epohedimg001

josei title bu

環境省は、サステナビリティ経営の高度化を支援するサステナビリティ・リンク・ローン、またはサステナビリティ・リンク・ボンドの先駆的なモデル事例を創出するための普及事業に関わる事例を公募します。

 

 


 

令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業に係るモデル事例等の募集について

 環境省では、特に環境面においてモデル性を有すると考えられるサステナビリティ・リンク・ローン又はサステナビリティ・リンク・ボンドのモデル事例や、その他の先駆的事例を創出し、情報発信等を通じて、これらを国内に普及させることを目的とする事業を実施します。この度、本事業に係るモデル事例又は先駆的事例の公募を行うこととしましたので、お知らせします。

1.事業の概要


 環境省では、地球温暖化対策や自然資本の劣化の防止に資する企業等の事業活動への民間資金を導入するための有効なツールの一つであるサステナビリティ・リンク・ローン等を国内でさらに普及させることを目的とし、令和2年3月に「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」(以下「ガイドライン」という。)を策定・公表しました。

※サステナビリティ・リンク・ローンとは:


 借り手のサステナビリティ経営の高度化を支援するため、野心的なサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットの達成を貸出条件等と連動することで奨励する融資を言います。

 借り手にとっては、サステナビリティ経営の高度化、持続可能な経済活動の推進に関する積極性のアピールを通じた社会的支持の獲得、サステナビリティ・パフォーマンス向上による貸出 条件等におけるインセンティブ、新たな貸し手との関係構築による資金調達基盤の強化、といったメリットがあります。

 貸し手にとっても、ESG融資の一つとして、融資を通じた経済的利益と環境面等からのメリットの両立、借り手のサステナビリティ・パフォーマンス向上の動機付けとなり、借り手とのサステナビリティに関する深い対話につながるといったメリットがあります。

 「令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業」は、特に環境面においてモデル性を有すると考えられるものであって、かつ、ガイドラインに適合するSLL若しくはこれに準ずるSLBや、その他ガイドライン等に準ずる新たな資金調達手法の先駆的事例について情報発信等を行う事業です。

 この度、本事業に係るモデル事例又は先駆的事例を公募します。

2.公募実施期間


 2020年6月5日(金)~2021年1月15日(金)17時

 応募多数の場合、期限前に受付終了となることがある旨、御留意ください。

3.公募要領


 応募の際には公募要領を別添より御確認ください。

4.対象


 国内の独立行政法人、地方公共団体その他の公的機関、国内に本店又は主たる事務所を有する法人であって、原則サステナビリティ・リンク・ローン等を令和2年度に調達又は発行する予定がある者が対象となります。

5.応募方法


 別添の公募要領等に従い、必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8240

 

 

sll slb 2020

環境省_令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業に係るモデル事例等の募集について

https://www.env.go.jp/press/108001.html

一般財団法人九電みらい財団は、九州の自然環境を未来につなげ、子どもたちの体験活動を通じた成長を目的に取り組む活動について、助成を行います。

今回から次世代育成支援活動のうち、「子どもたちの自然を大切にする心を育む活動」への助成が行われます。

自然体験活動の提供に取り組まれている皆さん、ぜひご検討ください。

 

●九電みらい財団
http://www.kyuden-mirai.or.jp/

 


 

file2021 6 page 0001

 

2021年度助成募集の概要

(詳細については、添付の「2021年度募集要項」をご覧ください)

募集する活動

九州地域において、非営利団体が、子どもたちの自然を大切にする心を育む以下のような活動
自然体験は、主に山や森、里地里山をフィールドとした活動とします。

【活動例】

  • 森林散策や自然観察等、森や林の大切さ、またそこに住む生き物の大切さを実感できる自然体験活動
    農業体験や希少な動植物の保護・飼育等により自然を身近に感じることが出来る自然体験活動
    廃油石鹸やエコたわし制作、生ごみでの堆肥づくりなどのリサイクル活動を通じて資源の大切さを実感出来るエコ体験活動
  • ※ 上記の活動事例は、あくまで例として記載していますので、創意工夫あふれる応募をお待ちしております。
  • ※ 子どもたちの対象年代は、概ね高校生までとします。

 

応募受付期間

2020年10月30日(金)~2020年12月18日(金)当日消印有効
※ 助成決定の発表は3月末目途

 

助成金額と件数

1件名あたりの上限金額は100万円(助成金総額800万円)、助成件数は10件程度

 

活動期間

活動期間は2021年4月1日~2022年3月31日とします。

 

選考方法/選考結果の公表

外部有識者の意見を踏まえて助成団体を決定し、2021年3月末を目途に当ホームページで助成が決定した団体を発表

 

 

◆詳細はこちらからご確認ください

2021年度助成募集の概要 | 次世代育成支援活動 | 九電みらい財団

http://www.kyuden-mirai.or.jp/support/2021/boshu.html#bosyu

 

Tags: ,

環境省による二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の執行団体である、一般財団法人日本冷媒・環境保全機構が補助金の公募を開始します。

省エネ型自然冷媒機器を導入する事業に要する経費の一部を補助する事業です。

 


令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業)の四次公募について

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業)の執行団体である一般財団法人日本冷媒・環境保全機構が当該補助金の公募を開始しますので、お知らせします。

1.事業概要

エネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び温室効果ガスであるフロン類の排出の抑制のため、冷凍冷蔵倉庫、食品製造工場及び食品小売店舗において省エネ型自然冷媒機器を導入する事業に要する経費の一部を補助するものです。

2.公募実施期間

令和2年11月9日(月)~同年11月30日(月)17時必着

3.応募方法

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構のホームページを御覧ください。

URL:http://www.jreco.or.jp/koubo_env.html

4.問合せ先

一般財団法人日本冷媒・環境保全機構 事業支援センター

〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館

T E L :03-5733-4964

F A X :03-5733-4965

E-mail:

U R L :http://www.jreco.or.jp/index.html

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課フロン対策室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8329

 

 

r2 reibai hojo 4ji

環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業)の四次公募について https://www.env.go.jp/press/108637.html

 

環境省は二次公募として、コロナ禍に対応した地域循環共生圏の構築と脱炭素社会実現に向け、ライフスタイルの自発的な変革を創出する政策手法の検証を行う事業公募を行います。

 

【参考】

環境省_日本版ナッジ・ユニット(BEST)について
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html

 

 


令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の二次公募について

この度、コロナ禍にも対応した地域循環共生圏の構築及び脱炭素社会に向けて、一人ひとりの自発的な行動変容を促し、ライフスタイルの自発的な変革を創出する、対象者にとって自由度のある新たな政策手法の検証を行うため、「令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務」の二次公募を行うこととしましたので、お知らせします。

1.事業の概要


家庭・業務・運輸部門等のCO2排出実態に係るデータを収集、解析し、情報を個々にカスタマイズしてフィードバックし、コロナ禍にも対応した低炭素型・脱炭素型の行動変容を促す等、CO2排出削減に資する行動変容のモデルを構築するとともに、地方公共団体等との連携の下、当該モデルの我が国への介入効果の中長期的な持続的に関する実証や属性情報等に基づく介入効果の異質性に関する検証を実地にて行います。

2.公募期間


令和2年11月9日(月)~ 同年11月30日(月)正午

3.対象等


対象:民間団体等

内容:委託

4.予算及び実施期間


令和2年度は、事業当たりの事業費について5千万円〜1億円程度を想定とし、外部有識者から成る審査委員会を経て採択します(1~2件程度の採択を想定)。令和3年度以降の各年度については、当該年度の予算の範囲内で上限を設けますが、応募の際には、令和2年度の事業費の上限額にかかわらず、事業の実施に当たり必要な金額を記載することとし、かつ、令和3年度以降の各年度の間でなるべく平準化を図ってください。

実施期間は原則として3年を上限とします(ただし令和4年度末まで)。

5.すでに採択された案件との重複の排除について


これまでに実施した公募の採択案件は、主に家庭部門(電気、ガス、灯油等)、運輸部門(自動車燃料等)、業務部門等、また、学校教育や医療・健康等の現場を対象に事業を実施しています。エネルギー起源CO2排出削減に資することはもとより、他分野とのシナジー・コベネフィットが得られる取組も対象となります。審査に当たっては、すでに採択された案件との内容の重複の有無、重複がある場合には内容の優劣等も踏まえることとし、既に採択された案件と同じ部門を対象にする場合には少なくとも既に採択された案件にはない新規性や、既に採択された案件よりも優れていることが認められる必要があります。

なお、これまでに実施した公募の採択案件の概要については、以下の環境省のwebサイトに記載されています。こちらに記載されている以上の内容については、お答えできかねますので御容赦ください。

http://www.env.go.jp/press/103926.html

http://www.env.go.jp/press/104736.html

http://www.env.go.jp/press/105325.html

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html(日本版ナッジ・ユニット連絡会議の資料を参照のこと)

6.応募方法


本事業へ応募される場合には、URL(http://www.env.go.jp/guide/kobo.html)から応募様式、概要資料等をダウンロードし、公募要領・作成要領に従って必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8341

 

r2 kodohenyo nodge

環境省_令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の二次公募について https://www.env.go.jp/press/108624.html

 

環境省は、農林水産省、消費者庁と連携し、「サステナアワード2020伝えたい日本の“サステナブル”」を実施します。

食と農林水産業に関わる取り組み動画を募集し、表彰の上発信に活用します。

 

 


sastainableaword

 

「サステナアワード2020 伝えたい 日本の"サステナブル"」の募集を開始します

<農林水産省、消費者庁同時発表>

「あふの環(わ)2030プロジェクト」では、「サステナアワード2020 伝えたい 日本の"サステナブル"」を実施し、皆様の伝えたい食と農林水産業に関わるサステナブルな取組動画を本日11月4日(水曜日)から1223日(水曜日)まで募集します(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。



1.サステナアワードとは


サステナアワードでは、SDGsゴール12「つくる責任つかう責任」を踏まえ、食や農林水産業に関わる持続可能なサービス・商品を扱う地域・生産者・事業者の取組や、これらに賛同する消費者グループの方々の取組を広く国内外に発信していくことを目的として、取組を分かりやすく紹介する動画を募集します。

表彰を受けた作品については、事務局において、英語版も作成の上、国内外の発信に活用させていただく場合がございます。

表彰では賞を複数用意する予定ですので、以下の募集内容を参照の上、奮って御応募ください。

主催:あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~(農林水産省、消費者庁、環境省)

共催:一般社団法人 AgVenture Lab

■ あふの環プロジェクトとは

あふの環プロジェクトは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の2030年までの達成を目指し、持続可能な消費を広めるための活動を推進するプロジェクトです(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。10月末現在、96社・団体等が参画しています。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html

2.募集内容

(1)応募資格

食や農林水産業のサステナビリティに関心のある者。団体、企業、学校、NPO、自治体、地域コミュニティなど、プロ、アマ、年齢等は問いません(個人は除く)。

ただし、未成年(20歳未満の者)が応募する場合は、保護者等(学校教員など)の了解を得てください。

(2)応募期間

令和2年11月4日(水曜日)~同年12月23日(水曜日)

(3)応募方法

応募様式(資料2参照)に必要事項を記入の上、メールに添付して下記の事務局アドレス()へお送りください。

応募の際の詳細な条件は、あふの環2030プロジェクト公式サイト(https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html)を御参照ください。

3.審査方法

持続可能な生産と消費に関する学識経験や知見等を有する委員で構成する審査委員会を設置し、審査のポイント等に基づいて審査します。また、後述の注意事項への適合性を確認するために事務局において1次審査を実施します。

審査のポイント

① 食と農林水産業に関するサステナブルな取組(※)を分かりやすく表現している作品であること

② 社会的課題の解決につながる取組を表現している作品であること

③ 人や地域のつながりや支え合いを表現している作品であること

④ 視聴した方々がサステナブルな取組を実践する際の参考となる作品であること

⑤ 分かりやすく、沢山の方々の関心を引き付ける作品であること

⑥ 異なる価値観を排除するものでないこと

※サステナアワードにおける「サステナブルな取組」の考え方

食と農林水産業のサステナビリティに関する6つの項目について、

○ 少なくとも1つは考慮し、残りの項目に大きな影響を及ぼさないもの

○ 商品の場合、その内容について、企業HP等で情報が確認できること

(認証やタグから確認できるものでも可)


あふの環プロジェクト公式サイトにおいて、参考となる情報を掲載しておりますので、是非御参照ください。

https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/being_sustainable/sustainable2030.html

4.表彰について

(1)募集部門

① つくる・はこぶ・うる部門

生産者・流通・小売事業者等による、サステナブルな「つくる・はこぶ・うる」取組を募集します。

② つかう部門

生産者・流通・小売事業者や団体等による、資源やエネルギーなどをサステナブルな「つかう」取組を募集します。

どなたでも、いずれの部門へも応募することが可能です。

各部門において、「サステナ大賞」「ルーキー賞」「レジェンド賞」を選出します。

(2)表彰式

令和3年2月上旬に開催予定です。

 

5.注意事項

お送りいただく動画の著作権者は、当該動画がアップされている媒体のURLが記載された応募様式を本アワードの事務局(農林水産省)にメール送付することをもって、当該動画の著作権等に関する以下の事項に同意したものとみなします。

・応募動画の著作権は応募者に帰属する。ただし、事務局及び事務局の許可した団体は、応募者の許諾を要することなく、応募動画を公開、編集及び利用することができる。

・作品自体や作品に使用される素材(画像、音楽等)については、応募者自らが創作して著作権を有しているか、著作権者(国外での使用も含む)からの許諾を受けたものに限る。

・出演者(個人を容易に特定し得る通行人も含む)には、撮影の承諾を得るか、個人を特定できないよう配慮した上で応募しなければならない。未成年者が映っている場合には、それぞれの親権者又は保護者から承諾を得ていなければならない。

・万一、第三者から著作権、肖像権等の権利侵害、損害賠償などの主張がなされた場合は、事務局は一切の責任を負わない。

・他のコンテストに応募した作品も応募可能だが、入賞した作品については応募できないものとする。

・公序良俗に反する内容、政治目的、宗教勧誘、特定の商品の広告目的などの宣伝又は勧誘を意図する内容の作品は審査の対象外とする。

・入賞後であっても、虚偽の事実や不正が存在すると事務局が判断した場合は、入賞を取り消す。

・入賞作品、入賞者の氏名(団体名)については、報道機関に発表するほか、農林水産省ホームページ等で公開する。

お問合せ先

農林水産省大臣官房政策課環境政策室
担当者:永田、細谷、阿部、大谷
代表:03-3502-8111(内線3292,3289,3297
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX番号:03-3591-6640

消費者庁消費者教育推進課
担当者:米山、本田
代表:03-3507-8800(内線2515,2578
ダイヤルイン:03-3507-9149
FAX番号:03-3507-9259

環境省大臣官房環境経済課
担当者:安田
代表:03-3581-3351(内線6276
ダイヤルイン:03-5521-8230
FAX番号:03-3580-9568



 

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課
  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8230

 

環境省_「サステナアワード2020 伝えたい 日本の"サステナブル"」の募集を開始します

https://www.env.go.jp/press/108618.html

Default Image
2021年01月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

令和3年1月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年01月16日

【資料公表】環境省…

環境省は、平成31年度に有明海南部海域及び八代海において、衛星画像の解析手法を用いた藻場・干潟の分布…
2021年01月16日

【資料公開】第15回「みどり香…

環境省は、より良いかおり環境の創出を奨励するため、優良企画を支援するコンテストを実施しています。…
2021年01月15日

【2/8締切】令和3年度CO2…

環境省は、早期の脱炭素社会の実現に向け、CO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を公募します。…
2021年01月15日

【資料公表】環境省…

環境省は毎年度、都道府県等の協力を得て、不法投棄等事案について、対策に係る政策形成のための基礎資料と…