epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

昨今、脱炭素社会に向けて、2050年二酸化炭素実質排出量ゼロに取り組むことを表明した地方公共団体が増えつつあるなか、福岡県宗像市は、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。
宗像市は2020年にSDGs未来都市に選定されています。

 


 

令和3年10月8日、宗像市は、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。

宣言内容

近年、地球規模での温暖化が原因とみられる異常気象により、世界各地で大規模災害が多発しており、「気候危機」と言うべき深刻な状況にあります。我が国においても、これまでに経験したことのない豪雨や巨大台風等による甚大な被害が発生しています。

このような危機に対して、2015年に合意されたパリ協定では、「産業革命前からの平均気温上昇を2℃未満とし、1.5℃に抑えるよう努力する」との目標が国際的に広く共有されましたが、2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では、この目標を達成するためには「2050年までに二酸化炭素の実質排出量をゼロにすることが必要」と示されました。

世界遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を取り巻く美しい海をはじめとする豊かな自然を守り、安心して住み続けられる環境を未来へ引き継いでいくことは、「Save the Sea」のメッセージを掲げる「世界遺産CITY宗像」の使命です。
宗像市は、国際社会の一員として、2050年までに本市の二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロ・カーボンシティ」の実現に、市民や事業者のみなさんと一丸となって挑戦することを宣言します。


宗像市ゼロカーボンシティ宣言書(PDF:120KB)


ゼロカーボンシティとは

環境省が呼びかけている取組みで、「2050年までにCO2(二酸化炭素)を実質ゼロにすることを目指す旨を表明した地方自治体」を「ゼロカーボンシティ」としています。
(注)実質ゼロとは、二酸化炭素排出量と森林などによる吸収量を均衡させる(差し引きゼロにする)ことです。

ゼロカーボンシティの実現に向けた取り組み

現在、改定を進めている「宗像市環境基本計画」において、脱炭素社会を目指す施策を積極的に取り入れていきます。

家庭でできる地球温暖化防止の取組み

身近なところで実践できる地球温暖化防止のための具体的な方法をご紹介します。
日々の生活の中で、私たち一人一人が地球温暖化防止を意識し、できるところから温暖化防止の取り組みを始めてみましょう。

2021年6月に「国・地方脱炭素実現会議」が取りまとめた「地域脱炭素ロードマップ」では、衣食住・移動・買い物など日常生活における脱炭素行動と暮らしにおけるメリットを「ゼロカーボンアクション30」として整理しています。

ゼロカーボンアクション30の詳細については、宗像市HPをご参照ください。
https://www.city.munakata.lg.jp/w021/010/030/060/20211003080741.html

 

お問い合わせ先
市民協働環境部 環境課
場所:市役所西館2階
電話番号:
 環境対策係:0940-36-1421
 資源廃棄物係:0940-36-9092
ファクス番号:0940-36-0270

 

munakata zerocarbon

 

宗像市 2050年の二酸化炭素排出量の実質ゼロを宣言(宗像市ゼロカーボンシティ宣言)
https://www.city.munakata.lg.jp/w021/010/030/060/20211003080741.html

 林業王国である宮崎県の豊かな森や森林資源を使う意義を再確認する、写真コンテストが開催されます。
今回の募集テーマは「あなたが伝えたい宮崎の木や森!」
宮崎県内の木や豊かな森の風景、県産材を使った自慢の家、素敵なDIY作品。そして「新しい生活様式」の中であなたが伝えたい「WOOD・LOVE」な写真をお送りください。

 


 

趣旨

宮崎県内の木や豊かな森、木材を使うことの意義などを再認識し、県民をあげて「木づかい」気運の醸成を図るため、木にまつわる「写真コンテスト」を開催します。

募集期間

令和3年10月1日(金曜日)から令和3年11月30日(火曜日)まで

募集部門

両部門ともに受賞者には、県産材を使ったオリジナルグッズやギフト券をお贈りします。

みやざきの木や森部門(最優秀賞1名、優秀賞4名)

宮崎県は、県土のおよそ76%を森林が占め、30年連続でスギの素材生産量が日本一となるなど、日本有数の森林・林業県として、県内各地に豊かで美しい森林があります。そんな森林が創り出す風景等を募集します(県内で撮影されたものに限ります)

みやざきの木づかい部門(最優秀賞1名、優秀賞4名)

カーボンニュートラルの実現に向けて、「木づかい」を推進しています。木材を使った家などの「癒しの空間」や、新しい生活様式をきっかけにご自身で制作された木を使ったDIYや工作などの写真をお送りください(県内で撮影されたものに限ります)

応募方法等

インターネット、郵送、SNS(Instagram、Twitter)により応募できます。
詳しくは下記「写真コンテスト応募チラシ」を参照してください。

miyazaki photo contest

 

郵送の場合の送り先

  • 〒880-0001宮崎市橘通西4丁目1-32MRTテラス
  • (株)MRTアド内「みやざきWOOD・LOVE写真コンテスト」係

 

宮崎県 令和3年度みやざきWOOD・LOVEキャンペーン木にまつわる「写真コンテスト」の開催について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/miyazaki-sugi/kense/chotatsu/20210928143000.html

鹿児島市は、生物多様性保全活動の一環として、「鹿児島市生物多様性地域戦略」を策定し取組を行ってきました。
今般、令和4年度以降の「第二次鹿児島市生物多様性地域戦略」策定のため、鹿児島市民よりパブリックコメントを募集しています。
市民のみなさまはぜひご意見をお願いいたします。

 


 

鹿児島市では、平成25(2013)年度に策定した「鹿児島市生物多様性地域戦略」に基づき、生物多様性の保全と持続可能な利用に向け、取組を推進しています。
この計画が令和3(2021)年度末に終了することから、現在、令和4年度以降の「第二次鹿児島市生物多様性地域戦略」の策定に取り組んでいます。
このたび、計画の素案がまとまりましたので、市民の皆様方のご意見を募集します。

多数の皆様からのご意見をお待ちしております。

第二次鹿児島市生物多様性地域戦略(素案)

意見等の募集期間

令和3年10月1日(金曜日)から11月5日(金曜日)まで(当日消印有効)

意見等の提出方法

意見記入用紙(任意の用紙でも結構です。)に住所、氏名、電話番号、年代(任意)、素案に対するご意見等をご記入のうえ(注1)、郵便、ファックス、電子メール、電子申請(注2)などで提出してください。

(注1)ご意見の提出には、氏名、住所、電話番号の記載が必要です。

(注2)オンラインで所定のフォームに入力いただくことで意見等を提出することができます。

電子申請(外部サイトへリンク)

意見等の提出先

鹿児島市環境局環境部環境保全課自然共生係

  • 郵送先住所:〒892-8677 鹿児島市山下町11-1
  • ファックス:099-216-1292
  • 電子メール:

意見等の提出に際しての留意事項

意見等の提出ができる方(次の1から3のいずれかに該当する方)

  1. 本市内に住所を有する方
  2. 本市内に通勤・通学する方
  3. 本市内に事務所又は事業所を有する方

意見提出時の注意事項

  1. 住所、氏名及び電話番号を必ず記載してください。住所が市外の場合は、市内に通勤・通学等をしている旨を記載してください。
  2. 電話や口頭による意見提出は受付できませんので、書面、電子申請又は電子メールで提出してください。
  3. 匿名の場合は、書面で提出されても受付できません。
  4. 期限を過ぎて提出されたご意見等は、パブリックコメント手続による意見としての取扱いはできませんので、提出期限にご留意ください。

 

kagoshimashi tayousei pc

 

鹿児島市 第二次鹿児島市生物多様性地域戦略(素案)に関する意見募集(10月1日から11月5日まで)
http://www.city.kagoshima.lg.jp/kankyo/kankyo/hozen/pabukome/tiikisennryaku_2021.html

熊本県は、再生可能エネルギー施設を整備する事業者向けに、WEB上で誰でも閲覧ができる「熊本県再生可能エネルギー施設適正立地支援マップ」を公開しました。
リンク先に掲載されている各マップの使用方法をご確認のうえ、ご活用ください。

【熊本県HP】「熊本県再生可能エネルギー施設適正立地支援マップ」を公開しました
https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/67/104715.html

 


 

1 本マップの目的

 本県では、県内における再生エネルギー導入加速化を図るとともに、メガソーラー等による自然環境や景観への影響にかかる県民の懸念が高まっており、事業者の適切な施設整備を促進することが必要という課題認識から、再エネ施設の地域共生型の立地を促進しています。
 そこで、再エネ施設を整備する事業者に、立地選定に係る各種地図情報を効果的に提供することを目的として、ネット上で閲覧できる『再生可能エネルギー施設適正立地支援マップ』を作成・公開しました。
 

2 本マップの使い方

(1)本ページに掲載しているPDFファイルをダウンロードする。
   ・・・「マップ」と「注意事項、内容、使い方」のPDFともに。
(2)マップのPDFファイルをAdobe Readerで開く。
(3)レイヤー機能を使い、目的の情報を表示させる。
(4)拡大機能を使い、目的の場所をアップで見るなどする。

※使用に当たっては「注意事項、内容、使い方」ファイルを熟読ください。
 

3 マップの内容

 次の3つのマップからなっています。

こちらのリンク先より各PDFファイルをご確認ください。

【1】再エネ施設等現況マップ

既設の再エネ施設の位置や、送配電線の位置等の情報として、次のマップを掲載しています。
●再エネ施設等現況マップ(2019年12月現在) ●送配電系統マップ(2019年10月現在)

【2】ポジティブマップ

県内各地の再エネ資源の分布について、次のマップを掲載しています。
●日射量 ●風速(陸上、洋上) ●市町村・再エネ種別利用可能量

【3】ネガティブマップ

再エネ施設立地の制約要因となる自然条件や法規制などについて、次のマップを掲載しています。

●標高(等高線) ●海域等深線 ●土地利用現況 ●自然環境保全地域 ●自然公園 ●国有林・県有林・保安林(メッシュ) ●農振法に基づく農用地区域等 ●市街化区域等 ●用途地域 ●風致地区 ●景観計画区域 ●指定文化財 ●世界文化遺産(注:阿蘇は予定) ●阿蘇地域の主要眺望点からの可視領域 ●鳥獣保護区 ●生物生息上重要な地域 ●植生自然度 ●河川区域 ●海岸保全区域 ●漁港区域 ●土砂災害警戒区域 ●伝搬障害防止区域(電波法) ●制限表面区域(航空法)

 

kumamoto saiene map

 

熊本県 「熊本県再生可能エネルギー施設適正立地支援マップ」を公開しました
https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/67/104715.html

「だれでも」「いつでも」「簡単に」実践できる市民のエコ行動を推進し、みんなで楽しくエコについて学んだり、体験することができるイベントが長崎市で開催されます。
イベント初日からの1週間でエコを実践して取り組む「ながさきエコライフ・ウィーク」やスタンプラリーなど、楽しみながら環境について学び、考えるイベントになっています。
ぜひお気軽にご参加ください。

 


 

みんなでめざそう!ゼロカーボンシティ長崎

「だれでも」「いつでも」「簡単に」実践できる市民のエコ行動を推進するため、身近なエコ行動を提案し、気軽に楽しめる環境イベント「ながさきエコライフ・フェスタ2021」を開催します!

今年度は新型コロナウイルス感染症防止の観点から、会場を分散して実施します!メイン会場の長崎市民会館2階と近くの3箇所のサテライト会場を巡る「わくわくスタンプラリー」に参加して、みんなで楽しくエコしよう!
最近ニュース等で紹介されている「ゼロカーボン」についての情報もありますよ。

参加は無料です!
イベントの詳細はこちら

イベント初日からの1週間(2021年10月23日(土)〜29日(金))でエコを実践して「ながさきエコライフ・ウィーク」にも取り組もう!Webでエコチェックシートを記入し報告してくれた市民のみなさまの中から抽選で合計300名に豪華賞品が当たるよ!詳しくはこちらへ(※長崎市民であることが条件です)

※会場では新型コロナウイルス感染症対策(検温、手指の消毒、入場制限等)を実施しておりますので、ご協力をお願いいたします。

日時

令和3年10月23日(土曜日)、24日(日曜日)
午前10時~午後4時

場所

・長崎市民会館2階
・男女共同参画推進センターアマランス
・中島川公園(小雨決行)
・ベルナード観光通り

参加費

無料

 

nagasaki ecolifefesta
※画像をクリックするとPDFが開きます。

 

サステナプラザながさき ながさきエコライフ・フェスタ2021を開催します
https://sustaina-n.com/econet.html#festa

migakiba local sdgs
2021年10月23日

【11/10締切】「令和3年度ローカルS…

環境省は、ローカルSDGs(地域循環共生圏)の実現に取り組む実践者を対象とした研修プログラム「migakiba(ミガキバ)」を開催します。このプログラムでは、地域資源の活用や地域でSDGsを達成するた…
2021年10月23日

「温泉資源の保護に関するガイド…

環境省は、令和3年8月20日(金)から同年9月3日(金)までの間に実施した「温泉資源の保護に関するガ…
2021年10月23日

【10/29締切】阿蘇の自然に…

九州地方環境事務所は、阿蘇くじゅう国立公園内でもある原生林に囲まれた『山吹水源』と全国棚田百選にも選…
2021年10月23日

【11/7締切】海岸の清掃活動…

11月14日、福岡県有明海沿岸で初めてスポーツGOMI拾い(スポGOMI)イベントが開催されます。ス…
2021年10月23日

【11/8開催】令和3年度廃棄…

環境省は、自治体関係者や廃棄物処理事業者向けに、廃棄物分野での脱炭素化や地域連携などについて意見交換…