epohedimg003

環境省では、ESD・環境教育のモデルプログラムを策定し、全国各地で実証を行っています。

九州・沖縄地域では、各地のESDを支援する団体と連携しながら取組みを進めています。

esdps

平成29年度は、次の3つの拠点と連携した取組みを進めています。

北九州まなびとESDステーション

熊本県環境センター及び関連拠点

日南市子育て支援センター「ことこと」


「平成27年度ESD環境教育プログラム実証事業 第1回実行委員会」が開催されました(平成27年9月8日(火)、福岡市内)。

九州・沖縄各県の実施団体(NPO等)を中心に8つのワーキンググループによる事業運営がなされます。ESDモデルプログラムをもとに、地域の特性にあわせた授業プログラムを作成し各県1〜2程度の学校等で実証するものです。EPO九州は、株式外社フラウとともに地方事務局としてこの事業をサポートしています。

EPO九州スタッフがWEB番組に出演いたしました!

150623EPO九州Web収録.jpg

平成27年6月23日、Web映像番組であるCHA・CHA・CHA放送局にEPO九州コーディネーター 澤が出演いたしました。株式会社フラウがWebサービスUstreamにて配信している番組で、地域で活動する様々な人や取組を紹介されています。

環境省は、持続可能な地域づくりを担う人材づくりの先進地域を速やかに形成することを目的とした取組の一環として、ESD(持続可能な開発のための 教育。Education for Sustainable Developmentの略称。)の視点を取り入れた小学生又は中学生向けのモデル的な環境教育プログラムを作成することとしており、同プログラムの基と するため、全国から、ESD の視点を取り入れた環境教育プログラム(以下、「ESDプログラム」という。)を募集を開始しました。


◆公募内容
国内で実施実績のある(原則として、小中学校における実施実績)、小学生又は中学生向けのESDプログラムを公募します。
応募されたESDプログラムの中から、20プログラム程度を選定します。

◆公募期間
2014年12月19日~2015年2月2日(消印有効)

◆公募対象者
①学校教育法第1条に規定されている学校
②環境NPO、環境教育の研究会等民間団体
③企業
④過去に国と契約実績のある協議会
⑤その他、環境省が適当と認めた法人及び任意団体

◆公募要項
公募要項は、下記のURLをクリックしてダウンロードしてください。
(申請書のワード様式が必要な方は、下記URLをコピーの上、アドレスバーに貼り付けて御参照ください。)
持続可能な地域づくりを担う人材育成事業に係るESDの視点を取り入れた環境教育プログラムの公募について(公募要項)[PDF](867KB)(環境省)
https://www.eeel.go.jp/news/pdf/20141219koubiyoukou.pdf

公募申請書[WORD](93KB)
http://www.eeel.go.jp/news/pdf/20141219esdkoubo.doc


本件に関するお問合せ等は、「ESDプログラム選定委員会事務局」()まで 。

 

ESD環境教育プログラムについてはこちら:http://www.geoc.jp/esd/

「ESD地球市民村」は、実践的なESDを推進・支援する多様な主体が集い、〈会議〉〈ワークショップ〉〈情報展示〉〈体験プログラム〉が複合化した、参加体験学習スタイルの事業です。このうち、8月21日・22日実施 「ESD地球市民村ラーニング・プログラム」は、ESDプログラムを一度体験してみたい!そんな皆様向けの楽しい参加体験型の機会となっています。11月に岡山市、愛知・名古屋で開催される「ESDに関するユネスコ世界会議」を前に、夏休みの東京でESD をあらゆる角度から実感・体験してみませんか?

EPO九州では、「ESD地球市民村ラーニング・プログラム」にて、ESD人材育成事業について発表いたします。

 


「ESD地球市民村ラーニング・プログラム」

開催日時:2014年8月21日(木)、22日(金)の2日間
     タイムスケジュールは下記の各プログラムのご紹介でご確認ください。
会  場:国連大学2階(東京都渋谷区) レセプションホールとラウンジスペースの2会場
参加費:無料
参加お申込み方法:「ESDの10年・世界の祭典」推進フォーラムのHPから受付
https://www.desd.jp/register/esdconference2014.php
※当日参加申込も会場受付にて行う予定。

 


●「東京ガスのエネルギー環境教育」出張授業

 「東京ガスのエネルギー環境教育」出張授業は、社会科・理科・家庭科・総合の学習の時間に対応したプログラムが用意されています。この中から、今回の「地球市民村ラーニング・プログラム」(8/21・22)では、暮らしを支えるエネルギー・都市ガスとは何か、エネルギーによる暮らしの変化や環境・資源問題、エネルギーの有効利用などをテーマとしたプログラムを各日1テーマ実施します。
【出展団体】  東京ガス株式会社
【実施日時】   第1回:8月21日(木) 15時半~16時半 / 第2回:8月22日(金) 12時~13時

●「エネルギー大臣になろう」カードゲーム 

 このゲームは、国(=グループ)の「エネルギー政策を決める」シミュレーションゲームです。
 エネルギーは、国民の生活、経済活動に直結しますから、経済性、環境性、稼働率、自給率などを考慮し、また、思わぬアクシデントが起きた時にも対応できるよう、バランスよく組み合わせて安定供給することが求められます。ゲームを通じて、発電方式毎の長所と短所を知り、様々なジレンマを体験することもできます。あなたも参加して楽しみながら、エネルギーについて考えてみませんか?
【出展団体】   電源開発株式会社 (J-POWER)
【実施日時】  8月21日(木) 13時~15時半(全1回)

●  地域で実践!ESD環境教育プログラム

 学校でESDカリキュラムをデザインする際のベースになる「ESD環境教育モデルプログラム集」を環境省が作成しました。そのモデルプログラムを基に、全国47都道府県で実際にESDを取り入れた授業を展開しています。地域でESDプログラムを実施する際の工夫についてご紹介するプログラムです。
【出展団体】   全国EPOネットワーク
【実施日時】   第1回:8月21日(木)12時~13時半 / 第2回:8月22日(金)12時~13時半

●「世界の森のおはなし」~さあ、動物になって考えよう!

 タイのニシキヘビのブアカオは、世界中からやってきた動物の仲間たちと山へピクニックに出かけました。すると山の中からモクモク煙が…。途上国の自然と人との共生をテーマにした紙芝居の上演の後、自分たちの地域の動物キャラクターをつくり、動物の視点で、世界や地域の環境問題を考えるワークショップを行います。

 ※20分×3回実施。紙芝居は各回別のテーマ(タイ、フィジー、インドネシア)を上演。途中参加も歓迎です。
【出展団体】   公益財団法人オイスカ
【実施日時】   8月22日(金) 10時半~11時半(全1回)

その他、8月20日から22日にかけて、同じく国連大学にて以下の会議も開催されます。

1)8月20日開催  :「ESD実践モデル全国会議2014」
https://www.desd.jp/project/esd2014meeting.php

2)8月21・22日開催:「ESDの10年・地球市民会議2014」
https://www.desd.jp/project/esd2014meeting.php#outline2

お問い合わせ:「ESDの10年・世界の祭典」推進フォーラム事務局 Email:

Default Image
2019年08月15日

【参加募集】沖縄県各地域のビジターセンタ…

沖縄県各地域のビジターセンターより、8月以降の催しの情報が届いています。 ぜひご参加ください! □森のお散歩観察会(8月)~夏真っ盛りのやんばるの森~…
2019年08月15日

【展示】南阿蘇ビジターセンター…

熊本県阿蘇郡の南阿蘇ビジターセンターから写真展のお知らせです。 ぜひ足を運んでみてください。…
2019年08月15日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

長崎県雲仙市の諏訪の池ビジターセンターからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…
2019年08月15日

【参加募集】重富海岸なぎさミュ…

鹿児島県姶良市の重富海岸なぎさミュージアムからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…
2019年08月15日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターからイベントのお知らせです。 ぜひご参加ください!…