epohedimg003

世界の水事情について知ろう!

平成20年10月15日(水)10:50~11:40
授業者 熊本県立大学 環境共生学部 教授 篠原 亮太 氏



昨日の学習をふまえ、今日は「世界の水事情」について熊本県立大学の篠原教授に次のようなお話を伺いました。

『「水」と聞いてみなさんが連想するのは、「心地よい水」「命の水」といったイメージでしょう。しかし、世界には、「役に立たない水」「害を与える水」が 存在するのも事実です。日本のように水道が普及していないアフリカのある地域では、みなさんとさほど年齢が変わらない子どもたちが、生活に必要な水を遠く 離れた川から汲みます。水汲みは、一日のうちでとても大事な仕事です。日本ではそのような光景は目にしないでしょう。日本は非常に水に恵まれた国で、降水 量も豊富です。一方で、食料自給率が低いため、海外から食料を大量に輸入しており、それらの食料の生産に要する膨大な量の水(仮想水)も間接的に消費して いることになります。幸い、熊本は農業県であり、また、環境省が選定する「平成の名水百選」に も4ヶ所が選ばれています。ミネラルウォーターをお店で買ったことがある人もいると思いますが、熊本地域では、蛇口をひねれば非常に良質で美味しい水が出 ます。熊本は、正真正銘「水の都」なのです。その「水の都」である熊本にも、危機が訪れていることは、昨日みなさんが学習したとおりです。

日本以外の国をみてみると、例えばインドネシアでは、かつて400年以上前のジャカルタでは、市内を流れる河川の水もそのまま飲むことができたそうです。 しかし、ひとたび川がゴミで埋め尽くされてしまうと、住民の間で「川は汚れているもの」という意識が根付いてしましました。このままではいけないと、ラジ オや漫画、演劇をとおして河川環境改善のための啓発活動が繰り広げられ、住民が一丸となってゴミ拾いをしました。川はみるみるうちに元の姿を現し、現在も 住民の努力によりそのきれいな姿のまま保たれています。私は水質問題の専門家としてアジアへ何度も足を運んできましたが、ベトナムのハノイ、中国、台湾、 インドなどでも同じような光景を目にしたことがあります。ですが、これはアジアに限った問題ではなく、環境問題に非常に熱心だと言われているヨーロッパで も水質問題を抱えている国があります。
このように、「環境を守りたい!と思わなければ、環境は守れない」ということを、さまざまな国の視察を通 して痛感しました。これは、日本においても同じだと思います。九州の北の方に位置する北九州市では、戦後の経済発展とともに自然環境は悪化の一途をたどり ました。しかし、下水道を整備するなど河川環境の改善に努め、今では心地よい水環境を地域住民だけでなく、市内を訪れる人々に提供しています。
是非みなさんも「環境を守りたい!」という気持ちをいつまでも持ち続けてください。』

先生のお話を伺い、子どもたちからは「世界の水事情について知ることができた」「仮想水(バーチャルウォーター)の話は驚いた」といった感想が寄せられました。

今日は視野を広げるために世界の水事情について学びましたが、普段当たり前のように使っている水がとても貴重なものであることに子どもたちは改めて気付かされたようでした。
篠原教授のもとで勉強する学生さんたちは、東南アジアへ水やごみ問題の視察研修に行かれることもあるそうです。現場を前に得るものは非常に大きいと思いま す。今回は、スライドを使った教室内の授業でしたが、学校付近の河川環境を見学しながら、身近な水環境に思いを巡らせる学習もいいのではと思いました。

次回は、子どもたちの日常を視点にした「くまもとの水」、節水の話を熊本市水保全課の方に伺います。

新聞をとおして身近な環境問題について知ろう!

平成20年10月14日(火)14:10~14:55
授業者 5年1組 担任




銭塘小学校での環境教育がいよいよ始まりました。今回のプログラムでは「水」について学習し、未来のために水を大切にする活動を5年生がおこないます。これらの活動は、新聞というメディアをとおして、学校での環境教育について地域へ発信される予定です。

学習の初日となった今日は、「環境問題と聞いて連想するものは?」という連想ゲームから始まりました。連想するものを1人1~2枚程度紙に書いていきます。それぞれの紙は黒板に貼られ、同じ内容ごとにまとめられました。
特に多かった内容は、「川が汚れている」、「川や海にごみが捨ててある」など川や海に関連する事柄でした。以前、子どもたちが学校近隣の川を掃除した際、 とても多くのごみを拾ったことがあるそうです。実体験にもとづく感想が次々に出てきました。その他、生物の絶滅や外来生物問題といった生態系の変化、地球 温暖化、排気ガスの問題、森林伐採というキーワードが出されました。一口に環境問題といっても、非常に多くの問題が地球上で起こっていることに子どもたち は気付いたようでした。

次に、これまで子どもたちがスクラップしてきた環境問題を扱った新聞記事が配布されました。配布された記事を読 み、何について書かれた内容かを判断し、キーワードやタイトルを紙に書いていきました。それらを黒板に貼り出してみると、実際に環境問題について書かれた ものと環境問題解決のための活動について書かれたものがあることがわかりました。そして、環境問題は子どもたちが住む熊本市でも起きていることがわかりま した。中でも、熊本市民が飲料水としても利用している地下水が、さまざまな問題を抱えている記事が目立ちました。地下水が減ったらどうなるか、水について どういったことを学習したいかについて思いを巡らせ、紙に書きとめました。
授業を終えて、「こんなに地球に環境問題が起こっていることにびっく りした」「1学期は湧水について勉強していたが、熊本市でも水の問題があることを初めて知った」といった感想が寄せられました。子どもたちの中で「環境問 題は身近なところでも起きている」という気持ちが芽生えたようでした。

環境問題は、自分と遠いところで起こっているものではありません。本事業をとおして、環境問題が日々の暮らしと非常に密接に関連していることを常に意識し、クラス全員が自発的に環境保全活動を行ってくれるようになることを期待したいと思います。

次回は、世界の水事情について、熊本県立大学の篠原教授にお話を伺います。

環境省 21世紀環境教育AAAプラン
「地方メディアとの連携における地域の環境教育推進事業」
(平成17年度NGO/NPO・企業の環境政策提言 優秀提言)

担当新聞社  熊本日日新聞社
対 象 校  熊本市立銭塘小学校
実 施 期 間  平成20年10月14日(火)~年度末
実施場所等  熊本市立銭塘小学校(5年1組 21名)
サントリー株式会社九州熊本工場見学 ほか
対 象 時 間  総合的な学習の時間
※協  力  熊本市水保全課

1.事業目的
教育現場、行政、NPO、メディアなどの協働により、地方新聞を活用した「環境教育・学習プログラム」を推進し、その学習成果を新聞紙上に掲載すること で、学校教育現場のみならず、地域の民間企業を含め、全国民の「エコ・リテラシー能力」を高める国民啓発のための事業を推進し、環境行動を喚起させるムー ブメントを創出する。

2.銭塘小学校の取り組み
「水」についての環境学習をとおして、地域の水環境保全に向けた動機付けを行う。特に身近な水の使い方や量について調べ学習することで、節水についての認識を深め、節水の工夫を身につける。学習過程ならびに活動成果を、メディアをとおして全校、地域へと発信する。

具体的な学習事項
(1) 身近な環境問題、特に水環境問題に関心を向ける。
(2) 水環境問題に関し、調べ学習を行う。
(3) 調べたことをまとめ、共有する。
(4) 新たな課題を見つけ、実践していく。
(5) 学習発表会ならびにメディアをとおして活動成果を発信する。

EPO九州スタッフによる授業見学レポート
・新聞をとおして身近な環境問題について知ろう!
・世界の水事情について知ろう!
・くまもとの水のひみつを知ろう! 水の飲み比べをしよう! 
・企業の地下水保全の取り組みについて学ぼう! 
・チャレンジした節水活動について発表しよう!
・銭塘小学校にこにこ発表会で学習成果を発表しよう!

EPO九州環境ミニセミナー第3回  学ぼう!九州の環境力
「環境NPOのための情報発信力向上講座~環境パートナーシップの促進を目指して~」
開催報告

第3回目となるEPO九州環境ミニセミナーを下記のとおり開催しました。

【開催日時】
平成20年10月18日(土)15:00~16:30

【テーマ】
環境NPOのための情報発信力向上講座~環境パートナーシップの促進を目指して~

【主旨】
地域社会の中での役割をより一層高めることを目的とした、NPOの情報発信力向上のための考え方や手法についてのセミナー。

【内容】
15:00~16:15講演「環境NPOのための情報発信力向上講座」
荻上 健太郎 氏(日本財団 システム統括グループ情報コミュニケーションチーム)




16:15~16:30 質疑応答・アンケート回収

【成果と課題】
昨今、企業や行政とNPOのパートナーシップによる取り組みが増えつつありますが、まだまだ動きが十分に促進されているとは言えません。その背景に、特に NPOに関しての情報が不足しており、互いの接点が少ないというのも大きな理由にあるようです。そのような情勢の中、NPOが情報発信について抱えている 問題や現状、具体的な取組内容について問題提起も含めて説明がなされました。
また、万能ではないにしても、ホームページやブログは活動情報等を発信する方法の1つとして非常に利便性が高いこと、そして、日本財団が提供するブログサービス(CANPAN)を実際に活用した情報発信の事例等について紹介がなされました。
今回、NPOを中心に20名程度の方々にお集りいただき、講演をふまえて、CANPANについて具体的な質疑がおこなわれました。参加者アンケートでは、「これからの地域活動に活かせる内容であった」、「情報発信の大切さを改めて感じた」といった感想が寄せられました。
EPO九州としても、今回のセミナー内容を意識し、環境情報の受発信に取り組んでいきたいと考えます。

【会場】
熊本市国際交流会館2Fラウンジスペース

【主催・共催】
EPO九州、(財)熊本市国際交流振興事業団

コスタリカでエコバッグ☆


今年2月4日~6日の間、熊本市国際交流会館1Fエントランスにて、「平成19年度わたしがつくったマイバッグ環境大臣賞”九州からの応募作品展”」を開催しました。
展示作品の中には雨傘の布を利用したバッグがあり、それを見たJICA関係者(EPO九州が入居する熊本市国際交流会館にJICA熊本の窓口があります)から「コスタリカで雨傘を利用してエコバッグを作りたい隊員がいるんですが」という相談を受けました。

コスタリカのJICA隊員の方の話によると、コスタリカは環境立国といわれていますが、ごみ問題が社会問題となっているそうです。少しでもごみを減らすた め、地元女性グループと協力してさまざまなエコバッグ(雨傘、コーヒーのぬか袋、飼料の袋等)を作り、スーパーでの買い物の際にマイバッグを使うようなプ ロモーション、また展示会での紹介等をやる予定だそうです。

コスタリカの雨傘の布は質があまり良くないということで、日本のものを集め、コスタリカに送ることになりました。

現在、熊本県温暖化防止活動推進員の方々と菊池環境保全組合さんに協力いただきながら、傘の確保と布を送るための準備を進めています(みなさん本当にありがとうございます)。

日本の傘布が海を越え、コスタリカでのゴミ削減に一役買うのか!?

今後の展開が楽しみです。
Default Image
2019年04月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(4月下旬)…

★ご注意※詳細はリンク先を必ずご確認ください。※公開が終了している場合があります。※表示順、日程は前後する場合があります。※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。 福岡県…
2019年04月12日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

雲仙諏訪の池ビジターセンターからイベント情報が届きました。ぜひご参加ください! 星空観察会…
2019年04月10日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

西海国立公園 九十九島ビジターセンターから、自然教室開催の情報が届きました。ぜひご参加ください!…
2019年03月27日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…