epohedimg003

こんにちは。九州では、梅雨が明けてきています。いろいろな場所で、野外体験のプログラムが目白押しの季節ですね。

先日、EPO九州スタッフは、熊本のNPO団体の活動にボランティアリーダーとして参加させていただきました。今回は、その日帰りプログラムの様子をご紹介します。


団体名  :NPO法人しぜん あそ・まな・くらぶ
プログラム名:わくわく教室
期日   :平成26年7月5日(土)
場所   :熊本市総合体育館、江津湖
活動学年 :小学1年生~6年生(今回は15名程度)


この日の天気はくもり、時々小雨。午前・午後とリーダーとして、他のリーダーや参加の小学生と一緒に活動しました。集合場所に着くと、初めて参加するリーダーということで、ネームプレートに次のことを書きました。キャンプネーム、好きな色、好きな動物、本名です。

午前中は4つの班に分かれてフルーツゼリー作り。果物はみかん缶とパイン缶、りんごとキウイ。体育館内にある料理室で、エプロン姿の子どもたちが班ごとに役割分担をして、まずは缶詰を缶キリで開けたり、フルーツを包丁で切ったり。

缶切りが必要なタイプやタブ式の缶詰に苦戦する子どもたち。一方ですぐに缶を開けられた班もありました。私の班では、お手本で実際に少し缶を開けてみたり、手を添えて一緒にちょっとずつ開けたりして説明しました。最後は子どもたちの力で無事に缶開けが成功しました!

材料を混ぜて、盛りつけまでみんなで挑戦。小さく切ったフルーツの盛り付けは、班ごとにセンスが光りました。残念ながらゼリーはうまく固まらなかったけれど、フルーツポンチ風においしくいただきました。

午後はみんなで江津湖へ移動。水着に着替えて川遊びです。江津湖の水は透き通っていて、そして冷たかったです。でも、子どもたちは元気いっぱい。水鉄砲を作ったり、水中にいる植物を見つけたり、泳いだり、大きな石の上で休憩したりして、楽しそうに活動していました。


リーダーは参加した小学生にフレンドリーに接しつつも、安全に配慮して行動していました。また、身近にある料理や自然を実際にいろいろな人と体験することで、人とのふれあいが生まれ、自然をより親しみのあるものに感じることができると思いました。


 参加を快く承諾してくださったNPO法人しぜん あそ・まな・くらぶの皆さま、ありがとうございました!

こんにちは。今回は、先日行われましたEPO九州の第1回運営委員会についてのご報告です。

日時:平成26年6月16日(月) 15:00~17:30
場所:桜の馬場 城彩苑 多目的交流施設

EPO九州では、年に数回運営委員会という場を設け、EPO九州の運営に対し、さまざまな分野の方から運営委員としてご助言をいただいています。

当日は九州各地からお越しいただいた運営委員の方々、九州地方環境事務所、加えて運営団体、EPO九州により会議が開かれました。

今回の議題は、前年度の事業報告と、今年度のEPO事業について。この1年間のEPO九州の向かう目標や各事業の取組み方について、前年度の成果や今年度の取組みと予定を交えながら話し合いました。

この委員会にて、EPO九州の運営における課題や提案など多くの貴重なご助言をいただきました。ここでいただいたアドバイスを、今後のEPO九州の運営に役立てていきたいと思います。

お忙しいところ、ご出席いただきました委員のみなさま、ありがとうございました!



 みなさんこんにちは。梅雨に入ったとのことですが、変わりやすい天気に体調をくずされないようにしてくださいね。環境省では、熱中症予防のページを作っていますのでご覧ください。
環境省 熱中症予防情報サイト

 さて、先週は北九州へ足を運び、ESDに関するミーティングとワークショップに参加してきました!

期日:平成26年6月6日(金)
場所:北九州市立男女共同参画センター・ムーブ5階

○「市民と世界をつなぐ 九州ESD推進会議」顔合わせ会
 九州のさまざまな地区から、ESDに関する事業を行っている団体の方に参加していただき、「市民と世界をつなぐ 九州ESD推進会議」の顔合わせのミーティングが行われました!
 北九州ESD協議会代表の寺坂さんからご挨拶、20名程度の参加者それぞれの自己紹介、そして北九州ESD協議会副代表の三隅さんからこの会議の趣旨説明がありました。今後、この会議を通じて、九州全体のESDに関する取り組みをまとめて、11月の世界会議に向けて発信していく予定です。


○ワークショップ「持続可能な未来のためのミーティングin北九州」
 ワークショップでは、NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表の森さんによる進行のもと、60名ほどの参加者がいくつかのグループに分かれ、ESDについてディスカッションを行いました。参加者は、ESDの活動を積極的に行っている団体の方々で、その多くが北九州で活動されている方でした。


 まず、初めての人と挨拶、握手を交わすというアイスブレイクからスタート。そして、同じテーブルには異なる団体の人同士で集まり、着席。自己紹介とともに、各団体の事業や取り組みについて紹介しました。それからいよいよディスカッション。
 各自、ESDの取り組みに関して思うことや感じていることを付箋に書きます。付箋は良い点(青色付箋)、こうするともっと良くなる点(赤)、共通点・特徴(黄)と色分けし、広用紙にそれらを貼ってまとめていきました。


 そして、ここでちょっとランチ休憩。
 サンドイッチをもぐもぐして和んだあとは、ディスカッションのまとめをしました。各グループのディスカッションの成果を「キーフレーズ」としてA4用紙1~2枚に要約。そして、それらの紙をホワイトボードに貼って、全グループ分のキーフレーズを集めました。一見ばらばらとも見える各グループの意見を、ファシリテーターの森さんがすっきり・なるほどという形にまとめてくださり、ESDに対する共通認識を深めたところで終了しました。

 

DSC_4420.JPG

 今後もEPO九州でも情報発信や協働取組を通して、ESDのことをもっと多くの方に知っていただき、身近なものになるよう努めてまいります。

Guten Tag!(こんにちは。)
今回はドイツ語であいさつしてみました。環境先進国ドイツ!以下は、そんなドイツと環境に関する記事です。

先日行われた、エコライフ・カフェin熊本。タイトルは「環境先進国ドイツで学ぼう!」~ドイツ研修の報告と研修のすすめ~。セブン-イレブン記念財団によりドイツで行われた「環境ボランティアリーダー海外研修」がどんな内容だったのか、実際に参加された4人の方のお話を聴いてきました!

期日:平成26年5月28日(水)18:30~
場所:森都心プラザ 6FA会議室

講師:
・園田敬子(NPO法人環境ネットワークくまもと事務局長)
・宮原美智子(NPO法人九州環境サポートセンター副理事長)
・梅田幸代(一般社団法人ESDキッズクラブ代表)


コーディネーター:
・立山芳輝(チェスト!代表)

前半の体験談では、それぞれの方の研修に応募したきっかけ、ドイツには実際どんな団体・活動があるのか、研修を終えて実際に行動されたことなどを紹介していただき、環境NPOの方が抱えていらっしゃる課題や研修での発見、研修を通じて実行された解決策などを知る機会になりました。

後半は、質疑応答の時間。カフェならぬお茶・お茶菓子と共にゆったりしつつ、トークの内容はドイツの環境に対する意識や、活動の広報の仕方など、日本との違いを考えさせられたコーナーでした。

印象的だったのは、応募時だけでなく、研修中・研修後もレポートがあり、多くの文章を書かれたということです。発表者の梅田さん曰く、書くことにより(自分の思いや抱えている課題が)整理されるとのこと。もちろん記録にもなりますよね。私もやってみようと思いました!

セブン-イレブン記念財団では、今回の講師の方が参加された「環境ボランティアリーダー海外研修」の参加者を募集されていますので、興味をお持ちの方はぜひホームページをご覧ください。
http://www.7midori.org/

Bis zum naechste Mal, Tschuess!(ではまた。)


山畑



みなさんこんにちは。大分暑くなってきましたね!
熱中症にはくれぐれもご注意してお過ごしください。

5月も終わりに近づいた週末のよく晴れた日。福岡県遠賀郡岡垣町にて、今年の九州環境教育ミーティング2015第1回実行委員会が開かれました。

九州環境教育ミーティング(KEEM)とは:
九州地域を中心とした環境教育に関心を持つ方々による、ゆるやかで実りあるネットワークづくりを目指してつくられた場です。企業や団体、行政だけでなく、一般の方も参加でき、多様な価値観に対し常に”ニュートラル”であることも目指しています。http://www.keem.info/


今年度は岡垣町での開催となりました。岡垣町は海あり森あり、フルーツありの色彩豊かな地域です。

第1回実行委員会は5月23日(金)。実行委員会では、来年3月に行われる大会のテーマを決めたり、会場を決めたり、実質的なことを集まったみんなで話し合います。

この日、お昼過ぎに宿泊施設・八幡屋に集合し、まずはエクスカーション(現地視察)。岡垣の町を、ぐるっと一巡り。三里松原や九州鉄道のレンガアーチ、髙倉神社などを見学しました。


DSC_4407p-001.JPG

写真1.三里松原にて


DSC_4413p.JPG
写真2.髙倉神社にて

夕食後、いよいよメインの実行委員会。エクスカーションよりもたくさんの人が集まり、一人ずつが自己紹介をした後、2015年大会の分科会テーマを決める話し合いが行われました。

KEEM大会の分科会って?:
大会当日は、前もって決められた6~7つ程度のテーマごとに参加者が分かれ、『分科会』という形で一緒に活動します。それぞれのテーマのもと、現地(山であったり、町であったり、いろいろ)を巡ったり、その土地の有名な歴史を振り返ったり、文化に触れたりして、みんなが感じたことや思ったこと、課題などをディスカッションし発表します。

この日の話し合いは白熱し、岡垣町の魅力がいくつも出され、地域の課題も少しずつ分かってきたところで閉会。詳しいテーマ決めは、また次回の委員会で話し合われます。

次の日(5月24日)は、前回大会(前回は、阿蘇の波野)の振り返りがありました。前回大会の報告冊子が出来るのも楽しみです!

その後は急遽、追加でエクスカーション。メイン会場となりそうな場所をいくつか下見し、またまた岡垣町の自然にほんわかとなり、解散したのでした。

syasin1
2019年05月15日

【参加募集】えびの高原 ミヤマキリシマ写…

宮崎県えびの市の、えびのエコミュージアムセンターから素敵な写真講座の情報が届きました。 ぜひご参加ください! □えびの高原 ミヤマキリシマ写真講座…
2019年05月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

★ご注意※詳細はリンク先を必ずご確認ください。※公開が終了している場合があります。※表示順、日程は前…
2019年05月14日

【開催案内】持続的な「里地・里…

一般社団法人…
2019年05月14日

【高森町】南阿蘇ビジターセンタ…

熊本県阿蘇郡高森町の南阿蘇ビジターセンターから5月のイベント情報が届きました。…
2019年05月14日

【雲仙市】雲仙諏訪池ビジターセ…

長崎県雲仙市の雲仙諏訪池ビジターセンターから、募集中のプログラム情報が届きました。…