epohedimg001

josei title bu

環境省は、「廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業」として、、脱炭素社会及び地域循環共生圏の構築に向けて実施する下記事業において必要となる経費の一部補助を行う補助事業を実施します。
対象は「廃棄物エネルギーの有効活用によるマルチベネフィット達成促進事業」、「中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業」です。

 

 


 

令和3年度「廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業」の公募について

 令和3年度「廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業」の執行団体である公益財団法人廃棄物・3R研究財団及び一般財団法人栃木県環境技術協会において、当該補助金の公募を令和3年5月24日(月)から開始しますので、お知らせします。

1.事業の概要


 「廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業」は、脱炭素社会及び地域循環共生圏の構築に向けて実施する下記事業において必要となる経費の一部補助を行います。

(1)廃棄物エネルギーの有効活用によるマルチベネフィット達成促進事業

 民間企業等において、高効率な廃熱のエネルギー回収や廃棄物燃料製造の廃棄物処理にかかる設備を導入して地元自治体と災害廃棄物受入れ等に関する協定を結ぶことで、地域のレジリエンスの向上に貢献し、かつ、地域内での資源・エネルギーの循環利用による地域活性化や地域外への資金流出防止等のマルチベネフィットの達成を図る事業に対し、事業実施に必要な経費の一部を補助します。

(2)中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業

 使用中のPCB使用照明器具をLED照明器具に交換することにより発生するPCB廃棄物の早期処理及び省エネ化を同時に達成することが確実と認められる事業に対し、照明器具のPCB使用有無の調査費用及びLED照明器具への交換に係る費用の一部を補助します。

2.公募する補助対象事業

 

(1)廃棄物エネルギーの有効活用によるマルチベネフィット達成促進事業


  公募する補助対象事業は、次のいずれかの事業です。

① 廃棄物高効率熱回収事業

 廃棄物処理に伴う廃熱を有効利用する施設(高熱量の廃棄物の受入量増加に係る設備を含む)の設備設置・改良を行う事業

②-1 廃棄物燃料製造事業

 廃棄物燃料製造施設(固形燃料化・油化・メタン化・RPF化等)の設備設置・改良を行う事業

②-2 廃棄物燃料受入事業

 廃棄物燃料を受け入る際に必要な設備設置・改良を行う事業

(2)中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業


①PCB使用照明器具の有無に係る調査事業

②PCB使用照明器具をLED照明に交換を行う事業

③PCB使用照明器具の有無に係る調査及びPCB使用照明器具をLED照明に交換を行う事業

3.公募実施期間

 

(1)廃棄物エネルギーの有効活用によるマルチベネフィット達成促進事業


  令和3年5月24日(月)~同年6月25日(金) ※17時必着

(2)中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業


  令和3年5月24日(月)~令和4年1月31日(月) ※15時必着

  (※上記期間が満了する前に予算額に達した場合は、その時点で受付を終了します。)

4.公募及び説明会の詳細


   各事業に応じて以下を御参照ください。

(1)廃棄物エネルギーの有効活用によるマルチベネフィット達成促進事業

公益財団法人廃棄物・3R研究財団
URL:https://jwrf.or.jp/

(2)中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業

一般財団法人栃木県環境技術協会
URL:http://tochikankyou.com/hojo/index.html

5.問合せ先

 

(1)廃棄物エネルギーの有効活用によるマルチベネフィット達成促進事業

公益財団法人廃棄物・3R研究財団
〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8階
担当 有田 田中
TEL 03-6659-6424  FAX 03-6659-6425
E-mail: 
URL: http://www.jwrf.or.jp/

(2)中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業

一般財団法人栃木県環境技術協会
〒329-1198 栃木県宇都宮市下岡本町2145-13
担当 後藤 石塚
TEL 028-671-1781
E-mail:
URL: http://tochikankyou.com/hojo/index.html

連絡先

環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5501-3156

 

r3 moe zc multibenefit

環境省_令和3年度「廃棄物処理×脱炭素化によるマルチベネフィット達成促進事業」の公募について
https://www.env.go.jp/press/109608.html

 

そらべあ基金による「そらべあスマイルプロジェクト」では、全国の幼稚園・保育園・こども園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈することで、環境教育の観点で再生可能エネルギーを導入し、環境の大切さを子どもたちに伝え、より良い環境の循環により地球温暖化を防ぎ未来を変えていくことを目指しています。

趣旨に賛同し太陽光発電設備の設置や子どもたちへの環境教育活動&エコ・アクションを推進いただける全国の幼稚園・保育園・こども園の募集が行われています。

 

 


 

そらべあスマイルプロジェクトお申し込み


そらべあ基金では、個人や企業の皆様からのご支援により、全国の幼稚園・保育園・こども園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する「そらべあスマイルプロジェクト」に取り組んでいます。

このプロジェクトは、環境教育の観点で再生可能エネルギーを導入し、環境の大切さを子どもたちに伝え、より良い環境の循環により地球温暖化を防ぎ未来を変えていくことを目指しています。

2008年からこれまでに、北海道から九州まで全国の幼稚園・保育園・こども園にそらべあ発電所が広がっています。こうした取り組みが評価され、2010年 地球温暖化防止活動環境大臣表彰、2012年 低炭素杯東日本大震災被災地域貢献活動賞、第1回ソーラーアワードプロジェクト部門を受賞しています。2021年より寄贈設備の拡充を行うとともに、環境教育活動支援の充実を図り、本プロジェクトを更に推進してまいります。

子どもたちが安心して暮らせる持続可能な社会を目指して、未来を共につくるプロジェクトにぜひご参加ください。

「そらべあスマイルプロジェクト」の趣旨に賛同し太陽光発電設備の設置や子どもたちへの環境教育活動&エコ・アクションを推進いただける全国からの園を下記の通り募集します。ご応募をお待ちしております。

第77・78・79基そらべあスマイルプロジェクト募集要項

 

応募資格


全国の小学校就学以前の児童向け教育・保育施設であること

設立、管理、運営主体は公立、私立いずれも可

現在、太陽光発電設備が未設置であること

下記の応募条件確認表の応募条件を満たしていること

※太陽光発電設備の設置場所を独自に確保できない集合住宅内施設などは対応できない場合があります

寄贈内容


(1)太陽光発電設備(4.95kW相当品、設置環境により変更あり)3基(1園につき1基)

太陽光パネル、パワーコンディショナー、室内モニター、工事費用一式

特別な場合(設置場所の補強など)を除き、取り付けに必要な工事費用は全て無償です

また、寄贈園にはそらべあ物語の紙芝居、園児の皆さんには「そらべあ絵本」をプレゼントします

※太陽光発電設備の寄贈後にかかる設備維持の費用については実費をご負担ください

(2)環境教育プログラム「そらべあちゃんの日」

園内における環境教育&エコ・アクションの推進をサポートします

プログラム備品、素材の無償提供

プログラム内容(案) PDF

※活動内容は年度で見直します

プロジェクト協賛企業


ソニー生命保険株式会社

※今回の寄贈により、ソニー生命保険株式会社による これまでの「そらべあ発電所」の寄贈数は15基となります。

実施スケジュール

 

募集期間


2021年5月17日(月)〜2021年8月6日(金)

応募締切:2021年8月6日(金)書類必着

選考結果の発表


2021年9月予定

選考結果のお知らせ


当選園を決定後、全ての応募園にメールで選考結果をご連絡いたします

なお、審査評価に関する個別照会は行っておりませんのでご了承ください

設置時期


2021年10月以降予定

寄贈記念式典


2022年2月以降予定

寄贈までの流れ


寄贈までの全体の流れはこちら

応募方法

 

(1)応募条件


太陽光発電設備の寄贈にあたり、応募条件確認表をダウンロードして必要項目をご確認ください

応募条件を満たしていることが応募の前提条件となります

1-1 応募条件確認表(様式1) ExcelデータPDF

(2)応募書類

 


(1)の応募条件確認表の応募条件を満たしていることを確認の上、応募に必要な書類をダウンロードして必要事項を記入してください


1-1 応募条件確認表(入力または記入済のもの)

2-1 応募申込書(様式2)ExcelデータPDF

2-2 応募申込書(様式2) 記入例 PDF

2-3 応募写真(屋根)サンプル PDF

応募に必要な書類(1-1、2-1)

(3)応募先


応募に必要なすべての書類をご確認の上、応募締切日までにメールまたは郵送にてご応募ください

メールから

送信先:

件名:「第77・78・79基そらべあスマイルプロジェクト」応募書類

郵送から

〒105-0004 東京都港区新橋2-5-6大村ビル8階 NPO法人そらべあ基金

「第77・78・79基そらべあスマイルプロジェクト」応募書類在中 締切日必着

お問い合わせ


お電話でのお問い合わせ
03-3504-8166(平日 10時〜18時)

FAXでのお問い合わせ
03-5157-3178(24時間受付)

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

これまでの実績

これまでに寄贈した全国の寄贈先と寄贈レポートはご覧いただけます
そらべあ発電所マップ

 

 

77 78 79 sorabear

第77・78・79基そらべあスマイルプロジェクト募集要項 | そらべあ基金
https://www.solarbear.jp/applications/2104/

 

 

環境省は、銀行、信用組合等の地域金融機関を対象に、昨年度取りまとめを行った「ESG地域金融実践ガイド2.0」に基づき、地域におけるESG金融を更に発展させることを目的とした「令和3年度ESG地域金融促進事業」を実施、公募を開始しました。

 

 


 

「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」における支援先金融機関の公募について

 環境省では、環境・社会にインパクトがあり、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融の促進を図るべく、昨年度「令和2年度ESG地域金融促進事業」を実施し「ESG地域金融実践ガイド2.0」を取りまとめ、令和3年3月30日(火)に発表しました。今年度は、本ガイドに基づき、地域におけるESG金融を更に発展させることを目的として「令和3年度ESG地域金融促進事業」を実施します。
 本事業の委託先である株式会社野村総合研究所において、本事業に参加する支援先機関(地域金融機関)を以下のとおり公募しますので、お知らせいたします。


1.公募期間


 令和3年5月17日(月)~令和3年6月18日(金)17時必着

2.公募の対象となる支援先機関(地域金融機関)


 銀行法に規定する銀行、信用金庫法に規定する信用金庫又は中小企業等協同組合法若しくは協同組合による金融事業に関する法律に規定する信用組合等の地域金融機関。

3.応募に必要な要件、書類等


 下記添付資料より公募要領等を御参照願います。

4.審査方法


応募書類等に基づいて、株式会社野村総合研究所により審査されます。

5.お問合せ先(提出先)


〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
株式会社野村総合研究所 サステナビリティ事業コンサルティング部内
ESG地域金融促進事業事務局
TEL:070-8847-6551
電子メール: 

6.その他


支援先機関は、採択決定次第発表いたします(採択は8機関程度を予定)。

添付資料

連絡先

環境省大臣官房環境経済課環境金融推進室
  • 代表03--3581-3351
  • 直通03-5521-8240

 

r3 esg finance

環境省_「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」における支援先金融機関の公募について
https://www.env.go.jp/press/109595.html

 

環境省は、離島全体で電力供給量に占める再生可能エネルギーの割合を高め、二酸化炭素排出量の削減を図る取り組みに対し、設備等導入支援を行う事業の公募を行っています。

 

 


 

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(離島における再エネ主力化に向けた運転制御設備導入構築事業)の公募開始について

 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(離島における再エネ主力化に向けた運転制御設備導入構築事業)について、執行団体である一般社団法人環境技術普及促進協会から、令和2年度(第3次補正予算)及び令和3年度分の公募が開始されますのでお知らせします。

1.補助事業の概要


  本事業は、離島全体での再エネ自給率の向上を目的として、再エネ設備や需要側の運転制御設備を群単位で管理・制御する技術の社会実装を図るために、設備導入及び計画策定の支援を行うものです。

2.公募実施期間


  公募(第1次)令和3年5月17日(月)~同年6月16日(水)

    (第2次)令和3年6月23日(水)~同年7月20日(火)

  ※ 予算額に達した場合はそれ以降の公募を実施しないことがあります。

3.公募の詳細


  公募の詳細は下記執行団体ホームページを御覧ください。

  ○ 一般社団法人環境技術普及促進協会

    http://eta.or.jp/offering/21_03_ritou/210517.php

4.問合せ先


  一般社団法人環境技術普及促進協会 

  住所:〒534-0024 大阪市都島区東野田町2-5-10 京橋プラザビル6階

  メールアドレス:

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339

 

r3 island re

 

環境省_二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(離島における再エネ主力化に向けた運転制御設備導入構築事業)の公募開始について
https://www.env.go.jp/press/109584.html

 

環境省は、広く建築物等の大幅な脱炭素化・レジリエンス強化を目的に、国立公園宿舎施設の省CO2改修支援事業、上下水道・ダム施設の省CO2改修支援事業の2種について、経費の一部を補助する事業公募を行っています。

 


 

令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業(国立公園宿舎施設の省CO2改修支援事業、上下水道・ダム施設の省CO2改修支援事業))の公募開始について

 令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業(国立公園宿舎施設の省CO2改修支援事業、上下水道・ダム施設の省CO2改修支援事業))について執行団体である一般社団法人静岡県環境資源協会が、当該補助金の公募を開始しますので、お知らせいたします。

1.公募について

(1)事業概要

「建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業」は、分野に関わらず広く建築物等において大幅な脱炭素化・レジリエンス強化の促進に必要となる経費の一部を補助するものです。このうち、以下に掲げる事業について公募を開始いたします。

事業メニュー

概要

国立公園宿舎施設の省CO2改修支援事業

自然公園法に基づき国立公園内の宿舎事業施設(ホテル、旅館等)を営む者に対し、省CO2性の高い機器等の導入を支援する

上下水道・ダム施設の省CO2改修支援事業

上下水道・ダム施設における小水力発電設備等の再エネ設備、高効率設備やインバータ等の省エネ設備等の導入・改修を支援する。

(2)公募実施期間

   令和3年5月17日(月)~令和3年6月25日(金)

(3)募集方法

   下記執行団体ホームページを御覧ください。

   URL:http://www.siz-kankyou.jp/hojo.html

(4)問合せ先

   一般社団法人静岡県環境資源協会

   住所:静岡県静岡市葵区追手町44-1静岡県産業経済会館6F

   E-mail:

   電話:054-266-4161

   ※ お問合せにつきましては、漏れを防ぐため、極力電子メールでお願いいたします。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

 

r3 lc building resiliense np

 

環境省_令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業(国立公園宿舎施設の省CO2改修支援事業、上下水道・ダム施設の省CO2改修支援事業))の公募開始について
https://www.env.go.jp/press/109586.html

 

r3 moe ecosystem specialist
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省では、科学的・計画的な鳥獣の保護及び管理についての専門的な知見を有する職員の都道府県ごとの配置状況について、令和3年4月1日現在の配置状況を公表しました。…
2021年07月31日

【結果公表】環境省…

環境省は、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るため「令和3年度地…
2021年07月31日

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部…

2021年7月26日、オンラインで開催された「第44回世界遺産委員会拡大会合」にて、日本が世界遺産に…
2021年07月31日

【2022/1/31締切】環境…

環境省は国土交通省と連携し「令和3年度環境配慮型先進トラック・バス導入加速事業」し、補助金の公募を開…
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省は、令和3年7月22日(木)及び23日(金)、イタリア・ナポリで日本からは小泉環境大臣等が出席…