epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.160 Thu, 28 Feb 2019

環境団体あるある♯
温かい春の訪れも間もなく。
図鑑を片手に花や樹木の名前を調べてみよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.160

◇EPO九州より
3月3日は、国連が定めた「世界野生生物の日」です。ワシントン条約が1973年3月3日に採択されたことを記念して、2013年に制定されました。世界中に生息する野生の動植物は、さまざまな要因により絶滅の危機にさらされています。日本ではおひな祭りの日でもありますが、この日は少しだけ、野生動植物の未来を守るために自分たちにできることを考えてみませんか。


【もくじ】

■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

 □くまもとSDGs人材育成セミナーの実施レポートを掲載しました

  □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について



■地域ESD拠点からのお知らせ

 □【4/13開催】巨大地震が熊本の地下水環境に与えた影響の科学的解明



■九州・沖縄地域の環境政策情報



■関連情報

 □第4回全国ユース環境活動発表大会の最終結果が発表されました

 □【3/14開催】 第122回エコ塾『K-RIP活用事例と成果』

 □【3/29〆切】「エコライフ・フェア2019」へのブース出展の募集 

 □国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2019」の実施について 

 □【参加募集】こどもエコクラブについて



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□くまもとSDGs人材育成セミナーの実施レポートを掲載しました
平成31年2月4日(月)に開催した熊本県熊本市内にてSDGs時代の人材育成をテーマにセミナーを開催した際のレポートを掲載しました。ぜひご覧ください。
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1275-sdgs-2.html

________________________________________________________


□【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
      TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
      E-mail
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域ESD拠点からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域ESD拠点にご登録いただいております(公財)肥後の水とみどりの愛護基金から下記のシンポジウムを共催されます。

□【4/13開催】巨大地震が熊本の地下水環境に与えた影響の科学的解明
サントリー熊本地下水みらいプロジェクト公開シンポジウム「巨大地震が熊本の地下水環境に与えた影響の科学的解明―日本地下水学会熊本地震調査研究グループ活動による成果報告―」が開催されます。地下水都市熊本ならではの貴重な観測資料をベースにした、地震に伴う地下水への影響の実態把握とその要因の科学的解明を行ってきた調査研究グループの活動成果を、地域の皆様に報告する機会。関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしています。

■日 時:平成31年4月13日(土)13:30〜16:35(開場13:00)
■場 所:熊本県民交流館 パレアホール(熊本市中央区手取本町8番9号 テトリアくまもとビル 9階)
■料 金:無料
■申 込:会場準備の都合上、参加を希望される方は下記宛に氏名・参加人数等について事前申し込みをお願いします。
 「地下水みらい・公開シンポジウム事務局」
 FAX: 096-367-3439  TEL:090-9651-3718  Mail:
■主 催 サントリー熊本地下水みらいプロジェクト
■共 催 (公社)日本地下水学会、熊本大学、(公財)くまもと地下水財団、熊本日日新聞社
■後 援 (公財)肥後の水とみどりの愛護基金、他

◆プログラムの内容や詳細はこちらから
https://atrike.wixsite.com/kgwg


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州・沖縄地域の環境政策情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新たな情報発信としまして、九州・沖縄各県の環境政策情報一覧を
EPO九州のHPに掲載しています。
県別に、ニュース、公募、イベントなど様々な情報が発信されています。
ぜひご覧ください。

 ★ご注意
詳細はリンク先を必ずご確認ください。
公開が終了している場合があります。
表示順、日程は前後する場合があります。
各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

・九州・沖縄各県の環境政策情報(2月上旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1272-2-3.html

・九州・沖縄各県の環境政策情報(2月下旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1277-2-4.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□第4回全国ユース環境活動発表大会の最終結果が発表されました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境活動を行っている全国の高校生を対象とする「全国ユース環境活動発表大会」が2月9・10日開催。全国8地区での地方大会で選ばれた16団体が出場し、九州から出場した2校のうち、長崎県立五島高校が環境大臣賞を、福岡県の東筑紫学園高校が国連大学サステイナビリティ高等研究所所長賞を受賞するというすばらしい成績をおさめました。

その他、受賞結果や取組内容についてはこちらをご覧ください。
https://www.erca.go.jp/jfge/youth/topics/20190111.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【3/14開催】 第122回エコ塾『K-RIP活用事例と成果』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)が主催する第122回エコ塾は「K-RIP活用事例と成果」をテーマに、K-RIP会員企業3社の取組みをご紹介します。環境・エネルギービジネスに取り組む皆様のご参考となりますと幸いです。企業・団体、行政、大学、学生等どなたでも参加できます。

■日 時:平成31年3月14日(木)15時30分〜
■会 場:福岡合同庁舎本館1階 九経交流プラザ(福岡市博多区博多駅東2-11-1)

◆内容・申込方法等詳細はこちらから
https://k-rip.gr.jp/event/eco122/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【3/29〆切】「エコライフ・フェア2019」へのブース出展の募集 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境省は、6月の環境月間のメインイベントとして今年も「エコライフ・フェア2019」を6月1日(土)・2日(日)に、都立代々木公園ケヤキ並木・イベント広場(東京都渋谷区)で開催します。今年のテーマは “「気づき」から「行動」へ 〜地球の未来のために〜”。普段から環境保全に取り組んでおられる企業・団体、NGO・NPO等の皆様にとって、日頃の取組をアピールいただきつつ、環境教育に参画いただく場になります。幅広い方々のご出展をお待ちしています。

■日 時:2019年6月1日(土)10時30分から17時、2日(日)10時から16時30分
■会 場:東京都渋谷区都立代々木公園(ケヤキ並木・イベント広場を予定)
■主 催:環境省
■予想来場者数:4万人程度
■募集期間:2019年3月29日(金)17時30分まで

◆募集内容や申込について詳細はこちらから
https://www.env.go.jp/press/106503.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2019」の実施について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境省、農林水産省、国土交通省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)は、生物多様性に関する理解が社会に浸透するように、植樹等をきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、3月1日から6月15日までの期間に、国内の各地域で植樹等を行う国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2019」への参加と協力を広く呼びかけています。

■趣 旨:
 国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地の青少年、子どもたちの手でそれぞれの学校や地域等で植樹等を行う「グリーンウェイブ」への参加を呼びかけています。
■実施期間:2019年3月1日(金)から6月15日(土)


その他、国連生物多様性の10年の最終年である2020年に向けて、「グリーンウェイブ」への呼びかけをさらに強化するため、「グリーンウェイブ」オフィシャル・パートナーの任命を実施します。

◆上記詳細については、こちらからご確認ください。
https://www.env.go.jp/press/106314.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【参加募集】こどもエコクラブについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こどもエコクラブとは、幼児(3歳)から高校生までなら誰でも参加できる環境活動のクラブです。
子どもたちの環境保全活動や環境学習を支援することにより、子どもたちが人と環境の関わりについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や、環境問題解決に自ら考え行動する力を育成し、地域の環境保全活動の環を広げることを目的としています。
保護者・指導者、自治体の方、企業・団体の方々といった様々な方からご支援ご協力をいただきながら、全国事務局からプログラムや場の提供をしています。

※本事業は平成7年度から環境省で実践していた「こどもエコクラブ」事業を、弊協会にて引き継ぎ、実施しているもので、地域における子どもたちの自主的な環境学習や実践活動を支援するものです。

・メンバー対象年齢:3歳から18歳(高校生はサポーター登録可)
・登録料・年会費:無料

http://www.j-ecoclub.jp/about/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp    E-mail:

九州地方ESD活動支援センター
http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
---------------------------------------------------------------

Tags:
syasin1
2019年05月15日

【参加募集】えびの高原 ミヤマキリシマ写…

宮崎県えびの市の、えびのエコミュージアムセンターから素敵な写真講座の情報が届きました。 ぜひご参加ください! □えびの高原 ミヤマキリシマ写真講座…
2019年05月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

★ご注意※詳細はリンク先を必ずご確認ください。※公開が終了している場合があります。※表示順、日程は前…
2019年05月14日

【開催案内】持続的な「里地・里…

一般社団法人…
2019年05月14日

【高森町】南阿蘇ビジターセンタ…

熊本県阿蘇郡高森町の南阿蘇ビジターセンターから5月のイベント情報が届きました。…
2019年05月14日

【雲仙市】雲仙諏訪池ビジターセ…

長崎県雲仙市の雲仙諏訪池ビジターセンターから、募集中のプログラム情報が届きました。…