epohedimg001
<img src="/images/banners/josei-title-bu.jpg" alt="ニュース 公募・助成" width="670" height="300" />

これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。
本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

[応募要項]

1.助成対象
国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。             

2.助成要件
国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていることが要件です。
また、助成を受けた場合、「助成活動・研究報告書」および「助成金収支報告書」を助成金が振込まれた年の翌々年の1月末までに提出すること。なお、団体の機関誌・報告書・ホームページに「公益信託大成建設自然・歴史環境基金2017年度助成金による」と明記するとともに、当該活動の成果をホームページ等に可能な限り掲載すること。             

3. 助成対象となる費用科目および内訳表示
助成対象事業となる「機材費」「消耗品費」「旅費」「謝金」等とします。
             
4.本基金の助成金総額と件数
(1)助成金総額:1,500万円程度、助成件数:30件程度。
(2)助成対象事業の期間:原則として助成金振込日より1年間。
なお、原則として2年連続の助成はいたしません。
             
5.応募締切日
『助成金申請書』は、2017年7月31日(月)事務局必着です。

詳細はこちら http://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html

三井物産株式会社(以下「三井物産」)は、三井物産環境基金2017年度の活動助成案件募集を開始します。

当社は2005年より、環境分野における助成プログラムとして「三井物産環境基金」を立ち上げ、地球環境問題の解決と持続可能な社会の構築に貢献するさまざまな案件を支援してきました。本年度も引き続き、「未来につながる社会をつくる」ことを助成プログラムが目指すべき主要な命題として、以下4つの領域を対象課題とした環境貢献活動を募集します。

2017年度活動助成への皆様の積極的なご応募をお待ちしています。

◎三井物産環境基金 助成案件募集ウェブサイト:
 募集内容等の詳細については、こちらをご覧下さい。

http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/environment/fund/application/1223071_7661.html

◎対象助成団体
日本国内に拠点をもつ、特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、大学、高等専門学校のうち、活動実績が3年以上ある団体(法人格取得以前の活動実績も含みます)。

◎応募締切
 2017年6月10日(土) 消印有効

沖縄県では、地域への貢献度が高く、創意工夫された地道な地域づくり活動を通して、地域の活性化に取り組んだ地域づくり団体等の功績を表彰することにより、地域づくり活動及び地域づくり団体の認知度・社会的評価の向上、地域づくり団体のモチベーション向上のきっかけづくりを行います。 さらには、沖縄21世紀ビジョン基本計画に謳われている、県民や地域組織、NPO、企業、行政等の多様な主体による参画と連携を促し、地域特性に応じた共助・共創型の地域づくり、沖縄らしいやさしい社会構築の形成に資することを目的として、下記のページにて沖縄県地域づくり団体表彰の募集をしています。

応募期間:平成29年4月3日(月)~6月30日(金)

詳細はこちら http://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chiikirito/chiikidukuridanntaihyousyou.html

 

Tags:

沖縄県より、下記の「平成29年度環境共生型観光推進業務委託」の公募が行われています。

■業務の目的:保全利用協定が締結される地域に対し、市町村が行う自然環境等の保全に配慮した観光地づくりの取組への支援と、世界自然遺産を見据えた環境共生型観光の体制を構築することで環境共生型観光の推進を図る

■委託業務期間:契約締結の日から平成30年2月28日まで
■企画提案書提出期限:平成29年4月18日(火)12時00分(※厳守)

詳細はこちら http://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/kankoseibi/h27kankyokyosei.html

Tags:

北九州市では、持続可能な社会のための低炭素社会づくり推進の活動を支援するため、「北九州市環境モデル都市地域推進会議」の登録団体(市民団体、NPO、産業界、学術機関等)の中で、低炭素社会づくりに取り組む団体を対象に、活動費用の一部を助成しています。

 今年度の募集が下記の内容となっています。

Tags:
Default Image
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(12月上旬…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…
2018年12月14日

【ピックアップ】平成新山ネイチ…

平成新山ネイチャーセンターの冬は、多くの赤い木の実で彩られます。中でも、シマバライチゴはブドウの房状…
2018年12月13日

長者原ビジターセンターからのお…

大分県九重町にある長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園の雄大な山々が望める場所にあります。…
2018年12月13日

雲仙諏訪の池ビジターセンターか…

長崎県の島原半島にある諏訪の池湖畔。豊かな自然に囲まれた雲仙諏訪の池ビジターセンターから、イベントの…