epohedimg003

GreenGiftプロジェクト 長崎プログラム 第2弾 活動レポート

平成28年8月7日(日)、NPO法人環境保全教育研究所(へんちくりん)主催による体験プログラム「竹でつくる本物のそうめん流しを体験しよう!」があぐりの丘(長崎市)にて開催されました。長崎で2回目となる竹林対策と利活用をとりいれた体験プログラムに、小学生とその保護者約50名が参加しました。

s 2016GGP nagasaki02 wagiri

 

s 2016GGP nagasaki02 kaikai開会式では、竹林対策・里山保全の大切さを開設し、参加者の活動への理解を深めました。


s 2016GGP nagasaki02 groupwork開会式後、さっそくグループにわかれて、そうめん流しの「レーン」を作る作業と、そうめんを食べるための器づくりを行いました。


s 2016GGP nagasaki02 takeナタとハンマーで、孟宗竹をすこしずつ半分に割っていきます。途中、竹の節が大きな音を立てます。ちょっとびっくりしましたが、みずみずしい竹の香りに夏を感じます。

s 2016GGP nagasaki02 take2流れがよくなるように丁寧に節を取り除きました。

s 2016GGP nagasaki02 cut小さな子どもたちは、恐る恐るのこぎりを使って竹の器を作ります。インストラクターがつけた目印にそって、のこぎりを前後に動かし、輪切りにしていきます。

s 2016GGP nagasaki02 take3スタッフがそうめん流しレーンを組み立てます。あぐりの丘の斜面を活かし、高低差をつけていきます。

s 2016GGP nagasaki02 take5ようやく待ちに待ったそうめん流しです。レストランで茹でてもらったそうめん(島原そうめん)が、少しずつ竹のレーンを流れていきます。
はしですくっては、つゆにつけてほおばる参加者からは、歓声があがります。
竹を使う生活がもっと身近に、楽しくあることで地域の竹林が少しずつ循環します。

この夏、環境保全教育研究所では、子ども会や地域団体と協力し20回近くの「竹を使ったそうめん流し体験」を実施されます。

Tags:
r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…