epohedimg003

グリーンギフトプロジェクト 沖縄プログラム第3弾 開催報告

平成28年6月18日(土)、一般財団法人沖縄県公衆衛生協会の主催による体験プログラム「海藻と海草!? ~海の植物を観察してカイソウカードをつくろう!~」が沖縄県浦添市で開催されました。会場はカーミージ海岸で、小学生とその保護者約40名が参加しました。


DSC 4485「カーミージ海岸」

 


一足早く梅雨が明けた沖縄は真っ青な青空が広がり、海での活動には絶好の天気となりました。開会式終了後、講師より、カーミージ海岸にくらしている生きものの紹介や観察のポイント、危険生物の説明がありました。その後、二つのグループに分かれて海に入り、カイソウの採取と生きものの観察を行いました。

 DSC 4518

「観察会」


海藻と海草の違いについては、海藻はワカメやコンブなど海中にはえる藻類を指し、根・茎・葉の区別がないこと、海草は海藻と区別するため「うみくさ」とも呼ばれ、根・茎・葉があり、花を咲かせる種子植物であることを教わりました。

生きもの観察では、ヤドカリやカニのほか、縞模様の魚や青い熱帯魚など、さまざまな生きものを見ることができました。また、クロナマコやニセクロナマコを発見した子どもたちは怖がったり、おそるおそる触ったり、この場所ならではの貴重な体験をすることができました。昼食と軽い休憩のあとは地区の自治会館に移動して、午後の活動スタートです。集めたカイソウを講師の方に海藻と海草(うみくさ)に見分けてもらい、カイソウカードづくりに挑戦!子どもはもちろん、子ども以上に熱中している保護者の方も見受けられました。

DSC 4587

「集合写真」

 

活動終了後には地域の方より、アーサ(アオサ)汁とかき氷の振る舞いがありました。とくに、磯の香りいっぱいのアーサ汁は絶品で、おかわりの行列ができるほどでした。カイソウカードも上手にできたようで、みなさん、大満足の活動となりました。
DSC 4581

「大好評のアオサ汁」


今回の活動をとおして、海にくらすさまざまな生きものにふれ、身近な自然環境の大切さについて、楽しみながら学ぶ機会となりました。

 

 

■グリーンギフトプロジェクトとは

東京海上日動火災保険株式会社が、お客様に契約時に約款等をホームページで閲覧する方法を選択されることにより、紙資源の使用量削減額の一部で環境保護活動をサポートするものです。
 この活動にEPO九州も協力しています。
グリーンギフトプロジェクトHP:http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/

2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバサダー

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目標の約束年のタイミングになります。…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…
2019年11月15日

【開催情報】南阿蘇ビジターセン…

南阿蘇ビジターセンターからのお知らせです。…