epohedimg001

 

R2 doubutsuaigo poster

 

広く国民の皆様に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、動物愛護週間(毎年9月20日~26日)が定められています。環境省と動物愛護週間中央行事実行委員会は、令和2年度動物愛護週間に際し、普及啓発を行うためのポスターのデザイン絵画を公募します。最優秀作品には環境大臣賞が贈られるとともに、最優秀作品をデザインとした動物愛護週間のポスターを環境省が作成し、全国の自治体等に配布して広く活用します。

 

 

1.公募の趣旨


国民の皆様に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、「動物の愛護及び管理に関する法律」で動物愛護週間(毎年9月20日~26日)が定められています。環境省では、毎年、動物愛護週間のポスターを作成して全国の自治体や小学校等に配付しており、ポスターのデザイン絵画を広く一般に公募することによって、動物愛護週間の普及と国民の動物愛護管理に関する意識の一層の高揚を図っております。

 

2.デザイン絵画のテーマ


「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」

今年の動物愛護週間は、「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」をテーマに、人も動物も幸せに生を全うするにはどうしたらよいか、そして動物とともに暮らせる社会をどのように作って行くかを考える機会です。社会における生命の尊重、友愛及び平和の情操の涵養のあり方を問うとても大きな題であるとともに、人も動物も幸せに暮らせる社会を構築するために、必ず考えていかなければならない課題でもあります。今年のコンクールでは、人と動物の関係を広く大きくイメージした作品を募集します。

3.各賞


最優秀作品(環境大臣賞)1点 賞状・記念品(図書カード5万円程度)

優秀作品(動物愛護週間中央行事実行委員会委員長賞)5点 賞状・記念品(図書カード1万円程度)

最優秀作品については今年度の動物愛護週間ポスターとして採用し、全国の自治体、関係省庁、報道機関等に配布するとともに、動物愛護管理行政の推進を図るための資料として活用します。

4.主催


環境省、動物愛護週間中央行事実行委員会(環境省・東京都・台東区・公益財団法人日本動物愛護協会・公益社団法人日本動物福祉協会・公益社団法人日本愛玩動物協会・公益社団法人日本獣医師会・公益社団法人日本動物園水族館協会・一般社団法人家庭動物愛護協会・一般社団法人日本雑誌協会)

5.審査方法


環境省及び動物愛護週間中央行事実行委員会が選任する審査員が、審査を行います。審査員は、動物の愛護管理の専門家、デザインの専門家、マスコミ関係者、国及び地方自治体の動物愛護管理行政担当職員等で構成する予定です。

6.スケジュール(予定)


令和2年5月31日     募集締切(当日消印有効)

令和2年6月中旬     審査会-各賞決定

令和2年6月下旬     結果発表(環境省ホームページ等で公表)

令和2年7月       ポスターの印刷・全国配布

令和2年9月       表彰式(どうぶつ愛護フェスティバル)

 

その他、応募の詳細は下記からご確認ください。

環境省_令和2年度動物愛護週間ポスターのデザイン絵画コンクールの実施について
https://www.env.go.jp/press/107968.html

 

kokuritsukouen hojo encho

環境省においては、現在、令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(野生動物観光促進事業の補助事業)の1次公募を行っているところですが、コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言を受け、各種事業主体において業務体制や内容の見直し等が図られている状況に鑑み、公募期間の締切りを令和2年4月24日(金)から同年5月20日(水)に延長します。

補助対象となる補助事業及び公募の詳細については

※環境省HP(http://www.env.go.jp/press/107924.html)より御確認ください。

環境省_令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(野生動物観光促進事業)の補助事業の1次公募期間の延長について
https://www.env.go.jp/press/107981.html

 

a 1a

 

これまでに起こった様々な災害における実例を基に、環境省は人とペットの災害対策ガイドライン「ボランティアの活動と規範」を令和2年3月に発行し、自治体や関係団体に配布しました。本ガイドラインについて環境省、動物愛護管理室のホームページに掲載いたしますので、御活用ください。


1.「ボランティアの活動と規範」の概要

災害時のペットに関する対応において民間ボランティアが果たす役割は極めて重要です。ペットに関するボランティア活動には、飼養が困難になったペットの一時預かりや譲渡先の選定、放浪動物の保護と飼い主探し、避難所等における適正飼養のサポートや飼育用品の提供、傷病動物に対する治療など多様な分野があり、これまでの災害の発生時には大勢のボランティアにより活動が行われてきました。

また活動への参加の形も、所属する団体の一員や、個人として、または、現地動物救護本部等が実施する動物救護活動に協力するなど、様々な形態が見られました。このような中で、被災地に駆け付けたボランティアの動物救護活動にあたっては、様々なトラブルも見られました。本ガイドラインでは、大規模災害の際に被災ペットの救護等を実施するボランティアが、自治体と円滑に協働し、活動していただく上での一つの指針となるように、これまでの活動事例を基に、望まれる行動の基準を示しました。

自治体の皆様には、担当される地域でペットに関するボランティアを受け入れる際やボランティアを育成する際の参考に、また人とペットのために御活躍いただくボランティアの皆様には、災害時の活動が更に有益かつ効果的なものになるように、本ガイドラインを御活用いただければ幸いです。

2.「ボランティアの活動と規範」の目次

はじめに

用語解説

Ⅰ.自治体の役割

1 ペットボランティア活動における自治体等の役割

(1)組織間連携と協働体制の構築

(2)情報ハブとしての役割

(3)ペットボランティアの育成と登録

Ⅱ.被災地で実施するボランティア活動

ボランティアの皆さまへ

1.災害ボランティアの活動について

2.ペットに関する災害ボランティア活動とは

3.ペットボランティアの活動 -災害時の動物救護の歴史-

4.自分にできることは何だろう -ボランティアの種類と役割-

資料編

・防災ボランティアに関する法的枠組

・動物の愛護及び管理に関する法律

・所有者の判明しない犬又は猫その他の動物を拾得したとして申告を受けた場合等の取扱いについて

・ボランティアの定義人とペットの災害対策ガイドライン「ボランティアの活動と規範」は

下記のホームページに掲載します。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/r0204a.html

R2 midori kourousya

 

環境省では、自然環境の保全に関する顕著な功績があった者(又は団体)を表彰し、これを讃えるとともに、自然環境の保全について国民の認識を深めることを目的に、平成11年度から毎年度、『「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰』を行っています。
令和2年度は、計38件の個人又は団体が選ばれました。

 

九州、沖縄地域からは2団体と、3名の方が選ばれています。

 

【保全活動部門】

・NPO法人 くまもとライフボート(熊本県)
・荻野 洸太郎さん(鹿児島県)

 

【自然ふれあい部門】

・松尾 公則さん(長崎県)

・NPO法人 コロボックル・プロジェクト(熊本県)

 

【調査・学術研究部門】

・大木 公彦さん(鹿児島県)

 

 

令和2年度の表彰数等について

(1)表彰数

38件(個人19件・団体19件)
 ※報道発表への公表を希望されない被表彰者を除き、37件(個人18件・団体19件)の被表彰者名及び功績概要は別添1のとおり。

 

(2)対象分野

[1]保全活動部門(17件)
貴重な自然や身近な自然などの保全のため特色ある活動を推進した者等

[2]いきもの環境づくり・みどり部門(5件)
地域における野鳥や小動物の生息環境の創出、あるいは日々の暮らしの中でのみどりの普及等を推進した者等

[3]自然ふれあい部門(10件)
自然とのふれあいに関する各種活動や行事を推進した者等

[4]調査・学術研究部門(6件)
自然環境の保全・創造や自然とのふれあいに関する調査、研究で顕著な功績がある者等

 

なお、例年「みどりの月間」中に表彰式を開催しておりますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し、本年度は中止とさせていただきます。

 

●表彰者一覧等はこちらから

環境省_令和2年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰について

https://www.env.go.jp/press/107949.html

 

Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…