epohedimg001

mirai47kei

 

WWFジャパンによる気候危機キャンペーン「未来47景」が実施されています。

全国各都道府県ごとに、喫緊の気候危機課題に取り組むためのアクションが一目で分かるようになっています。

ぜひサイトを訪れて、身近な都道府県を入力してみてください。

 

コンセプトより

あなたの故郷は、どこですか?
思い出の場所や、季節の行事、
何気ない日々の営み。
そんな、かけがえのない地元の風景が
近い将来、姿を変えてしまうかもしれません。


その原因は、気候危機。
実はここ日本でも、そしてあなたの地元でも、
さまざまな異変が現れはじめています。


私たちにとって「宝」とも言える
風景を文化を日常を、
未来につないでいくために。
あなた自身のアクションで
地元と地球を、救いませんか。


未来の風景は、
あなたの行動で変えられる。

 

未来 47 景 | 気候危機で地元どうなる?
https://www.wwf.or.jp/campaign/mirai47kei/

 

Tags: ,

 環境省では、本年3月31日より応募受付を開始している「Newドギーバッグアイデアコンテスト」(主催:環境省、消費者庁、農林水産省及びドギーバッグ普及委員会)に関連し、応募を検討されている方・すでにされた方、飲食店での食べ残しによる食品ロスの削減に関心のある方等に向けて、食べきれなかった料理の持ち帰りに関する現状や課題に関する理解を深めていただき、コンテストへの応募に向けたアイデア作りのきっかけとしていただくため、「Newドギーバッグアイデアコンテスト オンラインワークショップ」を開催しますのでお知らせします。

本コンテストは、食べきれなかった料理を持ち帰ることを身近な文化として広め、利用者の自己責任、またお店との相互理解の下で、飲食店等における持ち帰りの実践を促す社会的な機運醸成を図ることを目的として開催するものです。
多くの方のワークショップへの御参加・御視聴をお待ちしております。

 

開催趣旨

Newドギーバッグアイデアコンテスト(ネーミング部門、デザイン部門)への応募を考えているデザイナー、美術系の学生、その他食品ロス・ドギーバッグに関心のある方々対象として、デザインの専門家や飲食業界に詳しい方々からの御講演や、コンテスト応募に関する質疑応答、少人数でのワークショップ参加を通じて、食べきれなかった料理を持ち帰りに関する飲食店の現状や課題等について理解を深めていただくことを目的として開催するものです。

なお、本ワークショップは、新型コロナによる影響を踏まえオンラインにて開催いたします。

 

開催概要(予定)

新型コロナウィルスによる影響を踏まえ、応募のヒントやアイデア作りのきっかけとなるようなワークショップをオンラインで2回開催致します。

 

【第1回】「世界の食品ロスをなくすニッポンの力」 

○日時 :令和2年6月27日(土) 15:00~17:00 

○開催方法 :ウェブ会議方式

○講師 :谷崎テトラ氏(京都芸術大学 客員教授)

 佐々木ひろ子氏(フードジャーナリスト、一般社団法人 Chefs for the Blue 代表理事)

○ナビゲーター:石川淳哉氏(Newドギーバッグアイデアコンテスト 総合プロデューサー)

○対象者 :Newドギーバッグアイデアコンテスト(ネーミング部門、デザイン部門)への応募を考えているデザイナー、美術系の学生、その他食品ロス・ドギーバッグに関心のある方々

○定員     :先着500名 ※定員になり次第締め切り

○プログラム概要:

・オープニング

・講演①「地球環境からみた食品ロスへの提言」

・講演②「日本と世界 レストランの現場から」

・トークセッション「Newドギーバッグの社会実装に向けて」

・質疑応答

【第2回】「世界の食品ロスをなくすデザインの力」


○日時 :令和2年7月11日(土) 15:00~17:00

○開催方法 :ウェブ会議方式

○講師 :福島治氏(東京工芸大学デザイン学科 教授)

             小林富雄氏(愛知工業大学 経営学部教授、一般社団法人 サステナブル            フードチェーン協議会会長)

○ナビゲーター :石川淳哉氏(Newドギーバッグアイデアコンテスト 総合プロデューサー)

○対象者 :Newドギーバッグアイデアコンテスト(デザイン部門)への応募を考えているデザイナー、美術系の学生等

○定員 :先着250名 ※定員になり次第締め切り

○プログラム概要:

・オープニング

・講演①「世界のドギーバッグと外食産業の未来」

・講演②「社会を変える効き目のあるデザイン」

・トークセッション「ドギーバッグの好事例について」

・ワークショップ(分科会)

※当日の御参加が難しい方でも、内容が確認できるように後日環境省YouTubeに掲載予定です。

https://www.youtube.com/user/kankyosho

 

参加方法について

  下記のコンテスト特設サイトにアクセスして頂き、「ワークショップに応募する」より御応募ください。

  <Newドギーバッグアイデアコンテスト特設サイト>

  http://www.env.go.jp/recycle/foodloss/contest.html


 

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-6205-4946
  • 室長冨安 健一郎(内線 6831)
  • 課長補佐和田 直樹(内線 7832)
  • 担当野村 利輝(内線 7894)

 

環境省_「Newドギーバッグアイデアコンテスト オンラインワークショップ」の開催について
https://www.env.go.jp/press/108132.html

 

Newドギーバッグアイデアコンテスト|環境省、ドギーバッグ普及委員会、消費者庁、農林水産省
http://www.env.go.jp/recycle/foodloss/contest.html

doggybag2020

 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(平成15年法律第97号。以下「カルタヘナ法」という。)に基づき、遺伝子組換え農作物のワタ1件及びダイズ1件について、第一種使用等に関する規程の承認を受けるための申請がありました。この承認に先立って国民の皆さまからの御意見を募集するため、令和2年6月22日(月)から令和2年7月21日(火)までの間、パブリックコメントを実施します。

 

1 カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認について

 遺伝子組換え農作物の栽培等に当たっては、カルタヘナ法に基づき、野生動植物に影響を与えないかどうかを事前に評価することとなっています。具体的には、遺伝子組換え農作物のほ場での栽培など、環境中への拡散を防止せずに使用等をする場合(第一種使用等)、使用等をする者は、使用方法などに関する規程(第一種使用規程)を定め、これを農林水産省及び環境省に申請し、事前に承認を受ける必要があります。

 なお、食品としての安全性(厚生労働省が担当)、飼料としての安全性(農林水産省が担当)に関しては、それぞれの法律に基づき科学的に評価を行っています。

2 意見の募集について

 今般、カルタヘナ法に基づき、以下の遺伝子組換え生物等の第一種使用規程の承認申請があり、生物多様性影響に関して学識経験者から意見を聴取しました。この結果、申請に係る遺伝子組換え生物等を第一種使用規程に従って使用した場合には、生物多様性影響が生ずるおそれがないと認められたことから、主務大臣である農林水産大臣及び環境大臣が承認することを予定しています。つきましては、以下の申請を承認することについて、広く国民の皆さまから御意見を募集します。

 御意見のある方は、下記の「3 意見募集要領」に沿って御提出ください。

 なお、本意見募集は、農林水産省においても同時に実施されております。御意見は農林水産省又は環境省のいずれかに御提出いただければ、両省において考慮されることとなりますので、同じ御意見を両省に提出して頂く必要はありません。

 農林水産省及び環境省では、当該申請の承認について、皆さまから頂いた御意見を考慮した上で決定し、御意見の概要とそれについての考え方を取りまとめた上で公表する予定です。

 生物多様性影響評価に関する学識経験者と、その意見の詳細については、こちらから御覧ください。

 令和2年3月11日総合検討会:(農林水産技術会議ウェブサイトへリンク)

https://www.affrc.maff.go.jp/docs/commitee/diversity/20200311.html


<意見を募集する第一種使用規程の承認申請案件>

遺伝子組換え生物等の種類の名称

第一種使用等の内容

申請書等

除草剤グリホサート及び 4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ阻害型除草剤耐性ワタ

(2mepsps, hppdPfW336-1Pa, Gossypium hirsutum L.) (GHB811, OECD UI : BCS-GH811-4)

食用又は飼料用に供するための使用、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為

資料1

チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤アリルオキシアルカノエート系、グリホサート及びグルホシネート耐性ダイズ

(改変cry1F, 改変cry1Ac, 改変aad-12, 2mepsps, pat, Glycine max (L.) Merr.)(DAS81419×DAS44406, OECD UI:DAS-81419-2×DAS-444Ø6-6)

食用又は飼料用に供するための使用、加工、保管、運搬及び廃棄並びにこれらに付随する行為

資料2

 

○遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に規定する第一種使用規程の承認の申請に係る学識経験者の意見   <資料3>

 

 

その他、意見募集要領、添付資料につきましは下記よりご確認ください。

 

環境省_遺伝子組換えワタ及びダイズの第一種使用等に関する承認に先立っての意見募集について
https://www.env.go.jp/press/108121.html

idenshikumikae20200627

 特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)に基づく、令和元年度における家電リサイクル実績について、公表します。
 全国の指定引取場所において引き取られた廃家電4品目は、約1,477万台(前年度比約8.9%増)でした。
 また、再商品化率は、エアコンで92%(法定基準80%)、ブラウン管式テレビで71%(同55%)、液晶・プラズマ式テレビで85%(同74%)、電気冷蔵庫・電気冷凍庫で80%(同70%)、電気洗濯機・衣類乾燥機で91%(同82%)と、法定基準を上回る再商品化率が引き続き達成されました。

 平成13年4月に施行された家電リサイクル法は、廃家電4品目(エアコン、テレビ(ブラウン管式及び液晶・プラズマ式)、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機・衣類乾燥機)について、消費者による適正排出、小売業者による消費者からの引取り、家電メーカー等による指定引取場所における引取り及び家電リサイクルプラントにおける再商品化等を推進しています。

 

・引取りの状況、再商品化等の状況については下記よりご確認ください。

環境省_令和元年度における家電リサイクル実績について
https://www.env.go.jp/press/108131.html

kadenrecycle

環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(環境教育等促進法)に基づく「体験の機会の場」について2ヶ所が認定され、「体験の機会の場」は全国20か所となりました。

 

「体験の機会の場」認定制度について

 環境教育等促進法第20条に基づく制度で、民間の土地・建物の所有者等がその土地・建物を自然体験活動などの体験活動の場として提供する場合に、申請に基づき都道府県知事等の認定を受けることのできる制度です。認定に当たり、安全確保に関することや実施体制に関することが要件にあり、環境教育の質の高さを担保するとともに、安心して参加できる体験活動の機会提供につながっています。現在、20の場が認定を受けています。
 環境教育等促進法に基づく「環境保全活動、環境保全の意欲の増進及び環境教育並びに協働取組の推進に関する基本的な方針」(平成30年6月閣議決定)では、今後の学びの方向性として、体験活動を重視し、その中核として、「体験の機会の場」認定制度の積極的な活用を図ることとしています。
https://edu.env.go.jp/system.html

 

・名称:藤クリーン株式会社リサイクルセンター

                              https://kk-fuji-clean.jp/tours/

・所在地:岡山県岡山市南区藤田1664番地8
・申請者:藤クリーン株式会社 代表取締役 松田一寿
・認定者:岡山市長
・事業内容:リサイクル施設の見学(講義、意見交換等)、ビオガーデンの見学(産業廃棄物をリサイクルしたものを利用した施設、リサイクル資材を活用したこけ玉作り体験等、地域の生態系)

 

環境省_環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」の新規認定について(藤クリーン株式会社リサイクルセンター【リサイクル施設等の見学・体験活動】 )
https://www.env.go.jp/press/108125.html

 

 

 

・名称:ダチョウによる食品リサイクルループの仕組みと食品ロスについて

    http://www.chutoku-g.co.jp/pressroom/5042/
・所在地:株式会社中特ホールディングス(山口県周南市大字久米3078の1)
     株式会社リライフ下松リサイクル工場(山口県下松市東海岸通り18番の1)
・申請者:株式会社中特ホールディングス 代表取締役社長 橋本福美
・認定者:山口県知事
・事業内容:講義(食品リサイクルや食品ロス)、体験プログラム(野菜くずなどをダチョウへ給餌)
      (参考:中特グループが取り組むダチョウによる食品リサイクル http://www.chutoku-g.co.jp/d_story/)

 

環境省_環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」の新規認定について(株式会社中特ホールディングス【ダチョウによる食品リサイクルループの仕組みと食品ロスについて】)
https://www.env.go.jp/press/108127.html

 

taikennobadukuri

Tags: ,
Default Image
2020年09月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(9月下旬)…

令和2年9月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年09月30日

【10/16締切】環境省…

令和元年度(補正予算)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設を地域の防災・エネルギー拠…
2020年09月30日

【10/8開催】環境省「Mor…

「Morning Pitch」とのコラボレーションによる「環境特集」イベントを開催!…
2020年09月30日

【10/16締切】環境省「令和…

中長期のCO2削減目標に向けた中小企業の取組を支援します 環境省は、既にScience Based…
2020年09月30日

【12/15まで】環境省「選ぼ…

~消費行動を環境行動に!「選ぼう!3Rキャンペーン2020」~…