epohedimg001

josei title bu

環境省では、かおりのする樹木・草花を30本以上使用したまちづくり、庭づくりの企画を募集しています。優秀な企画に対しては「かおりの樹木・草花の苗木・苗」を提供します。

※副賞は、公益社団法人日本アロマ環境協会のご厚意により提供させていただきます(日本植木協会賞は、一般社団法人日本植木協会からのご提供となります)。

公園の緑地化、庭の改築等、豊かなかおり環境の創出を希望される方は是非ご検討ください!

○応募締切:平成27年10月9日(金)(当日消印有効)

○HP: http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/index.html

○過去の事例集: http://www.env.go.jp/air/akushu/midori_machi/cases.html

○お問い合わせ先:
E-mail :   

※タイトルに「コンテスト問い合わせ」とご記入下さい。

TEL:03-5521-8299
環境省水・大気環境局大気環境課大気生活環境室臭気対策係

環境省では、平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(経済性を重視した二酸化炭素削減対策支援事業)により、二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業を実施します。
この度、同事業の受診事業所の公募をしますのでお知らせします。

 

(1)事業概要

年間CO2排出量が3,000トン以上の工場及び事業場等の事業所(以下、「受診事業所」という。)に二酸化炭素削減ポテンシャル診断を行う専門機関(以下、「診断機関」という。)を派遣し、設備の導入状況、運用状況、エネルギー消費状況を踏まえ、当該事業所において適用可能な具体的な二酸化炭素削減対策を明らかにします。診断結果は診断機関より受診事業所及び環境省に報告され、受診事業所においては今後の対策に活用して頂くことが期待されます。本事業においては二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業を行うために必要な経費を補助金として交付します。

なお、受診事業所がお持ちの既存の資料(エネルギー使用状況、保有設備に関する資料、過去の診断結果等)の分析、現場ヒアリング・現場確認等により行う「計測なし」のコースと、受診事業所のエネルギー計測(数日~2週間程度を予定)による診断を行う「計測あり」のコースを設けます。

(2)対象事業所

直近年度の二酸化炭素の年間排出量が3,000 t以上である事業所
(ただし、過去に環境省の二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業を受診した事業所を除く)

(3)公募期間

平成27年6月22日(月)~平成27年8月28日(金) 17時必着

 

詳細はこちら:
 http://www.env.go.jp/press/101142.html

環境省では、金融機関の融資判断にコーレートベースでの環境配慮の取組を組み込む環境金融を推進するとともに、地球温暖化対策のための設備投資における資金調達を円滑化し二酸化炭素の排出削減を促進するため、「環境配慮型融資促進利子補給事業」を実施します。
 この度、本事業を行う公益財団法人日本環境協会において、本事業に参加する金融機関を以下のとおり公募しますので、お知らせします。

■公募期間
 平成27年5月22日(金)~平成27年10月30日(金)17時必着


■対象となる金融機関
 環境配慮型融資を実施する金融機関


■応募に必要な要件、書類等
 公益財団法人日本環境協会が定める公募要領等をご参照願います。


■審査方法
 応募書類等に基づき、公益財団法人日本環境協会により審査されます。


■公募要領の掲示先、お問合せ先
 公益財団法人日本環境協会
  (東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階)
  電話:03-5643-6265  FAX:03-5643-6250


■詳細は、下記サイトをご覧ください。
 http://www.jeas.or.jp/activ/prom_15_00.html

公益財団法人再春館「一本の木」財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動等に取り組んでおられる団体等の皆さまに助成を行っていますが、平成27年度下期分の受付が始まります。

1.対象事業
 平成27年度下期(平成27年10月1日から平成28年3月31日)に実施予定の取組みで、以下の事業を対象にしています。
①多様な動植物の保護保全等
②森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
③地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
併せて次の各号に掲げる要件に該当するもの。
(1)非営利の事業であること。
(2)政治又は宗教活動に関わりのない事業であること。


2.助成額
 100万円を限度とし助成対象経費の1/2以内(但し特認として2分の1以上の場合もある。)


3.受付期間
 平成27年6月1日~平成27年7月31日(当日の消印有効)


4.申込み方法
 所定の助成申込書及び添付書類を、公益財団法人再春館「一本の木」財団事務局へ提出してください。


5.決定方法
 当財団の運営委員会の審議を経て決定します。


6.詳細は、ホームページ内の「助成制度について」をご覧ください。


7.連絡先
 公益財団法人再春館「一本の木」財団事務局
 〒861-2201 上益城郡益城町寺中1363-1
 TEL 096-289-4179 FAX 096-287-4612

財団HP:http://ipponnoki.jp/

希少な生きもののすみかや、将来世代に引き継ぎたい美しい風景であっても、保護区に指定されず、失われていく自然がたくさんあります。このような自然を、未来の子どもたちへ残していくため、資金を提供する(公財)自然保護助成基金と当協会が協力し、地域のナショナル・トラスト活動を支援し、重要な土地を確保していく助成制度を2005年に創設しました。

これまでの助成で、絶滅の危機にあるツシマヤマネコやキタサンショウウオの生息地、色鮮やかな花々が咲く阿蘇の草原などの貴重な自然が守られてきました。ナショナル・トラストにより、かけがえのない風景を残していくため全国からのお問い合わせをお待ちしています。


募集締切
2015年8月28日(金) 消印有効
※緊急案件は随時受け付けますのでご相談ください。

助成金額/助成期間
1件あたり上限800万円/1~5年

募集要項・申請書類
下記HPより、以下のファイルをダウンロードしてください。
・募集要項(pdf)
・申請書(word)
・提出書類の記入要領(pdf)
・提出書類確認表(word)


主催
公益財団法人 自然保護助成基金
公益社団法人 日本ナショナル・トラスト協会

HP:http://www.ntrust.or.jp/gaiyo/joseikin.html

bioplastic roadmap
2021年01月27日

【資料公表】環境省他「バイオプラスチック…

環境省、経済産業省、農林水産省、文部科学省は合同で「バイオプラスチック導入ロードマップ」を策定し、バイオプラスチックに関係する幅広い主体に対して、導入方針と導入に向けた国の施策を公表しました。このロー…
2021年01月27日

【2/24開催】環境省「既存イ…

環境省は、既存砂防堰堤や既存ダムを新たな視点で捉え、水力発電のより一層の普及促進を目的として「既存イ…
2021年01月27日

【2/19開催】令和2年度一般…

環境省は、市町村の廃棄物エネルギー利活用に関連する担当者、関連する民間事業者等に対し、廃棄物エネルギ…
2021年01月27日

【2/4締切】令和2年度分散型…

環境省及び経済産業省資源エネルギー庁は、官民が分散型エネルギーモデルに関する課題分析を行い、関係する…
2021年01月26日

【2/24公募】環境省…

環境省は、地域循環共生圏の創造に向け、主体として環境整備に一緒に取り組んでいただける団体の公募を開始…