epohedimg003

EPO九州環境ミニセミナー第5回  学ぼう!九州の環境力
市民力がスゴイ!! ドイツと韓国に学ぶ「環境市民活動」
~メディアと市民の目から見た持続可能な社会づくり 帰国報告会~開催報告

第5回目となるEPO九州環境ミニセミナーを下記のとおり開催しました。

【開催日時】
平成21年2月14日(木)15:30~17:30

【テーマ】
ドイツと韓国に学ぶ「環境市民活動」
~メディアと市民の目から見た持続可能な社会づくり 帰国報告会~

【主旨】
環境先進国といわれるドイツと、市民活動ネットワークに特徴づけられる韓国の環境事情について知り、市民活動を通した持続可能な社会づくりについて考えるセミナー。

【内容】
15:30~16:30
講演「根付く再生可能エネルギー  環境先進国ドイツを歩く」について
久間 孝志 氏(熊本日日新聞 暮らし情報部 記者)
16:30~17:30
講演「韓国視察交流-2008」について
宮北 隆志 氏(NPO法人環境ネットワークくまもと 代表理事)、視察訪問団 他6名
17:30~17:40 アンケート回収

【成果と課題】
はじめに、熊本日日新聞の久間氏から、視察で訪れたドイツにおける再生可能エネルギーの普及状況についてお話いただきました。視察先の写真も交え、世界に おける最新のデータや取材を通して得た熊本の情報などとの比較もありました。ドイツが、太陽光発電や風車、バイオマス利用の普及を押し上げている背景とし て、2002年に原子力からの撤退が決定したことや、再生可能エネルギーで生み出された電力を固定価格で高く買い取る「再生可能エネルギー法」が原動力と なっているという説明がありましたが、久間氏の「脱原子力も市民の1つの選択ではないだろうか」という言葉が印象的でした。

続いて、環境ネットワークくまもとの宮北氏から、2001年から続いている韓国環境運動連合(KFEM)との交流について紹介が行われました。今年度は日 本から、韓国における先進的な廃棄物抑制政策や市民・NPO活動の課題の共有を目的として視察に行かれたそうです。視察先の1つであるごみ問題解決のため のネットワーク団体は、国内240余りのNGOや市民団体で構成され、会員数約550万人と社会にも非常に大きな影響力を持っていることが紹介されまし た。他の視察参加者から「団地における生ごみや廃油を含めた資源物分別ステーションで、小さな子どもが当たり前のように分別しており、市民の意識の高さが うかがえた」といったコメントもありました。


それぞれの講演を終え、セミナー参加者からは、「海外では市民が環境に取り組む本気度が違うと思いました。」「市民の力は世の中を変えられること、改めて “そうだ!”と思いました。」といった感想が寄せられました。また、「原子力からの撤退を決めた時のドイツ政府は、経済的な試算をきちんと国民に示せたの か。市民は原子力を利用しないことをどのように選んだのか。」といった質問も寄せられました。
今回は、定員を超える40名程度の方々にお集まりいただきましたが、未来の環境市民である若い世代からの参加が少なかったので、さまざまな世代の方にご参加いただけるよう、今後も開催告知の広報を工夫したいと思います。

【会場】
熊本市国際交流会館2Fラウンジスペース

【主催・共催】
EPO九州、(財)熊本市国際交流振興事業団NPO法人環境ネットワークくまもと

銭塘小学校にこにこ発表会で学習成果を発表しよう!

平成21年2月15日(日)13:30~15:30(5年生の発表は14:25~14:40)
於:銭塘小学校体育館

これまで取り組んできた学習の成果を発表する日がやってきました。5年生だけでなく、全学年が発表します。保護者の方や地域の学校評議員の方、民生委員の方々も来られ、体育館は発表を見に来た人でいっぱいでした。
1年生の「はじめの言葉」に始まり、校長先生のお話しと発表時の注意の後、各学年による発表がおこなわれました。5年生は4番目で、「今…くまもとの水」と題した音楽劇による発表でした。



ストーリーは、熊本市民のオアシスとして親しまれている江津湖(えづこ:熊本県熊本市にある湖)を舞台に繰り広げられました。
ある日、子どもたちが江津湖を訪れると、湖にすむ魚たちが、子どもたちに助けを求めます。



年々湧水量が減っていること、もともと江津湖に生息していなかった生きもの(外来生物)によって、昔からすんでいた生きもの(在来種)の生息が脅かされて いることを訴えます。湖の環境が悪くなっていることを知った子どもたちは、水守り隊の水レンジャーに助けを求めました。



5人の水レンジャーたちは、グラフや写真を使って、くまもとの水環境をとりまく現状をわかりやすく説明してくれました。地下水が減っていること、他県に比 べて熊本市民は水を沢山使っていること、そして、生活排水などで水が汚れていっていること。問題提起とクイズの後、楽しい歌詞と振りつけで、どうやったら 水を守れるかを歌って教えてくれました。「シャワーを1分間流すと牛乳パック20本分程の量になる」といったように、水レンジャーが具体的な説明をする と、保護者席の方からは「へ~。」という反応が・・・。

水レンジャーたちの説明を聞いて、子どもたちは、くまもとの水環境を悪化させて いる原因が自分たちにもあることを知ります。“10年後、100年後の水を守るために、小さなことからみんなで1歩ずつ取り組もう”。5年生のすてきな演 奏と歌声から、水を大切にしていきたいという思いがしっかりと伝わりました。発表を見た全ての人が、5年生の思いを受け止めて、今後、地域全体で水保全の 取り組みをおこなっていただければと思います。

Saving water! Yes, we can!

チャレンジした節水活動について発表しよう!

平成20年11月17日(月)10:50~12:30
授業者 熊本市水保全課 多々野主任主事

今日は、3週間前に配布された「節水チャレンジシート」にもとづき、子どもたちがどんな節水に取り組んだかを発表する日でした。これまで学習してきた内容の簡単なふりかえりのあと、一人ひとりがチャレンジした節水活動が書かれた紙が黒板に貼り出されていきました。
「歯磨きや手を洗う時、水を出しっぱなしにしない」「トイレで水を流す時、レバーを使い分ける」「お風呂の水を洗濯に使う」「茶碗を洗う時、水をたくさん 使わない」「水道の水の勢いを弱くして使う」など、さまざまな節水活動が紹介されました。友だち同士、同じような活動をおこなっていることもわかったの で、同じ活動内容の紙をまとめていきました。



全ての紙が貼られた後、「これだけ多くの節水活動をみなさんがおこなってくれて、とてもうれしいです。これらの活動を行う上で、節水がうまくいった理由と うまくいかなかった理由について聞かせてください。」と多々野さんが子どもたちに質問されました。節水がうまくいった理由として、「前々からずっと行って いたことは、取り組みやすかった。」「意識してやったら出来た。」という答えが返ってきました。また、節水がうまくできなかった理由として、「慣れておら ず、普段からやっていないから、ついつい節水を忘れていた。」「初めてチャレンジした取り組みは、うまくできなかった。」などの答えが返ってきました。節 水がうまくいくかいかないかは、“どれだけ意識しているか”にかかっているようです。
その他、多々野さんから、お米を食べることは、間接的に水 環境保全にもつながるということについて教えていただきました。そして、特別に「節水の極意」も教えていただきました。節水の極意は、「とめる、ためる、 やってみる!」だそうです。一人で節水を行ってもなかなか続けるのは大変なので、クラスで目標をつくってはどうかという提案がありました。
授業を終えて、「いつもは自分一人で目標を決めてやっていたけれど、家族やクラスで目標を決めて節水をやってみようと思った」「お米を食べると水を守ることにつながることがわかった」という感想を発表した子もいました。

今後、学校だけではなく、家庭や地域でも水を大切にする活動を積極的に行ってくれればと思います。まずは、他の学年に5年生の取り組みが紹介され、学校全体に活動が広がるといいですね。
※2月中旬頃、学習発表会が行われる予定です。



5年1組の取り組み内容は廊下に掲示され、他の学年の目にも留まるようになっています。

くまもとの水のひみつを知ろう! 水の飲み比べをしよう! 

平成20年10月28日(火)10:50~11:40
授業者 熊本市水保全課 多々野主任主事、藤本主任技師



前回の篠原先生の授業から約2週間後、今度は熊本市水保全課の多々野さんと藤本さんに、「くまもとの水」や節水について伺いました。

熊本は世界的に見ても非常に豊富で良質な地下水に恵まれた地域と言われています。まず、その良質な地下水ができるまでの過程について学習しました。くまもとウォーターライフ参照)
その後、くまもとの水を含む、硬度が異なる4種類の水の飲み比べが行われました。1つ1つの水を飲みながら、子どもたちは「薬の味がする」「少し苦い」と 口々に感想を言い合い、中には「スイカの味がする」といった感想も出ました。4種すべてを飲み終わった後、「1番美味しかった水は?」と尋ねられ、子ども たちの意見は分かれましたが、それでも4番目に飲んだ「くまもとの水」に手が多く挙がりました。くまもとの水は蛇口をひねれば出てきますが、それ以外の3 種類はすべて海外の水で、お店で購入しないと飲めないミネラルウォーターでした。蛇口から美味しい地下水(ミネラルウォーター)が出てくる環境。本当に恵まれています。



しかし、第1回目の授業で触れられたとおり、熊本の地下水は今さまざまな問題を抱えています。昔と比べ、工業用や農業用として汲み上げられている地下水量 は、技術の向上や耕地面積の縮小に伴い減少しましたが、生活用水として利用する量は横ばいです。他県と比較しても、熊本では1日に1人あたりが利用する水 の量が多いと言われています。重要なかん養域である白川中流域では、企業やNPOとのパートナーシップによる地下水保全に向けた活動も行われていますが、やはり普段の生活の中での節水は非常に重要な取り組みになります。

そこで、子どもたち1人1人に、家庭や学校生活で節水に取り組んでもらおうと、節水チャレンジシートが配布されました。約3週間の間、自分が出来そうだな と思う節水活動を記入し、実践してみるためのものです。早速、それぞれのシートに具体的な節水の取り組み内容が書き込まれていきました。実践した取り組み は、11月17日の授業で報告することが決まりました。



授業を終えて、子どもたちからは、「熊本は、他の地域に比べて水を使う量が多いのが分かった。水を大切に使っている福岡県を見習いたい」「地下水が地下を進む速度が非常にゆっくりであることが分かった」「他の国の水が飲めて楽しかった」といった感想が寄せられました。

3回の授業を終えて、少しずつ水への理解が深まっているようです。学習で得たものを実践につなげるためにも、3週間の間、節水に積極的に取り組んで欲しいと思います。

次回は、サントリー株式会社九州熊本工場の見学を通して、企業の地下水保全の取り組みについて学びます。
gakushukai shigetomi
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふれあい館…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境についてご案内している施設です。今年で5年目を迎えた新しい施設です。館内ではパネル展示に加えて、錦江湾にすむ…
2019年06月14日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

長崎県雲仙市の雲仙諏訪池ビジターセンターから夏にかけてのイベントのお知らせです。…
2019年06月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月13日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターから開催イベントの情報が到着しました。…
2019年06月06日

【6/14開催】公開シンポジウ…

情報元:国立環境研究所…