epohedimg003

昨年募集しておりました「平成23年度阿蘇千年の草原デジタル写真コンクール」の入賞作品が決定いたしました。
あたらしい切り口から見た阿蘇の風景や、私たちのくらしとの繋がりを発見できる入賞作品の数々、
ぜひみなさまご覧ください。
 入賞者表彰式は、4月22日(日)に開催されます、アースウィークくまもと2012のオープニングイベントにて、
実施されます。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました!
  
 
 
 審査委員長賞(特別賞)        
稲益 親義 さん(熊本県南阿蘇村在住)
「斜面の絵模様(牛道)」 
shinsain.jpg
   「花咲く草原」
shinsain2.jpg
      
熊本県賞(特別賞)                              
「寒さにも負けず」                                           
近藤 翔太さん(福岡県久留米市在住)     
kumamotoken.jpg
 
九州地方環境事務所長賞
「すすきの光」
本田 玲奈さん(熊本県菊陽町在住) 
        
syochosyou.jpg
                     
一般部門 入選「刈り草集合」      
 前田 睦男さん(熊本県菊陽町在住)
ippan_nyusyou1.jpg
 
入選「阿蘇の寒立牛」 
日高 國治さん(福岡県北九州市在住)        
ippannyuusyou2.jpg
 
ジュニアの部(高校生以下)入選           
「秋の風景」                 
桑波田 彩花さん(熊本県山鹿市在住)
juniournyuusen.jpg
 
「森の恵み」
上村 舞さん(熊本県合志市在住)                     
juniornyusyou.jpg
    
 
携帯部門 入選
「湿地に生き続けるサクラソウの群生」                 
園田 るみ子さん(熊本県熊本市在住)
keitainyuusen.jpg
 
「先達と根子岳」
竹下 登志輝さん(熊本県南阿蘇村在住)
keitai-nyusen.jpg
 
                      

NPO法人環境ネットワークくまもとが主催する、第32回かんくま定例学習会

「削減しよう!温室効果ガス!カーボンクレジットの今とこれから」が開催されました。

国内クレジットの概要について、大変分かりやすく解説いただきました。

熊本での事例として、富士フィルム九州や熊本の西部ショッピングセンターといった、

地域に密着した取組みをご紹介いただきました。解説後も、質問が相次ぎ、

参加者の方の関心の高さを 伺えました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

【日時】2012年1月26日(木)19:00~21:00(開場18:30) 【講師】上原久典さん(一般社団法人 九州カーボンネットワーク協会会員)

【場所】国際交流会館 交流ラウンジ
(熊本市花畑町4-8  TEL096-359-2020)

【参加費】無料

今年度のインタビュー企画「繋げよう九州!広げようEPOの輪!!」では、 東日本大震災での被災地支援を行われている団体の方、再生可能エネルギーに
ついて活動している団体の方にインタビューしています。
環境省は、廃棄物・がれき処理についての対応などのため、全国の地方環境事務所 より現地に職員の方を派遣されています。 前回のペット保護の取組みに続き、今回は廃棄物の対応について、九州地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課の溝手康人さんに、お話を伺いました。

あっという間に1月も終わりですね。

さて、みなさん「エコかまど」もしくは「ロケットストーブ」というモノについて聞いたことありますか?

私は去年、九州環境教育ミーティングin綾 の分科会の内容について、検討している時、

初めてその名を聞き、「ロケット?ストーブ??」と思い。。。

どんなものか具体的に分からなかったところ、ちょうど熊本でエコかまど製作とセミナーが

(主催:エコかまどがやってくる実行委員会 共催:熊本大学文学部社会学研究室/株式会社

コッコファーム )開催されるとのこと。とある日曜日、私も参加してきました。

  img_2952.jpg

※エコかまど。

 

 

 

 

東日本大震災後、普段使うエネルギーについて見直している方も多いことと思います。

先日お話を伺ったEPO東北の方も、震災後停電した時に、いかに電気に頼り過ぎている

かを実感したとおっしゃっていました。

では、どんなエネルギーがあるのか、災害時に使えるものは?となった今、

大変注目されているのが、エコかまどやロケットストーブです。
これさえあれば、木材や新聞、竹等、身近なものが燃料となるので、特別なものは必要ありません。

実際使ってみて、何が優秀かというと、まず煙がでないこと、そして側面が熱くないこと(安全!)、

何より暖房器具だけでなく、調理器具になるということです!

参加者の皆さんはエコかまどを作った後、ご飯と炒め物を作り、その便利さを実感しました!

 img_2934.jpgimg_2948.jpgimg_2956.jpg

皆さん夢中で。。。作ってます!まさにエコかまど!                  かまどでお肉を焼きながら

          お米&お焦げ、美味しかったですよ! おしゃべりしたり。火を囲むと会話も弾みます。

ロケットストーブは 、3月に開催される九州環境教育ミーティングin綾 の第8分科会

ママでもできるゆる自給自足~ライフラインが止まっても、びくともしない暮らしがしたい!~

で実演の予定です。 「九州環境教育ミーティングin綾  」では、ほかにも、綾の森を歩いたり、

農園見学に行ったり、8つの様々な切り口の分科会を通して、綾町を深く知り、楽しむことができますよ!

ただいまEPO九州にて申込受付中です。 皆様のお申し込み、お待ちしております!

こちらからお申込み下さい!

rwsitelogo.png



r2 yakushima shizen
2020年09月24日

【10/4開催】屋久島自然保護官事務所「…

九州地方環境事務所 屋久島自然保護官事務所では、令和2年10月4日(日)「令和2年度第一回 自然に親しむ集い ~海辺の素材でネイチャークラフト!」を開催します。…
2020年09月24日

【10/20締切】環境省…

環境省は地方自治体や民間企業を対象に、浮体式洋上風力発電の早期普及に貢献するための情報整理や、地域が…
2020年09月24日

【10/9締切】環境省…

未利用な資源を効率的に活用した低炭素型の社会システムを整備するために、エネルギー起源CO2…
2020年09月24日

【資料公表】環境省…

環境省が推進する「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」では、脱炭素・低炭素社会形成に関わる経験やノ…
2020年09月23日

【意見提出】環境省…

(仮称)出水水俣ウィンドファーム事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…