epohedimg001

josei title bu

福岡県リサイクル総合研究事業化センターでは、平成27年度の「研究会」の募集を行います。
  新規性があり実用化が見込まれるリサイクル技術及び社会システムに関する研究テーマの応募をお待ちしています。
【研究会募集】
    • 1 募集期間
平成27年4月1日(水) ~ 4月16日(木) 17時まで

    • 2 対象者
「産」「学」「官」「民」のうち2者以上で構成された研究会メンバー

    • 3 研究会経費
年間100万円以内(研究期間 最長2年間)を支援します。

    • 4 要領・提案書様式等

※募集要領、様式等は、下記HPよりご確認ください。
http://www.recycle-ken.or.jp/topics/249.html

  • お問い合わせ

(公財)福岡県リサイクル総合研究事業化センター 研究開発課

〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2番1号 産学連携センタービル4F
TEL 093-695-3068 FAX 093-695-3066
E-mail

 

○概 要:
公益財団法人高原環境財団では①屋上緑化等の都市緑化への取組、②子供の環境保全体験・学習活動取組の2つで助成を行います。①は法人等が、②は環境NPOや学校、町内会等の地域活動団体が主に対象になります。

○募集期間:2015年2月1日(日)から2015年5月22日(金)まで(必着)

○応募先:公益財団法人高原環境財団
 〒108-0074 東京都港区高輪3-25-27-1301
 電 話:03-3449-8684 FAX:03-3449-2625

○お問い合わせ:下記HP内お問い合わせフォームよりお問合せください

○詳 細:http://takahara-env.or.jp/bosyu/index.html

 環境省では、「平成26年度特殊自動車における低炭素化促進事業」の5次公募を行います。
 本事業は、低炭素化・低公害化が遅れており、1台当たりのCO2排出量が多いオフロード車について、大幅な燃料消費量の削減が見込めるハイブリッドオフロード車等を新規導入する事業に対して支援を行うものです。


■補助対象事業者
 民間事業者(リース・レンタル事業者を含む。また、申請者は補助対象車の所有者に限る。)
■補助対象事業
 ハイブリッドオフロード車等を新規導入する事業(詳細については、下記URLの「12月25日発表」欄をご覧ください。)
 http://www.env.go.jp/press/index.html
■補助対象費
 補助対象となるハイブリッドオフロード車等と、同種の通常型オフロード車の車両本体価格の差額の1/2(補助金交付額は1台当たり最大130万円)


■応募方法
 所定の申請様式に必要事項を記載するとともに、必要書類を添付して、管轄の地方環境事務所へ申請を行ってください(郵送のみ)。
■公募期間
 平成27年1月6 日(火)~1月13 日(火)(当日消印有効)
■お問合せ先
 九州地方環境事務所 環境対策課(電話:096-322-2411)

公益財団法人再春館「一本の木」財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動等に取り組んでおられる団体等の皆さまに助成を行っていますが、平成27年度上期分の受付が始まります。

1.対象事業
 平成27年度上期(平成27年4月1日から平成27年9月30日)に実施予定の取組み及び平成27年度の1年間を通した取り組みで、以下の事業を対象にしています。
①多様な動植物の保護保全等
②森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
③地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
併せて次の各号に掲げる要件に該当するもの。
(1)非営利の事業であること。
(2)政治又は宗教活動に関わりのない事業であること。
2.助成額
 100万円程度を限度とし助成対象経費の1/2以内(但し特認として2分の1以上の場合もある。)
3.受付期間
 平成26年12月1日~平成27年1月31日(当日の消印有効)
4.申込み方法
 所定の助成申込書及び添付書類を、公益財団法人再春館「一本の木」財団事務局へ提出してください。
5.決定方法
 公益財団法人再春館「一本の木」財団の運営委員会の審議を経て決定します。
6.詳細は、ホームページ内の「助成制度について」をご覧ください。
7.連絡先
 公益財団法人再春館「一本の木」財団事務局
 〒861-2201 上益城郡益城町寺中1363-1
 TEL 096-289-4179 FAX 096-287-4612

 HP:http://ipponnoki.jp/

助成金等を活用しながら活動を行う団体の事例から、助成金の上手な活用方法及びNPOの多様な資金調達方法について学ぶとともに、助成団体の担当者から直接説明を聞いたり相談できる機会です。ぜひ多くの団体や担当者の皆さん足を御運びください!

(日時)平成26年11月29日(土)13:00~17:00 ※受付12:30~

(会場)佐賀市市民活動プラザ 7F 中会議室D・E(佐賀市白山2-1-12佐賀商工ビル)

(定員)40名 九州各県の環境市民活動者

(参加費)一般1,000円/NPO法人九州環境サポートセンター会員無料(資料代)

(主催)NPO法人 九州環境サポートセンター/一般財団法人 セブン-イレブン記念財団

(共催)NPO法人温暖化防止ネット佐賀商工ビル事業所・NPO法人温暖化防止ネット・地域活動支援・コンソーシアム推進部門

(協力)環境省九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)/NPO法人とす市民活動ネットワーク/NPO法人佐賀県CSO推進機構/公益財団法人佐賀未来創造基金

(内容)
■事例紹介1 「かいろう基山と資金調達」 NPO法人かいろう基山 事務局長 松原幸孝 氏

■事例紹介2 「もう一度自分たちの事業を見つめなおそう!事業資金の考え方」 環境保全教育研究所 代表 生月 菜々子氏
■助成制度説明 各助成担当者より、助成制度の概要、募集要項、申請ポイント、今後のスケジュール等について説明
(1)公益財団法人佐賀未来創造基金 

(2)NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド
(3)独立行政法人環境再生保全機構
(4)九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)

(5)一般財団法人セブン-イレブン記念財団助成団

■グループ相談会・個別相談会

 


(申込方法)下記事務所まで、以下の内容をご記入のうえ、ご連絡ください。

1氏名 2団体名 3電話 4メール 5参加者人数

(申込連絡先)NPO法人九州環境サポートセンター 

MAIL:  TEL : 096-277-9660

(チラシ)

PDFhttp://www.q-support.org/material/2014jyoseikin-saga.pdf

Facebook 九州環境サポートセンター で検索ください。

moe gvc pf
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は、脱炭素経営に関する情報プラットフォームを開設し、温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定(Scope1,Scope2,Scope3)、またSBT(Sience Based…
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は1月29日(金)まで、「日本・インドネシア環境ウィーク」を展開しており、両国の環境分野協力に…
2021年01月22日

【1/27開催】環境省…

環境省は、脱炭素経営の動向を共有、脱炭素社会の実現に向けた実践・行動を促すこと目的に、「脱炭素経営フ…
2021年01月22日

【2/9開催】国土交通省…

国土交通省は、農林水産省・環境省と共同で、生態系ネットワークに関する全国フォーラムをオンラインで開催…
2021年01月22日

【2/9開催】環境省…

環境省は、先月公表された「気候変動影響評価報告書」について概要を紹介し、適応策の一層推進について議論…