epohedimg001

josei title bu

生物多様性保全に貢献した取り組みを表彰する「日本自然保護大賞」の募集が行われています。

保護実践部門/教育普及部門/子ども・学生部門の3つの部門で募集され、地域の活動を後押しし、協働の機会として注目されるアワードです。

日頃より生物多様性保全に関する活動されているみなさま、ぜひご応募ください。

 

 


 

日本自然保護大賞2021 活動募集中!

  <10月31日締切>  

 

sizenhogotaisho2020

 

 

生物多様性保全に大きく貢献した個人・市民団体・企業・自治体・学校などの取り組みを毎年表彰するアワードです。地域性、継続性、専門性、先進性、協働、将来性の観点から、生態系の調査研究、自然保護の実践、環境教育の推進など、社会への波及性に富んだ活動に賞をお贈りしています。ささやかな賞ではありますが、受賞・応募活動のさらなる活躍を後押しし、多世代の方々の魅力とパワーを見い出す機会として注目されています。どうぞふるってご応募ください。

 

●応募部門

保護実践部門: 市民、大学生、専門家、企業、行政などが具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究
教育普及部門: 自然観察をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動
子ども・学生部門: 小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究

 

●応募方法

自薦、他薦を問いません。すべての個人・法人を対象に、3部門より複数の部門にご応募いただけます。「日本自然保護大賞ウェブサイトの応募フォームよりご応募ください。
http://award.nacsj.or.jp/

 

●選考と公表

2020年11月下旬頃に一次選考および最終選考(書類審査)を行い、2021年1月下旬頃に授賞者を発表。2021年3月下旬頃に授賞式・活動発表シンポジウムを開催します。
これまでに受賞された方々の活動発表のようすをYouTube公式チャンネルでご覧いただけます。 
https://youtu.be/qagRGbyr6Fc

 

●問合せ先

日本自然保護協会 日本自然保護大賞担当
TEL 03-3553-4102
Email 

 

主催/公益財団法人日本自然保護協会
協賛/経団連自然保護協議会  
後援/環境省、国際自然保護連合日本委員会、国連生物多様性の10年日本委員会、自然保護憲章普及協議会

 

 

日本自然保護協会「日本自然保護大賞」
https://www.nacsj.or.jp/award/index.php

 

Tags: ,

 

今年の "決勝 の舞台"(ステージ)は渋谷 だ!2021年1月31日(日)全国大会開催!"環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020"エントリー受付11月25日まで!

 環境省では、環境教育等促進法等に基づき、ユース層等の若年層に対して環境保全の理解と関心等を促進するため、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクトを発足させました。(詳細下記5参照)
 このたび、プロジェクト企画として開催中の「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」の全国大会を2020年1月31日に渋谷ストリームホールにて開催することが決定しましたのでお知らせします。
 さらに全国大会では、ダンサーのKENSAKUさんをメインMCに迎え、ダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル」による独占放送も実施します。
 また、新型コロナウィルスの影響による全国の高等学校等の部活動への影響に鑑み、エントリーの受付期間を10月30日から11月25日までに延長します。
 入念なコロナウィルス感染防止対策を取った上で、コロナ禍に負けない元気なパフォーマンスをお待ちしています!

 

●今回発表された全国大会についての詳細は下記よりご確認ください。

 

環境省_今年の "決勝 の舞台"(ステージ)は渋谷 だ!2021年1月31日(日)全国大会開催!"環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020"エントリー受付11月25日まで!
http://www.env.go.jp/press/108396.html

restyle dancecup2020 shibuya

 

環境省では、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則」及び「環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼養等施設の基準の細目等を定める件」の改正を検討するにあたり、広く意見を募集するため、令和2年9月14日(月)から令和2年10月13日(火)までの間、パブリックコメントが行われています。

 

 


 

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則及び環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼養等施設の基準の細目等を定める件の改正案に関する意見募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(平成16年法律第78号。以下「外来生物法」という。)に基づき、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令」(平成17年政令第169号。)を改正し、ハヤトゲフシアリ等、ヨコエビ科の1種、外来ザリガニ類(アメリカザリガニを除く)及びエフクレタヌキモ等(以下「ハヤトゲフシアリ等」という。)を特定外来生物に指定したことに伴い、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則」(平成17年農林水産省・環境省令第2号)及び「環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼養等施設の基準の細目等を定める件」(平成17年環境省告示第42号)の改正を検討しています。
 これらについて、広く国民の皆様から御意見を募集するため、令和2年9月14日(月)から令和2年10月13日(火)までの間、パブリックコメントを行います。


1.意見募集の対象

 [1] 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則」の改正案(添付資料1)

今般、未判定外来生物に指定されている種の一部を特定外来生物に指定したことから、未判定外来生物一覧からこれらの種の削除等を行うとともに、種類名証明書の添付が必要な生物を追加指定する等の所要の改正をします。

 [2] 「環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼養等施設の基準の細目等を定める件」の改正案(添付資料2)

今般、特定外来生物に指定したハヤトゲフシアリ等に係る特定飼養等施設の基準の細目等を定める等の所要の改正をします。

2.意見募集要領

 御意見のある方は、添付資料3の「意見募集要項」に沿って郵送、FAX又は電子メールにて御提出願います。意見募集要項に沿っていない場合、無効となりますので御注意願います。

 なお、いただいた御意見に対する個別の回答はいたしかねますので、御了承ください。

添付資料

連絡先

環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  • 代表03-3581-3351

 

環境省_特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則及び環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼養等施設の基準の細目等を定める件の改正案に関する意見募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/108420.html

pc tokuteigairai higaiboushi

 

 

環境省による新規プロジェクトとして、民間企業とと協働したユース向けプロジェクトが始動します。

テーマは食品ロスの削減で、課題解決につながる活動、または学生のみなさんを募集し、取り組みの実現を応援します。

 


 

令和2年度 環境省&TABETE "No-Foodloss!"Youth Action Projectについて

この度、環境省では、食品ロス削減の取組の強化を目的として、株式会社コークッキングと共同で、食品ロスの削減につながる活動や事業に取り組みたい全国の学生を募集し、その取組の実現を応援するプロジェクトを開催することとしましたので、お知らせします。奮って御応募ください。

1. 事業の概要


 食品ロスの削減に取り組みたい全国の学生を募集し、自らの周辺地域において、大学や地元自治体、地域の事業者等と連携した活動や事業のアイデアを検討してもらい、最終報告会(行政や事業者も参加)で発表していただきます。

 検討にあたっては、食品ロス削減の第一線で取り組んでいる事業者や有識者、自治体担当者等がメンターとなって、意見交換・助言の機会(メンタリング)を設けます。

2.応募対象


 学生(※)の方を対象とします。団体での応募、個人での応募のどちらも可能です。

 ※大学、大学院、短期大学、専修学校等の学生

3.応募条件


 ・食品ロス削減に向けた取組を考え、実行する意欲があること

 (食品ロス削減に向けた活動・事業・施策のアイデアがあると望ましい)

 ※例えば、次のような方が対象になります。

 ・食品ロス削減の新しいアイデアを実際に試してみたい

 ・他地域で実施されている取組を応用して、自分の地域で取り組んでみたい

 ・すでに自ら始めている取組を更に発展させたい

4.募集プロジェクト数


5プロジェクト程度を予定しています。

5.実施スケジュール(予定)


10月5日(月) 応募締め切り

10月中旬~下旬 採用決定

10月下旬    キックオフイベントの開催(食品ロス削減に最前線で取り組む事業者・

        行政等による講演・応募者(採用者)による各プロジェクトの概要説明・意見交換)

        アイデアの検討・ブラッシュアップ

        ※本プロジェクトの事務局で適宜相談を受け付けます

11月下旬頃   中間報告会(メンターへの進捗報告・意見交換)

        アイデアの検討・ブラッシュアップ

        ※本プロジェクトの事務局で適宜相談を受け付けます

1月初旬    最終報告会の開催

       (メンター及び関係者(行政(国、自治体)、事業者等)にプレゼン・意見交換)

6.参加費


 無料

 ※その他実施にあたって必要となる経費(オンラインイベント参加に必要な通信料等)については、

  参加者各自で負担していただくことを基本とします。

7.応募方法等


(1)応募方法

応募される場合は、別添の公募要領を確認の上、「環境省&TABETE "No-Foodloss!"Youth Action Project応募フォーム」(以下「応募フォーム」http://www.env.go.jp/press/108437.html)を作成し、下記応募先までEメールにて御応募ください。

応募多数の場合は、応募フォームの記載内容をもとに、以下の観点を踏まえて選定します。選定結果は、環境省ホームページに掲載します。

・アイデアが具体的であること(スキーム、関係者や想定される課題の把握 等)

・実現可能性があること(事業性、継続性 関係者の協力の見込み 等)

・汎用性のある取組であること

・効果を高めるための工夫が見られること

(2)公募期間

 令和2年9年14日(月)~同年10月5日(月)

(3)応募先

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本プロジェクト事務局)

 持続可能社会部(俵藤、松岡、加山)

 Email:

(4)問合せ先

 環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

 食品ロス・食品リサイクル担当(前田)

 所在地:〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

 TEL:03-3581-3351(内線7895)

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本プロジェクト事務局)

 持続可能社会部(俵藤、松岡、加山)

 Email:

    ※可能な限りEmailでのお問合せをお願いいたします。

 TEL:03-6733-4955

8.主催者


 本事業は、環境省と、フードロス削減サービス「TABETE」を運営する株式会社コークッキングが共同で実施します。

9.協力


 メンターとして以下の方々に御協力いただきます。

 石川 雅紀 神戸大学大学院経済学研究科 名誉教授

 関藤 竜也 株式会社クラダシ 代表取締役社長

 関根 健次 ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役

 平井 巧 一般社団法人フードサルベージ 代表理事 CMO

 横尾 祐介 クックパッド株式会社 コーポレートブランディング部 部長

 ※その他、食品ロス削減に最前線で取り組む方々が参加予定。

添付資料

連絡先

環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-6205-4946

 

環境省_令和2年度 環境省&TABETE "No-Foodloss!"Youth Action Projectについて
http://www.env.go.jp/press/108437.html

 

r2 tabete no foodloss

 環境省は、株式会社リベルタス・コンサルティング(以下、「リベルタス」という。)を通じて、高齢化社会に対応したごみ出し支援の試行・実証のためのモデル事業を実施する地方公共団体を、令和2年9月30日(水)まで公募します。
 公募の詳細については、リベルタスのホームページに掲載されている公募要領を御確認ください。
 https://www.libertas.co.jp/env_modelkoubo.html

 

 

1.概要


 高齢化社会に対応したごみ出し支援の試行・実証のためのモデル事業(以下「モデル事業」という。)を実施する地方公共団体を公募します。
 外部有識者から構成される委員会において厳正な審査を行った上で、応募の中から5者程度を選定します。

2.公募期間


  応募相談期間:令和2年9月8日(火)~9月18日(金)17時00分

  応 募 期 間:令和2年9月23日(水)~9月30日(水)15時00分必着

応募に関する相談の受付期間を設けます。応募に関する相談は、下記「7.応募相談等、問合せ先」に御連絡ください。

3.公募対象


  地方公共団体(複数の団体・事業者等と共同実施する場合を含む。)を対象とします。

4.実施期間


  令和2年11月から令和2年12月までの2か月間とします。

5.応募


 公募要領に基づき、令和2年9月30日(水)15:00までに、以下の提出先まで郵送にて申請書を提出してください。持参は受け付けません。
 なお、封筒の表面の左下に「モデル事業の公募書類在中」と朱書きで記入してください。

  〒102-0085 東京都千代田区六番町2-14 東越六番町ビル2階

  株式会社リベルタス・コンサルティング 担当:日比谷、小柳

6.スケジュール(予定)


  令和2年9月30日      公募締め切り

  令和2年10月上旬      書類審査、本審査、採択、審査結果の通知

  令和2年11月~令和2年12月 モデル事業の実施

  令和3年1月        結果とりまとめ

7.応募相談等、問合せ先


  株式会社リベルタス・コンサルティング 担当:日比谷(ひびや)、小柳(こやなぎ)、緒方(おがた)

  電 話:環境省「高齢化社会に対応したごみ出し支援の試行・実証のためのモデル事業」

  ヘルプデスク 03-6262-1493

  メール:

 

連絡先

環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課

  • 代表03-5521-9273
  • 直通03-3581-3351

 

環境省_令和2年度「高齢化社会に対応したごみ出し支援の試行・実証のためのモデル事業」の公募について
http://www.env.go.jp/press/108424.html

r2 gomidashishien

 

Default Image
2021年01月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

令和3年1月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年01月16日

【資料公表】環境省…

環境省は、平成31年度に有明海南部海域及び八代海において、衛星画像の解析手法を用いた藻場・干潟の分布…
2021年01月16日

【資料公開】第15回「みどり香…

環境省は、より良いかおり環境の創出を奨励するため、優良企画を支援するコンテストを実施しています。…
2021年01月15日

【2/8締切】令和3年度CO2…

環境省は、早期の脱炭素社会の実現に向け、CO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を公募します。…
2021年01月15日

【資料公表】環境省…

環境省は毎年度、都道府県等の協力を得て、不法投棄等事案について、対策に係る政策形成のための基礎資料と…