epohedimg003

東京海上日動火災株式会社が、契約約款書類の削減コストをもとに、地域の環境活動を支援する取組みです。

EPO九州では、地域の団体と連携し自然体験や環境啓発の活動を中間支援しています。

GreenGiftプロジェクト地球元気プログラム企画書 ver1.0

ヨコロゴ有


平成28年8月7日(日)、NPO法人環境保全教育研究所(へんちくりん)主催による体験プログラム「竹でつくる本物のそうめん流しを体験しよう!」があぐりの丘(長崎市)にて開催されました。長崎で2回目となる竹林対策と利活用をとりいれた体験プログラムに、小学生とその保護者約50名が参加しました。

s 2016GGP nagasaki02 wagiri

Tags:

平成28年7月17日(日)、NPO法人緑の工房ななぐらす主催による体験プログラム「豊後大野9万年の大地と清流のミニ探検」が豊後大野市で開催されました。原尻の滝・滞迫狭(たいざこきょう)の見学や生きもの探検に、小学生とその保護者約70名が参加しました。

集合写真開会式後の集合写真

 

平成28年7月18日(月祝)、一般財団法人沖縄県公衆衛生協会の主催による体験プログラム「山と海をつなげる川を知ろう!~水辺の生き物と水質を調べよう!~」が沖縄県名護市で開催されました。会場は源河川で、小学生とその保護者約50名が参加しました。

 

平成28年6月18日(土)、一般財団法人沖縄県公衆衛生協会の主催による体験プログラム「海藻と海草!? ~海の植物を観察してカイソウカードをつくろう!~」が沖縄県浦添市で開催されました。会場はカーミージ海岸で、小学生とその保護者約40名が参加しました。


DSC 4485「カーミージ海岸」

 

「里山保全の大事さ、豊かな資源」、などの学びを行った後、実際に自然の素材を使って、「夏の風物詩そうめん流し」を親子で協力し実施します。

実施日:2016年8月7日(日)10時~14時

有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバ…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…