epohedimg003

平成29年11月25日(土曜日)、NPO法人大淀川流域ネットワーク主催によるプログラムが宮崎県都城市と三股町を会場に開催されました。

まずは三股町に宮崎市・都城市からの参加者が集合。

ヤマメの養殖施設、しゃくなげの森の講師からヤマメが棲んでいる河川や、周囲の自然環境についてレクチャーがありました。

その後、ヤマメの採卵施設を見学し、どのようにヤマメの小さな命が育まれているかについて説明を受けました。

また風景や音、水生生物などを手掛かりに、周囲を流れる河川の水質をチェックしました。

その後、都城市を流れる沖水川の下流へ移動し、先ほどの結果とどのような違いがあるかを比較しました。

水の大切さを通して、保護者の皆さんと子どもたちにとって、大きな発見のあったプログラムとなりました。

P1250566

KIMG1681

P1250597

KIMG1688

KIMG1702

 

 

環境省では協働取組を推進していくため、平成25年度より地域活性化に向けた協働取組の加速化事業を行い、九州・沖縄地域では5年間で5団体が採択され、モデル事業の実証に取り組んできました。この度、本事業において協働取組を実践した団体、および関係自治体による活動の歩みと現在の取組を発信するフォーラムを開催いたします。

P1220688 コピー

独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
九州・沖縄地域では、11月8日に宮崎市で説明会を開催します。

「平成30年度 地球環境基金助成金」募集について、助成メニューの説明や要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
環境保全活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

ご案内と申込用紙はこちらです。(PDFとWORDファイルがあります)pdf平成30年度_地球環境基金_助成金説明会H29.11.8.pdfdocx平成30年度_地球環境基金_助成金説明会最終版.docx

こちらの申込みフォームからも申し込み可能(Googleフォームにジャンプします)

 

〇開催概要
■日 時 平成29年11月 8日(水) 18:30~20:30
■会 場 みやざきNPO・協働支援センター


■定 員 40名(参加無料・要事前申し込み
■対 象 NPO等の資金獲得に関心のある方ならどなたでも。
■主 催 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
■協 力 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    (一社)九州環境地域づくり


〇内容
・地球環境基金助成金の特徴
・助成メニューの紹介と説明
・活動計画の立て方について
・申請や要望書作成のポイント解説
・地球環境基金による質疑応答
・活動に関する相談会

地球環境基金についてはこちら https://www.erca.go.jp/jfge/
参加人数把握のため、必ず事前の参加お申込みをお願いします。
お申込みフォームはこちら

https://goo.gl/forms/xm1iKNBMGc4DSXQq1


〇お問合せ
EPO九州
TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

Tags:

今回インタビューしたのは、大牟田市教育委員会 教育長 安田昌則さん。
大牟田市では、平成24年1月に市内のすべての小学校・中学校・特別支援学校がユネスコスクールに加盟し、「ESD 持続可能な開発のための教育」を進めています。
安田教育長には、九州地方ESD活動支援センターの企画運営委員として、センターの設置準備検討より、ご協力をいただいております。今回は、全市的なユネスコスクールの取組のねらいや今後の展開などについて、お話しをうかがいました。

Default Image
2019年01月10日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

1月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年01月05日

第28回くまもと環境賞募集

「くまもと環境賞」は、熊本県環境基本条例に基づいて、平成3年度に創設しました。より豊かな環境の保全・…
2018年12月26日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…