epohedimg003

環境省では、ESD・環境教育のモデルプログラムを策定し、全国各地で実証を行っています。

九州・沖縄地域では、各地のESDを支援する団体と連携しながら取組みを進めています。

esdps

平成29年度は、次の3つの拠点と連携した取組みを進めています。

北九州まなびとESDステーション

熊本県環境センター及び関連拠点

日南市子育て支援センター「ことこと」


「ビジターセンター」をご存知でしょうか。国立公園や県、市町村等認定の自然公園などで、来訪者を迎え、自然観察や体験学習をとおして皆さんと地域の自然をつなぐ拠点です。

EPO九州では、ESDの考え方を実践する拠点としてビジターセンターを位置づけ、昨年度に続き、九州管内の環境省ビジターセンター等の皆さんにお集まりいただき、11月28日(月)に、阿蘇草原保全活動センター草原学習館で意見交換会を開催しました。

EPO九州では、長崎県佐世保市で「ESD地域学びあいフォーラム」を開催しました。毎年、持続可能な地域づくりに向けた人づくりについて、活動団体と地域の方々が語りあう場として開催しています。

今年は「未来へ伝える地域の宝」をテーマに、九十九島ビジターセンターの取組や大学生および地元団体の活動を紹介。その後、参加者を交えて地域でのESD活動について意見交換を行いました。

Tags: , ,

.jpg

平成28年2月11日(木)、南部九州エリアESDワークショップが重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム(鹿児島県姶良市)にて開催されました。環境省では学校と地域が連携したESD環境教育を推進するため、地域で活動している民間団体・NPOと連携し、ESDの視点を活かした環境教育プログラムの実証に取組んでおり、九州・沖縄地域においては、各県ごとに1つの団体が小中学校と連携し、地域ならではの取組を進めています。

平成28年1月15日(金)、北部九州エリアESDワークショップが福岡県大牟田市にて開催されました。環境省では学校と地域が連携したESD環境教育を推進するため、地域で活動している民間団体・NPOと連携し、ESDの視点を活かした環境教育プログラムの実証に取組んでおり、九州・沖縄地域においては、各県ごとに1つの団体が小中学校と連携し、地域ならではの取組を進めています。

「平成27年度ESD環境教育プログラム実証事業 第1回実行委員会」が開催されました(平成27年9月8日(火)、福岡市内)。

九州・沖縄各県の実施団体(NPO等)を中心に8つのワーキンググループによる事業運営がなされます。ESDモデルプログラムをもとに、地域の特性にあわせた授業プログラムを作成し各県1〜2程度の学校等で実証するものです。EPO九州は、株式外社フラウとともに地方事務局としてこの事業をサポートしています。

r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…