epohedimg003

Green Giftプロジェクト 大分プログラム 第1弾 開催報告

平成28年7月17日(日)、NPO法人緑の工房ななぐらす主催による体験プログラム「豊後大野9万年の大地と清流のミニ探検」が豊後大野市で開催されました。原尻の滝・滞迫狭(たいざこきょう)の見学や生きもの探検に、小学生とその保護者約70名が参加しました。

集合写真開会式後の集合写真

 


豊後大野市役所での開会式後、バス2台に分乗し、午前中は原尻の滝へ。あいにく小雨模様でしたが、ジオガイドの説明を聞きながらつり橋を渡り、原尻の滝周辺を散策しました。雨で水量が増した原尻の滝は大迫力!周囲の岩はこの水が動かしたというジオガイドの説明にも納得がいく光景でした。

 

原尻の滝へつり橋を渡って原尻の滝へ

原尻の滝

原尻の滝

その後、滞迫狭のある長谷川地区へ移動し、ジビエのランチ。長谷川地区の皆さんが作ってくださったシシ肉カレーやシカ肉の鉄板焼きを堪能。みんなお腹いっぱいになりました!

午後は2班に分かれ、水質検査・水の生き物ふれあい体験と滞迫狭見学・散策に。

水質検査では、滞迫狭・原尻の滝・大野川の3地点について、水の透明度やにおい、CODの検査を行い、滞迫狭の透明度の素晴らしさや生活排水などで川が濁っていることなどを実感しました。

水質調査2

CODの検査


生きものふれあい体験では、滞迫狭や大野川など豊後大野に生息するシジミからヤマメまで約15種の水生生物について、専門家から説明を受けた後、実際に触れる体験ができました。水生昆虫の水カマキリやヤゴなど普段は気が付かない生きものや少なくなったトノサマガエル、カメなど知ってはいても触ったことがない生きものに触れ、子供たちは大喜び。生物の種類によって川のきれいさが分かることも学びました。

生き物観察2生きものふれあい体験

滞迫狭では、ジオガイドから、阿蘇からの溶岩を奥岳川の流れが削って渓谷ができた説明を受け、約80mの絶壁のスケール感を実際に歩いて堪能しました。
滞迫峡散策

滞迫狭散策


1日の活動を通して、川の美しさと住んでいる生物の関係、9万年という長い時間に育まれた大地と清流の関係をなど学び、大分の豊かな大自然を実感できた活動でした。

Default Image
2020年10月28日

【12/2締切】「慶良間諸島国立公園の海…

環境省では、「慶良間諸島国立公園の海域公園地域内における行為の許可基準の特例 」を定めるに当たり、 広く国民からの意見を募集するパブリックコメントを実施します。…
2020年10月28日

【11/11開催】「体験の機会…

環境省は「体験の機会の場」の充実・拡大に関する協定を踏まえ、「体験の機会の場」研究機構と連携し、高知…
2020年10月28日

【12/21締切】「環境…

環境省は、環境配慮経営を目的とした社員育成を行う企業の取り組みと、その成果を表彰する顕彰事業を行いま…
2020年10月28日

【結果公表】中小企業の中長期の…

環境省は公募を行った「令和2年度中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事…
2020年10月28日

【11/10締切】中小企業の中…

パリ協定において企業等の排出削減が求められ、大企業を中心に脱炭素経営の取組が広がる一方、目標達成のた…