epohedimg001

josei title bu

環境省では、投資余力の少ない中小トラック運送業者を対象に、燃費性能の高い最先端の低炭素型ディーゼルトラック等の導入を促進し、トラック輸送におけるCO2排出削減を図ることを目的として、「令和2年度低炭素型ディーゼルトラック等普及加速化事業」を国土交通省との連携事業として実施します。
本件について、執行団体である一般財団法人環境優良車普及機構から、本補助金の公募を開始することが発表されましたので、お知らせします。

1.事業内容

 中小トラック運送業者におけるトラックの更新需要をトップクラスの燃費レベルに誘導するため、低炭素型ディーゼルトラック及び大型天然ガストラックを導入する事業について、車両導入経費の一部を補助します。

2.申請受付期間

令和2年5月29日(金)~令和3年1月31日(日)

※申請にかかる審査は、申込順を基本に行います。

※予算額の残額が2割程度に達した場合には、当該日付以降は申込順による審査を行うことはせず、当該日付から令和3年1月31日までに申込みのあったすべての交付申請を対象に審査を行います。また、予算残額を超える申請があった場合には、抽選により補助事業者を決定します。

※申請受付状況は、一般財団法人環境優良車普及機構のホームページで公表いたします。 

3.その他

 詳細については、一般財団法人環境優良車普及機構のホームページを御参照ください。

 http://www.levo.or.jp/fukyu/hojokin/r2_index.html

4.問合せ先

 一般財団法人環境優良車普及機構
  「低炭素型ディーゼル車等普及事業」執行グループ
  ・電 話     : 03-5341-4577
  ・メールアドレス : 

連絡先

環境省水・大気環境局自動車環境対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8301
  • 課長関谷 毅史(内線 6510)
  • 課長補佐河田 陽平(内線 6520)
  • 担当萩原 義久(内線 6529)\

 

lcdtkasoku2020

令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業)の執行団体である一般社団法人地域循環共生社会連携協会が、当該補助金の公募を開始しますので、お知らせします。

 

1.公募について

 

(1)事業概要


「交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業」は、マイカー等から公共交通機関等の低炭素な交通手段への転換を促進するために必要な設備等の整備、及び鉄軌道分野における省エネ・省CO2化を図るために必要な設備等の整備に要する経費の一部を補助するものです。

(2)公募実施期間


  令和2年5月18日(月)~同年6月12日(金)17時必着

(3)募集方法


応募方法の詳細は、一般社団法人地域循環共生社会連携協会のホームページを御覧ください。

交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業のうち

 ・LRT・BRT導入利用促進事業 https://rcespa.jp/offering/20200518_03

 ・鉄道事業等におけるネットワーク型低炭素化促進事業 https://rcespa.jp/offering/20200518_04

2.公募説明会


 公募説明会については、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、開催いたしません。

3.問合せ先


 一般社団法人地域循環共生社会連携協会 国内事業部(https://rcespa.jp/

 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル6階

 E-mail

※お問合せの際には原則電子メールを利用し、法人名又は団体名及び事業名をメール件名に御記入ください。

  問合せ期間:令和2年5月18日(月)~同年6月5日(金)17時

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8355
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 室長補佐伏見 絵里(内線 6759)
  • 係長川村 華(内線 6729)
  • 担当駒  和磨(内線 7739)


環境省水・大気環境局自動車環境対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8303
  • 課長関谷 毅史(内線 6510)
  • 課長補佐福島 晶子(内線 7568)
  • 係長渡邉 健人(内線 6524)

 

環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(交通システムの低炭素化と利用促進に向けた設備整備事業)の公募について
https://www.env.go.jp/press/108067.html

2020lcmobilitysystem

 

 

mskw2020

 

読本『森里川海大好き!』読書感想文コンクール2020の実施について

                          令和2年5月25日(月)

環境省では、平成30年に「子どもたちにもっと自然の中で遊んでほしい」「森里川海のつながりが豊かであるからこそ、私たちの暮らしが支えられていることに気付いてほしい」という願いを込めて、読本『森里川海大好き!』(小学校高学年向け)を制作しました。

今年度も、読本「森里川海大好き!」を課題図書にした「読書感想文コンクール」を開催いたします。

今年度は、「ナショジオ オープンキャンパス」(ナショナル ジオグラフィック、株式会社ジュピターテレコム 株式会社ジェイコム東京、東京都、環境省で開催)とも連携して実施することになりました。

「ナショジオ オープンキャンパス」は、ナショナル ジオグラフィックが企画する地球や自然環境に興味を持ってもらうことを目的とした、親子の教育をサポートするプロジェクトです。

読本「森里川海大好き!」、「ナショジオ オープンキャンパス」を活用して、子どもたちのワクワクする体験をもとに、自然と私たちのつながりについて考える機会となれば幸いです。

たくさんの御応募、お待ちしています。

1.募集対象者:全国の小学4年生~6年生

原則として、個人からの御応募とさせて頂きます。(学校や団体から御応募いただく場合は、選考して3作品までとさせていただきます)

 

2.テーマ

「森里川海と私たち」「自然と私たち」(タイトルはこの通りでなくて構いません)

 

3.課題図書等

a.読本『森里川海大好き!』

*『森里川海大好き!』は、全国の小学校と公立図書館に1冊ずつ所蔵されています。

編著者:『森里川海大好き!』編集委員会(委員長・養老孟司 氏)

発行所:環境省「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトチーム

   (自然環境局 自然環境計画課)

読本のメインストーリー「大発見は足もとに」(作・阿部夏丸 氏)が読書感想文の課題です。

感想文の中で読本の他の記事について触れていただいても構いません。

 

b.「ナショジオ オープンキャンパス」

https://natgeotv.jp/special-contents/opencampus/

日時:令和2年6月28日(日)13時受付/14時開始

会場:オンライン開催

対象:小学生以下のお子様とその御家族 200家族

応募期間:令和2年5月25日(月)~令和2年6月9日(火)まで

オンラインイベント申し込みページはこちら

https://c.myjcom.jp/user/event/event1263.html

後日トークショーが配信される公式YouTubeサイト (配信予定日7月1日17時)

https://bit.ly/NatGeoYouTubeJP


 

4.読本の電子書籍データ

ネット上の電子書籍ストアで、無料配布しています。(2021年3月末まで)

アマゾン Kindle Store/iTunes Apple/Rakutenブックス において、

森里川海大好き で検索してください。

KindleやiPad、パソコンで使用可能なデータを無料でダウンロードできます。

(PC用ドライバは、各ストアにて無料でダウンロードできます。)

 

環境省Webサイトからのダウンロード(PDFデータ)

以下のURLへアクセスしてPDFファイルをダウンロードしてください。http://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/dokuhon.html

 

「感想文を書いてみよう!」という方へ

読本は、返信用封筒(A5サイズ・角型5号)に送付先をご記入の上、250円分の切手を貼って、下記の運営事務局までお送り頂ければ無料配布いたします。御一人につき一冊とし、在庫がなくなり次第、読本の送付は終了とさせて頂きます。

 

5.用紙と字数

・原稿用紙を使用し、縦書きで自筆してください。(ワープロ不可)。

・字数は、B4サイズの400字詰(20字×20行)原稿用紙で3枚以内(1200字以内)とします。

*原稿には本文のみを記入することとし、タイトル・氏名は応募票に御記入ください。

 

6.応募作品

・応募は日本語で書かれた文章に限ります。

・応募いただいた作品は、返却いたしません。

・学校の夏休みの宿題等として、学校に読書感想文を提出した場合には、コピーでも構いません。その旨を応募票に御記入ください。

 

動画で感想や自然体験を表現してみよう!」という方へ

今年度は、動画での表現も募集します。

 

7.動画の仕様

・動画の時間は3分以内とします。

・撮影機材はスマートフォン、デジタルカメラ、ビデオカメラ等、問いません。

・動画形式は、一般的なスマートフォン及びパソコンで視聴可能なものあれば、問いません。

 

8.応募動画のアップロードについて

・応募する動画については、応募者自らが応募者のホームページやブログ、あるいはSNS(YouTube、Facebook、Twitterなど)にあらかじめアップロードしてください。

・応募フォームには、そのURLを御記入頂くこととし、事務局に動画データを送る必要はありません。

なお事務局では、応募作品を紹介するためのWEBページを作成し、皆様の動画URL等のリンクを貼らせて頂きますので、あらかじめ御了承ください。

・動画にBGM等として音楽を入れる場合は、著作権の問題が発生しないものに限り御使用ください。

 

9.応募方法と締切

・応募作品は、応募票(運営事務局サイトに掲載)とともに、メールもしくは郵便で以下の運営事務局までお送りください(FAXでは受け付けません)。

・応募期間は2020年6月1日~2020年9月25日(消印有効)です。

 

読本『森里川海大好き!』読書感想文コンクール 運営事務局

(読本請求先・感想文等作品送付先)

公益社団法人 日本環境教育フォーラム(読書感想文係)

116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階

TEL03-5834-2897 MAIL:

運営事務局サイト:https://www.jeef.or.jp/activities/contest/


 

応募時に御送付いただくもの 

*以下をメールもしくは郵便でお送りください。

 接到した際に、事務局から受領通知を送りますので、応募票には必ずメールアドレスを御記入ください。

①『森里川海大好き!』読書感想文コンクール 2020 応募票

② 読書感想文の原稿(メールで御応募いただく場合には、原稿をスキャニングしてお送りください)


 

10.審査について

・『森里川海大好き!』を執筆した先生方や、「ナショジオ オープンキャンパス」に出演する森里川海プロジェクトアンバサダー及び環境省職員により応募作品を審査する予定です。

 

11.入賞発表

・入賞者は3名程度予定しております。入賞者には、事務局から御連絡いたします。

・環境省で報道発表を予定しているほか、環境省「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」

 Webサイトhttp://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/にて発表いたします。

(11月頃を予定)

 *入賞者は、表彰式に招待します。

 

12.表彰式について

入賞者は、首都圏(予定)で開催する「自然体験を広めるイベント」(仮称)に御招待し(日程は調整中)、同日に表彰式を行います(入賞者及び保護者1名の計2名の旅費は事務局が負担します)。開催場所、日時等の詳細は入賞者にお知らせします。

 

13.入賞作品と氏名の使用・公表について

入賞作品と応募者の氏名・学校名・学年は、環境省の刊行物やWebサイトのほか、報道機関の媒体で使用・公表することがあります。

 

14.入賞作品の掲載について

入賞作品は、環境省「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」Webサイトhttp://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/dokuhon.htmlで紹介するほか、同プロジェクトで制作する広報媒体(パンフレット等)に掲載する場合があります。

参考:今年は国際生物多様性の10年の最終年です。MY行動宣言にご協力ください。

https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/mydeclaration.html

以上

 

連絡先

環境省自然環境局自然環境計画課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8343
  • 課長植田明浩(内線 6430)
  • 専門官山口昌叙(内線 6674)


  • 直通03-5521-9108
  • 室長山本泰生(内線 6661)
  • 主査細田容子(内線 7451)

 

mskw2020

 

読本『森里川海大好き!』読書感想文コンクール2020の実施について

                          令和2年5月25日(月)

環境省では、平成30年に「子どもたちにもっと自然の中で遊んでほしい」「森里川海のつながりが豊かであるからこそ、私たちの暮らしが支えられていることに気付いてほしい」という願いを込めて、読本『森里川海大好き!』(小学校高学年向け)を制作しました。

今年度も、読本「森里川海大好き!」を課題図書にした「読書感想文コンクール」を開催いたします。

今年度は、「ナショジオ オープンキャンパス」(ナショナル ジオグラフィック、株式会社ジュピターテレコム 株式会社ジェイコム東京、東京都、環境省で開催)とも連携して実施することになりました。

「ナショジオ オープンキャンパス」は、ナショナル ジオグラフィックが企画する地球や自然環境に興味を持ってもらうことを目的とした、親子の教育をサポートするプロジェクトです。

読本「森里川海大好き!」、「ナショジオ オープンキャンパス」を活用して、子どもたちのワクワクする体験をもとに、自然と私たちのつながりについて考える機会となれば幸いです。

たくさんの御応募、お待ちしています。

 

公益財団法人トヨタ財団 2020年度国内助成プログラム

未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―

 

youkou kokunai

 

本助成プログラムは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大により影響を受けることが想定されるため、助成の開始時期の延期およびプロジェクトスケジュールの変更等については、助成決定時や助成期間開始後に柔軟に個別対応致します。
当面のあいだ、トヨタ財団は在宅勤務体制となっており、お電話でのお問合せには対応できません。
ご不明な点や事前相談等については、メールにてお願いいたします。

しらべる助成/そだてる助成

<趣旨>

トヨタ財団の国内助成プログラムは、昨年度に引き続きテーマを「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じて―」をとして、下記の「しらべる助成」および「そだてる助成」で公募を実施します。

日本社会が直面する課題を乗り越え、さらにはその在り方を問い直して新しい価値の提案や創造につながるような先駆性や躍動感ある営みが、全国各地で展開されることを期待しています。

 

応募受付期間

2020年4月10日(金)9時~6月8日(月)15時

 

助成総額

1億円(しらべる助成:約2,000万円、そだてる助成:約8,000万円)

 

助成カテゴリー

A.しらべる助成:地域や人々を取り巻く環境や生じている課題を明らかにし、その結果を踏まえた事業戦略の立案まで行う【調査活動】

B.そだてる助成:地域の実態を踏まえ、多様なステークホルダーと共に課題解決の仕組みづくりや未来の担い手育成に取り組む【事業】

 

助成額

A.しらべる助成:上限 100万円/件

B.そだてる助成:上限なし(過去3年間の助成金額の平均は665万円/2年)

 

助成期間

A.しらべる助成:2020年10月1日から2021年9月30日(1年間)

B.そだてる助成:2020年10月1日から2022年9月30日(2年間)

 

対象となる組織

プロジェクト実施に必要な人材や組織で構成されたチームで、プロジェクトの中核を担う人材に40代までのメンバー1名以上含むこと
(※プロジェクト実施にあたり運営の中心を担う組織の法人格の有無や種類は問いません。)

 

助成の決定

外部有識者(学識経験者およびNPO関係者)によって構成される「国内助成プログラム選考委員会」の選考を経て、当財団の理事会(2020年9月開催予定)にて決定

 

その他、年間スケジュール、募集要項等については下記よりご確認ください。

国内助成プログラム | トヨタ財団 The Toyota Foundation
https://www.toyotafound.or.jp/community/2020/

 

Tags:
Default Image
2020年07月10日

環境省…

(仮称)彦岳風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…
2020年07月10日

環境省 …

(仮称)熊本広貝山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…
2020年07月10日

【8/6締切】環境省…

環境省は今年度の環境技術実証事業(Environmental Technology…
2020年07月10日

環境省…

環境省による令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏…
2020年07月10日

環境省…

平成31年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)…