epohedimg001
<img src="/images/banners/josei-title-bu.jpg" alt="ニュース 公募・助成" width="670" height="300" />

地球環境基金活動報告会とは、同基金の助成金を受けた環境NGO・NPOなどが自らの活動の成果を発表する場です。発表を通して、これからの地球環境のことを参加者と共に考え、地球環境保全活動をさらに広げることを目的として開催します。

seminor woman※イメージ画像

1年間農山村に住み、地域づくりに取り組む「緑のふるさと協力隊」の第24期隊員(2017年4月派遣)を募集します。


「緑のふるさと協力隊」はこれまで23年間で738名が参加し、地域おこし協力隊のモデルにもなったプログラム。地方自治体の受入れで、地域との多彩なかかわりを通しての地域おこしをすることとが目的です。農林業や観光などの活動に加えて、伝統のお祭りに参加したり、地区清掃に協力したりと住民の顔が見える地域密着型の活動と暮らしが待っています。経験・スキル不問、初心者歓迎です。協力隊には住居、水道光熱費が用意され、月5万円の生活費が支給されます。研修や相談体制で年間を通してサポートもあります。


一年間の活動を終了したOBOGたちは、約4割が派遣先に定住するのが特徴です。農林業などの第一次産業や、特産加工・開発など6次産業に関わったり、行政や福祉・教育の分野に進んだりする人も増えています。ぜひお問い合わせ下さい。

 

昨年福岡県で開催し、ご好評いただいた助成金セミナーを、今年度は鹿児島県でで開催いたします!


九州内の各地域で、環境保全に取り組んでいらっしゃるNPOや団体の多くが、資金面での課題を抱えています。
これまで、助成申請をしたが、残念ながら不成立・不採用だったという経験をお持ちの団体。対象となる事業と合っていなかった?書類の不備?書き方の問題?どこが問題だったのか?
これから助成申請を考えている団体にとっては、どんなところに申請したらいいのか?どんな事業が対象になるの?

そんな助成金に対する興味やお悩みをお持ちの方にとって、各助成団体の担当者の方から、直接お話を聞けるチャンスです!!!
それぞれの助成金の詳しい説明会のあとは、個別の相談会も設けておりますので、よりターゲットを絞って、申請のための情報や、具体的なノウハウが学べます!

Tags:

日本森林学会では,青少年における森林・林業への興味関心を喚起し,中等教育における学習研究を支援する目的から,第125回大会より高校生のポスター発表を実施しています。第128回大会でも同様にポスター発表を募集いたします。エントリーは11月頃を予定しています。

 

Tags:

福岡市では、市民や事業者の皆様とともに温暖化対策を総合的・計画的に推進するため,「福岡市地球温暖化対策実行計画」の素案をとりまとめました。本計画の策定にあたり,市民の皆様のご意見を募集します。

discussion※イメージ画像

意見募集期間

  平成28年10月6日(木) ~ 平成28年11月4日(金)※郵送の場合は当日消印有効

詳細はこちら http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/opinion/001_2.html

Tags:
Default Image
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(12月上旬…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…
2018年12月14日

【ピックアップ】平成新山ネイチ…

平成新山ネイチャーセンターの冬は、多くの赤い木の実で彩られます。中でも、シマバライチゴはブドウの房状…
2018年12月13日

長者原ビジターセンターからのお…

大分県九重町にある長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園の雄大な山々が望める場所にあります。…
2018年12月13日

雲仙諏訪の池ビジターセンターか…

長崎県の島原半島にある諏訪の池湖畔。豊かな自然に囲まれた雲仙諏訪の池ビジターセンターから、イベントの…