epohedimg003

GreenGiftプロジェクト 長崎プログラム 第2弾 活動レポート

平成28年8月7日(日)、NPO法人環境保全教育研究所(へんちくりん)主催による体験プログラム「竹でつくる本物のそうめん流しを体験しよう!」があぐりの丘(長崎市)にて開催されました。長崎で2回目となる竹林対策と利活用をとりいれた体験プログラムに、小学生とその保護者約50名が参加しました。

s 2016GGP nagasaki02 wagiri

 

s 2016GGP nagasaki02 kaikai開会式では、竹林対策・里山保全の大切さを開設し、参加者の活動への理解を深めました。


s 2016GGP nagasaki02 groupwork開会式後、さっそくグループにわかれて、そうめん流しの「レーン」を作る作業と、そうめんを食べるための器づくりを行いました。


s 2016GGP nagasaki02 takeナタとハンマーで、孟宗竹をすこしずつ半分に割っていきます。途中、竹の節が大きな音を立てます。ちょっとびっくりしましたが、みずみずしい竹の香りに夏を感じます。

s 2016GGP nagasaki02 take2流れがよくなるように丁寧に節を取り除きました。

s 2016GGP nagasaki02 cut小さな子どもたちは、恐る恐るのこぎりを使って竹の器を作ります。インストラクターがつけた目印にそって、のこぎりを前後に動かし、輪切りにしていきます。

s 2016GGP nagasaki02 take3スタッフがそうめん流しレーンを組み立てます。あぐりの丘の斜面を活かし、高低差をつけていきます。

s 2016GGP nagasaki02 take5ようやく待ちに待ったそうめん流しです。レストランで茹でてもらったそうめん(島原そうめん)が、少しずつ竹のレーンを流れていきます。
はしですくっては、つゆにつけてほおばる参加者からは、歓声があがります。
竹を使う生活がもっと身近に、楽しくあることで地域の竹林が少しずつ循環します。

この夏、環境保全教育研究所では、子ども会や地域団体と協力し20回近くの「竹を使ったそうめん流し体験」を実施されます。

Tags:
ユネスコ
2020年02月21日

【公募】ユネスコ活動費補助金(SDGs達…

文部科学省(日本ユネスコ国内委員会)からのお知らせです。 令和2(2020)年度 ユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)の公募について 1.事業の趣旨…
2020年02月21日

【福岡】「アジア女性センターの…

地域ESD活動推進拠点である、特定非営利活動法人NGO福岡ネットワークからのお知らせです。…
2020年02月21日

【調達情報】令和2年度九州地方…

下記の通り、令和2年度九州地方環境パートナーシップオフィス運営業務に関する企画募集が行われます。…
2020年02月15日

【助成金】緑化を伴うヒートアイ…

公益財団法人 高原環境財団から、助成金情報のお知らせです。…
2020年02月15日

【福岡】令和元年度環境化学会九…

一般社団法人日本環境化学会九州支部地区部会から、福岡で開催される講演会のお知らせです。…