epohedimg001

長崎県の島原半島にある諏訪の池湖畔。豊かな自然に囲まれた雲仙諏訪の池ビジターセンターから、イベントのお知らせが届きました!

 

星空観察会

■日 程 毎週金から日曜日、12月31日から1月3日の晴天時
■時 間 19:30から21:00
■参加費 無料
■申込方法 当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
■準備物 特になし
■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。
jyoji
 

太陽観察会

■日 程 平成31年1月1日(火)2月9日(土)
■時 間 10:00から11:30
■参加費 無料
■申込方法 当日の11:15までにセンターに直接お越しください。
■準備物 特になし
■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。
 

お手軽バードウォッチング

■日 程
  平成30年12月22日(土)24日(月)29日(土)~31日(月)
  平成31年1月2日(水)3日(木)5日(金)6日(土)12日(土)~14日(月)26日(土)27日(日)
  ※雨天中止
■時 間
  10:00から15:00の好きな時間(15:00までの受付)
 コース・・・60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
■参加費 無料
■申込方法
 お電話かカウンターで前日までにお申し込み下さい。
■定  員 1回1グループ 2名より実施(10名以上は、事前申し込み)
 団体が入っている場合は、お断りすることがあります。

諏訪の池


十人十色あなた色~サザンカの花びら染~

■日 程 平成31年2月3日(日)※雨天中止
■時 間 10:30から14:00(途中参加はできません)
■参加費  1500円(材料費・保険代込み)
■申込方法:1月20日(日)までにお電話にて申し込み下さい。
■定 員 10名(先着順・要予約)

syuugousyasinn

【申込・問合せ先】
雲仙諏訪の池ビジターセンター
℡:0957-76-5010
URL:http://suwanoikevc.web.fc2.com/

風光明媚な立地にある九十九島ビジターセンターから、12月・1月のイベント情報が届きました。ぜひ、お誘いあわせの上ご参加ください!

 

九十九島サロン5『美しい湾 九十九島の思い出』

不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
今年度第5回目は、九十九島の海で生まれ育って80年、鹿子前地区の生き字引の方を講師に迎え、「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟した九十九島周辺の思い出話を紹介していただきます。
 
■日  時 12月16日(日)14:00~16:00
■場  所 九十九島ビジターセンター
■講  師 遠藤清明 氏(鹿子前地区在住)
■参 加 費 無料
■対  象 どなたでも
※事前申込み不要
九十九島サロン
 

九十九島羽根つき

正月遊びとして、九十九島で見られる鳥のイラスト入りの「羽子板」と、ミサゴの羽で作った「羽根」を使って「羽根つき」体験をします。
 
■日  時 2019年1月2日(水)13:00~15:00、3日(木)10:00~12:00
■場  所 九十九島ビジターセンター裏 デッキ
■参 加 費 無料
■対  象 どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
※事前申込み不要

羽根つき

 

冬の野鳥を見よう

講師に日本野鳥の会長崎県支部の今里順一郎氏を招き、野鳥が多く飛来する江楯池で冬によく見られるオシドリなどのカモ類やカワウなどを観察します。

■日  程 2019年1月19日(土)10:00~11:00
■集合場所 江楯池駐車場
■参 加 費 300円/人
■対  象 小学3年生以上(小学3年生は保護者も参加)
■定  員 15名
1月野鳥
 

うみかぜガイドウォーク

九十九島パールシーリゾート内にあるうみかぜ広場を自然観察しながら歩きます。

■日  程 随時(要相談)
■時  間 1時間程度(要相談)
■集合場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 無料
■対  象 4歳以上(小学3年生以下は保護者も参加)
■定  員 20名程度

長尾半島ガイドウォーク

九十九島ビジターセンターから歩いて15分の長尾半島を自然散策しながら歩きます。

■日  程 随時(要相談)
■時  間 2時間程度(要相談)
■集合場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 無料
■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
■定  員 20名程度
ガイドウォーク

■申込・問合せ先
西海国立公園 九十九島ビジターセンター
℡ 0956-28-7919 FAX 0956-28-7351
http://www.kujukushima-visitorcenter.jp

 

雲仙天草国立公園内にある、平成新山ネイチャーセンター。ダイナミックな平成新山を眺めながら、自然を体感できるイベント情報が届きました。


冬のノルディックウォーク

■日 程 1月26日(土)
■時 間 10:00から12:00(9:30受付開始)
■参加費 大人500円 子供 300円(ポールレンタル料 別途 200円)
■申込方法 1月12日 (土)9:00より電話受付
■準備物 動きやすい服装、防寒着、帽子、ポール(あれば)、雨具など
■備 考 島原の路地裏を散策しながらノルディックウォークを体験してもらいます。


■申込・問合せ先
施設名 平成新山ネイチャーセンター
℡・FAX  TEL:0957-63-6752 FAX:0957-63-6753
URL等  http://heiseinc.com/ 

heieishinzan

 

大分大学にて「第8回 大分自然環境研究発表会」が開催されます。

ac89bf c53650d6253a4f07ae74b6cc1453d60e 002

ac89bf c53650d6253a4f07ae74b6cc1453d60e 002

 

 

場所:大分大学 理工大講義室(104号教室)
時間:2018年12月15日 10:00~16:30
​           (9:30開場)

 

★演題と発表者

第1題    祖母・傾山系における哺乳類相        
          ○河崎 知佳(大分大学教育福祉科学部)    
           永野 昌博(大分大学理工学部)


第2題    オオイタサンショウウオのビオトープづくりにおける課題の抽出        
          ○古賀 悠馬(大分大学教育福祉科学部)    
           菅原 弘貴(トラストバイオ株式会社)    
           永野 昌博(大分大学理工学部)    


第3題    大分港・姫島及び蒲江のプランクトンを比較する        
          ○細井 利男(大分生物談話会)    
         


【団体紹介】

      1.おおいた姫島ジオパーク推進協議会  堀内 悠

      2.月刊 岩ときもの           渡辺 了孔
      3.大分県自然保護推進室        河野 淳一


第4題    佐伯の殿様 浦で持つ 浦の恵みは山で持つ-佐伯市の水産業と魚つき保安林-        
          ○伊藤 龍星(大分県南部振興局農山漁村振興部)    
           横田 真人(大分県南部振興局農山漁村振興部)    
           玉田 縁 (大分県南部振興局農山漁村振興部)    


第5題    大分県産のウチワチョウジゴケとクマノチョウジゴケ        
          ○大塚 政雄(日本蘚苔類学会)    
          
第6題    モニタリングサイト1000からみえた水温変化        
          ○炭本 悟朗(NPO法人おおいた生物多様性保全センター)  

 
第7題    大分県北部および別府湾で見られたクラゲ類        
          ○岩井 美菜(大分マリーンパレス水族館「うみたまご」)    


第8題    大分県佐伯市におけるタワヤモリとニホンヤモリの交雑状況        
          ○大山 皓司(大分大学教育福祉科学部)    
           永野 昌博(大分大学理工学部)    
        
第9題    宇佐市の天然記念物に関する取り組み
          ○中野 秀俊(宇佐市教育委員会)  

 
第10題    祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク 豊後大野市地域おこし協力隊としての取り組み        
          ○岩里 実季(豊後大野市 地域おこし協力隊)    


第11題    大分県北西部地域における外来生物アライグマの遺伝子解析結果        
          ○中井 真理子    

    (NPO法人おおいた環境保全フォーラム、大分大学減災復興デザイン教育研究センター)    
           奥山 みなみ(大分大学医学部、大分大学減災復興デザイン教育研究センター) 

   
第12題    大分県における最近の特筆すべき鳥類標識・観察記録        
          ○中村 茂(大分地域と鳥の会)    
            


第13題    高島の外来リス        
          ○安田 雅俊(森林総研)    
           森澤 猛(森林総研)    
           野宮 治人(森林総研)    


第14題    イトマキヒトデにおけるNodalの発現と胚軸形成との関わり        
          ○佐々木 裕己(大分マリーンパレス水族館「うみたまご」)    



第15題    大分県産カスミサンショウウオの分類学的再検討        
          ○中園 小百合(大分大学教育福祉科学部)    
           菅原 弘貴(トラストバイオ株式会社)    
           永野 昌博(大分大学理工学部)

Tags:

ESD活動推進拠点に登録されている、熊本県の公益財団法人再春館「一本の木」財団による助成金公募が始まります。

以下は財団からのリリースとなります。

環境活動に取り組まれている団体の皆様はぜひご確認ください。

 

 


 

【お知らせ】 助成事業に係る2019年度上期分の公募の案内について

熊本の豊かな自然を守るため、自然環境保全等に取り組んでおられる団体等を対象に助成を行っています。

2019年度上期分について、下記のとおり公募します。

受付期間:平成30年12月1日~平成31年1月31日(当日の消印有効)

事業の実施期間:2019年度上期(2019年4月1日から2019年9月30日まで)及び2019年度中の期間(2019年4月1日から2020年3月31日まで)

※助成は、財団の運営委員会での審議を経て決定します。

 詳しくはリンク先(https://ipponnoki.jp/assist/)をご覧ください。

 

ipponnoki_josei

 

助成事業について

熊本県内において、独自の自主活動や地域住民などと共に自然保護保全の活動及びその普及啓発活動、自然等の環境調査・環境教育・環境研究の活動を行うことにより、自然や環境の課題や問題を広く県民等に提供し保護保全に寄与すると認められる事業に対して助成を行っています。

助成対象団体等

  • ①目的、組織、代表者団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
  • ②国、地方公共団体及び企業等が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人でないこと。
  • ③非営利団体であること。

 

助成対象事業

  • ①多様な野生動植物の保護保全等
  • ②森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
  • ③地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
  • ④子どもたちを対象とした環境教育事業

上記に関する事業であること及び非営利かつ政治又は宗教活動に関わりのない事業

 

詳細は下記からご確認ください。

助成事業 | 再春館「一本の木」財団
https://ipponnoki.jp/assist/

 

Tags: ,
Default Image
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(3月上旬)…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月14日

【参加募集】長者原ビジターセン…

大分県の長者原ビジターセンターから、春のイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください!…
2019年03月13日

『野焼き支援ボランティア活動2…

野焼き支援ボランティア活動20周年記念祭~阿蘇の大草原を永遠に~…
2019年03月13日

 平成30年度長崎県再生可能エ…

長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域に…
2019年03月13日

「エコライフ・フェア2019」…

環境省は6月の環境月間にあわせて、幅広い年齢層の方が環境問題について楽しみながら学び、体験する場を提…