epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

ゴールデンウィークの初日となった4月29日、宮崎県綾町の森の中にいました。

森といっても、森林公園の一部が散策コースになっているところです。

今回は、宮崎に環境教育に関わるNPOや関係者が集まり、地域で森を守る活動をする

てるはの森の会、相馬さんのご案内での散策です。

 今年は雨が極端に少ないらしく、森の中も乾燥気味です。生き物を育む森にとって、

雨の恵みは不可欠とのこと。

いわゆる照葉樹林の森なのですが、ところどころに人工林(スギ・ヒノキ)が垣間見えます。

てるはの森の会では、新たに木を植えるのではなく、そうした人の手が入った木々を

少しずつ切りだして、もともとあった森の姿に戻していく活動に取り組んでいます。

とはいえ、すべてをボランティアで賄うことは至難の業です。

そこで、切り出すスギ・ヒノキの間伐材を原材料にした商品を開発し、木と人の間に

循環を起こそうと考えだされたのが「間伐材パネルとスタンド」です。

ポスターなどを掲示するパネルフレームを間伐材で作り、そして展示会などで便利に使える

スタンドとセットにした商品です。

立体組立式で存在感のあるこの新商品、環境メッセージのエコ商品です。



たっぷりお届けしたアースウィークくまもとの話題ですが、もう一点、写真コンクール入賞作品を

展示した「綾の森の間伐材を利用したパネル&スタンド」をご紹介いたします。

今回アースウィークオープニングイベントで、江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール

表彰式をしたことはお伝えしましたが、これらの入賞作品を展示したのがこちら↓です。

  img_0507.jpg 
↑B2サイズ×7面。

 

 img_0509.jpg 

 ↑チラシスタンド付きです!

 

 

 

 

 

この色合いからお分かりのように木製、しかも宮崎の綾町の間伐材(杉)を利用したものなんです!

7面にパネル展示可能、チラシスタンドもついているので、これさえあれば、イベント出展も楽ちんです☆

しかも近くに寄ってみると杉のいい香りがして、なんとなくホッとするんですよ。

実はこのパネルスタンドは、昨年度EPO九州が九州支援事務局を務めた

持続可能な社会づくりを担う事業型環境NPO・社会的企業支援活動実証事業

の中で製作された商品なんです。

NPO法人宮崎文化本舗 が事務局を務める「てるはの森の会 」は、宮崎・綾町の照葉樹林を守る活動を

されていて、その間伐材の活用方法として提案・製作されました。

23日のオープニングイベントでは会場内、24日には熊本市のサンロード新市街で

展示しましたが、来場者の方も香りをかいだり手触りを楽しんだり・・・特にイベント出展が多い団体の方からの

反響が大きかったです。

 ただいまEPO九州のオフィスにて展示していますので、ぜひ見にいらして下さいね!

 林

これまでEPO九州で発行したニュースレターのバックナンバーです。

ニュースレターvol.1 ニュースレターvol.1 8.07 Mb

ニュースレターvol2

ニュースレターvol.3 ニュースレターvol.3 2.72 Mb

ニュースレターvol.4 ニュースレターvol.4 4.53 Mb

ニュースレターvol5 ニュースレターvol5 2.83 Mb

ニュースレターvol6 ニュースレターvol6 4.42 Mb

ニュースレターvol7

ニュースレターvol8

ニュースレターvol9

ニュースレターvol10 8.6MB

ニュースレターvol11 14.0MB

r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…