epohedimg001
<img src="/images/banners/josei-title-bu.jpg" alt="ニュース 公募・助成" width="670" height="300" />

東洋ゴム工業株式会社による助成金公募情報です。

2018年度の助成先、並びに公募の詳細は下記プレスリリースからご確認ください。

  → http://www.toyo-rubber.co.jp/news/2018/180726.html

 toyo rubber josei 2019

 

東洋ゴム工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、国内外の環境保全活動に取り組む団体、およびその活動に対して資金援助を行なう目的で、1992年に「東洋ゴムグループ環境保護基金」を創設しました。このたび、2018年度の助成先を決定し、同基金より個々の活動のための資金援助を行なうとともに、2019年度の助成公募を実施しますのでお知らせいたします。

  同基金は公益財団法人大阪コミュニティ財団を窓口として設置され、1993年以降、のべ821団体に対して累計4.40億円(2018年4月時点)の助成を実施し、非営利団体の各種環境保全活動をグループとして広く支援してきました。

これらは、「よりよい地球環境・地域社会を実現するために貢献していく」という趣旨に賛同して寄託する当社グループ従業員の寄付金合計金額と、同額の寄付金を当社が拠出するというマッチングギフト方式によって構成される財団基金より資金を拠出して助成している活動です。

 

1.2018年度「東洋ゴムグループ環境保護基金」の助成内容

 1)大阪コミュニティ財団を通じた助成
2018年度については、多数応募いただいた中から24団体を助成先として決定し、総額600万円の助成を実施します。
(※ご参照:http://www.osaka-community.or.jp/contents/grant/projects_30.htm#link7

 2)日本フィランソロピー協会の選定支援を受けた助成
2018年度より、外部助成先選考委託機関として、公益社団法人日本フィランソロピー協会を迎え、当協会を介した環境保全に関する認定NPO団体やその団体が行なう助成を開始しました。当協会に選定いただいた助成先5団体に対し、総額500万円の助成を行ないます。

 3)当社自主選定による助成
2013年より、社内基金として、当社が自主的に選定した環境保護活動団体への直接の寄付・助成、当社従業員が自らボランティアによる人的支援活動も加えて取り組んでいます。2018年度については、10団体を選定し、総額1,500万円の助成を実施するとともに、当社拠点のある宮城県や三重県、兵庫県等での従業員によるボランティア活動も推進する予定です。
(※下段「ご参考②」を参照下さい)


2. 2019年度「東洋ゴムグループ環境保護基金」の助成公募概要

環境保護における活動を基本テーマとし、以下の内容で助成の募集を行ないます。

 1)助成対象とする団体・事業
公益に資する事業を計画している団体、環境保護・環境保全関連の事業活動
里山・森林・緑化整備運動/生態系保護活動/水・河川環境保全活動/地域環境整備活動/リサイクル活動/環境教育・体験学習活動/啓発活動・イベント活動/研究・開発活動その他

 2)助成対象期間
2019年4月1日から2020年3月31日までの間における1年間の事業活動。

3)助成金額
上限150万円(総額2,000万円)

4)募集期間
2018年7月26日(木)~9月28日(金)

 5)募集要項
申請書類ダウンロードはこちら:http://www.philanthropy.or.jp/toyotires/2018/

 6)申請書送り先
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
公益社団法人日本フィランソロピー協会「東洋ゴムグループ環境保護基金」事務局

 

【本件に関するお問合せ先】

東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

パタゴニア社による助成金プログラムの募集が開始されました。

 

パタゴニア環境助成金プログラム募集【8月31日応募〆切】

 patagonia josei 2018〈詳細〉https://www.patagonia.jp/grant-guidelines.html

 

アウトドア企業のパタゴニア社は、毎年売り上げの1%以上を草の根の環境保護団体に寄付しており、2016年度までには累計8900万ドルを寄付してきました。
私たちは直接行動する課題を持った、草の根で活動する小規模なグループや、自然環境を保護/回復させようとするキャンペーンに取り組んでいるようなグループを支援しています。
また、パタゴニアは株式を公開しておりませんので、株主に縛られることなく支援することができます。
リンクの申請のためのガイドラインをよくお読みいただき、みなさまのご応募をお待ちしております。

 

 

熊本県内において、独自の自主活動や地域住民などと共に自然保護保全の活動及びその普及啓発活動、自然等の環境調査・環境教育・環境研究の活動を行うことにより、自然や環境の課題や問題を広く県民等に提供し保護保全に寄与すると認められる事業に対して助成を行っています。

助成対象団体等

①目的、組織、代表者団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
②国、地方公共団体及び企業等が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人でないこと。
③非営利団体であること。

助成対象事業

①多様な野生動植物の保護保全等
②森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
③地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
④子どもたちを対象とした環境教育事業
上記に関する事業であること及び非営利かつ政治又は宗教活動に関わりのない事業

 助成額

 ①100万円を限度とし助成対象経費の2分の1以内
 ②助成金は、1団体及び個人に対し年1回(継続は原則なし。但し特認として3年まで)

募集

下期     
事業の実施期間:平成30年10月1日から翌年3月31日まで
募 集 期 間 :平成30年6月1日から7月31日

詳細は公益財団法人再春館「一本の木」財団ホームページよりご確認下さい。
https://ipponnoki.jp/assist/

iponnoki

 

Tags:

「聞き書き甲子園」は、全国の高校生が、森・川・海の「名人」を訪ね、その知恵や技(わざ)、生き方を「聞き書き」し、記録・発信する活動です。
次年度(2019年度)、第18回開催を迎えるにあたり、「名人」の「なりわい」や暮らしの基盤である「地域」に、さらにスポットをあてる観点から、高校生が「聞き書き」する「名人」の推薦に協力する「市町村」を公募します。これにより「自然と向き合う仕事の大切さ」や「地域ごとに特色ある生活文化の豊かさ」をひろめ、次世代を育成するとともに、新たな関係人口の創出に寄与します。

 

公募内容

■期 間:2018年6月28日(木)~9月28日(金)
■主 催:「聞き書き甲子園」実行委員会
(農林水産省/文部科学省/環境省/国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク)

※本公募では、10~12の協力市町村を公募します。「地域団体」(地域自治組織や市民活動団体、事業協同組合等)が市町村を窓口として応募することや、複数の市町村が連名で応募することも可能です。
※詳細は、公募開始日に「聞き書き甲子園」や農林水産省等のwebサイトで公表します。

聞き書き甲子園HP
http://www.foxfire-japan.com/index.html

kikigakikoushien

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成は、公益財団法人自然保護助成基金による、自然環境の保全に役立つ研究や、自然保護を目的とした市民活動に対しての助成プログラムです。

 

助成の趣旨

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成では,日本や海外の自然保護のための,フィールドワークに基づいた基礎的な研究や,地域に根ざした自然保護活動,自然保護に関する書籍の出版,そして当財団が年度ごとに定める特定のテーマに取り組むプロジェクトに対して助成を行います.

 

助成対象カテゴリー

当助成は,以下の5つのカテゴリーで募集を行います.

国内研究助成・・・日本国内における自然保護のための調査・研究

国内活動助成・・・日本国内における自然保護のための普及・啓発活動

地域NPO活動枠・・・日本国内の地域のNPOによる自然保護活動

海外助成・・・海外の地域における自然保護のための調査・研究および普及・啓発活動

出版助成・・・自然保護に関連する書籍の発行

特定テーマ助成・・・第29期のテーマ「サンゴ礁保全をめぐる地域課題に関する調査・研究およびアウトリーチ活動」

 

応募資格

A,B,C,E:自然保護のための調査・研究や活動を進める能力のあるグループ.

D:自然保護のための調査・研究や活動を広める能力のあるグループまたは個人.

 

助成金額と期間

A,B,D:上限100万円/1年間.

Bの地域NPO活動枠:上限50万円/1年間.

C:上限150万円/1年間.

E:上限100万円/1年間,最大2年間.

いずれのカテゴリーでも,内容に応じて申請金額から減額して採択する場合があります.

 

助成期間

2018年10月から2019年9月末まで.(Eのみ,2020年9月まで可)

 

応募方法

下記URLより募集要項、申請書をダウンロードの上、期日までに申請書をメールまたは郵送でご提出ください。
http://www.pronaturajapan.com/foundation/pronaturafund/29pnfbosyu

 

募集期間

2018年5月28日(月)から2018年7月13日(金)正午まで.

 

選考方法

専門家による審査委員会にて選考の後,当財団理事会の決議を経て,助成先を決定致します.
選考結果は,2018年9月末までに当財団Webサイトにて公開します.

 

問い合わせ先

公益財団法人自然保護助成基金
Tel: 03-5454-1789 Fax: 03-5454-2838
Email:
担当:板垣

 

pronatura

Default Image
2019年04月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(4月下旬)…

★ご注意※詳細はリンク先を必ずご確認ください。※公開が終了している場合があります。※表示順、日程は前後する場合があります。※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。 福岡県…
2019年04月12日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

雲仙諏訪の池ビジターセンターからイベント情報が届きました。ぜひご参加ください! 星空観察会…
2019年04月10日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

西海国立公園 九十九島ビジターセンターから、自然教室開催の情報が届きました。ぜひご参加ください!…
2019年03月27日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…