epohedimg001

毎年夏に、高校生たちが様々な分野のボランティア活動について

意見交換や交流する「国際ボランティアワークキャンプ」が開催されます。

主催は実行委員会、企画をサポートする熊本市国際交流振興事業団(EPO九州が入居する熊本市国際交流会館の指定管理者)

とともに活動が始まっています。

そのワークキャンプの中で、環境をテーマとする分科会が企画され、担当する3人の高校生が相談にきました。

「水」環境について、水質汚染や暮らしと水の関係をテーマにしたいとのこと。

話を聞きながら、熊本市の水の科学館を紹介(水をテーマにした俳句コンテストなどがあっています)したり、

水環境に詳しい大学の研究室(ホームページ)を紹介しました。

8月のプログラムに向けて、合宿や会議が続くそうです。

  スタッフ 澤

gakushukai shigetomi
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふれあい館…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境についてご案内している施設です。今年で5年目を迎えた新しい施設です。館内ではパネル展示に加えて、錦江湾にすむ…
2019年06月14日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

長崎県雲仙市の雲仙諏訪池ビジターセンターから夏にかけてのイベントのお知らせです。…
2019年06月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月13日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターから開催イベントの情報が到着しました。…
2019年06月06日

【6/14開催】公開シンポジウ…

情報元:国立環境研究所…