epohedimg001

josei title bu

応募期間:2014年8月1日(金)~2014年9月30日(火) 当日消印有効

<国内助成>
主旨:水と暮らしの関係を見直し、再生することを目指した創造的な取り組みを支援します。これにより、地域で暮らす人たちが共に水と暮らしの多様な関係を学び、これからの水と暮らしの望ましい関係を考え、それぞれの地域の特徴を活かした、新しい仕組みや事業を創り出す契機となることを期待します。

助成対象:
 活動内容:地域の水と暮らしの関係の再生または新しい文化の実現に向けた実践活動
 活動地域:日本国内

助成期間:2015年4月1日~2016年3月31日の1年間
助成金額:1件につき80万円を上限として助成。

<海外助成>
主旨:地域および地球規模での社会的課題の解決を目指した創造的な取り組みを支援します。各国・各エリアにおける社会的課題を明確に捉え、課題を解決するための新しい仕組みや事業を創り出す契機となることを期待します。

助成対象:
 活動内容:「水環境の保全」「衛生的かつ快適な生活環境づくり」に向けた実践活動
 活動地域:海外

助成期間:2015年4月1日~2016年3月31日の1年間
助成金額:1件につき150万円を上限として助成。

詳しくはこちら
http://www.toto.co.jp/company/environment/social/mizukikin/group/index.htm

環境省では、かおりのする樹木・草花を30本以上使用したまちづくり、庭づくりの企画を募集しています。優秀な企画に対しては「かおりの樹木・草花」を提供します。

※副賞の提供は、(公社)日本アロマ環境協会、(一社)日本植木協会の御厚意によるものです。

庭の改築や、豊かなかおり環境の創出を希望される方は是非ご検討ください!

また、今年度は来年度のチラシに使用するコンテストキャッチフレーズの募集も併せて行います。



応募締切:平成261010日(金)(当日消印有効)

HP: http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/index.html

過去の事例集: http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/cases.html

お問い合わせ先:
E-mail
  TEL03-5521-8299
環境省水・大気環境局大気生活環境室



公益財団法人 再春館「一本の木」財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動等に取り組んでおられる団体等の皆さまに助成を行っていますが、平成26年度下期分の受付が始まります。


1.対象事業
 平成26年度下期(平成26年10月1日から平成27年3月31日)に実施予定の取組みで、以下の事業を対象にしています。
①多様な動植物の保護保全等
②森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
③地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
併せて次の各号に掲げる要件に該当するもの。
(1)非営利の事業であること。
(2)政治又は宗教活動に関わりのない事業であること。
2.助成額
 100万円を限度に助成対象経費の1/2以内(但し特認として2分の1以上の場合もある。)
3.受付期間
 平成26年6月1日~平成26年7月31日(当日の消印有効)
4.申込み方法
 所定の助成申込書及び添付書類を、公益財団法人再春館「一本の木」財団事務局へ提出してください。
5.決定方法
公益財団法人再春館「一本の木」財団の運営委員会の審議を経て決定します。
6.詳細は、ホームページ内の「助成制度について」をご覧ください。
7.連絡先
 公益財団法人再春館「一本の木」財団事務局
   〒861-2201 上益城郡益城町寺中1363-1
    TEL 096-289-4179 FAX 096-287-4612

 

財団HP

http://ipponnoki.jp/

財団HP内、助成金制度について

http://ipponnoki.jp/about/assist.html

 

つないでみよう! あなたの活動と生物多様性。

生物多様性という言葉には、ちょっと難しいイメージがありますが、5つのアクションを切り口にすれば、誰もがもっと参加しやすくなるのではないでしょうか。

たとえば、地産地消で旬の食材を使う食堂(たべよう)、海や川、山での自然体験(ふれよう)、美しい自然や生きものの姿を写真で表現(つたえよう)、地域に残る伝統文化の保存(まもろう)、環境に配慮した商品開発(えらぼう)など。

ほかにもユニークな視点で生物多様性保全につながる活動がたくさんあるでしょう。ぜひ、あなたの活動を「生物多様性」とつないで、応募してみてください。ほかの誰かのアクションのきっかけにもつながるはずです。

概要

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が推進している「MY行動宣言 5つのアクション」を参考に、5つのアクションに即した活動を表彰する「生物多様性アクション大賞」を設置します。本賞は、全国各地で行われている5つのアクションに貢献する団体・個人の取組みを表彰し、積極的な広報を行うことにより、生物多様性の主流化を目指すものです。活動規模の大小を問わず、あらゆるセクターに「生物多様性の自分ごと化」を促し、「国連 生物多様性の10年」の広報・教育・ 普及啓発(CEPA)活動の一つとして、またCOP10で採択された「愛知目標」達成の一助として実施します。

具体的には、全国各地で行われている生物多様性の保全や持続可能な利用につながる活動を募り、「たべよう部門」、「ふれよう部門」、「つたえよう部門」、 「まもろう部門」、「えらぼう部門」の5部門で「優秀賞」を選定し、さらに「優秀賞」受賞者によるプレゼンテーションを経て「大賞」を選定します。

募集期間:2014年5月22日(木)から9月1日(月)まで

応募要項をご確認の上、2014年9月1日(月)までに、下記ウェブサイトの「エントリーする」にて応募してください。

http://5actions.jp/award/index.html

※同8件は、地域のみの違いのため、共通事項はまとめています。

【目的】
 環境保全に取り組む民間団体(NGO・NPO 等)のスタッフを対象とした、資金獲得、人材育成、
 広報戦略、プロジェクト管理等をテーマとした研修を開催し、組織運営における課題を解決へ
 導くために必要な各員の知識・技能向上を目的とします。また、研修を通じ、受講者同士、
 中間支援組織、専門家・行政・地域住民等のステークホルダーとのネットワーク構築を図ると
 ともに、NGO・NPOの組織運営力や活動推進力の向上と、地域における環境分野の課題
 解決への取り組みの促進を目指します。

【研修テーマ】
 資金獲得、人材育成、広報戦略、プロジェクト管理のうち1つ以上を取り上げ、研修
 テーマを設定

【業務実施期間】】(複数年契約:2年間)
 契約締結の日から平成28年2月26日(金)まで

【研修形態】
 1年目:基礎研修【本講座、他機関での現場体験・実習、ヒアリング・アドバイス、フォローアップ講座】
 2年目:基礎研修【本講座、他機関での現場体験・実習、ヒアリング・アドバイス、フォローアップ講座】※
     応用研修【本講座、他機関での現場体験・実習、ヒアリング・アドバイス、フォローアップ講座】
 ※2年目の基礎研修は、基本的に1 年目の内容と同じ内容で実施

【開催地域】
 各研修は、ブロックの以下ⅰ)、ⅱ)の2地域で開催することとします。

 ⅰ)大都市圏(政令指定都市、中核市)
 ⅱ)地方都市(大都市圏以外の都市)

【対象者】
 環境保全に取り組む民間団体での活動従事経験が3年以上、もしくは
 プロジェクトマネージャー経験者など同等の実績・経験等を有し、
 現在、組織運営等について課題意識をもっている方

【定員】
 基礎研修:1地域10名
 応用研修:1地域20名


【入札説明書の交付期間】
本公告の日から平成26年5月30日(金)の平日10:00~17:00の時間帯 (ただし12:00~13:00を除く)
※電子メールによる入札説明書の交付を受けようとする時は、平成26年5月27日(火)の17:00まで

【契約条項を示す場所、入札説明書の交付場所及び問い合わせ先等】
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部 基金管理課
TEL: 044-520-9606 FAX:044-520-2190 E-mail:

【入札説明会の日時及び場所】
日時:平成26年5月16日(金)13:30~
場所:独立行政法人環境再生保全機構 8階 第1会議室
※説明会の参加は任意です(8ブロック合同)

【総合評価のために必要な書類の提出期限および場所】
期限:平成26年6月2日(月)17:00まで
場所:〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー8F
   独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部 基金管理課
※提案書・入札書等一式を同時に提出していただきます。書類締切後、必要に応じて別途連絡いたします。
※郵送する場合には期限までに当機構に必着。書留郵便等の配達の記録が残るものに限ります。

【総合評価のために必要な書類に関するヒアリング】
日程:平成26年6月5日(木)~10日(火)の間で実施(土日を除く)
場所:独立行政法人環境再生保全機構 8階 第3会議室
※提案内容に関するプレゼンテーションを予定しております。
※詳しい時間は平成26年6月3日(火)までに該当者にご連絡いたします。

【仕様書、講座内容に関する問合せ先】
独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部 地球環境基金課 本城・長田・常盤
TEL: 044-520-9505 FAX:044-520-2190 E-mail:
URL: http://www.erca.go.jp/jfge/index.html
kyushu shizen hodo40
2021年04月17日

【5/13開催】「九州自然歩道40周年記…

環境省九州地方環境事務所は、…
2021年04月17日

【資料公表】環境省…

環境省は、「北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見を国土交通大臣に提…
2021年04月17日

【結果公表】第15回「みどりの…

内閣府は、第15回「みどりの式典」を以下のとおり開催し、受賞者を公表しました。また、環境省推薦に係る…
2021年04月17日

【資料公表】環境省「mottE…

環境省は自治体の皆様、飲食店の皆様等が様々な場面で利用いただける「mottECO(もってこ)」に関す…
2021年04月17日

【4/16締切】クライメート・…

金融庁・経済産業省・環境省は、共催で2050年のカーボンニュートラルに向け、国内でのトランジション・…