epohedimg001

環境省では、将来的な地球温暖化対策の強化につながる技術開発・実証を、「CO2 排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」により、実施することとしております。
 この度、平成27 年度新規課題の公募を開始することとなりましたので、お知らせします。

■事業の概要
  CO2排出削減技術の開発・実証は、CO2 排出削減量の拡大及び地球温暖化対策コストの低減を促すとともに、当該技術が社会に広く普及することにより、低炭素社会の創出に資する取組です。
  一方、民間に委ねるだけでは必要なCO2 排出削減技術の開発が必ずしも十分に進まないことから、本事業により、将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2 排出削減効果の優れた技術の開発・実証を主導し、CO2排出量の大幅な削減を目指します。
■公募期間
 1月14日(水)~2月10 日(火)17時
■対象等
 対象:民間団体、公的研究機関、大学等
 内容:委託、補助(補助率最大1/2)
■予算及び実施期間
 予算は1課題・単年度当たり3千万円~5億円程度(補助金は事業費ベース)、実施期間は原則3年間以内とします。
■応募方法
  本事業へ応募される場合には、下記の環境省ホームページから本事業の応募様式等をダウンロードし、公募要領・作成要領にしたがって必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。
  環境省ホームページ「地方公共団体・事業者向け支援事業」
  http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html

12月は、自動車交通量の増加、ビルや家庭の暖房の他、気象条件の影響等により、大気汚染物質濃度が高くなる傾向があります。
 環境省では、毎年12月を大気汚染防止推進月間として、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。
 この機会に大気汚染の防止について、みんなで考えてみませんか?

 大気環境を守るための、環境省からの提案です。

■自転車や電車の使用を心がけましょう
  冬に空気が汚れる理由のひとつに、自動車交通量の増加があります。天気のいい日は出来るだけ自転車で出かけるなど、移動の際には、自転車や公共交通機関の使用を心がけましょう。
  ※smart move
   http://funtoshare.env.go.jp/smartmove/about/index.html
■暖房の使用を控えましょう
  過度の暖房使用は空気が汚れる原因となります。暖房は室温20度で、重ね着などの工夫をウォームビズやウォームシェアで暖かな冬をお過ごし下さい。
  ※ウォームビズ
   http://funtoshare.env.go.jp/warmbiz/
■エコドライブを実践してみましょう
  自動車に乗ってもいても環境のために出来ることがあります。ふんわりアクセルeスタートから始めてみましょう!
  ※エコドライブ10のすすめ
   http://www.env.go.jp/air/car/ecodrive/susume.html
■大気汚染の防止について考えてみましょう
  ※大気環境・ぜん息などの情報館(独立行政法人 環境再生保全機構)
   http://www.erca.go.jp/yobou/

環境省では平成17 年度から、冬の地球温暖化対策の一つとして、暖房時の室温20℃で心地良く過ごすことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進しています。
 ■公式ウェブサイト:http://funtoshare.env.go.jp/warmbiz/

 今年度も11 月1日から3月31 日までをウォームビズ期間とし、エネルギー全般の使い方を見直しながら、各主体が低炭素社会の構築に向けたビジネススタイル・ライフスタイルに変革することを目指し、オフィスや家庭でできる「ウォームビズ」の普及啓発を進めていきます。

 また、昨年度に引き続き、「ウォームビズ」の取組に更にもう一つ、楽しく、温かく、快適に過ごすためのアイテムやアイデア、アクション等をプラスする「WARMBIZ + ONE」(ウォームビズ・プラス・ワン)や、一人ひとりが暖房を使うのではなく、みんなで暖かいところに集まることでエネルギー消費の削減につなげる「ウォームシェア」を様々な主体と連携して呼び掛けていきます。

青森大学社会学部社会学科とニューヨーク州立大学シラキュース校大学院環境科学研究科の研究チームは、「環境教育と持続可能な開発」に関する日米比較研究に取り組んでいます。

 

今年度は、特にESDの10年の締めくくりの年でもあります。この研究にあたって、環境教育を様々な形で実践されている方々がどのように「持続可能な開発」を捉え、運用されているのか国際レベルで把握することは、今後の可能性と課題を整理する上で、非常に大切だと考えられています。

 

ご関心のある方は、以下のリンク先の説明文をご参考の上、調査のためのアンケート(約15分程度)にご協力ください。

https://www.surveymonkey.com/s/ZCYR7VC

3.11後の原発事故を受け、エネルギー政策の見直しが進んでいます。政府は、原子力発電、

自然エネルギー、電力需給、地球温暖化などの視点を踏まえ、これからの日本のエネルギー政策の

選択肢を示す予定です。
本セミナーでは、政府の検討に参加したエネルギーの専門家に選択肢の意味を聞き、疑問に答えて

もらいながら、参加型の議論を行い、地域の視点から、わたしたちの「エネルギー政策」のこれから、

社会のこれからのあり方を探ります。

日時:2012年7月15日(日)13:30~18:00(受付

13:00~)

会場:キャンパスプラザ京都(JR京都駅より徒歩すぐ)
<交通アクセス http://goo.gl/DcstQ

対象:原発、自然エネルギーなどの未来について考えたいと
思っている方(どなたでも参加いただけます)
<内容>
【第1部】エネルギー政策の選択肢の意味とは?
講演・植田和弘氏(京都大学大学院教授・資源エネ庁基本問題委員会委員)
報告・平田仁子(気候ネットワーク東京事務所長)ほか
質疑応答

【第2部】エネルギー政策について議論しよう

専門家のコメントを参考にしながら、エネルギーの選択肢について参加者が

議論を行います。

(コメンテーター)
浅岡美恵(気候ネットワーク代表・原子力委員会新大綱策定会議委員)
第1部の登壇者のみなさん


参加費:一般500円、気候ネットワーク会員・学生無料

申込み:次のウェブサイトよりお申込みください。
http://www.kikonet.org/event/20120715.html

主催:特定非営利活動法人気候ネットワーク

※このシンポジウムは、平成24年度独立行政法人環境保全
再生機構地球環境基金の助成を受けて開催します。








tsuruchirashi pageoo
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツルフェスタ

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に向けた「パーク&ライド出水ツルフェスタ」を実施します。このイベントはH28から出水市と環境省とで「ツ…
2020年01月17日

【福岡】SDGsへの取組みにつ…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2020年01月17日

【長崎】西海国立公園九十九島ビ…

長崎県の西海国立公園九十九島ビジターセンターからのお知らせです。九十九島の冬の自然を感じながら、散策…
2020年01月17日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

1月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…
2020年01月15日

【熊本】南阿蘇ビジターセンター…

南阿蘇ビジターセンターからのお知らせです。南阿蘇の1年間を通した自然の姿を見ることができる展示会や、…