信)

【主催】環境省

【内容】

1) IPBES総会第8回会合結果概要(環境省)

2) 政策支援及び第2期作業計画に関する専門家所見(香坂先生)

3) 学際的専門家パネルとしての所見(橋本先生)

4) IPBES総会第8回会合に関する専門家所見(白山先生)

5) 侵略的外来種評価の進捗報告(IPBES侵略的外来種評価技術支援機関)

【報告者(予定)】 (敬称略、発表順)

・中澤 圭一  環境省自然環境局 生物多様性戦略推進室長

・香坂 玲   名古屋大学大学院 環境学研究科 教授

・橋本 禅   東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授

・白山 義久  京都大学 名誉教授

・守分 紀子  IPBES侵略的外来種評価技術支援機関 ヘッド

(2) 参加申込要領

参加を御希望の方は、令和3年7月2日(金)までに、以下のURLからお申し込みください(定員800名に達し次第締め切らせていただきます)。取材も可能です。報道関係者の方は所属先の分類で「メディア」と選択し、取材希望の方は「取材を希望する」にチェックを入れてお申し込みください。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_ABstA8SxTAu_gtBcBELOXA

<参考>


●生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム

Intergovernmental science-policy Platform on Biodiversity and Ecosystem ServicesIPBES(イプベス)

◆生物多様性と生態系サービスに関する動向を科学的に評価し、科学と政策のつながりを強化する政府間のプラットフォームとして2012年4月に設立された政府間組織

◆2021年3月31日現在、137カ国が参加

◆科学的評価、能力開発、知見生成、政策立案支援の4つの機能が活動の柱

◆これまでに以下の評価報告書を作成

・生物多様性及び生態系サービスのシナリオとモデルの方法論に関する評価報告書

・花粉媒介者、花粉媒介及び食料生産に関するテーマ別評価報告書

・生物多様性及び生態系サービスに関する地域・準地域別評価報告書

・土地劣化と再生に関するテーマ別評価報告書

・生物多様性と生態系サービスに関する地球規模評価報告書

◆参考情報

IPBES webサイト

https://www.ipbes.net/

環境省webサイト

http://www.biodic.go.jp/biodiversity/activity/international/ipbes/index.html

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性戦略推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8275

 

moe ipbs8

 

環境省_IPBES総会第8回会合の開催について
https://www.env.go.jp/press/109627.html

 

環境省ローカルSDGsWebサイトでは、令和3年度環境省予算の地域循環共生圏に関する支援メニューを掲載しています。

 

掲載されている支援事業名

  • 再エネの最大限の導入の計画づくり及び地域⼈材の育成を通じた持続可能でレジリエントな地域社会実現支援事業
  • 脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業
  • 廃熱・未利⽤熱・営農地等の効率的活⽤による脱炭素化推進事業
  • PPA活⽤など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主⼒化・レジリエンス強化促進事業
  • 地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等への⾃⽴・分散型エネルギー設備等導入推進事業
  • 建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業
  • 廃棄物処理施設を核とした地域循環共生圏構築促進事業
  • 廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業
  • 循環型社会形成推進交付⾦(廃棄物処理施設分)
  • 海岸漂着物等地域対策推進事業
  • 気候変動影響評価・適応推進事業
  • 環境⾦融の拡大に向けた利⼦補給事業
  • 国⽴公園満喫プロジェクト推進事業
  • 国⽴公園等⺠間活⽤特定⾃然環境保全活動(グリーンワーカー)事業費
  • ⽇本の国⽴公園と世界遺産を活かした地域活性化推進費
  • ⾃然公園等事業等
  • ポスト2020⽬標に向けた⺠間取組を活⽤した新たな⾃然環境保護のあり⽅の検討費
  • 生物多様性保全回復整備事業費
  • 生物多様性保全推進支援事業
  • 生物多様性保全推進支援事業(うち⾥⼭未来拠点形成支援事業)
  • 指定管理⿃獣捕獲等事業費
  • ⿃獣保護管理強化総合対策事業費
  • 次世代の⿃獣保護管理担い⼿育成事業費
  • 騒音・振動・悪臭等公害防止強化対策費
  • 浄化槽の整備(循環型社会形成推進交付⾦(浄化槽分))
  • 省エネ型浄化槽システム導入推進事業
  • ⼦どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)ライフ

kyoseiken shien 041

環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム- | であう
http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/#deau-katsuyou

 

5月22日は、国連が生物多様性問題に関する普及と啓発を目的として定めた国際デー「国際生物多様性の日」です。

本年の「国際生物多様性の日」は世界共通のテーマを「"We're part of the solution #ForNature"(私たち自身が解決の鍵)」としており、環境省は、ンラインシンポジウム「国際生物多様性の日2021シンポジウム-私たち自身が解決の鍵-」を共催します。

生物多様性の国際的な動向や、国内の動向を紹介、専門家・有識者によるパネルディスカッションが実施されます。

 


 

国際生物多様性の日(5月22日)について

環境省は、国際生物多様性の日(5月22日)に、国連大学サステイナビリティ高等研究所、地球環境パートナーシッププラザと共催で、オンラインシンポジウム「国際生物多様性の日2021シンポジウム-私たち自身が解決の鍵-」を開催します。
国際生物多様性の日2021のテーマ「"We're part of the solution #ForNature"(私たち自身が解決の鍵)」に沿って、ポスト2020生物多様性枠組を含む生物多様性の国際的な動向や、国内の動向を紹介します。さらに、国連大学、国際機関、地域で活動をしている専門家・有識者を招き、パネルディスカッションを行います。

1.国際生物多様性の日2021に関して

国際生物多様性の日とは、国連が生物多様性問題に関する普及と啓発を目的として定めた国際デーです。1992年5月22日に生物多様性条約の本文が生物多様性条約交渉会議において採択されたため、毎年5月22日を国際生物多様性の日としています。

毎年この日に合わせ、世界共通のテーマに沿って生物多様性の保全や主流化に向けた普及啓発イベントが世界各地で開催されています。本年のテーマは「"We're part of the solution #ForNature"(私たち自身が解決の鍵)」です。

2.国際生物多様性の日2021シンポジウム-私たち自身が解決の鍵-

 

○ 趣旨
本シンポジウムは、国際生物多様性の日2021のテーマに基づき、ポスト2020生物多様性枠組を含む生物多様性の国際・国内動向及び具体的な事例を共有します。加えて、ウィズ・コロナ、ポスト・コロナの解決の鍵になり得る、生物多様性の保全及び回復に向けたアクションを加速させるための知見や取組について、各セクターにおける活動と成果を国内外に発信します。

○ 日時:令和3年5月20日(木)18:00~19:30

○ 場所:Zoom(日・英同時通訳あり)

○ 費用:無料

○ 共催:国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

      環境省

      地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

○ 後援:国連生物多様性の10年日本委員会(予定)

○ 構成(予定)

(1) 主催者挨拶 18:00~18:10(10分)

   笹川博義 環境副大臣

   山口しのぶ 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)所長

   Elizabeth Maruma Mrema 国連生物多様性条約事務局長

(2) 基調講演 18:10~18:30(20分)

「生物多様性に関する国際動向に関して」

武内和彦 公益財団法人地球環境戦略研究機関理事長/東京大学未来ビジョン研究センター 特任教授/国連大学サステイナビリティ高等研究所 客員教授

(3) プレゼンテーション 18:30~18:40(10分)

「生物多様性に関する国内動向に関して」

河村玲央 環境省自然環境局生物多様性主流化室長

(4) パネルディスカッション・Q&A 18:40~19:30(50分)

「私たち自身が解決の鍵となるために」

モデレーター:星野智子 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

参加者:国際機関(未定)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット(UNU-IAS OUIK)、ユース、環境省

3.参加申込み

UNU-IASが管理する以下のサイトで参加を受け付けています。

https://zoom.us/webinar/register/WN_noASisRbQ9y0eYuc6loB4A

※ 事前登録が必要です。参加は無料です。

参加に関するお問合せ先:国連大学サステイナビリティ高等研究所(担当:丸山)

所在地 :〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70

TEL :03-5467-1212

Mail :geoc[at]unu.edu (迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を一部変更して

おります。お手数ですが、メール送信の際は[at]を@に置き換えて御利用ください)

4.報道関係者の方へ

取材を御希望の場合は上記連絡先まで御連絡ください。

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室
  • 代表03‐3581‐3351
  • 直通03‐5521‐8150

 

biodivercity 0522

 

環境省_国際生物多様性の日(5月22日)について
https://www.env.go.jp/press/109503.html

 

環境省は、日本企業が有する最良の技術・ノウハウを、国内外に普及させるため、マイクロプラスチックの発生抑制、流出抑制又は回収に資するグッド・プラクティスを取りまとめ、冊子として公表しました。

 


micro plastic gp

 

マイクロプラスチック削減に向けたグッド・プラクティス集の取りまとめについて

 環境省において、マイクロプラスチックの削減に向けて、日本企業が有する技術・ノウハウを国内外に広く発信・普及するため、グッド・プラクティス集を取りまとめました。

背景・概要

 2019年6月に開催されたG20大阪サミットでは、2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにまで削減することを目指すという「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が、日本の提案により共有されました。

 このビジョンの実現に向けて、マイクロプラスチックについても取組を進めていく必要があります。

 マイクロプラスチックの削減については、世界的にも技術が確立していないものも多くあります。そのような中、実効的に汚染を削減していくには、日本企業が有する技術・ノウハウを、マイクロプラスチックの発生抑制・流出抑制・回収の観点から見直すこと、そして、現時点で利用可能な最良の技術・ノウハウを、国内、さらには国外に普及していくことが重要です。

 こうしたことを踏まえ、今般、環境省において、マイクロプラスチックの発生抑制、流出抑制又は回収に資する日本企業等の取組や技術を、グッド・プラクティス集として取りまとめましたのでお知らせいたします。

グッド・プラクティス一覧

1. 繊維くず流出抑制効果を高めた洗濯ネット(株式会社アダストリア)

2. セルロースによる化粧品用代替素材開発(株式会社ダイセル)

3. 濾過装置を具備するバラスト水処理装置を使用したマイクロプラスチックの回収

(JFE エンジニアリング株式会社)

4. 船外機のマイクロプラスチック回収装置(スズキ株式会社)

5. 人工タンパク質繊維の実用化開発(Spiber株式会社)

6. 人工芝の流出抑制実証実験(住友ゴム工業株式会社)

7. 繊維くずを抑制する機能性衣料用繊維構造体(帝⼈フロンティア株式会社)

8. 繊維くず測定試験方法の国際標準化(日本化学繊維協会)

9. 被覆肥料殻を圃場外へ流出させない対策(日本肥糧アンモニア協会)

10. 樹脂ペレット等の流出抑制活動(日本プラスチック工業連盟)

11. 海洋生分解性プラスチックによる水耕栽培用培地の開発(プランツラボラトリー株式会社)

12. セルロースによるマイクロプラスチックビーズの代替(レンゴー株式会社)

添付資料

連絡先

環境省水・大気環境局水環境課海洋プラスチック汚染対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-6205-4938

 

 

 

環境省_マイクロプラスチック削減に向けたグッド・プラクティス集の取りまとめについて
https://www.env.go.jp/press/109499.html

 

r3 moe ecosystem specialist
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省では、科学的・計画的な鳥獣の保護及び管理についての専門的な知見を有する職員の都道府県ごとの配置状況について、令和3年4月1日現在の配置状況を公表しました。…
2021年07月31日

【結果公表】環境省…

環境省は、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るため「令和3年度地…
2021年07月31日

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部…

2021年7月26日、オンラインで開催された「第44回世界遺産委員会拡大会合」にて、日本が世界遺産に…
2021年07月31日

【2022/1/31締切】環境…

環境省は国土交通省と連携し「令和3年度環境配慮型先進トラック・バス導入加速事業」し、補助金の公募を開…
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省は、令和3年7月22日(木)及び23日(金)、イタリア・ナポリで日本からは小泉環境大臣等が出席…