epohedimg003

繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー鹿島市ラムサール条約推進室/鹿島市ラムサール条約推進協議会事務局 主査 江島美央さん・主任 釘尾淑美さん 

鹿島市ラムサール条約推進室/鹿島市ラムサール条約推進協議会事務局
主査 江島美央さん  主任 釘尾淑美さん

鹿島市インタビュー江島さん釘尾さん

推進室・協議会の活動について教えてください。

江島:有明海、肥前鹿島干潟の保全に向けた取り組みを進めています。ラムサール登録湿地として、3つの目標である保全・再生、ワイズユース・利活用、学習・教育に取り組んでいます。とりわけ、干潟に興味・関心をもってもらい、実際に干潟に来てもらう活動を心がけています。
最近では「干潟でヨガ」体験や、ラムサール登録地をつなぐウオーキング・ランニングコースを整備し距離表示をするなど市民の健康増進の場になるような企画としてリレーマラソンを開催するなど、一般の市民の反応もよく、活動の輪が広がっています。

ESD推進拠点として、取り組みの広がりやSDGsの取り組みはありますか?

江島:干潟交流館が今年度オープンし、佐賀大学と連携した学習活動を充実させています。
干潟案内人養成講座など人材育成にも取り組んでいます。

釘尾:環境学習では、子ども4〜5人のグループに案内人のみなさんがサポートに関わってもらうなど体制づくりが進んできました。
野鳥観察の活動では、ツクシガモ、ダイシャクシギ、クロツラヘラサギ、ズグロカモメの姿もみられ、子どもたちの興味、質問に応じて、案内人のみなさんも熱心に勉強したことを伝えるなど、地域の中での学びがつながってきていますね。

江島:もともと、干潟案内人養成講座はエコツアーでの活動を想定し、肥前鹿島干潟に特化した講座内容で人材養成をしてきました。
その一環で、熊本の荒尾干潟ビジターセンターや鹿児島の重富干潟への研修なども行い、地域の拠点同士の連携で活動とネットワークを広げています。

肥前鹿島干潟
釘尾:SDGsについては、まだ具体的な取り組みには至っていないのですが、活動ごとにSDGsへの関わりを伝えていく工夫を考えています。
まずは市民のみなさんに知ってもらうためにも、私たちが伝えられるようにしていきたいですね。
もともと、ラムサール条約推進室は取り組みの幅が広く、SDGsの様々なゴールへのつながりも多くあり、海の環境保全、住みやすいまちづくり、食糧など様々な課題とつながっていることを発信できればと思います。協議会の取り組みとしては、女性の活動もありジェンダーについても含まるかなと思います。

 

環境学習の参加者や子どもたちから、どんな反応がありますか?

江島:こどもラムサールの活動に参加した子どもたちが、学校での環境学習で熱心にリーダーシップをとっているなど活動をとおした成長とつながりが広がっていますね。
また、修学旅行や視察のみなさんに干潟や海を見てもらうと、一様にその綺麗さや生き物の姿におどろかれますね。
干潟交流館のオープンをきっかけに、修学旅行の受け入れに力を入れていきたいと考えています。
SDGs学習についてのニーズもあり、また受け入れ時期も冬場の学習活動に重なるため、クロツラヘラサギの生息環境や、地場産業、日頃の暮らし、農業などを活用したプログラムを提案できればと考えています。

釘尾:環境学習では、水性生物調査、干潟の体験、干潟の浄化、野鳥観察に取り組んでいますが、子どもたちがラムサール登録地に実際に行って学ぶ貴重な機会になっています。中でも、干潟体験はすごく反応がよく、子どもたちの心に残る体験になっています。
子どもたちには、川は汚いという先入観があるのですが、実際に川や海に近づいて学習してみるとそのきれいさに驚き、日頃の暮らしについても家庭での会話や水を大切にする取り組みにつながっているようです。

 

今後どのようなパートナーとの連携や協働を進めていきたいとお考えですか?

江島:先日、地元の高校から、地元への関心を高め、生徒たちが自ら地元について考える内容で講演依頼があり、お話をしてきたのですが、こうした高校生たちとのつながりや活動が大切になってくると考えています。
これまで、大人たちへの周知・認知は進んできていますが、地域内外の若者たちへのアプローチを増やしていく上でもSDGsを活用しながら、地域の酒蔵をはじめとする地場産業や活動団体とのネットワークを広げていきたいと思います。

 

<リンク>

鹿島市役所 ラムサール条約推進室 Facebook
https://www.facebook.com/hizenkashimahigata/?ref=page_internal

Tags: , ,
子どもたちの環境学習活動に対する助成事業
2020年03月27日

【助成金】子どもたちの環境学習活動に対す…

公益財団法人 高原環境財団からのお知らせです。 子どもたちの環境学習活動に対する助成事業 (1) 助成対象者 日本国内の保育園、幼稚園、小学校、およびNPO法人等の地域活動団体。 (2)…
2020年03月26日

【助成金】令和2年度…

一般財団法人みなと総合研究財団からのお知らせです。 ~令和2年度…
2020年03月26日

【募集】第31回緑の環境プラン…

公益財団法人都市緑化機構からのお知らせです。 ~都市の緑3表彰 緑の環境プラン大賞~…
2020年03月26日

平成30年度…

環境省からのお知らせです。 平成30年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査の結果(確報値)について…
2020年03月26日

「レッドリスト作成の手引」の公…

環境省からのお知らせです。 「レッドリスト作成の手引」の公表及び次期レッドリストの作成について…