epohedimg003

繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー NPO法人循環生活研究所 理事長 たいら由以子さん

ローカルフードサイクリングで目指す「おたがいさま」の共助社会

NPO法人循環生活研究所 理事長 たいら 由以子 さん

taira LFC

<NPO法人循環生活研究所とは>

循環生活研究所(通称:循生研~じゅんなまけん)は、『暮らしに必要なものを地域内で循環させることで得られる、楽しくて、安全で、創造的な生活』を「循環生活」と名付け、調査・研究・提案を行っている市民団体で、平成16年9月に特定非営利活動法人となりました。
主な活動として、生ごみや庭からでる有機物をごみとして出さずに循環させる技術と堆肥づくりの楽しさを伝えています。手作りの堆肥がもたらす循環のさまざまな恩恵を享受できる豊かなライフスタイルに興味がある方々と、規制や義務的ではなく、すすんでやったみたいと思える楽しい活動に取り組まれています。

Local Food Cycling(ローカルフードサイクリング:LFC)

台所を起点とした地域の栄養サイクルをつくるプロジェクトです。家庭で取り組むダンボールコンポストをコミュニティ化し、堆肥を使って地域の畑で野菜を育て、地域で消費する半径2kmの資源循環サイクルをつくります。NPO法人循環生活研究所がアイランドシティ(一般住宅型)と美和台地区(高齢者型)、天神地区(商業地区)の3つを活動拠点にして取り組んでいます。

 

 

環境省同時解決事業へのエントリーに至った経緯を教えていただけますか?

対象とした美和台地区は、40年前に丘を切り開いて開発・造成された郊外型の戸建中心のエリアであり、坂道が多く、高齢者や乳幼児を抱えた世代は外出時に困難を余儀なくされています。私たちが地域の方とコンポスト活動を始めた場所であり、この20年間で高齢化が25%以上に進み、一緒にダンボールコンポストを行っていた方々がご自宅から出かけることが難しいという状況になりました。このような新しい課題の解決と、これまでの資源循環の推進の方法を変えていくことにしました。2つの課題が明確であり、地域からの要望もあったことから、同時解決事業に応募しました。採択が決まったときは、地域の方と一緒に大喜びしました。

 

 

Q:本事業では、高齢者のいる世帯にダンボールコンポストを設置し、循環生活研究所のスタッフが見回りも兼ねてその家庭を定期的に訪問し、高齢の方にお声掛けしながらコンポストの管理をするという非常にユニークな活動ですが、このようなアイディアはどのようにして生まれたのでしょうか?

私たちはもともと、生ごみは地域の共助社会の資源であると考えていましたが、私たちが活動を始めた頃の設置型コンポストの継続率はわずかでした。しかし、私たちがダンボールコンポストを開発し、地域の方と一緒に活動に取り組み続けた結果、継続率が何倍にもなりました。しかし、前述したとおり、高齢化が進むとともに、車を手放し外出するのが困難になった方や、調理をする機会が減りコンポストをやめてしまう方が増え、私たちも新しいやり方を考えないといけないと思うようになりました。社会福祉協議会や民生委員さんと会議を重ね、私たちのスタッフが各家庭のダンボールコンポストの管理と見守りをかねた活動の構造ができました。

まずは、博多湾のアイランドシティで、このローカルフードサイクリング(LFC)の活動をスタートさせました。ダンボールコンポストでできた堆肥を回収、美和台では私たちスタッフが巡回し、回収するという仕組みをつくりました。

 

 

事業期間は2ヵ年ですが、現在までの進捗状況や成果はどのようなものでしょうか?

ダンボールコンポストについては、72軒(H31年2月末現在)と非常に多くの方に会員となっていただき、週に1回程度巡回し、お声掛けを行っています。また、会員さんからは、「ごみ袋が小さくなった」、「コンポストの実践が楽しい」、「スタッフとのやり取りが楽しみ」との声をいただき、ごみ減量やコミュニケーション面での効果が見られるようになりました。その他、ご自宅の庭を事業のための菜園として貸していただく菜園会員さんも目標の5軒に達し、種まきや苗の植付などを行い、収穫が始まった菜園も出てきました。また、LFCの講座を開催したり、マーケットで野菜を販売したりと、地域の方と一緒に、楽しみながら活動を行っています。
この事業で福祉分野の方と連携し、活動を進める中で、地域からのニーズの大きさに驚いています。
私たちは、生ごみは廃棄物ではなく共助社会の資源であると考えていますので、この事業をとおして、
生ごみを起点に地域の人と人をつなぎ、人とコミュニティの絆を深くする「おたがいさま」の共助社会の実現を目指していきたいと考えています。

 LFC taira with dog

 

(平成30年12月 インタビュー)

<リンク>
NPO法人循環生活研究所
http://www.jun-namaken.com/

 

有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバ…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…