epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

環境省では、地球温暖化対策の一環として、平成17年度より、冷房時の室温28℃でも

快適に過ごすことのできるライフスタイル「クールビズ」を推進しています。

今年も去年に引き続き、6月1日から9月30日までは「スーパークールビズ」期間とし、

より一層の軽装や暑さをしのぐ工夫などの普及啓発をさらに強化していきます。

また、今年は「クールサマー2012」をコンセプトに、一人一台のエアコン使用をやめ、

涼しい場所をみんなでシェアする「クールシェア」を提案します。家族で一つの部屋で過ごした

り、図書館等で涼むことで、夏を快適に乗り切るだけでなく、家族や地域の絆も深めてみてはいかがですか?
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15269

6月は環境月間です。

今年はESDの10年の最終年として、11月に名古屋と岡山において「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されます。EPO九州では、九州・沖縄各県の団体と連携しESDに関する取組を進めてきましたが、ESDに関する活動をより多くの方に知っていただくため、ESD活動のパネル展示を行います。

■開催期間

平成26年6月5日(木)~12日(木)

■会場

熊本市国際交流会館 1階展示スペース

■ESDとは?

持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development)のことで、社会の課題と身近な暮らしを結びつけ、新たな価値観や行動を生み出すことを目指す学習や活動のことです。


 1-P1140452.JPG

 

屋久島にて開催され、照葉樹林についての理解を深めるとともに、
情報交換・交流の場となり、持続可能な自然と人と文化の未来の展望、地域づくりの機会にしたいと考えています。
このサミットでは、EPO九州でもパネルを出展いたします!
照葉樹林に関するさまざまなプログラムが開催されますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

■開催日時・場所
・2014年6月6日(金)照葉樹林文化講演会 19:00~21:00
 屋久島環境文化村センター(宮之浦)〈入場無料〉
・2014年6月7日(土)国際照葉樹林サミット 9:00開場 10:00~18:00
 屋久島離島開発総合センター(宮之浦)〈入場無料〉
・2014年6月8日(日)現地見学会(口永良部島コースは~9日まで)
 屋久島、口永良部島の各フィールド<参加費は各コースによる>
■主催 第2回国際照葉樹林サミットin屋久島実行委員会
■共催 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)ほか
■サミットHP
http://yakushimahozen.hatenadiary.jp/

 今年のクリスマスは3連休の方も多いのではないでしょうか?

街中や家の雰囲気、音楽や飾り付けに、年末だなぁと感じますね。

EPO九州も、こじんまりですが、表のEPOの木に毎年クリスマスの飾りつけをしています。

今年はそれに加えて、クリスマスリースを作りました!

杉の木とまつぼっくりをいただいて、飾りやリボンを持ちより。。。

みんなで作るのは本当に楽しいものですね。

また、入口にある「EPOの木」の今年のオーナメントはグランマプロジェクトのものです。

※グランマプロジェクトとは・・・

東日本大震災で仕事を失った女性たちが、日々の仕事を通じて日常を取り戻し、

明日に向かって生きる力となることを願い、立ち上げられたプロジェクトです。

オーガニックコットンの柔らかい布地に、温かみのある縫い目。とてもかわいくて、ほっこりしますね。

出番がくるのを楽しみにしていましたが、ようやくこの季節となりました。

みなさんもぜひサイトを見てみてください。クリスマスではない時期に飾ってもかわいいと思います!

  img_0849.jpg

熊本では、「ライトダウン in 熊本 」も実施されます。

12月25日の10:45~21:00までの15分間。

できるだけの消灯と家族・仲間との談話の時間をすごしてみませんか?

暗い中で、温かいものでも飲みながら、今年についてゆっくり振返るのもいいかもしれません。

クリスマスに合わせて、様々な取組みやイベントが開催されています。

身近なところで探してみると、きっと楽しいものが見つかりますよ!

【関連リンク】

グランマプロジェクト http://grandmaproject.jp/

三陸に仕事を!プロジェクト http://www.sanriku-shigoto-project.com/index.html

ライトダウンin熊本 http://www.kuma-ontai.jp/blog111209110327.html

とっても久しぶりのブログ更新となり。。。すみません!気がつけば、朝晩が寒くなってきましたね。

最近は保温効果の高いインナーが多いので、冬場でも割と薄着で過ごしやすくなっていて、私も大活用しています。

皆さん風邪などひかれていませんか?

さて、今回は全国EPO連絡会のご報告です。

EPO:環境パートナーシップオフィス/EPO(Environmental Partnership Office)は、

全国の各地方のブロックごとに、設置されています。各EPOの取組みや、全国ネットワークと

してのEPOとしての情報交換の場として、北海道から九州まで、各EPOや運営団体から

 担当者が集まり、年に1回程度連絡会を開催しています。

今回は、11月1日、2日と二日間にわたって、EPO東北がある仙台で開催されました。



gakkou.jpg

  gareki.jpghamaboufu.jpg

 

 

 

 

閖上小学校で名取市役所阿部さんにお話を伺いました。がれきの処理が行われています。奇跡的に再生したハマボウフウ。

 

連絡会出席者は、仙台駅に集合後、バスで名取市閖上(ゆりあげ)地区に向かいました。

 今回ご案内頂いたのは、名取市役所建設課長阿部さん、名取ハマボウフの会の代表 大橋さん です。

お二人と名取市役所で合流した後、 最初に閖上小学校、日和山、閖上海岸に向かいました

  (名取ハマボウフウの会代表の大橋さんは、以前ブログでご紹介した EPO東北の企画「3.11あの時」でインタビューされています。

リンク先をクリックしてぜひ読んでみて下さい。)

hiyoriyama.jpg

yuriage.jpg

  img_2745.jpg

少し高台になっている日和山から町を眺めました。家の土台だけが残されています。 以前は松林があった場所です。  

閖上海岸では、ハマボウフウを始めとする、海浜植物が群生する美しく健康な海岸の再生を目指している

「名取ハマボウフの会」の大橋代表にお話をお伺いしながら、浜辺を歩きました。

6月には海辺で活動する10団体と連携し「ふるさと海辺フォーラム」を開催され、ハマボウフウ保護区

の看板も新設、ハマボウフウも再生し始めていました。

※「ふるさと海辺フォーラム」には、西日本からの参加はほとんどないそうです。

ブログを見て興味を持たれた方は、ぜひご連絡下さい。


ハマボウフウ・・・砂浜に生息するセリ科の植物。夏に小さい白い花が咲きます。

 若葉や茎は食用に、太く長い根は咳止めの薬として利用。以前はごく普通に見られましたが、

 自然砂浜の減少や車の乗り入れと乱獲で激減しています。(EPO東北の記事より)

  oohashi-san.jpgsign.jpghamaboufu.jpg

名取ハマボウフウの会代表の大橋さん。      ハマボウフウ保護区の看板。    奇跡的に再生しているハマボウフウ。

その後仙台市内に戻り、震災復興についてEPOネットワークでできること、現在、そして今後のEPOの取組みについて

2日間話し合いました。

ご案内いただいた名取市役所の阿部さん、名取ハマボウフの会の代表大橋さん、準備手配等して

いただいたEPO東北の皆さま、本当にありがとうございました。

 【EPO東北】 EPO東北ホームページ、3.11あの時

bana_tohoku.gif




3.11top.jpg


sogen yokota photo
2020年07月07日

【熊本県】阿蘇草原学習館 「横田整一郎…

熊本県阿蘇市の阿蘇草原保全センター「草原学習館」にて、昆虫に関する写真展が開催されます。 期間中、ぜひご観覧ください。 期間 7月1日(水)〜8月31日(月) 午前9時〜午後5時 場所…
2020年07月07日

【7/20締切】2020年度「…

一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)は、真如苑より、「環境保全・生物保護…
2020年07月07日

【7/16開催】独立行政法人環…

環境省では、独立行政法人環境再生保全機構の年度評価(事業年度:令和元年度)を行うためヒアリングを下記…
2020年07月07日

【7/31締切】環境省…

この度、「令和2年度地域脱炭素化推進事業体設置モデル事業」の二次公募を開始しましたので、お知らせいた…
2020年07月07日

【11/30締切】環境省…

中小事業者の環境経営システム構築を支援する「中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体…