epohedimg001

josei title bu

環境省は国際観光旅客税を財源とする補助事業を実施しており、間接補助事業として国立公園等資源整備事業費補助金の2次公募が行われています。
国立公園のにおける地場産品等の提供を促進する取組に対し支援が行われます。

 

 


 

令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園における地場産品等の提供促進事業)の間接補助事業の2次公募について

環境省においては、令和2年度の国際観光旅客税を財源として、国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園における地場産品等の提供促進事業)に係る事業を実施しております。
この度、当該補助金の執行団体として環境省が選定した一般財団法人環境イノベーション情報機構において、間接補助事業の2次公募を開始しましたのでお知らせします。

 

 

1.事業の概要

 

 環境省においては、令和2年度の国際観光旅客税を財源とした国立公園等資源整備事業費補助金を活用し、日本の国立公園ならではの「食」「お土産」の開発、高付加価値化等を支援し、訪日外国人旅行者の地域での体験滞在の満足度を向上させる取組に対して支援を実施しています。

 この度、当該補助金の執行団体である一般財団法人環境イノベーション情報機構において、間接補助事業の対象案件の2次公募を行います。

 

2.間接補助事業の公募について

(1)公募期間
 令和2年8月20日(木)~同年9月30日(水)
(2)応募方法
  応募方法の詳細は、一般財団法人環境イノベーション情報機構のWEBページを御覧ください。
  「国立公園における地場産品等の提供促進事業」
  http://www.eic.or.jp/eic/topics/2020/jibasan/002.html
(3)問合せ先
 一般財団法人 環境イノベーション情報機構
  〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町38 鳥本鋼業ビル3階
  E-mail: jigyo-np@jigyo.eic.or.jp(問合せはメールにてお願いします。)
  TEL :03-6821-7210 FAX :03-5209-7105

 

連絡先

環境省自然環境局国立公園課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8278

 

r2 np sanpinteikyo

環境省_令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園における地場産品等の提供促進事業)の間接補助事業の2次公募について
https://www.env.go.jp/press/108323.html

 

環境省は国際観光旅客税を財源とする補助事業を実施しており、関節補助事業として国立公園等資源整備事業費補助金の2次公募が行われています。

国立公園の自然資源等に関する多言語解説整備を行い、外国人訪問者の地域における体験滞在の満足度を向上させる取組に対し支援が行われます。

 


 

令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園多言語解説等整備事業)の間接補助事業の2次公募について


環境省においては、令和2年度の国際観光旅客税を財源として、国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園多言語解説等整備事業)に係る事業を実施しております。 この度、当該補助金の執行団体として環境省が選定した一般財団法人環境イノベーション情報機構において、間接補助事業の2次公募を開始しましたのでお知らせします。

1.事業の概要


環境省においては、令和2年度の国際観光旅客税を財源とした国立公園等資源整備事業費補助金を活用し、国立公園の自然資源等に関する先進的で高次元な多言語解説整備を行い、外国人訪問者の地域における体験滞在の満足度を向上させる取組に対して支援を実施しています。
この度、当該補助金の執行団体である一般財団法人環境イノベーション情報機構において、間接補助事業の対象案件の2次公募を行います。

2.間接補助事業の2次公募について

 

(1)公募期間
令和2年8月20日(木)~同年9月30日(水)

※ただし、上記期間が満了する前に申請額が予算額に達した場合は、その時点で受付を終了します。予算の状況については申請前に環境イノベーション情報機構に御確認ください。

(2)応募方法
応募方法の詳細は、一般財団法人環境イノベーション情報機構のWEBページを御覧ください。
「国立公園等資源整備事業費補助金」
http://www.eic.or.jp/eic/topics/2020/tagengo/002.html
 
(3)問合せ先
一般財団法人 環境イノベーション情報機構
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町38 鳥本鋼業ビル3階
E-mail:jigyo-np@jigyo.eic.or.jp

 

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
代表03-3581-3351 直通03-5521-8279

 

r2 np shigenseibijigyohojokin

環境省_令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(国立公園多言語解説等整備事業)の間接補助事業の2次公募について
https://www.env.go.jp/press/108322.html

 

10年間にわたり一昨年まで開催された「低炭素杯」は、気候変動対策をより加速化するために昨年度に「脱炭素チャレンジカップ」と改称されました。

今年、第2回目となる「脱炭素チャレンジカップ2021」として、脱炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組む団体が募集されています。

また、今年度は新型コロナウイルス感染症の現状から、当日はオンラインプレゼンテーションによる開催となります。

 

■昨年度の受賞者はこちら

脱炭素チャレンジカップ2020・開催結果|脱炭素チャレンジカップ
https://www.zenkoku-net.org/datsutanso/history/2020/award.php

 

 


「脱炭素チャレンジカップ2021」

 

panf2021

 

募集要項

「脱炭素チャレンジカップ2021」は、新型コロナウイルス感染症の現状を鑑み、参加者およびスタッフの健康・安全面を考慮し、新たな形としまして、オンラインで開催致します。
ぜひ、「脱炭素チャレンジカップ2021」の舞台で、自身の活動を発表しませんか?みなさまからのご応募を心よりお待ちしております。

 

募集〆切り

2020年9月30日(水)15:00締切 [必着]

 

対象者

脱炭素社会づくり活動や地球温暖化防止に取り組む団体
法人格の有無は問いません。個人の応募は不可です。
(市民活動団体、非営利活動団体、企業、自治体、保育園、幼稚園、小学校、中学校、
高等学校、大学、高等専門学校、専門学校等)

 

応募条件

  • 日本国内を拠点とする取組であること。
  • 脱炭素社会づくりの取組や、地球温暖化防止の取組であること。
  • 応募の段階で取組実績があり継続性が見込まれる取組であること。
  • 特定の政党支持や宗教の布教を目的とした取組ではないこと。
  • 最終選考が行なわれる2021年2月9日(火)にオンラインで、活動内容のプレゼンテーションが行えること。

 

募集部門

  1. 市民部門
  2. 企業・自治体部門
  3. 学生部門
    (高校生以上の取組)
  4. ジュニア・キッズ部門
    (中学生以下の取組)

 

応募方法については下記よりご確認ください。

エントリー募集|脱炭素チャレンジカップ
https://www.zenkoku-net.org/datsutanso/entry.php

 

セブン-イレブン記念財団では環境市民団体の活動を支援するために、「助成金セミナー」を開催しており、それぞれの助成制度の特徴や助成申請のポイントについて、わかりやすく説明が行われています。

今回は新型コロナウイルス感染拡大に伴いWebセミナー形式で行われるほか、新たな日常に対応するための基調講演に加え、4件の助成金制度について解説が行われる予定です。

 


 

711joseikinseminar2020

 

セブン-イレブン記念財団では環境市民団体の活動を支援するために、「助成金セミナー」を開催しています。
セミナーでは助成制度を有効に活用していただくために、財団・企業や行政などの助成担当者が、それぞれの助成制度の特徴や助成申請のポイントをわかりやすく説明します。
また環境に携わる団体による基調講演もあり、毎年多くの反響を呼んでます。

助成金セミナー開催プログラム

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、「Zoom生配信」にて開催いたします。

『Webセミナー コロナ禍 時代を生き抜くヒント ~助成金合同セミナー 同時開催~』

 

■日 時 : 2020年9月13日(日)10:00~13:00

■ZOOM生配信

 

■参加費 : 無料

 

■内 容 :

《第一部》

基調講演①「オンラインでの参加型の学びの場つくり」公益社団法人 日本環境教育フォーラム
理事長 川島 直 氏
 
基調講演②「感染症や自然災害などを織り込んだ組織基盤拡充のポイント」IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
代表者 川北 秀人 氏

 

《第二部》

※助成制度説明会
公益財団法人 コメリ緑育成財団「コメリ緑資金」
TOTO株式会社「TOTO水環境基金」
独立行政法人 環境再生保全機構「地球環境基金」
一般財団法人 セブン‐イレブン記念財団「環境市民活動助成」

 

※制度説明のまとめ・助成金申請のポイントIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
代表者 川北 秀人 氏

 

助成金セミナー申し込みについて

 

■申込方法 : Web申込

1)こちらの申込ページより、お申込みください。
       ⇒ https://ws.formzu.net/dist/S75384254/2)自動返信メールが届いたら、申込み完了です。
3)9/9(水)に参加URLのメールが届きます。
4)当日、参加URLにアクセスしてアプリを起動してください。

※お願い
パソコン、ネットワーク、セキュリティ環境などの理由で、ご利用いただけない場合もありますので、セミナー開催前に「Zoom」の動作環境のご確認をお願いいたします。

 

助成金セミナー|一般財団法人セブン‒イレブン記念財団
https://www.7midori.org/event/seminar/jyosei/2020/index.html

 

 



■申込締切 :

8月31日(月)まで

■セミナーに関するお問い合わせ先
一般財団法人 セブン-イレブン記念財団  環境市民活動助成担当
TEL:03-6238-3872 FAX:03-3261-2513(受付時間 9:30~17:00 ※土・日を除く)
E-mail:

セブン-イレブン記念財団の環境市民活動助成について

  • 詳しい助成情報は、2020年9月1日より当財団のホームページに掲載します。
    環境市民活動助成パンフレット:2020年9月1日より掲載予定
    専用申請書:2020年9月23日より掲載予定
  • お問い合わせ先
    一般財団法人 セブン-イレブン記念財団  環境市民活動助成担当
    TEL:03-6238-3872   FAX:03-3261-2513
     (電話受付時間 9:30~17:00   ※土・日を除く)
    Eメール: (2020年10月1日から開設)

 

 TOTOグループが2005年度設立した「TOTO水環境基金」では、第16回助成先団体の募集を行っています。

水に関わる環境活動に継続して取り組む団体への支援が行われます。

 

助成について : TOTO水環境基金 : 「環境」へのとりくみ : CSR活動 : TOTO
https://jp.toto.com/company/csr/environment/mizukikin/spirit/thought.htm

 


 

第16回 TOTO水環境基金助成先団体募集のご案内

 

応募期間

2020年8月7日(金)~2020年10月18日(日)
(当日消印有効)

 

助成期間

〈国内〉2021年4月1日(木)~2024年3月31日(日)(最長)
〈海外〉2021年4月1日(木)~2022年3月31日(木)

 

助成内容について

国内

助成の主旨
地域の水とくらしの関係を見直し、再生することを目指した創造的な取り組みを支援します。
これにより、地域で暮らす人たちがともに水とくらしの多様な関係を学び、これからの水とくらしの望ましい関係を考え、それぞれの地域の特徴を活かした、新しい文化を創り出す契機となることを期待します。
 
助成対象
【活動内容】
地域の水環境や生物多様性の保全・再生につながる実践活動
スタートアップ・ステップアップをめざす市民団体の活動
【活動地域】日本国内
※当社事業所のない地域での活動も応募可能です。
 
助成期間
2021年4月1日~2024年3月31日(最長)
※計画に応じて助成期間(1~3年)を設定いただけます。
 
助成金額
1件あたり、上限80万円/年×最長3年(最大240万円)。
申請された活動内容・予算内容を精査の上、助成金額を決定します。
 
助成費目
活動や事業に必要な経費(助成金額の20%までスタッフの人件費等の運営経費を含むことができます)
【助成対象外となるもの】
❶活動実施時以外の飲食代(講師・団体スタッフのみでの飲食等)
❷専門性を伴わない(団体内で実施可能な)作業の外部委託費、有償ボランティアなどの日当
❸マスコミ広告費用
❹その他、当社が助成対象として不適当であると判断した費用
 
選考ポイント
❶地域に住む人びとが活動の中心となっており、地域に根ざした活動となりえるか。
❷一過性の活動ではなく、継続性があるか。
❸目的や内容が明確で、プロジェクトの必要性・重要性が高いか。
❹計画や予算が活動に見合ったものであるか。

 

海外

助成の主旨
地域および地球規模での社会的課題の解決を目指した創造的な取り組みを支援します。
各国・各エリアにおける社会的課題を明確に捉え、課題を解決するための新しい仕組みや事業を実現する契機となることを期待します。
 
助成対象
【活動内容】 各国・各エリアの水資源保全または衛生的かつ快適な生活環境づくりに向けた実践活動
【活動地域】 海外
※基本的に日本国内に本部もしくは支部を有する団体。日本国内に本部・支部がない場合でも、TOTO水環境基金事務局 (日本)と随時コンタクトがとれる団体であれば応募可能です。
 
助成期間
2021年4月1日~2022年3月31日
 
助成金額
1件あたり上限なし
申請された活動内容・予算内容を精査の上、1件あたり300万円程度を目安として助成金額を決定します。
 
助成費目
活動や事業に必要な経費(助成金額の20%までスタッフの人件費等の運営経費を含むことができます)

【助成対象外となるもの】

❶活動実施時以外の飲食代(講師・団体スタッフのみでの飲食等)
❷専門性を伴わない(団体内で実施可能な)作業の外部委託費、有償ボランティアなどの日当
❸マスコミ広告費用
❹その他、当社が助成対象として不適当であると判断した費用

 
選考ポイント
❶活動地域に住む人びとを巻き込んだ活動で、地域に根ざした活動となりえるか。
❷一過性の活動ではなく、継続性があるか。
❸目的や内容が明確で、プロジェクトの必要性・重要性が高いか。
❹計画や予算が活動に見合ったものであるか。

 

応募から助成までの流れについては下記よりご確認下さい。

助成について : TOTO水環境基金 : 「環境」へのとりくみ : CSR活動 : TOTO
https://jp.toto.com/company/csr/environment/mizukikin/spirit/thought.htm

totocsr2020

Tags:
r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…