epohedimg001

急速な人口減少に伴って経済の低迷や雇用悪化・地域コミュニティーの衰退など私たちは様々な社会的課題に直面しています。
その解決の1つとして、注目されるのが「生物多様性を活かすアプローチ」です。
本研修は「自然資源を活かして地域の社会課題の解決に貢献したい」と思いを強くする仲間と一緒に、その夢・想いを実現可能なプランへと作り変え、共感を得てチームを作り、コミュニティーを動かしていくために必要なノウハウを学ぶ4泊6日(3日×2回)の特別研修プログラムです。
熱意ある皆様の参加をお待ちしています。

環境省総合環境政策局環境教育推進室が実施する「大学生等によるESD・環境教育「見える化」レポート・プロジェクト」では、この度、全国各地のESD・ 環境教育等の取組を取材する「大学生レポーター」を募集しています。

このプロジェクトに参加すると、
・地域の先進的なESDプログラムの体験取材ができ、
・全国各地から集まる大学生等と仲間になれ、
・ESDや情報発信の分野の第一人者の専門家から助言を得られ、
・他の参加者と一緒に、取材結果を社会に対し発信することができます!

 

プロジェクトへの参加費は無料です。取材や研修会参加にかかる旅費等費用のの負担はありません。
応募対象 大学生・大学院生・専門学校生・高等専門学校生
応募に関する要項やエントリーシート等は、リンク先よりダウンロードください。

 ESDに取り組んでいる人や関心のある人、取材や情報発信に関心のある人、地域のプロジェクトに関心がある人、いろいろな立場の学生が参加できます。皆様ぜひチャレンジしてみてください!!


お問い合わせ先:ダイナックス都市環境研究所 ecocon・ESD「見える化」レポート担当(北本・江沢・谷口)
電話:03-3580-8221
メール:esd-mieruka-reporter★dynax-eco.com (★を@に置き換えてお送り下さい)

interview 1018333 180

詳細はこちら http://ecocon.info/event/event2016_1.html

画像はイメージです。

環境省及び経済産業省は、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により事業者から報告のあった
平成25(2013)年度の温室効果ガス排出量を集計し、今般、取りまとめました。
 報告を行った事業者(事業所)数は、特定事業所排出者が12,466事業者(特定事業所:14,971事業所)、特定輸送排出者が1,358事業者でした。
また、報告された特定排出者の温室効果ガス排出量の合計値は7億1,667万tCO2でした。
 詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
 http://www.env.go.jp/press/102664.html

 

modern technologies 1263422 180※イメージ写真です。

環境省では、「COOL CHOICE」の一環として、個人、グループ及び企業・団体から広く地球温暖化防止への意識を醸成・喚起する動画を
募集、優秀作品の選定・表彰を行い、これからの普及啓発活動に活用することを目的に、動画募集キャンペーン「君たちの動画を待っている!
藤岡弘、地球温暖化防止道場」を開始しています。
 作品に触れた一人ひとりが、地球温暖化の問題を意識し、自分ごととして捉具体的な地球温暖化対策の実践に取り組んでいくことを決意する
ような、素晴らしい動画を募集します。
 詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
 http://www.env.go.jp/press/102681.html
地域循環共生圏公募
2020年01月28日

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラット…

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募について…
2020年01月28日

【佐賀】唐津市版脱炭素イノベー…

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏を考える地域エネルギーセミナー…
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…