epohedimg003

eponews-title-bu.jpg

3月11日に発生した東日本大震災から半年が経ちました。

被災されました多くの皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

また、この大震災により犠牲になられました皆様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

EPO:環境パートナーシップオフィス/EPO(Environmental Partnership Office)は、

全国の各地方のブロックごとに、設置されており、「EPO東北」は仙台に事務所を置いています。

震災後、3月22日より、事務所を再開したEPO東北では、ホームページにて被災地支援に関する

環境団体・中間支援の動きや、現地からのレポートなど、情報を発信しています。

※また全国のEPOでも情報発信をしています。主なところは下記のリンク先をご覧ください。


EPO東北のHPの中の「3.11 あの時 東日本大震災 3月11日14時46分からの物語」には、

環境NPO・企業・団体の方々へのインタビュー記事が掲載されています。

様々な方にとっての「あの時」を読み、震災が起こった時の状況を思うと。。。言葉になりません。

そして、ご自身が被災されているにも関わらず、震災直後から地域のために自ら率先して活動されている方々に、

本当に頭が下がります。また、震災を振り返って感じられていること、将来に向けて伝えられている

メッセージは、ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

  EPO九州のインタビュー企画「繋げよう九州!広げようEPOの輪!!」では、今年度、九州から支援活動をして

いる団体、再生可能エネルギーについて活動されている団体に焦点を当て、九州からの応援メッセージとして

届けたいと思っています。

先日掲載したのは、がんばれ動物クラブの西川真理子さん

東日本大震災の被災地、中でも原発事故によって避難区域となった地域に取り残されたペットや家畜などの

救護活動に取組んでいらっしゃいます。

雲仙普賢岳の災害から始まった西川さんの活動、ぜひインタビューを読んでみてください。

繋げよう九州!広げようEPOの輪! インタビュー 西川真理子さん

【関連リンク】

  【EPO東北】 EPO東北ホームページ、3.11あの時

bana_tohoku.gif




3.11top.jpg



【EPO北海道】ブラキストン線を越えよう!プロジェクト

 uid000050_2011040512402760b80648.jpg



【GEOC】 東日本大震災に関連するお知らせ

geoc_bana.gif



【四国EPO】四国と東日本大震災

 top.gif

EPO九州が入居している「熊本市国際交流会館」には、小学生から社会人まで、様々な団体に所属する人が

 研修やインターンとして来所されます。その際、この建物の中には入っているJICAさん、フェアトレードカフェ

「はちどり」さん、熊本市国際交流員の方、そしてEPO九州などがそれぞれの取組みをご紹介しています。
先日は、熊本県立高校の先生お二人が10年目研修としてご来所。研修の一環として、EPO九州の取組みについて

ご説明しました。

  その後、各学校での取組みについて説明していただきました。地域の山をフィールドに、地域の団体や

人・大学ともうまく連携しながら取組みを進めている現状をお聞きし、私たちも大変勉強になりました。

お二人とも、環境や地域のお話のなかに必ず、今の子どもたちの取組みが、その地域の将来とどう繋がっていくか、

子どもたちがどういう大人になっていくかという視点が入り、熱意を持ってお話しされていたことが印象的です。

平成23年6月15日に環境教育等推進法も改正となり、学校・NPO・行政・企業の中でどのように

環境教育を推進していくか、どのように人材を育成していくかを具体的に考えることが重要となります。

EPO九州では、9月9日に「改正環境教育等推進法 に係る意見交換会in熊本 」を開催いたします。

皆さま是非ご参加ください! 


「暑いですねぇ!」が合言葉のようになっている今日この頃。

電話でも、実際お会いしても、第一声はこう言っている気がします。。。

さて、そんな暑さの中、今年大ブームなのが、グリーンカーテン!

実際日除け⇒節電になるのはもちろん、緑が多いと、見ていても涼しくなりますよね。

実は、グリーンカーテン関連のイベントやコンテストも多いんです!

今回は、2つのコンテストをご紹介します。
その1  グリーンカーテンフォトコンテスト

環境省のチャレンジ25キャンペーンの一環で開催されているコンテストには、

1.アイデア部門、2.フォトアート部門の2つがあって、1では自分で栽培した

こだわりグリーンカーテン、2ではグリーンカーテンとそれに付随する花や

収穫物を独自の視点でとらえた写真を広く募集しています。

自慢のグリーンカーテン、グリーンカーテンにまつわるおもしろ・ステキ写真などなど、

ぜひ応募してみてください。

※ちなみにグリーンカーテンフォトコンテストキャラクターは「ゴーヤ☆スター」。

沖縄から上京したアーティスト(でも暑いの苦手)らしいですが。。。設定ともになかなかナイスです☆

その2  ゴーヤDEエコ・クッキングコンテスト

実のなるグリーンカーテンと言えば、ゴーヤ。

TKU(テレビ熊本)では「ゴーヤを使った、美味しいエコレシピ」名づけて

「ゴーヤDE エコ・クッキング」レシピを募集しています!

こちらは、チャレンジ25キャンペーンの「平成23年度 地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・

NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の一環で行われています。

 審査のポイントは、(1) ゴーヤをいかに美味しく (2)調理くずを少なく、そして

(3)「エコ」な視点で調理できるかです。

ゴーヤは、ついつい同じレシピの繰り返しになりがちですが(私だけ?)、家族みんなで、

新メニューの開発をしてみるのも楽しいかもしれません♪

残暑も厳しい季節ですが、涼しく&美味しいグリーンカーテンで楽しく乗り切りましょう!

  banner_b.jpg


8月に入り、いよいよ夏本番!みなさん夏バテしていませんか?

EPO九州がある熊本も、太陽が照りつける、暑い日々が続いています。

こんな時はどこかに涼みに行きたくなりますよね。九州には、たくさん魅力的なところがあって迷いますが、

今年お薦めなのは。。。
「阿蘇」です!

白川水源に代表されるような水源がたくさんあり、冷たい水に触れて凉をとるのはもちろんのこと、

草原の緑を見ているだけで、本当に気持ちいい!&涼しくなってきますよね。


そして、今年は、「阿蘇千年の草原デジタル写真コンクール 」も実施中なんです!

今回の写真コンクールのテーマは「草原と人々のつながり」。

九州有数の観光地である阿蘇ですが、自然と草原となったわけではなく、阿蘇地域の人々が、

千年以上も昔から、阿蘇の草原で放牧し、草を刈り、野焼きを行うといった人々の地道な取組みと

自然のつながりの結果が阿蘇の草原を作りだしています。先月開催された環境月間イベント

草原の野草を堆肥にして作った野菜の販売をされていた「草原再生シール生産者の会

さんの取組みも、その一つです。

しかし、農業・畜産業の衰退や少子高齢化が原因となり、草原を維持することが

困難な状態にあります。

そんな中、改めて「草原と人々のつながり」に気づき、この素晴らしい阿蘇の草原を未来に残していくことを

目的に、写真コンクールを実施しています。

 清流の源、希少な動植物の生息・生育地、肉用牛の放牧、と様々な役割を持つ阿蘇の草原。

この草原を未来につなぐ、たくさんの写真のご応募、お待ちしてます!


■応募申込書(募集要項)請求先・問合先
九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
〒860-0806  熊本市花畑町4-8 熊本市国際交流会館2階
(休館日:日、月曜日)
TEL:096-312-1884    FAX:096-312-1894    E-mail:photo@epo-kyushu.jp


EPO九州は、九州地方環境事務所と運営団体(NPO法人環境ネットワークくまもと)が協働して運営しています。

九州・沖縄の持続可能な地域づくりにむけた取組を効果的に進める運営について、地域や各分野で積極的に活動される方々から、

運営委員(任期1年) としてご助言をいただいています。

第2期の運営が始まり、この3年の取り組みについていろいろと案件が出揃ってくる中、第1回目の運営委員会が先日開催されました。

魅力ある、環境にとっても先駆的な地域としての九州・沖縄を、様々なプログラムや機会をとおして発信していくことも

EPO九州の役割としてご意見をいただきました。

yakuwari.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 運営委員会は座長(委員長)以下、14名で構成され、行政、事業者、メディア、NPO・中間支援それぞれの分野から参画いただいています。

EPO九州の取組むセミやーや説明会をはじめ、日頃から相談をうけて取組む「エコパートナー事業」について多角的なご意見をいただきました。

 運営団体であるNPO法人環境ネットワークくまもとは、熊本地域での環境活動を牽引してきた経験があり、そうした運営ノウハウを、九州・沖縄地域にさらに広げる上で、EPO事業の効果的な展開の起爆剤となります。

運営委員会では、そうした運営団体の基盤をもとに、国の各種事業と連携しながらモデル性を発信し、さらに可能な範囲で九州・沖縄各県にひろげていくことが 期待されるとの指摘もありました。

5ps.png 10cycle.png


Default Image
2020年07月10日

環境省…

(仮称)彦岳風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…
2020年07月10日

環境省 …

(仮称)熊本広貝山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について…
2020年07月10日

【8/6締切】環境省…

環境省は今年度の環境技術実証事業(Environmental Technology…
2020年07月10日

環境省…

環境省による令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏…
2020年07月10日

環境省…

平成31年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)…