epohedimg001

環境省は、経済産業省と共同で、特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律に基づき、事業者から届出のあった化学物質の平成26年度の排出量・移動量等のデータの集計等を行い、今般、その結果を取りまとめました。

COP21で採択されたパリ協定を踏まえ、昨年12月22日に総理大臣官邸で開催された「第32回地球温暖化対策推進本部」では、政府が旗振り役となって地球温暖化防止国民運動を強化していくことが決定されました。

 環境省では、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を、関係省庁や様々な企業・団体・自治体等と連携して推進しています。

 環境省は、「COOL CHOICE」の更なる認知度向上を図り、身近な生活のなかで、未来のために、今選択できるアクションへの参加を呼びかけるため、ライオン株式会社と連携施策を実施することとしました。

■詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.env.go.jp/press/102225.html

環境省では、特定外来生物の新規指定についての検討を行っています。3月15日には特定外来生物等専門家会合(全体会合)を開催し、その結果、22種類(交雑種含む)の外来生物について、特定外来生物等の指定対象とすることが適切であるとの意見が得られました。
 環境省では、これらについて、指定に向けた手続きを進めていきます。

■詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/list/kentou.html

環境省では、平成18年3月に制定された「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づく救済制度において、石綿による健康被害の一つである中皮腫の認定に当たりこれまでに7,000件近く(平成27年12月末時点)の中皮腫の医学的判定を行ってまいりました。

 この度、中皮腫の治療法の向上を図るため、救済制度で認定された中皮腫症例に係る病理所見及び画像所見、治療内容等の情報を整理、集計した中皮腫登録の情報を公開しました。

■報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/102245.html
地域循環共生圏公募
2020年01月28日

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラット…

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募について…
2020年01月28日

【佐賀】唐津市版脱炭素イノベー…

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏を考える地域エネルギーセミナー…
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…