epohedimg001

環境に配慮した企業経営に向けて、自ら進んで行動する自社の社員を育成する企業の取組とその成果を表彰する、環境省および環境人材育成コンソーシアム主催「環境 人づくり企業大賞2019」の募集を開始しました。
特に優良な取組を行った企業については、環境大臣賞等の授与を行います。
これまでの受賞企業は、「受賞をきっかけに、社員のモチベーションアップや意識の向上にもつながった」などの声もあるようです。
今後の企業の発展のためにも、本大賞への応募を検討してみませんか?

~「環境 人づくり企業大賞2019」(環境人材育成に関する先進企業表彰)の募集開始について~

1 背景

 環境問題のみならず、経済や社会を含めた様々な側面で、人類が直面する課題は複雑に絡み合っており、持続可能な社会に向けた取組が不可欠となっています。こうした中、2015年に「国連持続可能な開発サミット」において、2030年をターゲットとした「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。また、2018年に閣議決定された「第五次環境基本計画」では、目指すべき持続可能な社会の姿として、「地域循環共生圏」の創造が掲げられました。
こうした持続可能な社会の創造のためには、あらゆる主体が取り組み、協働することが重要ですが、中でも社会経済システムの基盤を支える企業は大きな役割を担っています。企業に対しては、積極的に環境の視点を経営に取り入れ、環境・社会・経済の統合的な向上に貢献する企業として、新たな企業価値を創出していくことが求められています。

2 表彰の目的・趣旨

 環境に配慮した企業経営を実現していくためには、社員一人一人が意識を高め、知識や意欲等を育むことにより、社員自らが主体的に考え、社内外において協働しながら行動していくことが大切です。このような企業が増えることは、持続可能な社会の創造への大きな力となります。
本表彰は、環境に配慮した企業等活動(※)をリードする人材を育成して輩出し、その活動をバックアップする企業を表彰するものです。本表彰を通じて、環境に配慮した経営やそのための人材育成を行う企業の取組を奨励することにより、環境・社会・経済の統合的向上に寄与する企業が増えることを目的としています。

※本表彰でいう「企業等」とは営利企業を含む広義の事業者を指します(公益法人、独立行政法人を含む公的な機関は含みません)。
※「企業等活動」は、例えば、環境に配慮した製品開発・原材料の選択・製造工程の改善、配送等における省電力化、環境課題の解決に向けた地域との連携を指します。

3 主催等

主催:環境省、環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)(※)
後援:一般社団法人経済団体連合会(予定)、公益社団法人経済同友会、日本商工会議所、一般社団法人日本環境教育学会
協力:一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、中小企業家同友会全国協議会、NPO法人持続可能な開発のための教育推進会、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク
※環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)は、「環境人材」の育成を目的とする産学官民の様々な団体のネットワーク化を支援するプラットフォームです。

 

4 募集対象・要件

【募集対象】
環境に配慮した企業経営に向けて、自ら進んで行動する自社の社員の育成に係る取組とその成果。

【要件】
企業が雇用する社員の育成のために行う取組とその成果。
現に取り組まれているものであり、かつ、今後も継続して実施する予定の取組であること。

5 応募資格・応募区分

【応募資格】  
日本国内の企業

【応募区分】  
「大企業」又は「中小企業」

(注) 応募区分の詳細については、環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)ウェブサイトで公表しています「募集要領」を御参照ください(http://www.eco-lead.jp/commendation/award2019/)。

6 賞の種類

環境大臣賞
最も優れた取組を行う企業を表彰します。(応募区分ごとに1点)

環境大臣賞(社内協働部門賞)
特定の部署、役職のみでなく、全社参加型の取組として、特に優れた取組を行う企業を表彰します。(中小企業区分のみ1点程度)

環境大臣賞(地域協働部門賞)
自社内のみでなく、地域における様々な主体と社員参加による協働取組として、特に優れた取組を行う企業を表彰します。(中小企業区分のみ1点程度)

優秀賞
優れた取組を行う企業を表彰します。(応募区分ごとに5点程度)

奨励賞
優良な取組と認められ、今後の発展が期待される取組を行う企業を表彰します。(点数の限りなし)

7 応募期間・応募方法

【応募期間】令和元年10月28日(月)~同年12月26日(木)

【応募方法】
応募書類等は下記事務局に御提出をお願いします。
様式等の詳細については、「募集要領」を御参照ください(http://www. eco-lead.jp/commendation/award2019/)。
なお、応募に関するお問合せも、下記事務局までお願いします。

<環境 人づくり企業大賞2019事務局>
「環境人材育成コンソーシアム」事務局(一般財団法人持続性推進機構 内)
担当:小俣、大森
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-18 4F 
TEL: 03-6418-0375
E-mail:

8 選考方法

選考では、「人づくり」による成果と、「人づくり」の基盤形成のための取組(※)について、総合的に評価します。
※「人づくり」による成果とは、育成された環境人材による環境に配慮した活動や企業としての支援の取組等を、「人づくり」の基盤形成のための取組とは、平素の社員教育等といった環境人材育成に向けた基盤づくりとなる取組等のことを指します。

事務局による一次選考を経て、審査委員会(審査委員5名程度)による最終審査を行います。


【主な評価要素】
審査に当たっては、以下の観点から、取組全体を総合的に評価します。

(1)戦略性:本業に根差し、環境に配慮した企業経営の実現に資する取組であること。
(2)実効性:実際に、環境面で社会的インパクトのある行動につながっていると認められる取組であること。
(3)組織性:企業が全社的な取組を先導し、また、環境に配慮した活動を行う人材を支援する体制が整っている こと。
(4)波及性:社外の様々な主体等を巻き込むものであること。
(5)改善性:取組により生じた成果や課題を改善につなげていること。

9 審査結果・表彰式

【審査結果】
令和2年3月中に環境省ウェブサイトにて報道発表いたします。
http://www.env.go.jp/press/index.html
なお、応募企業に対しては事務局より個別に通知します。

【表彰式】
表彰式の詳細については受賞企業の公表に合わせてお知らせします。
※結果通知後に、重大な法令違反等が明らかとなった場合には受賞が取り消されることがあります。

10 その他

①これまでの表彰からの変更点は以下のとおりです。

  •  中小企業区分において、環境大臣賞に部門賞を創設する。
  •  昨年度までの環境人材育成の取組を評価する視点から発展し、今年度は、育成された人材による活動を評価する視点を加える。

②優良な人材育成の取組を共有し、企業での社員教育を支援することを目的としたセミナーを本年度中に開催する予定です。
開催日時、内容、申込み方法等は後日お知らせします。


連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231
  • 室長三木 清香(内線 6240)
  • 室長補佐端山 耕司(内線 6272)

市民によるCO削減吸収活動チラシ page 0001 1

1.「東京2020大会における市民によるCO₂削減・吸収活動」について
東京2020組織委員会では、東京2020大会を契機に、多くの方々によるCO2削減・吸収に寄与する活動が、国内外にレガシー等として広がることも重要と考えています。
そのため、クレジットによるオフセットとは別に、これらのCO2削減・吸収活動を集計し、公表することで、より多くの方々の参加と脱炭素社会に向けた取り組みの一層の促進を図る、「東京2020大会における市民によるCO₂削減・吸収活動」を実施しています。

今まで都内自治体様を中心にご申請いただいておりますが、
私たちとしては、1件でも多くのみなさまの活動を紹介し、盛り上げていきたいと考えています。
新しく活動を行わずとも、現在取り組まれているCO₂の削減・吸収量が定量化されている活動であれば、基本的に申請対象になりますので、是非、ご申請いただければと存じます(Ex,エコライフチェック・省エネチャレンジ・みどりのカーテンなど)。


2.「東京2020大会における市民によるCO₂削減・吸収活動」の申請について
申請にあたっては、市民によるCO₂削減・吸収活動、東京2020参画プログラム・の両方の申請が必要となります。
簡易ではありますが、手続きの仕方について、①~④に記載いたしました。詳細は以下HPご確認いただけますと幸いです。
市民によるCO₂削減・吸収活動:https://tokyo2020.org/jp/games/sustainability/sus-plan/carbonoffset/citizen/

① 東京2020参画プログラム主体登録申請(認証まで2週間程度かかります)
    東京2020参画プログラム:https://participation.tokyo2020.jp/jp/organizer/?_ga=2.147017268.268714771.1570499653-407370345.1541997011
② 東京2020参画プログラムにアクション申請(認証まで2週間程度かかります)
③ アクション申請認証後、市民によるCO₂削減・吸収活動に申請
④(マークを使用する場合)マーク等使用申請(認証まで2週間程度かかります)


3.本件担当者
ご不明な点等ございましたら、以下の担当までお気軽にご連絡ください。
直接ご説明にも伺えますので、ご連絡いただければと思います。

東京2020組織委員会持続可能性部
 西田:
 牧野:

環境省からのお知らせです。
各地域におけるSDGsの達成を目指し、主体的に地域課題解決に取り組む次世代リーダー養成のため、研修会を開催します。
本年度は第1回研修を千葉県いすみ市において10月4日(金)から10月6日(日)に開催し、第2回研修は滋賀県東近江市において
11月8日(金)から11月10日(日)に開催予定、第3回は福岡県久留米市・うきは市において11月29日(金)から12月1日(日)に開催されます。
今回は、第3回の福岡県久留米市・うきは市の開催についてのご案内です。
みなさま、ぜひご参加ください。

~第3回持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修 in 福岡県久留米市・うきは市の開催について~

環境省では、各地域におけるSDGsの達成を目指し、主体的に地域課題解決に取り組む次世代リーダー養成のための研修を開催します。

112630 page 0002112630 page 0002

1.趣旨

 近年、各地域社会が、地域の資源・産物・景観等の地域性を発揮して持続的に発展する、次の世代の地域づくりが求められています。このためには、SDGsの達成を目指して、業種や分野を超えた人々の連携・協働が鍵となっています。環境省では、環境・経済・社会課題の同時解決やパートナーシップ構築によるローカルSDGsとして、地域循環共生圏※という地域社会像を目指しています。そのためには、多様なビジョンを持ち、主体的に地域課題解決に取り組む人材(SDGs人材)が、リーダーとなって周囲を率いていくことが期待されています。
 これらを踏まえ、地域の次世代リーダーを育成することを目的として研修を開催します。
※「第五次環境基本計画」において提唱された、地域の資源を有効に活かし地域が持っている力を最大限に発揮してそれぞれの地域が自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合う取組を推進することによって持続可能な地域・社会を構築することを目指す取組。

2.概要

(1)件名

第3回持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修in福岡県久留米市・うきは市

(2)日程

和元年11月29日(金)~12月1日(日)

(3)会場

久留米シティプラザ ほか

(4)研修内容

講座、視察・ディスカッション、グループワーク、研修成果発表会等
詳細は下記サイトをご参照ください。
https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2019/sdgsleader/index.html

(5)対象者

○地方自治体・民間企業・NPO等に勤務する、おおむね35歳以下の社会人
SDGsの達成に向けて、地域課題の解決に取り組んでいる方や関心がある方
SDGsリーダーとして、持続可能な地域の未来づくりを担う意欲のある方
○開催趣旨を理解し、主体的に研修に参加し、その後も2030年に向けて継続して活動を行う意思のある方
11月29日(金)から12月1日(日)までの全てのプログラムに参加できる方

(6)募集人数

40名程度(募集人数に達し次第締切り)

(7)参加費

無料(ただし、現地までの交通費、宿泊費、食費(懇親会費含む)は参加者負担)

(8)申込方法

下記の申込サイトにて、必要事項を入力の上、お申込みください。
申込サイトはこちら

(9)募集期間

令和元年10月18日(金)~1125日(月)

10)主催・後援

主催 環境省
後援 福岡県(予定)、久留米市(予定)、うきは市(予定)

3.問合せ先

SDGsリーダー研修」事務局
みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第1部
担当:小山田・森岡・佐々木・吉田
E-mail
TEL03-5281-5287
FAX03-5281-5466

4.備考

 本年度は第1回研修を千葉県いすみ市において10月4日(金)から10月6日(日)に開催しました。第2回研修は滋賀県東近江市において11月8日(金)から1110日(日)に開催します(1029日(火)まで参加者募集中)。

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231
  • 室長三木清香(内線 6240)
  • 室長補佐田代久美(内線 6262)
  • 係長小倉圭司(内線 7240)
  • 担当藤井裕介(内線 6267)

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。
同団体主催で、SDGsについて学ぶことのできる、全5回の連続講座が西南学院大学で開催されます。
SDGsについて、幅広い分野の専門家がレクチャーしてくれます。
第5回目の講座には、フォトジャーナリストの安田菜津紀氏もゲスト講師として、登壇されます。
この機会に、SDGsについて学びを深めてみませんか?

第19期NGOカレッジ「あなたのそばにあるSDGs~知り、考え、行動する~」参加者募集!

1

NGOカレッジとは国際協力に関心のある市民を対象に、NGO の活動や世界課題の現状等を知り、
自らにできることを考える学習機会の場です。NGO 福岡ネットワーク(FUNN)主催の連続講座です。第 19 期 NGO カレッジでは「あなたのそばにある SDGs ~知り・考え・行動する~」をテーマにしてます。

SDGs とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で2015 年 9 月の国連サミットで採択されたものです。国連加盟 193 か国が2016 年~ 2030 年の 15 年間で達成するために掲げた目標で、17 のゴール・169 のターゲットからなります。SDGs は、貧困、紛争、教育、食糧、環境など、私たちが取組むべき地球規模の課題をテーマとし、多種多様な課題が国境を超えて身近な問題につながっていることに着目しています。

第1回目 ゲームで学ぶ SDGs( 持続可能な開発目標 ) ~わたしが「起点」となる世界~

ゲーム「2030SDGs」を通じて、経済・環境・社会がつながっていることを体感します。
ゲームの後にはグループごとに対話を重ねながら振返りの時間を持ちます。
私たちの日常生活が世界の課題とどのようにつながっているのかについて、事例を挙げながら説明します。

● 日時:2019年11月9日(土)13:00~17:00(開場12:30)
● 講師:亀井直人氏(「SDGs 推進ネットワーク in 九州」代表)
● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

第2回目 貿易ゲームで体感する世界の貧困と格差ゲーム~「私たち」にできることは?

前半に貿易ゲームを通じて、貧困や格差を巡る現状を体感するとともに、課題解決に向けた取り組みについて考えます。
後半は、さらに一歩進んで、「私たち」にできることはどのようなことなのか?について考えるワークショップを行います。「支援」「援助」という漠然とした
コトバや、「寄付」「食べ残しをしない」などという自分の努力だけではなく、仕組みを踏まえた解決に向けた取り組みについて考えます。

● 日時:2019年11月16日(土)13:00~17:00(開場12:30)
● 講師:藤井大輔 氏(九州国際大学現代ビジネス学部准教授)
● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

第3回目 SDGsで地方創生~私たちの暮らしと世界のつながり~

前半に私たちの生活が、どのように世界の人々に影響を及ぼしているのかを食を通じて理解を深めます。その上で、私たちの暮らしを少し見直すことにより、グローバルな課題解決へとつながっていく可能性についても考えていきます。後半は住民主体のまちづくり、ゴミ・環境問題、食育など私たちの身の回りの課題が世界とどのようにつながっているのかをワークショップで学びを深めます。

● 日時:2019年11月23日(土)13:00~17:00(開場12:30)
● 講師:神田浩史 氏(NPO 法人泉京・垂井理事)
● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

第4回目 世界の貧困といのちを考える~自らの命は自らの手で~

前半は、先進国と言われる日本の医療の問題点を掘り下げながら、バングラデシュやインド・ケララ州のコミュニティケアから学ぶものを探ります。
後半は、もしバナゲーム(もしものときの話合い)を通じて、いのちの終わりを意識した時に何を大切にするのかを考えるワークショップを行います。

● 日時:2019年11月30日(土)13:00~17:00(開場12:30)
● 講師:二ノ坂 保喜 氏(NPO 法人バングラデシュと手をつなぐ会代表)
● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

第5回目 特別講演 世界の平和をつくる取組について考える

第1部(45 分)講演「平和と公平をすべての人に」
今なお内戦が続くシリアで出会った子どもたちや、こうした紛争や迫害が続く地から、日本に難民として逃れてきた人々の声を伝えます。
第2部(45 分)対談「安田氏 × 二ノ坂保喜氏(NGO 福岡ネットワーク代表)」
公正・公平の実現や地域の人々の暮らしから市民が果たす役割とは何か、海外の紛争や災害についてお二人に対談してもらいます。

● 日時:2020年1月25日(土)14:30~16:30(開場12:30)
● 講師:安田 菜津紀 氏(フォトジャーナリスト)
● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンターホール
● 定員:100名(先着順 但し第1-4回講座参加者優先 12月に申込結果をメールにて連絡)

▼ 参加費

第1~4回全講座申込:5000円 各講座申込:2000円 (学生は半額)
※第5回目は無料

▼ お申込み方法

以下いずれかの方法でお申込みください。
(1)お申込み専用フォームから
(2)メール、電話、ファックスから(以下の情報をご連絡ください)
名前、年齢、所属、電話番号、Eメールアドレス
第1~4回講座:定員40名(先着順 但し全講座参加者優先)
第5回講座:定員100名(先着順 但し第1-4回講座参加者優先 12月に申込結果をメールにて連絡)

★詳細は、下記ページをご確認ください。
https://ngofukuoka.net/19th_ngo-college-2/

▼ 主催・お問合せ

特定非営利活動法人NGO福岡ネットワーク
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-6-1小森ビル4A 福岡NPO共同事務所「びおとーぷ」内
受付時間:火〜土曜日13:00〜18:00、日・月・祝日は休み
TEL/FAX 092-405-9870
URL  https://ngofukuoka.net/
E-Mail 

 

地域ESD活動推進拠点である宮崎県環境情報センターからのお知らせです。
ゲームを通して、SDGsについて学ぶワークショップが同センター主催で開催されます。
当日は、SDGsのファシリテーターのお話も聞けます。
皆さま、ぜひこの機会にご参加ください。

地球温暖化防止月間ギャラリーイベント「SDGs」って何? ゲームで学ぶ「SDGs」

SDGsチラシ page

最近時々耳にする「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」っていったい何?
SDGsとは、というお話にはじまり、国連本部でも行われた「2030SDGs」
というカードゲームを通して、「なぜ私たちの地球にSDGsが必要なのか」、
そして「SDGsは、私たちにどんな可能性をもたらすのか」を体験的に理解することができます。

講師 : 難波 裕扶子氏(南日本ハム株式会社)
     2030SDGs公認ファシリテーター・宮崎県環境保全アドバイザー
日時 : 令和元年12月15日(日)9:00~12:30
場所 : 宮崎県立図書館 2階 研修ホール(宮崎県宮崎市船塚3丁目210番地1)
対象 : 一般(高校生以上)
費用 : 無料
定員 : 48名
申込み: 下記までお名前と連絡先をご連絡ください。(定員になり次第締め切ります。)

★詳細は、下記ページをご確認ください。
http://eco.pref.miyazaki.lg.jp/gakushu/category/events/detail/286

※ 参加者は地球環境のため、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。なお、図書館の専用駐車場はご利用できません。また、公園の駐車場は共用となっておりますので、臨時駐車場をご利用ください。

主催:宮崎県環境情報センター

<問い合わせ・申込み>
 宮崎県環境情報センター
 電話:0985-23-0322  FAX:0985-26-4720
 メール:

Tags: , ,
2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバサダー

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目標の約束年のタイミングになります。…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…
2019年11月15日

【開催情報】南阿蘇ビジターセン…

南阿蘇ビジターセンターからのお知らせです。…